2009年05月28日

性について 98

G・ラットレー・ティラー「歴史におけるエロス」から。

人類の歴史は、性的基準として、非常に対照的な、二つの態度が、たえず相克を繰り返してきたという。

一つは、父権的態度。
西洋の中世、キリスト教社会や、日本の封建社会である。
その特徴は、
セックスに対する制限的な態度
女性の自由の制限
女性を劣等で罪深いとみる
幸福より純潔を高く評価する
政治的には権威主義
保守的、反革命的
調査、研究を信用しない
自発性への恐怖、禁止が強い
同性愛への深い恐怖
性差の誇張
禁欲主義、快楽への恐怖
父親宗教
である。

次には、母権的態度である。
セックスに対する許容的な態度
女性の自由
女性に高い地位を認める
純潔より幸福を評価する
政治的には民主主義的
進歩的、革命的
調査、研究を信用する
自発性、自己顕示
近親相姦への深い恐怖
性差の減少
快楽主義、快楽を歓迎する
母親宗教
である。

勿論、この、中間的時代もある。
西洋史から見れば、ケルト民族時代である。

日本も、仏教伝来以前は、母権的であった。

ただ、皮肉なことに、父権的社会では、男色を嫌うが、逆に、男色が、甦るという、こと、多々あり。

ユダヤ、キリスト教の聖典である、旧約聖書では、男色を、徹底的に、嫌い、それは、異民族、異教徒のものだと、排斥するが、禁止が、強ければ、強いほど、男色が、広く行われていたということである。

歴史が、男性宗教型になると、女性を低く評価する。
ユダヤ、キリスト教、イスラム教は、見ての通り。

仏教では、女性は、修行しても、救われない存在と、決定するという、徹底ぶりである。

ただ今の、歴史という時、この、男性の宗教をもとに成立した、父権社会が、記録されているのである。

それ以前の、歴史は、母権社会であるが、神話とされる場合が、多々あり。

要するに、古代社会は、母権社会であり、セックスの抑圧がなく、更に、快楽への、制限がないのである。

何故、父権社会になると、セックスが、タブー視されるのか・・・

セックスにより、男が女に、飲み込まれるという、恐怖からか。

そして、男色が、強い関心を呼ぶのである。
それを、嫌ってもである。

更に、父権的、父親宗教でさえ、神殿では、神官による、男色行為が、公然と、行われていたのである。
更に、売春行為もである。

実に、不可解である。

中世の西洋では、徹底的に、セックスを拒絶したが、日本の場合は、仏教社会で、男色に対しては、比較的、許容的だった。

結果、西洋では、男色に対する、恐怖心が高まり、日本の場合は、男色に対する、賛美が、高揚したのである。

何事にも、表と裏がある。

男色、嫌悪の裏には、男色の流行があり、というふうに、である。

現代では、男色の繁殖は、激しさを通り越して、ゲイを抜きにして、語れないこと、多数ある。

それでも、父権宗教主体の、社会では、男色を嫌悪し、更に、宗教的に、罪と定めている。

イスラム社会では、甚だしい場合は、死刑である。

再度、同性愛の、歴史を俯瞰しつつ、同性愛というものの、存在する意義と、価値、そして、人間が、逃れられないという、セックスの多様性を、見ることにする。

実際、セックスの多様性は、百人百様であり、それは、国家や、宗教に、支配されるものではないが、それさえも、支配しようとするのが、強い支配欲を持つ、為政者たちである。
勿論、宗教指導者といわれるものたちも、である。

何故、人の、性行為に、関与するのかを、探ってゆくと、必ず、支配欲というものが、見えてくる。そして、性とは、最も、原始的人間の、欲求であるという、事実である。

人間の、原始的欲求を支配することで、絶対的、権力の頂点に立とうとするのである。

人間の、基本的欲求を、本能と呼ぶが、その本能を支配するというのが、宗教と、政治の、キーポイントである。
つまり、本能と、主義、ドグマの戦いでもある。




posted by 天山 at 00:00| 性について3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の沈黙を破る 28

