2009年01月07日

神仏は妄想である 197

そこで、シャーリプトラよ、如来はこうも考えるのである。「私には知力がある、神通力があると考えて、もし(適切な)方法によらないで、これらの衆生たちに如来の知力や(四種の)おそれなき自信などを私が教え聞かせたとしても、これらの衆生はその教えによっては(輪廻から)出離することにはならないであろう。なぜならば、彼ら衆生たちは五欲の楽しみに執着し、三界の歓楽に執着し、生・老・病・死・愁苦・悲嘆・苦悩・憂悩・惑乱から解脱せず、(それらによって)焼かれ、煮られ、熱せられ、さいなまれているからである。軒も屋根も朽ち果て、(苦悩の)炎に包まれた家にも似た三界から逃れ出ないならば、これらの人々はどうして仏陀の知を享受することになるであろうか」と。
中央公論 大乗仏典 法華経1より

火宅三界とは、有名である。
この三界において楽しんでいるお前たちは、五欲の楽しみをともなった愛欲に焼かれ、熱せられ、さいなまれている。
と、認識したのである。

燃え盛る家にも似た、三界の中にあって、低級な色形、音声、香り、味、触れられるものに、喜びを見出しては、ならない。

この世を、このように、捉えるということである。

ここまで、現実世界、この世を、徹底して、否定するという、根性は、如何なるものか。

延々と、口説く如くに、これらの、話が続くのであるから、相当に、強迫性神経症の持ち主であろう。

くどいほど、説き続けるというのは、魔的である。

釈迦仏陀は、神通力などを、最も嫌った。
それが、如来は、神通力を持ち、衆生に説くが、衆生は、火宅三界にいて、解らないという。

これが、曲者である。

如来という、架空の存在を作り上げて、焦点を誤魔化すのである。
人の心を支配する時、その絶対性を、説く。
帰依させれば、こっちのものである。

衆生は、火宅三界に在るという、認識は、どこからのものか。
インド魔界からのものであろう。

インドの性愛の手引書などを持ち出すまでもない。
快楽というものを、罪の意識に、持ち上げるなどとは、低級な、聖書のやり口と、同じである。

人間の欲望を、救われない理由とする、その根性は、何か。
人の心を、支配したいという、欲望である。

一体、自分達が、どうして、生まれてきたのかを、知らない。
男女の性の交わりから、生まれたのである。それを、否定するのであるから、いい加減にしろということだ。

庭野日敬さんは、それを、
この物語を終わられた世尊は、と書く。
世尊とは、釈迦のことか。
それならば、嘘である。
釈迦仏陀が、語ったのではない。
作者が、語ったのである。

実在の釈尊お一人だけのことでないのはもちろんです。「わたし」というのは、つまり「仏」ということ、「仏」とは、「真理を悟ったもの」なのですから、「真理を悟ったものにとっては、全宇宙がその人のものだ」という大宣言なのです。

法華経の、愛好者は、実に、大という文字が好きである。

宣言では、足りなくて、大宣言という。
創価学会の、言葉の多くは、皆、大がつくという、アホさ加減。
大勝利、大躍進、大信心、大感動、何でも、大をつけて、信者を、鼓舞させる。それに、単純に迷うから、世話がない。

つまり「無我」になるのです。小さな「我れ」をすてるのです。そして、全体に生かされている「我れ」を発見するのです。

言葉遊びの巧みなこと、呆れる。

更に、
すると、「我れ」は宇宙全体にひろがってゆきます。「無我」こそ「宇宙はわがもの」に通ずるひとつの道なのです。そうなると、われわれの心はまことに自由自在です。何ものにもとらわれず、思うようにふるまっても、することなすことがすべて人を生かす行為になってしまうのです。それこそ、仏の境地にほかならないのです。
と、言うのである。

そうして、立正佼成会という、立派な宗教を創り、更に、立派な建物を、建てて、仏の境地とは、笑わせる。
勿論、彼のみだけではない。
すべての、宗教というもの、同じである。
大伽藍を建てて、平然として、仏の境地というものを、説くという、アホさ加減である。

それで、自由自在ならば、何もいらない。
野山に入り、宇宙と一体になって、死ぬまで、生きればいい。
しかし、彼らの、言い分は、衆生を救うというから、堂々巡りである。

