2008年12月19日

神仏は妄想である 184

法華経に、限らず、鎌倉仏教、つまり、日本の新興仏教の始祖たちが、言う、兎に角信じること、という、呆れた、自己放棄、それを、禅では、放下、ほうげ、ともいう、姿勢を、説くのである。

今、ランダムに、本棚に手を伸ばして、創価学会の法華経の解説という本の、箇所を、読む。

諸仏の智慧が南無妙法蓮華経の智慧なら、その智慧に入る門はまさに信心以外にありません。南無妙法蓮華経の智慧を自分のものとするには「以心代慧」「以信得入」といわれるように、自己の浅はかな見識や智慧を捨てて、大聖人の御図顕された御本尊を信ずる以外にないのです。そして、この「信じる」ということがまさに難解難入なのです。

難解難入、なんげなんにゅう、である。
非常に難しいというのである。
信じなければ、智慧を得るのは、難しいというのである。
そして、信じることが、難しい。一体、信じるということを、何と心得ているのだろうか。

この、蒙昧は、計り知れない。
信じてしまえば、また、信じさせれば、後は、簡単に、騙せる。
どんな、無理難題も、信じた者は、行為する。
その一つが、金集めである。

浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、日蓮宗などなど、その信徒を見れば、寺に言われた通りに、金を出す。出さない信徒は、除外される。

地獄の沙汰も金次第という、言葉があるが、あれは、寺のことを、言ったものである。
金を出さなければ、救いもないのである。

その証拠に、戒名なる、実に不思議な、金集めの方法がある。
全く、意味は無い。

私は、戒名についての、資料を徹底的に調べた、また、それを、肯定する者の、本も読んでみた。
全く、こじ付け、妄想の、様々である。

釈迦仏陀は、一切、そのようなことを、言わない。
まして、在家に対して、仏弟子に、云々などとは、言わない。
呆れて、物も言うことが、できないのである。

浄土宗、浄土真宗は、死後に、阿弥陀の世界に行きます。それで、救われますというのが、前提で、戒名なる物を、つける。
死後、どこに行ったのかは、誰も解らない。特に、坊主は、解らない。
何せ、その宗祖も、霊界の何処にいるのか、解らないという、様、ざまである。

勿論、霊界に、阿弥陀の世界、極楽などという、妄想の観念の世界は、無い。ある訳が無い。

霊界の相は、百人百様である。

さて、続ける。

信ずることができればそのまま智慧に代わるにもかかわらず、それが人間、とくに現代人にはなかなかできないのです。なかでも二乗、現在でいえば学者、評論家、芸術家などの知識階層は最も「信ずる」ことのむずかしい階層です。

どうであろうか、この、独断と、偏見、そして、独善の有様。
平然として、このように書けるという、それこそ、難しい階層であろう。
信じて、救われない階層なのである。

信ずることができれば、そのまま智慧に代わる・・・
誠、救いようがないというのは、このことである。
信ずれば、それが、智慧に代わる、だと。
つまり、思い込めば、それが、智慧だというのである。
アホも、ここ、ここに至ると、手がつけられないのである。

さらに、
それは、自己の習得した学問的な知識(声聞)に固執し、また社会や人生に対する自分なりの直感的な悟り(縁覚)を絶対のものとし、それを信じているからです。さらに、人間の知的活動には、それがひとたび開始されると、つぎからつぎへと展開して止まることを知らず、ついには知的活動を生み出した当の主体(生命)を遠く離れて、おおよそ主体とは関係ない孤立したものになるという恐ろしさをはらんでいます。そこからはみずみずしい生命の躍動は発揮されず、社会や他人に対する人間的な温かい関心も生まれるはずがありません。

どうであろうか、この蒙昧を。

これは、全く逆であろう。
主体を、信仰に明け渡して、それで、主体、つまり生命が、躍動するものだろうか。
信仰により、単に、催眠術に陥るということを知らない、暴論である。

