2009年07月22日

神仏は妄想である 252

即身成仏とは、何か。
日本仏教は、これにより、撹乱された。

この身のままに、仏になる、つまり、それは、他宗派が、いうところの、悟りである。

原始仏典には、仏の教えを聞いて、ただちに、悟りを得るということも書かれているが、次第に、教義が複雑になるにつれて、仏の悟りに至るには、何度も輪廻を繰り返して、修行を積まなければならないという、観念が、登場し、一般化した。

菩薩でさえ、その修行が完成して、仏になるには、サンアソウギコウ、阿僧祇という数え切れない意味の巨大な数の単位であるが、ほとんど、無限ともいえる、長期間の修行が必要となる。

つまり、脅しである。

ペテンである。

しかし、逆に、悟りは、遠くにあるものではないという、華厳経における、観念もあった。

それも、勿論、ペテンである。

だが、インドでは、つまり、本場では、そのような観念は、発展しなかった。
正統派の立場からは、それは、あくまで、前世で修行を積んだと特別の、場合である、とのこと。

広く一般の、修行者には、可能なものとは、考えられなかったのである。

いずれにせよ、悟りとは、それぞれの観念でしかない。

それでは、釈迦仏陀は、何を言ったのか。
静かに息を吸い、静かに、心の働きを、見つめて、心を、我がものとして、生活するという、生活指導を行ったのみ。

何故、怒りの心が、起こるのか、何故、悲しむのか、何故、嬉しいのか、何故、泣くのか・・・
兎に角、心を、見つめて、その心を、何にも囚われない状態にしておきなさい、である。

それは、内省であり、内観である。

外の世界以上に、わが心の世界は、無限に広いのである。
それを、言った。

法則と、秩序を、見なさい。
そして、我が心を、見つめなさい、である。

悟り・・・
何故、悟りが必要なのか。

さて、東アジアに、仏教が、伝えられると、輪廻の思想などは無い。
それゆえ、現世での、悟りというものを、追求し、可能であると、考えられるようになる。

それが、禅である。
特に、中国仏教である。

しかし、禅は、果たして、仏教のものかと、言えば、多分に、中国思想、老荘思想が、影響を与えたことは、以前に書いた。

更に、密教は、中国でも、一時的な思想だった。
であるから、中国では、即身成仏の思想も、展開することなく、発展もなかった。

それに対して、日本では、即身成仏の思想が、思想的に、大きなテーマになった。
空海のせいである。

更に、最澄も、法華経に基づく、独自の、即身成仏を、掲げた。

だが、空海は、密教以外に、即身成仏の方法は無いと、断定する。
他の宗派、顕教では、密教の悟りは、得られないのである。
空海の、作戦勝ちである。

最澄の、即身成仏は、法華経の、竜女の成仏を持って、即身成仏するのであるという。

海中に住む、竜王の八歳の、娘が、仏に宝珠を捧げて、変じて男となり、仏に成ったという、お話からである。
これには、無理がある。

竜は、人間ではない。
更に、それは、御伽噺である。

苦し紛れの、即身成仏である。

それでは、空海の、即身成仏義、を、見る。

六つの原理は障碍なく交じり合い、常に融合しあっている「本体」
四種類の曼荼羅は一体のものであって互いに離れることがない「性質」
身体・言語・心の三種のはたらきに仏が働いて、これを、三蜜加持という、速やかに悟りが顕われる「はたらき」
幾重にも重なって帝釈天の網のようであるこの身のまま「仏になること」と名づける「障碍のないこと」
おのずから自然のままに完全な智慧を身につけ
心の性質も心の本性も無限にわたりそれぞれが五つの仏の智慧と限りない広大な智慧とを具えている鏡のように完全に智慧であるから真実の悟りの智慧である「成仏」

これで、それ以来、撹乱され続けてきた。

前半四句で、即身を、説き、後半の四句で、成仏を説く。

前半は、即身成仏が可能になる原理を説き、後半は、仏の悟りに達した、境地を説く。

実は、裏技がある。

仏になるというのは、われわれは、元から、仏の素質、いや、仏なのであるから、即身成仏が可能となるというのは、本来、われわれは、すでに、仏と同質であるという、前提がある。
これを、本来成仏、という。

言わせておけば、いい気になって、である。

彼らは、何とでも、言う。
りんごは、みかんからは、出ない。
仏は、仏からしか、出ない。
人間が、仏になるのは、本来、仏であるから、だ、である。

空海は、凱旋するように、死んだ。
運である。

最澄は、論争の中で、死んだ、
運である。

その、論争相手は、法相宗の、徳一である。
つまり、最澄は、悉皆成仏。
人は、皆、仏になるという。

徳一は、三蔵法師玄奘の、絶対仏になれない、人間がいるとの、教義を、掲げた。

それを、無性という。
いずれ、それについては、書くことにする。

ちなみに、空海は、六つの、原理を、言うが、後に出た、かくばん、という、密教家は、五つとした。
六でも、五でも、ペテンであるから、どちらでもいい。

かくばん、に、関しては、論じるほどのものでなし。
省略。
今でも、霊界で、迷っているらしい。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 251

