2009年03月13日

もののあわれについて。503

いとよそほしくさし歩み給ふ程、う追払かしがましひひて、御車のしりに、頭の中将、兵衛の督のせ給ふ。源氏「いと軽々しき隠れが見あらはされぬるこそねたう」と、いたうからがり給ふ。中将など「よべの月に、くちをし御供に後れ侍りにけると思ひ給へられしかば、今朝は霧を分けて参り侍りつる。山の錦はまだしう侍りけり。野べの色こそ盛りに侍りけれ。なにがしの朝臣の、小鷹にかかづらひて立ちおくれ侍りぬる、いかがなりぬらむ」など言ふ。
源氏「今日はなほ桂殿に」とて、そなたざまにおはしましぬ。にはかなる御あるじし騒ぎて、鵜飼ども召したるに、あまのさへづり思ひ出でらる。





 
威厳を正して、歩む間、前駆が、大きな声で払いをする。車の末席には、頭の中将と、兵衛の督、かみ、を乗せる。
源氏は、こんな軽々しい隠れ家を、見つけられたとは、されぬるこそねたう、しゃくだ、と、酷く、嫌がり、辛く思う。
中将などは、昨夜の月のお供をしないで、残念に思っていましたので、今朝は、早くから、霧を分けて、やって参りました。山の紅葉は、まだのようですが、野原の秋草の色が、盛りでございます。何某朝臣は、小鷹狩りをいたしており、遅くなりますが、どうなりましたか、などと、言う。

源氏は、今日は、まだ桂の院にて、と、桂の方にいらした。急な、持成しに、大騒ぎして、鵜飼の者たちを、お召しになった。それらの、喋る声を聞いて、明石の浦の、海人たちの、声を思い出したのである。





野に泊まりたる君達、小鳥しるしばかりひきつけさせたる荻の枝など、つとにして参けり。おほみ酒あまた度ずん流れて、川のわたりあやふげなれば、酔ひにまぎれておはしまし暮らしつ。



鷹狩をして、野宿した若殿たちが、小鳥を、ほんの少しばかり、萩の枝につけて、みやげに持って参上した。盃が、何度も回り、川岸は、危ないゆえに、酔いにかこつけて、一日を過ごされた。




おのおの絶句など作りわたして、月はなやかにさし出づるほどに、おほみ遊びはじまりて、いと今めかし。ひきもの、琵琶、和琴ばかり、笛ども上手の限りして、折に合ひたる調子ふきたつるほど、川風吹き合せて面白きに、月高くさしあがり、よろづのこと澄める夜のややふくるほどに、殿上人四五人ばかり連れて参れり。




各自が、絶句などを作り、月が光を投げ掛ける頃に、管弦の遊びがはじまった。大そう、賑やかである。
管弦は、琵琶と和琴のみ。笛は、上手な人ばかりで、時候にふさわしい調子で、吹きたてる。川風も、音を合わせるように、面白くして、そこに、月が高く昇り、何もかも、澄み渡る夜の、やや更ける頃、殿上人が、四五人、連れ立って、参上した。





上に侍ひけるを、御あそびありけるついでに、主上「今日は六日の御物忌みあく日にて、必ず参り給ふべきを、いかなれば」と仰せられければ、ここにかう泊らせ給ひにけるよし聞し召して、御消息あるなりけり。御使ひは蔵人の弁なりけり。

主上
月のすむ 川のをちなる 里なれば かつらの影は のどけかるらむ

うらやましう」とあり。



主上の、御前にいたのであるが、管弦の遊びがはじまった時、主上が、今日は、六日間の物忌みが明ける日で、必ず大臣が参内されるはずだが、どうしてか、との、お言葉である。ここに、お泊りになっているのを、聞かれて、お手紙があったのだ。お使いは、蔵人の弁である。

主上
桂川の向こうの里であるから、月は、いつもそちらに、向いて、山の端に入ることなく、ゆっくりと、眺めることが、できる。

羨ましいことだ、とある。謹んで、お詫びを申し上げるのである。




かしこまり聞えさせ給ふ。上の御あそびよりも、なほ所がらのすごさ添へたる物の音をめでて、また酔ひ加はりぬ。
ここにはまうけの物もさぶらはざりければ、大井に、源氏「わざとならぬまうけのものや」と、言ひ遣したり。とりあへたるに従ひて参らせたり。きぬびつ二かけてあるを、御使ひの弁は疾くかへり参れば、女のさうぞくかづけ給ふ。




御前での、遊びより、こちらは、場所が場所だけに、身に沁みる音楽を賞して、更に、酒の酔いが加わる。ここには、お使いに上げる、品の準備がないので、大井に、源氏は、何か、大袈裟ではないものは無いか、と、お使いをやった。
有り合わせのものを、差し上げる。衣櫃二つであるが、お使いの弁は、すぐ宮中に参内するので、女の、装束を与えたのである。




源氏
久かたの 光に近き 名のみして あさゆふ霧も 晴れぬやまざと

行幸待ち聞え給ふ心ばへなるべし。



源氏
月の光が近く感じられますが、それは、名のみのことです。朝夕、霧も晴れない山里です。

行幸を、お待ちする、心境である。





posted by 天山 at 00:00| もののあわれについて第11弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。