何せ、説いた、本人が、仏になったのかどうかは、すべて、自己申告である。

私も、仏であると、大宣言できるのである。
悟りも、自己申告である。
私も、悟ったと、言える。
しかし、一体、何を、どのように悟るのか。

それに関しては、一切の発言は無い。

甚だしいのは、本当の中道を行くなどいう、輩である。
本当の中道など、どこにもない。
もし、中道という、道があるならば、中道とは、百人百様の道である。

更に、仏というならば、それも、百人百様である。
更に、神というものが、在るならば、それも、百人百様である。
これが、事実である。

仏の真理というものは、大嘘である。
真理という言葉は、観念でしかない。

庭野さんは、
真似ごと(方便)からでもはいらなければ、ほんものには達しられないのです。お経を読むのも、説法を聞くのも、静かに考えるのも、人のためにつくすのも、すべて「我」を捨てて全体に溶けこむための修行だといってもいいでしょう。これが「和」の精神です。たとえ一日に一時間でもいい、こういう修行をつづけてゆけば、わずかずつでも仏に近づいていけるのです。そして、いつか仏になれるのです。それを思えば、ほんとうに大歓喜が心の底から湧いてくるではありませんか。
と、言う。

突然、和の心という言葉が出て来る。
不思議である。
和という、精神活動は、仏教の中には、特に、大乗の中には無い。
和を求めていれば、修行など出来ない。

現実逃避の思想を、ここまで、語り得るというのは、魔物の仕業である。

この人は、「我」を捨てるということを、どのように、説明したのか。
一切の説明は無い。

我を捨てて、無我になって、行為することを、言うとしたら、無我とは、何かということになる。

我が、単に無我になるだけで、何も変わっていないということに、気づいていない。

無我という、我であることに、気づかないのである。

大乗の空観は、無我も、空とするものである。

我を捨てて、無我になったということは、我を忘れて行為しているということか。
それならば、欲望に身を任せて、欲望に没頭すれば、我を忘れて、無我に成れる。
セックスは、正に、彼の言う、無我の境地であろう。

要するに、いくら、説明しても、仏の真理というものは、語れないのである。
それは、そういうものが無いからである。
真理というものは、この世にも、あの世にも無いのであるから、どんなに、言葉を尽くしても、語りきれないのである。

語りきれないから、真理だという、アホもいるが。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ 377

院へ参り給へれば、院「いといたう面やせにけり。さうじにて日をふるけにや」と、心苦しげにおぼしめして、御前にて物など参らせ給ひて、
とやかくやと思しあつかひ聞こえさせ給へる様、あはれにかたじけなし。



院に、参上すると、院は、大そう、酷くやつれたことです。精進にて、日々を過ごしたからでしょうと、痛ましく思われ、御前で、食事などをさせる。
あれこれと、お心遣いをする様は、身にしみるほどに、もったいないことである。

あはれに かたじけなし
かたじけなし、とは、もったいないことである。
更に、あはれ、という言葉がつく。この場合は、かたじけないが、強調される。




中宮の御方に参り給へれば、人々珍しがり、見奉る。命婦の君して、中宮「思ひ尽きせぬ事どもを、程ふるにつけてもいかに」と、御消息聞え給へり。源氏「常なき世は、大方にも思う給へ知りにしを、目に近く見侍りつるに、いとはしき事多く、思う給へ乱れ氏も、度々の御消息に慰め侍りてなむ、今日までも」とて、さらぬ折だにある御気色取り添へて、いと心苦しげなり。無紋のうへの御衣に、鈍色の御下襲、えい巻き給へるやつれ姿、はなやかなる御よそひよりも、なまめかしさまさり給へり。源氏「東宮にも、久しう参らぬおぼつかなさ」など、聞え給ひて、夜ふけてぞまかで給ふ。




中宮の、御方へ参上されると、人々は、珍しがり、源氏を拝する。
中宮は、命婦を通して、藤壺は、今も悲しく、存じますこと。日にちの経つにつけても、貴方にとっては、どんなことか・・・と、お伝えするのである。
源氏は、定め無き世の中であるとは、存じておりましたが、身近に、経験しまして、人の世が、厭わしく思われることが、多くなりました。思い乱れますが、度々のお便りで、心を慰めまして、生きながらえましたと、そうではない時でさえ、憂いがあるのに、今度のことで、更に、辛い気分である。
無紋の、御しとねに、にぎ色の下襲で、嬰を巻いている喪服の姿は、華やかな装いよりも、優美である。
東宮にも、参上しないことが、気がかりであると、申し上げて、夜が更けてから、退室される。





