2009年05月10日

最後の沈黙を破る 10

カウンターテナー藤岡宣男という、天才声楽家と、私は、毎日過ごしていた。
その私は、彼を知る、唯一の人間である。

何故なら、私たちは、ほぼ、毎日のように、喧嘩をしていた。
ことごとく、合わないのである。

しかし、何故、私と一緒にいるのかと、尋くと、藤岡宣男は、必ず、楽しいから、と、言った。
それには、絶句した。

疲れると、私に寄り添うのである。
そう、彼は、私が、磁石のように、人の気を取ることを、知っていた。

二人で、鉢植えを買って、疲れを取るために、両手をあてていると、その鉢植えは、一週間も持たずに、枯れた。

つまり、藤岡宣男も、霊媒体質だったのである。

そして、彼は、実に男気のある男だった。

藤岡宣男の、歌を、部屋で聴くのは、私には、大変なことである。
それを聴けば、様々と思い出し、今でも、聴くことが、出来ない。
だから、ホールにて、彼の歌を流し、無造作に聴くことにしている。

更に、記録録音の、原盤を、時間と、お金をかけて行っている。
最初から、藤岡の、録音を担当としくれた、プロの方である。

いずれ、しっかりとした、藤岡宣男の生きた証として、公開するためである。

今は、だが、まだ、その時ではない。
色々な、法律的問題もある。
すべてが、収まるには、死後、10年ほど経てからである。

私は、一年祭に向けて、どのように、するのかという提言を行った。しかし、誰からも、何の反応も無かった。
それで、去る者は、日々に疎し、という言葉を思い出した。

ところが、である。
ある日、私は、藤岡の、想念を感じた。

私の妄想であると、言ってもよい。
藤岡は、私に、木村さん、僕のために、何もしなくていいよ、と、言うのである。

その意味を、私のみが、理解できる。
つまり、藤岡の潔さである。

あの、バッハでさえ、自分の作曲したものを、次から次と、捨てていた。
残ったのは、それを、拾い集めた、奥さんの、労である。
死後、50年後に、それが、公開され、演奏されて、注目を集めた。

要するに、表現者は、その時、なのである。
その時の、表現で、終わる。
実に、潔い。

踊りの名手は、踊り終えると、すぐに、次の踊りはと、考える。
終わったものは、過ぎたもので、捉われることがない。

だから、芸術活動は、素晴らしい。
勿論、自然に残るものもある。
文芸などは、書き物であるから、残る。
しかし、それが、千年も、二千年も、読まれるか、である。

もう、僕は、この世に、捉われていない、という、藤岡のメッセージである。

どうでも、いいことなのである。
生きたという、ことだけで、足りる。

だが、まだ、生きている私は、そうは、言われても、残すべくの、努力をする。
それは、私のもう一つの、表現だからだ。

生きているということは、我が生きているのであり、他が生きているのではない。

何かのためにという、大義があっても、それは、私のためなのである。
誰のためでもない、私のためである。

それは、私という、存在から、私が、遊離することがないからである。

結果は、わが身のためである。
だから、藤岡宣男の、歌を残すという行為も、藤岡のためではなく、私のために、行うことなのである。

僕のためにすることは、ないよ、と言う藤岡は、もっともで、もう、すでに、終わったからである。
終わったことに、ぐずぐす、捉われていない。すっぱりと、捨てている。

だから、いい。

後は、私が私のために、藤岡の歌を、残すという、段取りである。
それが、私の生きる意味になる。

余裕、ぶっこいて、悠々として、それを、実行する。

もう、あれこれと、言わない。
ただ、実行するのみである。

膨大な、記録録音がある。
几帳面な藤岡は、すべてを、録音していた。
その、練習までも、である。

私は、書いた小説を、平気で、捨てていた。
それは、私のために書いたものであり、他のために書いたものではないし、価値のあるものとも、思わない。
すべて、自己完結しているのである。

そして、それは、私には、潔いのである。

多次元の世界から、この次元の世界を見たら。
それは、想像も出来ない世界である。
しかし、確実に、死ぬから、確実に、それを、見ることが出来る。

多次元の世界から、この次元を見れば、あまりの、不完全さに、愕然とするであろうことは、解る。

また、不完全であるから、面白いともいえる。

ああ、藤岡宣男に逢いたいと、思う。
もう、随分と、逢っていない。

慰め、励まし、喧嘩し、怒り、様々な、感情を二人で、爆発させた。そんな関係を、築くのは、大変なことである。
どうでもいい人には、そんな感覚も、起きない。

どうでもいい人は、どうでもいいのである。

目の前に、多くの人がいても、どうでもいい人だと、それは、無いものと、同じである。

ああ、藤岡宣男に逢いたいと、思う。




posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。