2009年05月06日

最後の沈黙を破る 6

世の中が、不況になり、格差が広がると、落ちこぼれは、ストレスが溜まり、発散するために、インターネットの書き込みに、そのストレスを、ぶつける。

単純に、感情的な、言葉を書き付ける。
更に、弱いと、思った者には、また、容赦しない。
この世は、地獄である。

藤岡宣男が、亡くなった時間は、夜の、十時十分頃である。
深夜、零時には、ニュースになった。

それからである。
多くの、憶測、妄想の数々が披露された。
これも、有名であることからだと、黙っていた。

しかし、中には、聞き捨てならない言葉があった。

木村天山が、殺したというものである。

事件の、顛末については、詳しく書いたので、省略する。

藤岡を生かすために、五年間、様々に行動していた私が、殺したと、言われた時の気持ちは、たまらないものである。
それを、理解してくれとは、思わない。

この世は、地獄であるから、それも、あり、だと、思っている。
しかし、私が、腑に落ちないのは、そういう言葉を、吐いた者が、平穏無事に暮らせるということである。

そんなことは、ないはずである。

私が、呪って、悪いことが起こるというのではない。
自業自得で、その言葉を吐いた者は、七転八倒するはずである。

今でなくても・・・

勿論、私は、どうとも、思わない。

書き込みで、警察が、動くようになった。
例えば、芸能人などに、殺すと、書くと、警察が動くのである。
それほど、何でも、書くことが、出来るようになった。

誹謗中傷で、自殺する者も、出る。

そんなことを、許しておいていいのだろうか。
道徳ということの意味を、知らないと言える。また、それを、教えられないのである。

道徳教育をすると言うと、馬鹿な、日教組が、良心の自由だの、何だのと、煩いのである。

君が代、国旗掲揚も、良心の自由を、掲げて、歌わない、起立しないという、馬鹿までいる。

それが、公立学校の教師であるから、笑う。

私と、公という、世界を、区別出来ない者が、ガッコの先生に、なってはいけない。

このような、教師に、教えられた、皆々が、この、道徳破壊の、書き込みの行為を、平然として、する。
更に、このような者達に、教えられた者が、今、無責任な、書き込みをして、平然としている。

