2009年06月06日

何故バリ島か 6

クタのホテルに到着して、運転手に、料金を払う。

私は、20万ルピアを出した。
おつりを出そうとしたので、いいです、と言った。
コータが、あなたは、誠実で良い人なので、チップですと、言った。
運転手は、神妙な顔で、頷いた。

次の時に、サヌールの、民家の中に連れて行って欲しいと言うと、大きく頷く。

もう、私たちの、目的が、彼には明確に、解ったのである。

時間は、夕方であった。

しばし、部屋で休むことにする。

後は、本日の夜に、コータが、約束した、ストリートチルドレンに、衣服を渡すことである。
彼らが、出て来るのは、七時過ぎなので、それまで、部屋にいた。

彼らが出て来る通りに、出て、食事をしてもいいと、私は思った。
食事が先か、食事が後か。
そんなことを、考えて、タバコをふかす。

インドネシアは、太平洋戦争時に、日本の統治下にあった。
であるから、色々な島々に、戦禍が残る。
バリ島も、一時期、統治下にあり、その犠牲は、食料調達による、食料不足だった。

ウブドゥの農民は、奴隷のように扱われて、海辺まで、米を運ばされた。

反抗する者は、暴力を受けた。
刀の傷跡が、残っていた老人も、いたという。

その一つ一つを、拾い上げて、記録するものはない。
皆々、忘れたい思いである。

戦争。
平和を、考えるためには、戦争を、理解しなければならない。
何も、攻撃を受けて、死んだという、ことだけではない。
島の人々の生活を、激変させたのである。

私は、インドネシアの島々を、追悼慰霊のために、回る予定である。

忘れ去られた、犠牲者の追悼慰霊を、進んで行う。
今年は、敗戦から、64年を迎える。
もし、64年に渡って、未だに、戦争の様のままにある、霊位がいるならば、それは、実に、哀れなことである。

私は、日本の伝統にある、言霊、音霊によって、ただ、清め祓いをするのみ。
想念の浄化である。
それは、僭越行為ではない。

皇祖皇宗、天照る神の、つまり、日本の祖先の総称により、霊位を覚醒させるのである。

そして、戻られることを、祈る。

簡単に言えば、戦争は、終わりました。
本当に、ご苦労様でした。
どうぞ、故郷、また、靖国に、お戻り下さい。
いや、母の元に、お戻り下さいと、黙祷するだけである。

パプア・イリアンジャヤの、上にあるビアッ島では、二万以上の日本兵が、出掛けて、帰った者は、600名程であり、アメリカ兵も、多くの犠牲を出した、太平洋戦争での、無駄な戦いと、いわれた、激戦地がある。

その他、パラオの、ペリリュー島戦地で、戦った、元アメリカ兵士の手記を読んでいる。
時々、読むのを止めなければならない、程、辛いものである。

いずれ、紹介することにするが、歴史の彼方に消えてしまうのでは、あまりに、彼らの死が、空しい。

バリ島は、きっかけである。

只今は、イスラムが、席巻しているのが、インドネシアである。
バリ島だけは、バリヒンドゥーという、特別地区である。

インドネシアの、イスラム指導者は、イスラム教の教えの強化を計っている。
実は、テロ行為に参加する者、インドネシアから、多く出る。
インドネシアの若者が、聖戦、ジハードに参加しているのである。

更に、インドネシアは、軍事政権である。
一見、そのようには、見えないが、確実に、言論統制する、軍事政権なのである。

ジャワ島、スラバヤから、日本に留学した、学生と、親交を結んだことがある。
その時、インドネシアの政権の、言論統制の様を、聞いた。

留学生同士でも、密告する者があるので、政権の批判は、出来ないというものだった。
更に、彼の父親は、反政権派であり、時々、拘束されるという。

彼の目標は、政権に遠い、日本の企業に勤めたいということだった。

更に、驚くべきは、首都、ジャカルタは、世界最大のスラムがある。
何故、そのように事態になるのか。

一部支配層が、経済を、掌握しているからである。
支配層とは、政治家たちであり、その親族たちである。

これ以上は、危険であるから、書かない。

女漁りの、旅ガイドなどを、のうのうと、書いている者もいるが、愚劣の一言。
貧しい国の、女を漁りに出掛ける男達の、呆れた行状は、どこにでもある。

勿論、貧しい国の女達は、生きるために、逞しく、その、体を使って、外貨を稼ぐこと、否定は、しないし、それも、方法であると、考える。
ただし、許せないのは、児童買春である。

貧しい国の子供達は、その危険にいつも、晒されている。

ストリートチルドレンを見ていると、女の子は、ある年齢になると、姿が、無くなる。
前回出掛けた時は、いたはずの、女の子が、いなくなっている。

そういうことが、多々ある。

インドネシアの、追悼慰霊と、衣服支援が、バリ島から、始まったことが、私の幸いであった。

漸く、イスラム国家の、島々に、出掛ける、心の準備が出来た。

私は言う。
日本には、宗教は、無い。
日本には、伝統があるのみ。

宗教の争いほど、愚かしいものはない。

日本は、このように、死者に対座する、伝統行為があり、私は、それを、行っている。
それは、宗教行為ではない。
そのように、私は、説明する。

つまり、日本人には、異教徒という、観念がない。
すべての、宗教行為を、尊重する。
教えによって、戦う観念は無いのである。

日本人の、この感性が、世界の平和に寄与するのである。
それを、大和心、やまとこころ、と言う。

大いなる和の心である。
ひらがなにする。

おおいなる やわらぎの こころ
である。

本来の、大和魂とは、それを言うものである。

誤った観念を持つな。
天照る、太陽を、祖先の総称とする、民族は、すべての民族を、包括するのである。



posted by 天山 at 00:00| 何故、バリ島か 平成21年5月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性について 106