彼らは、人間的な、温かみを持っているのか。
信徒同士、更には、信徒にすべく付き合いのある人には、温かいが、敵に対しては、冷酷無残、更には、激しい迫害をする。

彼らが、大聖人という、日蓮の言葉である。
いかなる大善をつくり法華経を千万部読み書写し一年三千の観道を得たる人なりとも法華経の敵をだにも・せめざれば得道ありがたし
というのである。

法華経の敵を、攻め抜かなければ、得道、仏の得を得られないのである。

人間的な、温かみがあるのは、知的活動を続けて、その人間としての、儚さと、小さき者であることを知る、人間の知性であり、理性であり、感性である。

どこに、みずみずしい生命の躍動が、信仰から、発せられるのか。
勘違いの、躍動であり、妄想、自己暗示、自己催眠の、躁的躍動であろう。

勿論、私は、それを、否定するものではない。
貧しく、日々の生活に追われて、息のつく暇もない生活をしている者が、教会のミサに出て、神の、主イエスの、信仰に満ちて、神に愛されている私という、勘違いを、信じ込んで、生きられるならば、何も、言うべきことはない。

その、知能で、やっとこさっとこ、生きられるのも、信仰ゆえである。

私の、祖母も、阿弥陀さんのところに、行くことが、救いだった。
それを、私は、笑わない。

宗教ではなくても、人は、何かを心に抱くのである。
心の、置き所というものを、誰もが持つ。

更に、続ける。
本当の知識階層とは、逆説めいていますが、人間の知的活動、その結果としての知識の累積に対する空しさを知り、人間の力を越えたより大なる実相への畏敬の念を失わない人といえるでしょう。つまり、時間的には無始無終、空間的には宇宙大の森羅万象を貫く根底の法理を知るための方便として学問や芸術を位置づけられる人こそ真の二乗といえるのです。
もっとも、究極的には南無妙法蓮華経を信ずる以外に真の二乗はありえないわけですが、声聞・縁覚階層に対する確固たる眼をもってもらいたいがゆえにあえて述べるのです。

日蓮が、仏教というものを、知らないという、証明は、幾つもあるが、題目という、御本尊を、受持し、題目を唱える以外に、仏になる道は、無いと、断定したことは、余りにも、愚かであり、情けないのである。
それを、教学として、学ぶという、愚行を繰り返す、諸々の、お馬鹿たちである。

仏教としても、間違いが、多すぎる。
あれ程、凄まじく、仏の教えを求めたら、通常だと、天竺に向かうはずである。何故、行かなかったのか。
日蓮は、何故、天竺を目指さなかったのか。
それを、解明すれば、彼の、誤りが解る。

上記、結局、持ち出すのは、宇宙大の森羅万象を貫く、根底の法理という。
根底の、法理などということばを、どうして口に出せるのか。
更に、実相という言葉である。

どこに、何の根拠があるのか。
何も無い。
ただ、信じることだというのである。

日蓮は、折伏という行為を主にしたが、誰も相手にならないのである。
自己陶酔、強迫的人格障害である。

気違いに、誰も、手出しは、出来ない。
それを、受継ぐ、日蓮宗その他、諸々である。

真っ当な感覚を、持つものは、そこに近づかない。
知能レベルの低い者、それらの、小難しい言葉の数々に、何やら、知った気になるという、お粗末さである。

文盲多く、知的レベルの低い鎌倉時代だからこそ、その時代性だからこそ、通用したのであり、この時代では、錯誤としか、言いようが無い。

法然、親鸞の、説教も、皆々、知的レベルが低く、あの、寝惚けたような、お話を、聞けたのである。

遠いところに、阿弥陀様という、仏様がいらしてねー
そこに、行くためには、ねー
念仏をねー
一度だけでも、唱えるとねー
阿弥陀様の、極楽にねー
行けるんだよー
である。

