2009年07月18日

神仏は妄想である 248

五相成身観

即身成仏・五つの過程
五相成身観は、凡夫が、仏になるまでの、過程を五種類に分類したものである。

密教の即身成仏の技法は、さきに述べた通り、三蜜加持が中心であるが、その三蜜行の中で最も中心となるものは、いうまでもなく、意蜜の行である。この意蜜の行( 観法・または観想) にはいくつかあるが、その最も主なものは、この五相成身観と阿字観( 本不生観ともいう) である。このうち阿字観は「大日経系統」すなわち「胎蔵法」に属する法で、五相成身観は「金剛頂系統」すなわち「金剛界」に属する観法である。
桐山

五相成身とは、
一にはこれ通達心、ニにはこれ菩提心、三にはこれ金剛心、四にはこれ金剛身、五にはこれ無上菩提を証して金剛堅固の身を得るなり
とは、空海の、菩提心論にある。

その方法は、結跏趺坐して、数息観に入る。
静かな呼吸とともに、一から七までを数え、もどって、七から、一までを数える。
無識身三摩地といい、心を空虚に、何事も、心に留めない。
無心、無我の心を得るためである。
その境地に入ったら、続いて、「空観」に入る。観想中の、けんだつばしょう、は、空想上の城、旋火輪は、棒に火をつけて、くるくるまわすと火の輪のように、見える。
しかし、その火は、実在しない。
だから、もとに、架空の存在で、われわれが、実在と見ているものすべてそのように架空の存在に過ぎないと観ずるもの。
すなわち、「空」の定に入るのである。
この空の定に入ることにより、智を表示する、蓮華部の仏の加持を得て、その加持力により、次の、通達菩提の三昧に入る。

その後、延々と、行が、続くのである。

例えば、お茶のお手前のように、進んでゆく。
そして、即身成仏となるのである。

ちなみに、桐山氏も、観無量寿経による、阿弥陀仏の浄土に生まれるための、十六の観法を、紹介している。

一、 日没を観じて西方極楽を想う日想観
二、 水と氷の美しさを観じて極楽の大地を想う水想観
三、 水想観を完成して極楽の大地を想う地想観
四、 極楽の宝樹を想う樹想観
五、 極楽の池水を想う八功徳水想観
六、 極楽の宝楼を想う楼想観
七、 阿弥陀仏の蓮華の台座を想う華座想観
八、 仏像をみて阿弥陀仏の姿を想う像想観
九、 阿弥陀仏の真のすがたを想うことによって、一切の諸仏のすがたを見ることが、できる、遍観一切色身想観
十、 阿弥陀仏の脇侍である観音を想う観音観
十一、 おなじく勢至を想う勢至観
十二、 一切の浄土の仏・菩薩などを想う普観想観
十三、 以上、10から12の、観想のできないものが、大身、小身の阿弥陀仏などを、観ずる雑想観
そして、最後に、それぞれの能力、素質に応じた、修行により、極楽に生まれるさまを想う、14の、上輩観、15の、中輩観、16の、下輩観である。

この、十六観法は、極楽浄土に、往生成仏するための、修行法である。

それら、一切を、切り捨てて、念仏、一本槍で、救われると、説いたのが、法然、親鸞、その他、諸々である。

そこで、桐山氏は、
あきらかに、即身成仏の修行法としては、密教の三蜜加持の方法が最もすぐれ、最も進歩したものである。法然、親鸞は、皮肉にも、より高度に進んだ三蜜を捨てて一蜜をとることにより、それより古くて劣った「観無量寿経」を、「大日経」とおなじ地位にまで引き上げたのである。ただし、それは、目に一丁字もない平安、鎌倉の庶民を布教の対象にしたがゆえに可能であり、妥当であったのだ。

