2009年06月18日

性について118

1780年代は、ヨーロッパにおいて、刑法の改正が進み、多くの国で、ホモセクシャルを処罰する、法律が廃止された。

この時は、ホモセクシャルというより、ソドミーという言葉が合う。
ソドミーとは、同性愛性行為の、一つのカテゴリーとして、私は、認識している。
それは、アナルセックスに、表現される。

だが、以後、近代に入り、その、同性愛セックスの、形は、どんどんと、広がり、ソドミーとはいえない、セックスの形相になる。
ホモセックスについては、後半に、記述する。

さて、刑法の改正は、啓蒙君主の存在した国が、早かった。

フリードリッヒ大王の、プロシア、レオポルト二世の、オーストリア、エカテリーナ二世の、ロシアなどである。

先進国の、フランスと、イギリスでは、遅れていた。

フランスでは、18世紀末には、改正議論が、盛んになる。
ソドミーの刑法が、廃止される方向に向かったのは、三つの、理由がある。

一つは、死刑のような、極刑は、野蛮である。
二つ目は、ソドミーは、これまで、異端や、呪術などと一緒にされて、有罪とされてきたが、そのような、宗教による、断罪に対する、反感が、強くなったことである。宗教への、反感が、宗教的罪というものを、疑わせるものとなった。

三つ目は、個人的自由が、重視されて、被害者のいない、犯罪は、罰しなくてよいという、考え方が、強まったことである。
他の人の、迷惑にならなければ、何をしてもいいという、個人の自由が、認められたのである。

18世紀から、19世紀にかけて、法律的に、大きな曲がり角を、迎えたのだ。

だが、ソドミーが、犯罪ではなくなったが、そのトラウマが残った。
差別は無くなったが、差別意識は、残ったのだ。

10世紀には、ホモフォービアが、むしろ、強くなったのである。

更に、フランスでは、犯罪ではないが、警察は、ホモセクシャルの、ひそかな監視を、止めなかった。
それが、秘密であればこそ、支配する力が強くなるという・・・

それが、廃止されるのは、1981年になってからである。

それでは、イギリスでは、どうか。
フランスで廃止された、極刑が、残されていたのである。

イギリスで、それに、異を唱えたのは、ジェレミー・ベンサムである。
彼の、刑法改革は、先駆的なものだった。
1785年前後に、書かれた「自己にそむく違反、男色」という本は、実に新鮮な、ホモセクシャル論である。

彼は、男色の処罰に、反対する。
だが、論文は、当時、発表できなかった。
実際、彼は、同性の友愛を、高く評価していた。

特に、注目すべきは、人間の不合理な態度の解明に、挑み、そのことは、ある人を、無言の動物を殺すような、行動に駆り立てるというもので、それを、何かの正義にしようとすると、ホモセクシャルのうちにある、反感に、民族的差別と、反感が、宿るというのである。つまり、例えば、ユダヤ人への、反感などであると、見るのである。

ここで、少し、同性の友愛という、言葉に、触れる。

現在、友愛という言葉は、理想的なイメージによって、使用されるが、当時の、友愛とは、そのまま、同性を愛するという、意味である。

つまり、友愛とは、同性愛を言うのである。

更に、突き詰めてゆけば、同性愛性交を言うことになる。

精神的友愛であると、言っても、そこには、矢張り、愛という、感情があるのである。

精神的、友愛ならば、認めるという人がいるが、精神的友愛と、肉体的友愛との、違いは、何か。

それは、人間であれば、同じことになる。
精神だけの、愛情で、満足するというならば、異性関係にでも、言えるのである。

人間は、肉体と、精神の、存在である。

精神的に愛することは、肉体的に愛することも、出来るというものである。

勿論、精神的愛情だけで、両者が、十分に、満たされているというならば、問題は無い。
要するに、理想を掲げても、駄目だということである。

腹の空いた人に、救いの神の教えを説く前に、パンや、お握りを、与えなければならないのである。

昔、私の知り合いに、同僚から愛されて、戸惑った若者がいた。
ある日、どうしても、一緒に寝たいといわれて、断ることが出来ずに、床を一緒にしたという。
そして、為すがままに、従った。
深い口付けをされた。

それで、相手の男が、実に満足して、眠りについたという。

そこには、伏線がある。
彼は、同僚の男に、同情していた。
その、家庭環境の不遇に、である。
愛された、経験が無いという、同僚に、何かしてあげたいと、思ったというのだ。
それが、それを、受け入れる、きっかけになった。

それも、友愛である。

勿論、彼は、異性愛であるから、その同僚には、このことを、告げた。
それを、同僚も、納得し、以後は、仲良く仕事仲間として、付き合ったという。

さて、イギリスでは、1806年から、36年にかけて、60名が、絞首刑になったという。
大陸では、それが、終わりを告げたのに、イギリスでは、以前として、残っていた。

その違いは、何か。

カトリックと、プロテスタントの違いである。
フランスでは、カトリックへの、批判が強いゆえに、カトリックが排除してきた、ホモセクシャルの、権利を認めた。

イギリスでは、教会の権力が強くない。
宗教が発する、法律にも、反感は、少ない。

男色に、関する、法律も、イギリス、アメリカ、ドイツでは、そのまま、20世紀まで、残ったのである。

18世紀末から、廃止された、ホモセクシャルの、処刑は、全体に及ぶまで、二世紀以上も、かかったのである。




posted by 天山 at 00:00| 性について3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。