ここで、少し空海を、見ることにする。

ほとんど、無名の、私度僧に過ぎなかった空海が、唐から、戻り、筑前で、三年間の待機をしなければならなかった。

だが、時が来た。

朝廷や、貴族たちの目が、冷たかったが、嵯峨天皇の即位により、空海は、注目されることになる。
唐の文化に、非常に関心を持った、嵯峨天皇の配慮により、空海は、一躍時代の、寵児となるのである。

天皇の、保護の元、高雄山寺を中心に、密教を広め、弘仁三年、812年には、最澄らに、灌頂を与えたのである。
あの、最澄に、灌頂を与えた・・・
つまり、最澄を従えたのである。

その後、高野山を開き、真言の道場とし、更に東寺を下賜された。つまり、天皇から、頂いたのである。

名声と、権勢の中で、62歳の生涯を閉じる。

その間の、活動は、密教に留まらず、文学、美術、書道、教育、建築、灌漑治水、医療など、ありとあらゆる、文化面に、及ぶ。
実に、教祖足りえる、活動である。

だが、その、天才的能力の、空海が、何故、密教を選んだか。
いや、密教の修行によって、天才になったのか・・・

桐山氏は、密教の修行によるというだろうが、私は、空海の、生まれ持った、天性の才能という。

もし、空海が、時を得なければ、どんなに、天才であっても、世に出ることは、出来ない。それだけの、運を、得て、生まれた。

空海は、勝手に修行していた時に、名も知らぬ沙門、おおむね、修験道の者であろう、から、虚空蔵求聞持法を、受けたといわれる。
しかし、確かなことは、解らない。

つまり、空海の創作と、考えてもいい。

虚空蔵求聞持法は、後に、中国で知ったものだが、それを、すでに、授かったという方が、面白い。また、謎めく。

空海の、訪れた、長安では、最新流行の、仏教だったということも、ある。

716年に、長安に着いた、善無畏、ぜんむい、が、大日経を伝え、720年に、金剛智が、金剛頂経を伝えた。

前者の系統では、一行が出て、大日経の解説を、為し、その思想を解明した。
解明とは、解釈であるから、自己申告である。

後者は、不空が、現れて、更に多数の、経典を、請来したという。
その弟子である、恵果が、空海の師である。

恵果は、両方の系統を、統合しようとしたと、いわれる。

顕教、けんぎょう、つまり、密教以外の教えでは、満足しなかったのが、空海である。

それらは、単なる、知識の学問であった。

空海は、それよりも、実際的な、能力を得たかった。
その能力とは、仏になるというもの、つまり、即身成仏するという、密教の、修行である。いや、方法である。

すでに、四国で、即身成仏していた、空海は、その根拠を得たかったと、私は、考える。

勿論、即身成仏というのは、観念である。

空海は、密教は、法身仏の説法だと、理解する。
つまり、仏直々の教えである、と。

顕教は、応仏、化仏という、仏の、手前の段階の者が、教えたもの。
それは、言葉は、顕かであり、簡略であるというもの。

しかし、密教は、法身仏の、説法であり、密蔵である。
言葉は、秘密で、奥深く、真実を、説いている。

もし、そうであるならば、鎌倉仏教などは、子供だましである。

言葉遊びに、始終する、単なる、思索、思考の、遊びである。
まあ、その通りなのであるが、秘密の言葉による、真実を説くものとは、また、薄ら、馬鹿馬鹿しいのである。

要するに、何とでも言える。

密教を説く、法身仏は、究極の仏であり、衆生の能力などとは、お構いなしに、最奥の真実を、直接、説くというのである。

それが、無常の生死流転の世界を、超えて、真理の世界が、開ける・・・

仏陀にほぼ近い境地の人や、それにつぐ十段階の菩薩も、仏の室に入ることはできない。まして小乗のものや、凡夫では、誰が仏の堂に昇ることができるだろうか、と、空海は、言う。

だから、秘密の教えなのである。

詐欺師、空海の、本領発揮である。
空海は、その、十段階を、説いている。

最後の、秘密荘厳心が、密教であり、その前の、九段階は、顕教であるというのだ。

だが、実は、天台も、法華経において、仏の最奥の真理が、表明されている。その世界に達してみれば、それまでの、教えも、すべて法華経に至る道であると、する。

また、華厳経では、仏が、悟りを開いたばかりのとき、人々の理解能力に関係なく説かれた、悟りの世界を、ストレートに説いたもので、その世界に入るには、長い修行の過程を必要とすると、説くのである。