更に、日蓮にいたっては、最澄の苦悩である、法華経に、いかにして、三蜜加持を取り入れるかというものを、あっさりと、題目一蜜のみを採用することで、解決した。

日蓮は、仏教の知識なく、教養乏しい、庶民を対象にしたがゆえに、可能であり、妥当となったのである、と、桐山氏は、言う。

最もである。

鎌倉仏教は、三蜜加持を捨て、経典中の、観法をも、放棄した。

堕落。
そのように、専門職の、僧たちには、見えただろう。

ここで、桐山氏は、面白いことをいう。

私は思うのだが、まことに皮肉なことながら、鎌倉時代の民衆は、平安密教の高度で複雑な三蜜加持では成仏できず、単純素朴な唱題唱名念仏でなければならなかったが、高い教養と複雑な心理構造を持つ現代人は、それとはまったく逆に、単純素朴な唱題唱念仏で成仏することのほうが、かえってむずかしくなっていると想われるのだが、・・・・


ここ、ここに至ると、仏教経典というものの、いかがわしさというものが、顕著である。

鎌倉仏教は、即身成仏できるという、安心を与えるだけで、即身成仏することは、放棄してしまったと思われると、桐山氏は、言う。

私は言う。
それ以前に、即身成仏するという、経典を書いた者たちの、意図は、何だったのか、である。

そして、何故、人間は、人間ではなく、超越したかのように思える、即身成仏を目指す必要があるのかということである。

インド思考の、遊びに、乗せられたのである。
更に、それを、中国にて、徹底的に、味付けして、妄想逞しく、行法を完成させたと、思わせた。

つまり、騙しである。
こけおどしも、ここまで来ると、詐欺である。
スーパーマンのお話を、読んで、スーハーマンになるべく、努力するという、幼児の遊び心と、変わらない。

まとめて、言えば、空海の、密教が、高度な修行体系を作り、鎌倉仏教の開祖たちは、ハウツーものの、仏教を、作り上げたといえる。

兎に角、信じる者は、騙されるということ、である。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悲しみを飲み込んだハノイへ 3

翌朝、朝食をとっていると、昼間は、非常に暑いということで、それでは、朝のうちに、行動したいと、街中に出てみることにした。

ちなみに、予定としては、明日、追悼慰霊を執り行う予定である。
場所は、ロンビエン橋である。
ベトナム戦争の際に、もっとも、利用され、攻撃を受けた橋である。
今は、鉄道が走る。
何度も、修理が行われて今に至るのである。

ただ、ハノイに到着してから、随分と体が重いのである。さらに、心も、何か、沈みがちである。不穏な空気が、漂う。

朝早く、街に出た。
すでに、人々は、活動をはじめている。

持ち物は、挨拶程度の、ミニカーである。
街の男の子たちに、手渡し、その反応を見るもの。

ところが、驚いた。
最初の、物売りの子に、差し出すと、ノーと、言われたのである。
予想しない、反応に、納得しない。

母親と、おばあさんと一緒にいた、子に差し上げる。
すると、母親も、おばあさんも、喜んでくれた。
ホッとする。

しかし、また、断られる。
道端で、父親と一緒に食事をしていた子に、差し出すと、受け取ってくれた。

おおよそ、半分が受け取り、半分が、受け取りを拒否する。

今までにない、反応に、少し、たじろいだ。
親からも、ノーと言われることもあった。

何故か。

知らない人から、物を貰うな、である。
そして、物を貰うという判断は、親、大人の、許可がいるのである。
これは、儒教の教えである。

ベトナムは、千年に渡り、中国の支配を受けた。そして、その後は、フランスの、統治である。

戦争後、はじめて、ベトナムは、独立国家として、成った。
まだ、30年を過ぎたばかりである。

人の哀れみは、乞わない。
毅然として、姿勢を保つ。
そして、戦争に勝った国としての、誇りである。
ベトナム語の発音のゆえもあるが、背筋がまっすぐ通っている。

一時間ほど歩いて、本当に疲れた。
探りを入れつつ、手渡してみるのである。
拒否される時は、駄目だと、思う。

ハノイでは、支援をするのが、大変難しい。どんなに、欲しいと思っても、いらない、ノーという人がいるのである。
矜持、プライドである。

それを、まざまざと、見せ付けられて、私たちは、どこまで歩いたのか、解らなくなり、街の、コーヒー屋に入り、休んだ。

15000ドンのコーヒーである。
ベトナムコーヒーは、濃い、そして、苦さの中に、甘さがある。
最初、コータが、ミルク入りを注文したが、甘すぎる。
私は、コーヒーのみを、注文した。