二条の院には、方々払ひ磨きて、男女待ち聞えたり。上臈ども皆まうのぼりて、我も我もとさうぞき、化粧じたるを見るにつけても、かの居なみ、くんじたりつる気色どもぞ、あはれに思ひ出でられ給ふ。御装束奉りかへて、西の対に渡り給へり。衣替への御しつらひ、くもりなく鮮やかに見えて、よきわかうどわらはべのなりすがた目やすく整へて、少納言がもてなし、心もとなき所なう、「心にくし」と見給ふ。




二条の院では、部屋部屋を綺麗に掃除して、男も女も、お待ちしていた。
上臈の女房たちが、皆出て来て、我も我もと、着飾り、化粧をしているのを、見るにつけ、大臣邸にいた、女房たちの、ふさぎこんだ姿が、心深く、思い出される。
御装束を、お召しかえになり、西の対に、渡られる。
衣替えした、部屋のお飾りが、すっきりと、鮮やかで、美しい若い女房や、童女などの、なり形も体裁よく整えて、少納言の、取り計らいが、行き届かないところなく、よくやったと、ご覧になる。

心にくし
よくぞ、やったものだと思う。
万事万端に、整えたことを、いう。




姫君、いとうつくしうひきつくろひておはす。源氏「久しかりつる程に、いとこよなうこそ大人び給ひにけれ」とて、小さき御凡帳ひきあげて見奉り給へば、うちそばみて恥ぢらひ給へる御様、あかぬ所なし。ほかげの御かたはらめ、かしらつきなど、ただかの心つくし聞ゆる人に「たがふ所なくもなりゆくかな」と見給ふに、いと嬉し。近く寄り給ひて、のどかに聞えまほしけれど、いまいましうおぼえ侍れば、しばしことかたにやすらひて、参り来む。今はとだえなく見奉るべければ、いとはしうさへや思されむ」と、語らひ聞え給ふを、少納言は「嬉し」と聞くものから、なほ危く思ひ聞ゆ。やむごとなき忍び所多うかかづらひ給へれば、又わづらはしきや立ちかはり給はむと思ふぞ、憎き心なるや。





姫君は、大そう、美しく身づくろいをしている。
源氏は、久しくお会いしなかった間に、随分と、大人になられましたね、と、小さな御凡帳の帷子を上げて、ご覧になる。
姫は、横を向き、はにかんでいる様子は、非の打ち所がない。
灯火に、照らされた、横顔、髪の形など、全く、あの心の限りに、慕う方に、そっくりであると、ご覧になると、実に、嬉しい。
近くに寄って、会わずに、気がかりだったことを、おっしゃる。
この間じゅうのお話を、申し上げたいが、縁起が悪いようなので、暫く、休んでから、また、来ますね。これからは、もう、いつも、お会いしますよ。嫌だと、思われるかもしれませんがと、言う。
少納言は、嬉しいことと、聞くものの、それでも、危うい気がする。
身分の高い方々と、密かに関係していることだから、また、煩い方が、大臣家に、入れ代わりされるのではと、思うのは、いやらしいことと、少納言を思う。

憎き心なるや
これは、憎いほどに、様々な思いをいう。
心憎いという、現代でも使われる、言い方である。
ここでは、少納言の、思いに対して、作者が感想を言うのである。

源氏の思い、少納言の思い、そして、作者の思いが、交錯する。




我が御方に渡り給ひて、中将の君と言ふに、御足など参りすさびて、おほとのこもりぬ。あしたには、若君の御もとに、御文奉り給ふ。あはれなる御返りを見給ふにも、つきせぬ事どものみなむ。



ご自分の部屋に、渡られて、中将の君というものに、足などを、揉ませて、お休みになった。
翌朝、若君の元に、お手紙を差し上げる。
そして、身にしみる、返事をご覧になり、尽きせぬ悲しいことばかりである。

若君とは、大臣邸にいる、我が子である。
そして、手紙は、乳母の代筆である。
それを、見て、悲しみは、増すばかりである。


posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第9弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。