2009年07月27日

神仏は妄想である 256

究極的には、神聖な悟りから更に、神聖な悟りへと発展してゆく、直感の学問であり、それを通じて、神聖な知識が示される、精神の行法、それが、タントラといわれる。

ここに、アレッと、思う言葉がある。
更に、神聖な悟りへと、発展するのである。

つまり、悟りとは、悟り続ける行為ということになる。
それでは、禅の言う、大悟とは・・・
カーッと、悟るということは、無いということであり、それは、妄想であり、迷いであるともいえる。魔境ともいう。

とんでもない、勘違いか・・・

タントラには、悟り切ったということはない。
終わりの無い旅なのである。

シャクティの進言によって、シヴァが、この世にもたらしたといわれるが、シヴァが登場すると、どうしても、ヒンドゥー教に引っかかる。

さて、タントラは、精神生活の理論と、実践との、両方によっている。
理論は、ニガマとして、実践は、アーガマとして。

アーガマは、シヴァから、その妃パールヴァティーに話し掛けるという、形式をとったタントラであり、二ガマは、逆に、シヴァに語りかける形式である。

アーガマは、人間のうちに眠る宇宙的な力、クンダリニーを目覚めさせる、タントラの秘教的な部分である。

ムケルジーは、
実際的な行法と科学的な考え方をもつタントラは、いわば道徳をこえている。
という。

それは、天からのお告げであり、心や魂の、神秘を示し、人間を本来の姿に、目覚めさせるという。
だが、人間の、本来の姿というものを、知る人がいるのか。

ヒンドゥー・タントラと同じように仏教タントラでも、男性と女性とは、本来の姿からいえば、方便と般若つまり行動と知恵であると信じている。
ムケルジー

悟りには、純粋な知恵すなわち般若と、無限の行動性すなわち方便もしくは大悲の二つの面がある。
鈴木大拙

ヒンドゥー・タントラでは、シヴァが受動的な力と考えられているため、シャクティは能動的な力とされている。シャクティはシヴァの内在的な原理なのである。その他の点では、ヒンドゥー教と仏教の神々は同じものといってよい。
ムケルジー

というより、仏教は、ヒンドゥー教に飲み込まれたのである。
仏陀も、ヒンドゥー教の、一つの神としてある。

タントラの文献はたいへん豊富であるが、その多くはまだ翻訳されていない。現存するタントラ文献で重要なのは、650年ころできたとされる「秘密集会タントラ」である。おそらくは、大乗仏教の有名な学者であるアサンガによって作られた最も古い仏教タントラの一つで仏教が滅び去って禁欲的な秩序が崩壊したさいに生まれた「秘密会議」の産物であったために、そのように名付けられたともいう。
ムケルジー

もう一つの、文献も、仏教起源である。
文殊師利根本タントラである。

1000年頃の「ルドラヤーマラ」1100年頃の、「プラフマヤーマラ」は、ヒンドゥー教のタントラである。

タントラの科学的考え方は、形而上学に似る。
その中に、儀礼と芸術が一つになり、科学が教理に自由を与え、タントラの儀式に経験的な側面をもたらした。

タントラははじめからある目的をもち、宇宙の本体にも関心を示しているが、それは紀元前500年頃の、「ヴェーダ」のサーンキヤ数論体系や、紀元前2000年から1000年頃の、バラモンの正統派の思想と溶け合った枠組みをそのまま受け継いだまでである。
ムケルジー

実に、このタントラの、妄想も、甚だしいものがある。
例えば、三種のグナという、三つの、グナが、人間の背骨の基底で眠る精神的、霊魂的エネルギー、クンダリニー・シャクティと、出会うと、そのエネルギーが目覚め、人体内を
蛇のように上昇し、最終的に、人間を解脱へ、導くという。
ただし、この場合の、人体とは、観念的な、目に見えない、肉体をいうというから、呆れる。

面白い考え方は、
物質界の運動のプロセスは、つねに空間と時間と因果とに関連していると考えられる。時間とは、「過去」と「今」との区別はあるものの、一つにつながったものである。連続する時間のなかでは、単なる一瞬だけが真実であり、宇宙全体はこの単なる一瞬のなかで進化していく。その他のものは、過去も未来も一時の潜在的な現象に過ぎない。空間は時間と同じように、単なる相対的なものであり、相互関係あるいは位置関係に基づいて構成されていると考えられる。
ムケルジー
とある。

古代インド思想では、音、その基礎である、震動の重要性が、知り尽くされていたという。

音は、空間の特殊な性質であるとする。
それゆえ、物質面から見た音は、物体が、機械的に衝突した場合、分子のなかに震動が生じ、次々に、周囲の、空気分子に突き当たり、その結果、音を作り出すと、考えた。

音は、波が海に広がるように、空間を広がりゆく。そして、連続した、同心球状のフィラメント層のかたちで、放射しつつ、増幅されるという。

そして、音は、微妙に弱まってゆく度合いで、識別されると、考えた。

この音に関しての基礎は、タントラで、スポーター・ヴァーダとして、述べられる中心的教義で、儀式の重要なタントリック・マントラの基礎とされている。
つまり、真言と、訳されるものである。

