2009年05月05日

最後の沈黙を破る 5

ゆえあって、音大の、トーホーという学校のことを、知ることになる。
トーホーとは、桐の方であり、もう一つの、トーホーは、馬鹿、アホの集いである。

と、思いきや、桐のトーホーも、アホ、馬鹿の集いであったという、顛末。

桐ではない、トーホーの方は、単に、頭が悪過ぎでも、大学卒になるという、だけの話。
しかし、桐の方は、それなりに、世に認められているというが・・・

大半は、子供時代から、ピアノを習い、親が、必死になって、お金を注ぎ込んだ、という、それだけの話である。
お金を、注ぎ込むと、囚われる。
何とか、元を取りたいと、あり地獄の、クラシック音楽界という、世界に入らざるを得ない。

馬鹿に、いくらお金をつぎ込んでも、馬鹿なのであるから、いい加減にすれば、いいものを、親は、無心に、悟ったかの如くに、我が子を、信じている。

学生には、三通りいる。
孤立する者。
暇潰しの者。
金を使う者、である。

孤立する者は、本当に音楽をやりたいがために、孤立する者と、某然として、孤立する者がいる。それは、痴呆に似る。

暇潰しの者は、遊びに学校に来ている。
親の財産を食い遊ぶ者である。

金を使う者は、大半が、セックス三昧である。それにまつわる、行為にのみ、エネルギーが出る。
暇潰しの者と、似ているが、時に、セックスの技で、大物と、出会う場合もある。

幼い頃から、ピアノを習わされていたゆえに、大半が、その精神を破壊している。
習いたかったのではなく、習わされていたということが、不幸である。

中には、数少ないが、自ら、ピアノを、習いたいと、志願した者もいる。
それらは、ピアノの、良し悪しを、少しは、知る者である。

日本のピアノ演奏は、世界的レベルである。
それ程、ピアノの演奏技術に高い者がいる。

だが、それは、ほんの一部であり、全部ではない。
一部を、全部と、勘違いする者多く、自分も、その一人だと、思うから、また、思い込むから、救われない。

数学の出来ない者は、音楽、特に、西洋音楽は、出来ない。
西洋音楽は、数学の世界である。

芸大、桐のトーホーが、この程度なのだから、後の、音大は、押して知るべし。

世の中の、ゴミである。

和芸の場合は、下手でも、爪弾いてくれれば、それなりに、風情になるが、ピアノは、風情も、へったくれも、無い。ただ、喧しい。

だから、大半が、耳をやられる。
音楽をやってはいるが、耳が悪いというのは、致命的である。

更に、頭が悪いから、世の中の、害である。
ガ鳴り立てるというのが、関の山の、ピアノ演奏を、堂々として、意気揚々としている様には、呆れる。

長い、分節を覚えられないがために、曲の説明も、演奏技術の説明も、舌足らずであり、少し、難しい言葉を使うだけで、我、賢いと、信じる様、あわれである。

曲の完成度が、高く、技術的にも、熟練している。

これで、評価して、満足げにしている。

洗足とか、フェリスという、金儲けの学校の、ピアノ弾き達は、指導者も、迷っているのか、いつも、迷うのである。
音楽に迷う。
更に、頭の悪さが、拍車をかけて、何を、何処を、目指しているのか、解らない、演奏を、平気でする。

それらが、また、集いを作り、なにやら、分かったような、演奏会を開催して、身内で、納得し、満足する。
つまり、自己満足の何物でもないことを、やって、世の害になっている。

さらに、拍車を、掛けるのは、頭の悪い声楽家という、勘違いの面々である。

それらが、一緒に集うから、益々、馬鹿の集団になる。

歌をやりたいというのと、聞かせられる歌を、歌うのとは、違うことを、知らない。
勿論、参加費を払って、舞台に出る者に、言うことも無い。

お金を払っても、聞きたい歌と、お金を貰って聞きたい歌と、お金を貰っても、聞きたくない歌がある。

私は、ある時から、無料コンサートのみ、開催することにした。
理由は、無料であるから、嫌になれば、いつでも、会場を出られる。更に、招待しないので、嫌な人は、出で行く。
それでいい。

音楽芸術は、西洋でも、東洋でも、すべて、あるモノに、捧げて行われていた。それを、私も、やっている。

私の、場合は、神や仏に、捧げるモノではなく、追悼慰霊をした場所の霊位に、捧げる。
お客が、数名でも、甚だしくは、誰も、いなくても、それを、捧げる。

無理やり、誰かに、聞かせることもない。
更に、素人であるから、自己満足である。

そうして、すべて、納得して、開催する。

ピアノコンサートも、然り。

一度、誰も、お客がいないコンサートになったことがある。
実に、有意義だった。
スタップが、一生懸命に聞いて、注文をつけて、弾き方を替えさせたり、同じ曲を、もう一度と、聴いた。