アホというのは、自分のことを、知らないという、ことである。

私の活動を、ある、おじさんが聞いて、言った言葉は、俺も、東南アジアには、よく行っていたという言葉である。

つまり、ある、大手企業に、勤めていて、海外赴任で、出掛けたというもの。

あっそう

私は、あまり、話をしたくないが、延々として、何事かを、話す。

ホント、アホなのである。

東南アジアに、赴任したということは、能力が無いと、言っているようなもの、なのである。

更に、拍車をかけて、世界を回った。
どうせ言うなら、世界の女を買ったと言うほうが、聞きやすい。

開店休業が、赴任先の、事務所のあり様である。
何も、別にすることが、無い。
あっても、日本からの、電話を受ける程度。
仕事らしいことは、しない。出来ない。
だから、海外に、飛ばされたのである。

また、言えば、領事館の職員なども、そうである。
大使館とは、聞えは良いが、サラリーマンより、悪い。

大企業の、お使いのような、領事館、領事もいる。

勿論、海外で、何事かあれば、お世話になるが、それは、当たり前のこと。そのために、領事館や、大使館がある。

私が、はじめて、訪れた、領事館は、タイ・チェンマイの、領事館である。
手厚く、持て成された。
それは、有難いことである。

しかし、批判する。

日本国の、出先機関である。
お話は、いいが、要するに、こちらが、何を特に望んでいるのかということに、気を使うべきである。

領事館が、音頭を取ってすることは、取ってつけたような、行事などである。
地元の、要するに、タイ国政府、または、地元の、行政などの、形通りの、なにがしかを、すること。

物々しい、厳重な、警備体制での、領事館には、ただ、驚くばかり。

入るのに、二度、三度の、扉を、通るのである。

タイから、日本に、旅行する人に、ビザを、発給する程度の、仕事で、それほど、厳重にする必要があるのか・・・と、思うほど。

要するに、自分たちのための、意識なのである。

だから、民間の、活動などは、理解し難いし、理解できない。

勿論、それで、いい。

民間の本当に、大変な、活動を知れば、彼らは、自殺したくなるだろう。自分たちの、仕事の、どうでもよいことに、である。

それも、仕事であるから、それでいい。
何も、期待しない。

晴れの舞台に出て、挨拶する程度で、仕事をしている気になる、程度が、国の、要するに、海外に出る、公務員である。

さて、大企業の、無能な者、海外赴任で、何をしているか。

ゴルフと、風呂である。

ゴルフは、そのまま。
風呂というのは、女を買うことである。

あちらでは、風呂とは、日本の銭湯ではない。
女が、つく。

女に、体を洗ってもらい、その後は、射精に至るまでの、時間を、過ごすのである。

勿論、ただの、旅行者も、風呂に行く。

それについては、人それぞれ。
何も、文句は、無い。

売春は、堂々とした、商売である。
誰の、世話も、受けず、体を売って、我が身を、養い、更には、家族を養う。見事である。

アホの、おじさんは、知ったかぶりをして、私に話すが、全く、役に立たない、情報である。

人は、見るものしか、見えない。
見ないものは、見えないし、無いものである。

私のように、街の、小路に入って、最低の生活をしている、ものなどは、見えないのである。

私は、天皇陛下と、同じく、観光はしない。
更に、特別に、遊ぶことは無い。
興味がない。

その国の、その町の人々が、どんな暮らしをしているのか、何が必要なのか、更に、国のあり方を見ている。
そして、価値観の違う、人々が、どのようにして、共生して生きるのか、生きられるのかを、考えている。

どこどこに、美味しいものがある、などという、情報は、全く興味なし。
どこどこの、売春宿は、若い女がいるという、情報も、興味がない。

射精に至る道は、それこそ、人それぞれ。

バスで、一同、売春に行くなどという、趣味は、全く無い。

20年ほど前に、タイ・パタヤに出掛けた時は、何も知らなかった。
だが、高級ホテルの、ボーイたちから、日本人であるということから、私は、蔑みの目で、見られた経験がある。
それの、意味を知ったのは、夜である。

日本人の、おじさんたちが、車を、チャーターして、出掛けた。
それが、売春ツアーだった。

それを、知った。つまり、はじめて、それを、目にした。
私の、身で得た、情報である。
ああ、これなら、蔑まれると、思った。

個人で、売春に行くというなら、それはそれ、である。
しかし、団体での、売春ツアーは、蔑みの対象となる。
当然である。

以下省略。

posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。