音節の繰り返しによって、震動するリズムが、肉体の中に生じて、霊魂の世界を呼び覚ますと、いわれる。

余談である。
念仏も、題目も、更に、繰り返し、同じ文句を唱えるというのは、一種の自己催眠に入るのである。
それを、霊魂の世界を呼び覚ますとは、評価のし過ぎである。
特殊な、精神状態に陥る事を、霊魂の世界に・・・とは、言い難い。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悲しみを飲み込んだハノイへ 12

いつも行く、マッサージの店の、マッサージ嬢は、23歳である。
イサーン、東北地方から出て来た。

彼女は、10人兄弟がいて、現在は、四人姉妹で、バンコクに暮らす。
下の二人の姉妹が、一緒の店にいて、一番下の妹が、部屋で、家事をしているという。

これは、コータが夜にマッサージに出て、聞いてきた話である。

その中で、彼女と、コータは、共通の話題である、私の話になった。

彼女曰く、あの人は、よくバンコクに来るのだが、英語も、よく解らないし、タイ語も出来ないのは、どうしてなのかと、聞いたらしい。
彼女たちは、英語など、自然と覚えるものと、思っている。
別に、どこかに、習いに行く訳ではない。
必要に迫られて、覚える。

そこで、どうして、私が、英語も、タイ語も出来ないのかという、疑問である。

コータは、覚える気がないからと、言った。

そして、彼女の、話を聞いたコータは、驚いた。

実は、今、恋愛をしているという。
それで、そのことを考えて、今日は、朝から、お腹が痛いと言った。

誰と付き合っているの
アイルランド人
へー、じゃあ、あまり会えないね
そうなの。こっちに来た時だけ
寂しいね
うん。それに、彼に、会いたいし、来て欲しいと、連絡すると、彼は、君は、僕がいなくても、大丈夫と、返事をしてきたという。それが、ショックだった。

コータは、ところで、彼は、幾つなのと、尋ねた。
63歳
えっーーーーー
彼女は、23歳である。
彼は、63歳、ということは、30歳も違う、と、コータは、驚いた。

部屋に戻ったコータは、私に、危ないと、言う。
彼女は、ふけ専だと。
ふけ専とは、年上が好きなタイプである。

あまり、近づくと、深みに嵌まると言う。どうりで、私の話題を出すというのだ。

つまり、タイ人は、年齢など関係ないということ。
いや、今は、世界中が、恋愛には、年は関係ないのだと。

実は、私は、これからの予定は、パタヤに行くと、言った。
そこで、彼女に、パタヤに行ったことは、あるかと、尋ねると、無いと言う。
彼女が、精々、行くのは、バンコクの王宮のお寺である。

そこで、私は、それじゃあ、今度一緒に、パタヤに行こうと言った。何気なく。しかし、それは、彼女に、非常に大きな、影響を与えたらしい。

今まで、パタヤに行こうと言った人は、いないのである。
コータは、だから、私に、気をつけろ、と、言ったのだ。

要するに、彼女は、ふけ専だから、惚れられる可能性があるというものだった。
私は、笑ったが、それもありかもしれないと、思った。

これは、注意すべきだ。
そして、彼女は、来月、私が、もう一度来ると言ったので、その時なら、パタヤに行けると、言ったという。

あららら、である。
少しの社交辞令など、通じない。

次に行く時は、コータのアパートに泊まるので、マッサージ店から、遠い。だから、行くことはないと、少し安堵しているが、言葉には、注意すべきだと、思った。

常識が違う。

さて、翌日、昼にタクシーで、パタヤに向かった。
通常料金は、1500バーツと言われたが、私は、1000バーツの車を探した。そして、高速料金を入れて、1200バーツで、決めた。

パタヤでは、レディボーイショーを観劇する予定である。

コータの知り合いの、ショー出演の、レディボーイが、私たちのために、半額チケットを用意すると、言ったからである。

世界一といわれる、レディーボーイショーであるから、私も、一度、是非見たいと思っていた。

昔は、おかまショーといわれたものが、今では、世界中から、観劇に来る。
その、歴史は、30年という。

30年続けていて、世界的に成り上がったのである。

パタヤには、その、ティファニーショーと共に、もう一軒の大型、レディーボーイショーがある。観光収入の、30パーセントが、そこから出ると、言われるほどである。

一人の、レディボーイからはじまった、ショーは、見事に、成功した。
最初の、ショーは、三人から、始まったという。

私たちは、テラの会活動の他に、それぞれが、テーマを決めて、調査していることがある。
コータは、タイ、東南アジアの、レディボーイの実態であり、私は、児童買春の実態と、ゲイ関係の、ボランティア活動の有り様である。

更に、トランスジェンダーの問題を深めている。

自画自賛する訳ではないが、私たちは、時間を有効に使いたいと、思っている。折角、出掛けているのである。貪欲に、色々な事柄について、興味を持つことだと、思っている。これは、才能である。

コータは、フクションと、ノンフィクションの形をとった形式で、それらを、まとめている。
新しい表現方法だと、私も思っている。

更に、何度も言うが、見なければ解らない、聞かなければ、解らないということが、旅を通して、実感として、解るのである。

想像力は、現実を見て、聞いてから、逞しくするものだと、思っている。

で、あろうとか、ではないか、という、表現は、使いたくない。
その場に足を運んで、ナンボのものである。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。