仏教が、統一された、教義を得ていない。滅茶苦茶であると、西洋の宗教学から、言われるのは、当たり前である。

更に、釈迦仏陀の、仏なのか、久遠実成の仏なのか、色々ある。

要するに、仏教の仏とは、人それぞれの、嗜好なのである。

それは、神仏というもの、すべてに言える。
信仰している人それぞれの、神仏が、現れる。

つまり、極限すれば、私の神仏は、いずれ、私に行き着くのである。

私が、それであった。
神仏は、私であったと、なるのである。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悲しみを飲み込んだハノイへ 7

ホテルに戻り、裸で過ごす。
それが、一番、疲れを取る。

ところが、二階の部屋から、向こう側の建物の、窓が見える。
最初は、誰もいないと、思っていたが、驚いた。
ベランダに女性が、出ていたのである。

と、いうことは、こちらの窓も見えるということである。
あーーー、向こうは、嫌なものを、見たと、思ったであろう。

そこで、私は、下着を、探した。
だが、下着は、着ていたものだけで、一枚も無い。
つまり、自分の着替えを、持って来なかったのである。

はっと、思い、支援物資の、バッグを開ける。
確か、下着があったような気がする。
一つの、バッグに、男物の、下着、パンツが、五着入っていた。
助かった。
支援物資を、頂いて、なんとか、この旅の間は、大丈夫だった。

実のところ、私の格好は、支援物資の、衣服より、破綻したものを、着て歩いている。
そのせいで、犯罪に巻き込まれないとも、言われる。

着物以外の時は、タイパンツで、その格好は、タイ人が、寝る時のものだそうだ。
つまり、パジャマ姿で、道を歩いているということ。
変な、おじさん、である。

ベッドに横になったり、起きたり、ガイドブックに目を通したりと、うたうたと、過ごした。

昼ごはんは、最初に行った、ホテル近くの店に出て、フォーを食べた。
フォーの発音も、実に難しいが、私は、日本語の、フォーで、通した。

店員たちは、非常に親切である。
ところが、互いに英語が通じない。
そうなると、笑うしかないので、笑っている。

昼間は、女の子が多く、夜は、男の子が多い。
15歳から、働いている。

一人の、男の子と、ようやく、英語が通じて、話した。
ハノイ近郊の村から、出て来たという。
学校は、もう無いという。つまり、最低教育で、働きに出たのだろう。

日本で言えば、中学、高校生である。

ハノイは、ホーチミンと比べると、とても、町並みが綺麗である。
それは、まずゴミが無いこと。
いつも、誰かが、掃除をしている。
本当に、ゴミが少ない街である。

これは、長年に渡る、伝統であろう。
儒教の影響を受け、更に、社会主義の教育を受けて、国民性が、出来上がった。勿論、そんな簡単なものではないだろうが、自然と身についたものである。

一人の意識が、全員になると、このようになるのだと、改めて、感じた。
一人一人の意識の、持ち方が、全体を作る。

また、戦争が始まっても、ハノイの人々は、誰もが、銃を持ち、戦うのだろう。

そういう、気概がある。

二時を過ぎた頃、コータが、戻って来た。

バッチャン村については、コータが、報告すると思うので、私は、特徴的なことだけを、書く。

矢張り、子供に、ミニカーを差し出すと、いらないと、拒否されたという。しかし、その子のおばあさんが、出て来て、子供に、貰うことを許すと、その子は、コータを追いかけて来たという。
そして、それを、受け取った。
欲しくても、親の許しがなければ、貰わないというのは、ハノイだけではなかったのである。

陶芸の村は、素晴らしく、コータは、人々と仲良くなり、少しばかり手伝ってきたというから、面白い。

そして、衣服も、すべて、差し上げてきた。
最初は、遠慮していたが、そのうちに、矢張り必要なのであろう、どんどんと、貰う人が増えたという。

この陶芸品は、街中で売っているが、相当叩かれて、買われるらしい。
食べていければいいと、いった雰囲気で、のんびりとしているようである。

コータは、バッチャン村で、昼の食事をしたという。
それでは、夕食まで、ゆっくりと、休むことにした。

ハノイでの予定は、終わった。
後は、ホテル近くの、英霊を奉る廟に行き、祈りたいと思った。
それは、夜の食事の前に、行うことにした。

明日の朝は、早くホテルを、出る。
空港までの、車の手配をすることにした。
朝、九時の飛行機であるから、六時に出ることになる。

最後の食事は、最初に出掛けた、ホテル近くの、食堂ですることにした。
高級でもなく、屋台でもない。
中級とでもいうレストランである。

水の値段が、3000ドンから、8000ドンの幅があることを書いたが、その他に、色々と、面白いことがあったので、それは、別にまとめて、書くことにする。

日本人からは、お金が、取れるという、見本のような、事態に遭遇したことを、紹介する。

矢張り、ベトナムでも、日本人は、金持ちだという、意識が強い。
それは、ホーチミンでも、そうである。
ホーチミンで、同じ水を、一ドルと言われた時には、驚いた。
一ドル、つまり、19000ドンである。これは、あまりに、暴利である。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。