それに、お湯を足してもらう。
兎に角、美味しい。

大勢の街の人と共に、コーヒーを飲んで、私たちも、町の人になる。
着物を着ていても、別段、騒がれないというのも、ハノイらしい。
結果的に、気が楽である。

居場所が、分からなくなったので、タクシーに乗ることにした。
タクシーに、二種類ある。
ミニタクシーと、普通タクシーである。
料金は、メーター制である。

初乗りが違うが、使い方を考えて乗るといい。
中距離は、普通タクシーがいいが、短距離は、ミニタクシーである。

ホテル近くで、降りた。

ホテル付近の様子を、何度も頭に入れた。
込み合っている街の中であり、非常に、紛らわしい道々である。

部屋に戻ると、異常な疲れである。

コータが、今までにないことを、言う。
今日、慰霊をしましょう、と、言うのである。

慰霊は、明日する予定である。

どうした
いや、何か、慰霊をした方がいいような・・・気がする、と言う。

私も、同じだった。

ベトナム戦争と、言うが、それは、実に複雑である。
アメリカとの、戦いは、第二次インドシナ戦争である。

サイゴンに、樹立した政権は、アメリカの傀儡政権であり、反共カトリック勢力指導者、ゴー・ディン・ジェムを大統領とするもので、ベトナム共和国政府を擁立した。

その結果は、北緯17度の暫定軍事境界線で、南北に分断された。

南の、ジェム政権は、ジュネーブ協定が予定していた、1956年の全国統一選挙を、拒む。
旧ベトナムの人々、反対勢力を、すべて武力で弾圧し、住民の八割を占める仏教徒を、露骨に差別する。
ベトナム労働党は、60年、平和的手段による、南北統一を諦め、ジェム政権の武力打倒を目指す、南ベトナム解放民族戦線を結成した。

第二次インドシナ戦争である。

これを、多くの人、ベトナム戦争と呼ぶ。
対米戦争である。

解放戦線は、多くの住民の共感を得て、ジェム政権を窮地に、追い込む。
さらに、63年、ジェム政権は、軍上層部のクーデターで、崩壊する。

すると、アメリカは、サイゴンに、次々と、無能な、軍事独裁政権を擁立し、それでも、敗北が必至とみると、65年に、直接軍事介入に、踏み切るのである。

南への、地上軍派遣と、北への継続爆撃である。

さらに、である。
タイ、フィリピン、オーストラリアなどの、アジア、太平洋地域の、米同盟国がアメリカ側に立って参戦する。
日本も、非参戦の西側諸国も、物心両面で、アメリカを、全面的に、支援した。

この戦争で、米軍の使用した、弾薬は、第二次大戦の、2,5倍の、爆弾だけでも、住民六人に、一トンが、投下されたという。

ベトナム全土は、枯葉剤を含む最新兵器の実験場となり、地形が変わるほど、焦土と化した。

南の農村と、海岸都市は、おおかた壊滅した。
南北住民の半数以上は、戦争難民となり、軍民の死者は、推定300万人、別の調査では、400万人以上である。
行くへ不明は、今なお、30万人。
アメラシアン、つまり、米越混血児は、30万人。
韓越混血児は、1万人。
売春婦は、サイゴンと、その周辺だけで、人口の一割を超える、40数万人である。

それだれではない、悲劇は、続く。
その後、米ソ、中ソの、二重冷戦を背景とする、第三次インドシナ戦争、ベトナム・カンボジア戦争、中越戦争、カンボジア武力紛争が、待ち受けていたのである。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。