更に言えば、学生運動をした、世代の、アホが、親として、教育した者どもが、こうして、無責任な書き込みをする。

犯人探しをすれば、そこに行き着く。

権利の主張こそが、正しいと、言う、アホ、馬鹿、間抜けである。

それらの、学生運動時代の、アホが、今では、体制側について、のうのうと、ゴルフ三昧であるから、言葉が無い。

革命であったはず。
しかし、今、彼らの生活を、見ていると、セックス三昧、ゴルフ三昧、果ては、田舎暮らしを、満喫するという、アホもいる。

私の、問題は、それ以上にあるが、今は、この辺で、やめておく。

要するに、自分で、何事かを、行っているように、思えるが、実は、自分ではないモノに、動かされているということに、気づかないのである。

自分の意識で、行っていると、信じているだけで、それは、無い神仏というものを、信じる行為に似る。

本当の、意識というものを、持たないのである。

しかし、それを、言っても、何のことか、解らないだろう。
それほど、我という、意識を、失っているということである。

問題は、それである。

霊の、憑依現象というものがある。
今の、人、おおよそ、憑依現象にある。

如何ともしがたい、思いを、抱く。
それが、我のものだと、信じる。しかし、それは、憑依現象なのである。

無責任な書き込みを、する者を、追跡して行くと、必ず、目に見えない世界に、行き着く。そして、その者の、背後にあるものを、認識する。

多くは、浮遊霊である。
そして、そういう者は、そういうモノを、信じないのである。

だが、それは、すぐに、解る。
人は、すぐに、死ぬからである。

浮遊霊に、憑依された人は、また、浮遊霊になる。

死ねば、解ることだから、説明するまでもない。
死は、すぐ、目の前にある。



posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性について 76

体内に侵入した、異物を種々の、細胞郡が、直接、攻撃をはじめる。

T細胞、ナチュラルキラー細胞、キラーT細胞、大食細胞。

一方、出来上がった抗体が、異物の抗原と、結合して、攻撃を開始する。
この、抗体を作るのは、リンパ球の、B細胞である。
この、B細胞は、骨髄からのもので、これに、どんどんと、働きかけるのが、リンパ球の、T細胞、胸腺からのもので、補助のT細胞。そして、交代が増えるのを、抑えるのも、これである。

そして、免疫のすごさは、一回でも、体内に侵入した、異物を、覚えていることである。
この異物が、侵入すると、キラーT細胞を、すぐさま、血液中に、放出するのである。

免疫とは、自己の同一性を守るために、自己犠牲を払って、異物を排除する。
つまり、生命の、維持活動である。

勿論、これが、反作用する場合もある。
体を守る、免疫機構が、体に、害を及ぼすこともある。
拒絶反応、アレルギー反応などである。

もう少し説明すると、免疫細胞から、分泌される、物質を、伝達する、たんぱく質がある。
生理活性物質、リンフォカインと、呼ぶ。

インターロイキン1、2である。
1は、大食細胞によって、新生され、未熟な、T細胞や、ナチュラルキラー細胞を活性化する。
2は、T細胞によって、作り出される、リンフォカインで、キラーT細胞や、ナチュラルキラー細胞を、促進する。

その他、T細胞から、作り出される、インターロイキン3という、ある種の、リンパ球を増やす働きを持つものもある。

更に、それらに、4,5まで、発見されている。

兎に角、免疫機構は、実に、複雑で、面白い。
こうして、体内環境が、生命維持に、必死に、戦っているのである。
感謝するならば、わが身の、体である。

そして、エイズは、何を、どのように、破壊するのかである。

エイズが、破壊するのは、T細胞の機能であることが、明らかになったのである。

T細胞は、細胞性免疫と、呼ばれる、一連の、免疫機構を担当している。それを、破壊するのが、エイズなのである。

まず、普通の、ウイルスが、体内に、侵入してきた場合は、大食細胞が、認識し、ただちに、食べてしまう。
そして、T細胞に、警告する。
それで、T細胞が、活性化して、色々な種類の、T細胞となって、増える。B細胞に、伝令し、B細胞が増える。
抗体を作り、侵入ウイルスを、攻撃する。
更に、他の、細胞も、攻撃に参加する。

それでは、エイズウイルスの時は、どうなのか。

エイズウイルスが、攻撃するのは、ヘルパーT細胞である。
これを、殺すことにより、免疫系の異物を認識する、能力を、失わせるのである。

自己、非自己の認識能力を、失った、ヘルパーT細胞は、何と、侵入してきた、エイズウイルスの、更なる、生産を請け負うという、恐怖である。

何か、SF映画を、見るようである。

免疫能力を失った、ヘルパーT細胞は、エイズウイルスに、身を任せて、その増殖に、負けて、更に、わが身から、エイズウイルスを、生み出すのである。
そして、同士である、T細胞を攻撃するのを、黙認していなければならない。

エイズウイルスが、侵入過程で、攻撃するのは、ヘルパーT細胞のみである。

同じ、リンパ球細胞である、抑制性の、サプレッターT細胞には、影響を与えない。

それのみか、サプレッターT細胞の数を増やし、作用を高めるために、免疫系の調和が、破壊され、機能が低下する。
そのために、免疫不全に、陥るのである。

実に、悪者らしい、やり方である。

性格の悪い、悪者、つまり、悪魔的である。

免疫不全、つまり、生命の破壊行為を、行うという。

健康な細胞を、エイズウイルスの、生産工場にするという、エイズウイルスの作戦である。



posted by 天山 at 00:00| 性について3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。