不寛容の岐路を辿ることでそれが横切る風景について多くのことがわかってくるし、その理由だけでも不寛容は研究に値する。またそのこと以上に、不寛容に関する調査研究によって、それにまつわる受難を減少ないし根絶しようと望むようなひとびとが有効な洞察を得られるよう期待することもあながち無理ではあるまい。
ボズウェル

少数派が、うまくやっていけるのは、どうしても、中央の権力が、それを、望む限りでのことであると、言う。

その少数派の、ゲイ・ピープルについては、
ローマの都市化が急速に進んだのは帝政期のことだが、ゲイ・ピープルが実際により安全だったのは、国家が市民の私的生活の面を統制する権威ないし手段をもつ自然の共和政体の下でであった。
ボズウェル

問題なのは、
およそ信仰のような個人的な事柄を統制しようという意欲と手段と権力を有する政体はセックスをも規制するであろうし、ゲイ・ピープルは見たところつねに少数派なのだから、彼らの利益が大いに重視される見込みは比較的薄いのである。
ということになる。

12世紀の、ヨーロッパ諸都市では、ゲイ・ピープルを、擁護しようとすることが、多々あったようである。

だが、多くの民主国家では、個人の権利を公共の下に置くという、それは、国家たらんとして、である。実践的な潮流が、擬似・宗教的な信仰箇条となり、多数派が、賛同するという、最大公約数的な、領域は、有利というより、神聖だとする、様相を呈するようになる。

中世において、この発展段階は、民の声は神の声という、標語に取り込まれたのである。

人民の、政府に対する、絶対的忠誠心を、叩き込む効果的手段ともいえる、この原則は、大衆のそれとは、異なる生活様式、ユダヤ人、そして、ゲイ・ピープル、更には、魔女などのような、人々にとっては、致命的と、なったのである。

政府というより、中世の場合は、カトリック教会である。
多数派を、善しとして、少数派を、排除することで、権威と、権力を、強めるという、構図である。

実に、少数派には、不寛容なのである。

更には、宗教は、他宗教に対しての、異端視である。
そこには、寛容の、かけらもない。

ボズウェルは、国民の大多数の好みが、神の好みと、同一視されるというが、それは、教会が、先導することであり、また、国民の多数が、ゲイ・ピープルを嫌えば、神も、彼らを嫌うという、同時進行による。

このことはもちろん教会の公式の教理ではなかったし、多くの神学者たちによって率直に否定されたが、いくつかの少数派に対する反感を含むさまざまの理由から宣伝家に利用され、多くの状況では自明のこととみなされるようになった。
ボズウェル

それで、迫害という、段取りになる。
教会の、教理ではない。更に、神学者たちによっても、否定されたというが、結果は、不寛容の道に走り、迫害、弾圧が、起こったのである。

教会、修道院の中で、行われる、同性愛行為は、実に多くあった。そして、それが、また、信仰の重さという、見解もあった。
だが、教会が、旧約聖書を、聖典として、取り上げた暁には、ゲイ・ピープルは、罪であり、裁かれる、対象となったのである。

ユダヤ教の、聖典でもある、旧約聖書の神は、男と男が、男と女と、するようなことを、しては、ならないと、明確にしている。
つまり、それだけ、同性愛行為が、広く行われていたということでもある。

時代や、時代精神は、いつも、何かの、少数派を、生贄にしたと、思われる。
それは、大衆の、カタルシスでもあった。更には、為政者たちにとっての、大衆を味方につける、方法でもあったと、いえる。

西欧史の大半を通じて、大惨事を、多数派と一線を画すなんらかの集団の邪悪な策謀の結果と説明することは由々しくも容易であったようであるし、特別の結びつきがほのめかされないときでも、怒り不安になったひとびとは変人奇人を始めとする異常者に対してくりかえし否定的感情をぶちまけた。
ボズウェル

時代性は、無視できないものである。

1世紀の活気に満ちたローマ、12世紀の喧騒の都パリでは、ユダヤ人、ゲイなどの、反体制派は、同時代の人にとって、多彩な人生絵巻の一つとして、幸福だった。
が、6世紀の、凋落し、危機に瀕したローマ、あるいは、14世紀の、パリでは、標準からの、逸脱は、不吉で、脅威的な様相を呈し、慣れ親しんだ世界秩序を破壊する、群れなす悪と見なされた。

歴史は、時代と、時代精神を、教える。
そして、その底流に流れるものは、何であろうか。

為政者や、権力者、あるいは、宗教的権威が、絶対性を帯びる時に、そして、大衆が、怒りと、不安に駆られる時に、不寛容という、時代の形相を持つに至る。

ただ今は、ゲイという存在を取り上げているが、これは、他の少数派に関しても、言えることである。

障害を持つ人たちに、関しても、その時代と、時代精神が、関与する。

更に、貧困という状況も、書き入れておく。
貧困とは、大衆に潜在するものであるが、それを、意識する時、少数派の中に、入り込むのである。

金持ちと、貧乏人の、住み分けが、明確に出来ている場合は、いいが、隣り合わせにある場合などは、実に、貧困者は、少数派に入れられるのである。

その数が、多くても、である。
そこで、救いとしての、共産主義思想、社会主義思想などが、現れるが、それらの、試みは、失敗している。

別の、権力構築を作りだし、民主的な、国家より、より、悲劇が起きるという。
更には、不寛容が、極みに至るのである。

posted by 天山 at 00:00| 性について3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。