通常のコンサートでは、出来ないことである。

その曲は、もういいから、あの曲を、もう一度などとは、コンサートでは、出来ない。

そろそろ、そのような、コンサートに戻して行きたいと、思っている。

あれあれ、あの曲弾いてと、いわれて、答えられるピアノ弾きの登場を願う。

一度、さくらさくらの、メロディーだけ、聞かせてと言うと、弾けないという、ピアノ弾きがいた。練習していないからと、言う。
驚いた。
桐のトーホーではない、トーホーである。



posted by 天山 at 00:00| 沈黙を破る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性について 75

ヒトをはじめとする、動物と、レトロウイルスとの、関係で、実に、興味深く、驚くべきは、それが、生殖と、種の繁栄に、関わっているということである。

ねずみが、レトロウイルスを、生殖細胞に、取り入れることによって、繁殖に成功した。
レトロウイルスを持った、ねずみが、勝ち残り、持たない、ねずみは、滅亡したのである。

さて、マウスを使った実験では、受精後二週間の後半に、レトロウイルスの、たんぱく質が、大量に作られる。RNAをDNAにかえる、レトロウイルスの逆転写酵素の、原型とされる、ガンマ型合成酵素と呼ばれる、物質が、活性化され、たんぱく質が、製造され、この酵素の、活性化が、卵子や精子という、生殖細胞で、いちじるしいという。


レトロウイルスは、卵子、精子といった、生殖細胞に入り込み、遺伝子に組み入れられて、母から子へと、垂直感染して、種の繁栄を果たす。
レトロウイルスは、無害な遺伝子として、宿主に入り、自己の種のために、宿主の、種のためにも、有利に共存してゆく。

共生である。

しかし、それは、危険なリスクも伴う。
それは、レトロウイルスの、突然変異である。

多く、それは、ガン化するのである。

それを、進化という観点に立つと、生存に有利ならば、共存し、不利な場合は、ウイルス感染にかかって、死ぬということが、繰り返されてきたのである。

だが、ウイルス疾患にかかりやすいほど、ウイルスとの関係が、深いということである。
更に、進化の可能性を、秘めているということ。

鳥類の中でも、インフルエンザウイルスが、検出された、鶏、アヒル、七面鳥などは、他の鳥に比べて、寿命が、長いのである。

ヒトも、このウイルスと、同居することで、進化を遂げてきた。
つまり、この道を、引き返すことは、出来ないのである。
ということは、レトロウイルスが、突然変異して、起こす、エイズ、癌などと、共生するしか、方法はないと、いえる。

このような、自己―非自己の境界がいい加減な免疫機構、くるくる変幻するレトロウイルス遺伝子やバクテリアと共生するヒトの生命の様相をみるとき、生命とは、はなはだ「あいまい」な関係性のうえに成立しているものであることがわかってきた。
世紀末の病 大島清

さて、免疫ということについて、もう少し、詳しく見ることにする。

免疫とは、細菌や、毒物が外部から、体に入ってきたとき、それを自分になじまない異物、非自己として、排除する作用である。

排除する方法は、貪食する、結合して、捕まえる、殺すと、いろいろある。

この、免疫を担うのは、血液である。
血漿と呼ばれる、たんぱく質を含んだ水の中に、赤血球、白血球、血小板という、有形成分が浮遊している。

この中で、免疫をつかさどるのは、白血球である。
その中の、リンパ球と呼ばれる、白血球なのである。

リンパ球は、脊髄で作られる。
そして、そこから、直接、血液に出るものと、胸腺を通過して、やや性質を変えて、出るものの、二種類がある。

前者を、B細胞、Bリンパ球、後者を、T細胞、Tリンパ球と、呼ぶ。

これらを、まとめて、免疫細胞という。

その、しくみは、異物が、侵入すると、免疫機構が、活動を開始する。
最初に、大食細胞という、白血球が、異物に立ち向かう。
大食細胞は、リンパ球と別の種類の白血球である。
その名の通り、異物を食べるのである。

だが、これで駄目な、強力な異物は、リンパ球が、対処する。
まず、B細胞が、侵入した異物、抗原と呼ばれるものに対して、抗体という、たんぱく質を作る。

この、抗体は、抗原、つまり、異物に癒着して、それを、破壊する。
抗原―抗体反応という。
別名、液性免疫と、呼ばれる。

この、液体免疫と、相互に作用し合う、もう一つの、免疫システムが、T細胞を主とする、細胞性免疫と、呼ばれる。

生命ということを、考えた時、この免疫システムを、生命システムと、呼んでもいいように思う。
これがあるから、生きられる。
要するに、免疫機構によって、生かされているのである。

それも、体内環境である。

環境問題は、何も、外部の環境だけを、言うのではない。
我が内にも、生命環境があるのである。

免疫力を高めるというのは、体内環境を良くする、整えるということになる。

それでは、体内環境の免疫システムを、高めるには、どのように対処するのか。
しかし、その前に、異物が、どのように、排除されるのかを、見るべきだ。

そして、それが、スムーズに成されることを、免疫力が、高いということになる。

今、曖昧だった、生命という、観念に、免疫システムという、生命維持の、働きを、知ることで、明確になる。

命の、貴さを、言う前に、免疫機構の、有様を、知ることである。

生命が、免疫機構に、支えられてあるのだから。



posted by 天山 at 00:00| 性について3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。