それを、小説を書けなくなった、有名作家などが、後押しして、何やら、命に別状の無いことを、書き付けて、その本が売れているというから、益々、救いようが無い。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第4弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ359



世の中変はりて後、よろづ物憂くおぼされ、御身のやむごとなさも添ふにや、軽々しき御しのびありきもつつましうて、ここもかしこも、おぼつかなさの嘆きを重ね給ふ報いにや、なほ我につてなき人の御心を、尽きせずのみおぼし嘆く。今はましてひまなう、ただうどのやうにて添ひおはしますを、今后は心やましう思すにや、うちにのみ侍ひ給へば、立ち並ぶ人なう心やすげなり。をりふしに従ひては、御遊びなどを好ましう世の響くばかりせさせ給ひつつ、今の御有様しもめでたし。ただ東宮をぞ、いと恋しう思ひ聞え給ふ。御後見のなきをうしろめたう思ひ聞えて、大将の君によろづ聞え給ふも、かたはらいたきものから、嬉しとおぼす。




この段は、源氏、21歳四月から、22歳の正月までの、話である。

桐壺帝が、朱雀帝に、譲位した。
御代の代わりである。
世の中が、代わり、何もかもが、物憂い、億劫になってしまた。
更に、昇進したために、身分に尊さが加わり、軽々しい、忍び歩きも、出来にくくなったのである。
ここかしこの、方々の心思いを、感じて、嘆きの数を積み重ねたせいでの、報いであろうか。
相も変わらず、つれない方の、心の模様を、嘆いているのである。
譲位後の、現在は、以前にも増して、間断なく、まるで普通の夫婦のようになっているのを、今后は、不快に思い、御所にばかりおいでになるため、競争する者がなく、気軽そうである。
よい機会があれば、管弦の御遊びなどを、世の評判になるほど、催されたりして、今の有様の方が、結構に拝されるのである。
ただ、東宮を大変に、恋しく思うのである。
守護役のいないのを、気がかりに思い、大将の君に、万事を依頼されるのにも、君は、内心、気の引ける思いがする、一方、嬉しいとも、思うのである。


少し説明する。
新しい帝は、源氏の兄宮である、朱雀帝である。
その、母后と、祖父に当たる、右大臣の勢力が、源氏にとっては、好ましくない、政治的状況になるのである。

次第に、物語は、複雑に展開してゆく。




まことや、かの六条の御息所の御腹の、前坊の姫宮斎宮に居給ひにしかば、大将の御心ばへもいと頼もしげなきを、「幼き御有様のうしろめたさにことづけて下りやしなまし」とかねてよりおぼしけり。




まことや、さて、とか、それでは、と、話を転じる時の言葉。
あの、六条の御息所を母君とする、前の東宮の、姫宮が斎宮の地位に就かれた。
御息所は、源氏の大将の気持も、まるで頼りになりそうもないと、姫君の、幼い様子が、気がかりであると、口実を作り、姫と、共に、伊勢に下ろうかと、思うのである。


六条御息所は、源氏の年上の愛人である。
源氏は、大将に昇格している。

下りやしなまし
まし、とは、推量の助動詞で、反実仮想の意味である。
や・・・まし、は、躊躇う気持を表す。
な、は、完了の、ぬ、の、未然形で、強意の意味になる。

下り や しな まし、となる。


院にも、「かかる事なむ」と聞しめして、院「故宮のいとやむごとなくおぼし、時めかし給ひしものを、軽々しうおしなべたる様にもてなすなるが、いとほしきこと。斎宮をも、この御子達のつらになむ思へば、いづかたにつけても、おろかならざらむこそよからめ。心のすさびにまかせて、かくすきわざするは、いと世のもどき負ひぬべき事なり」など、御気色あしければ、わが御ここちにも、げにと思ひ知らるれば、かしこまりて侍ひ給ふ。「人のため恥ぢがましき事なく、いづれをもなだらかにもてなして、女の恨みな負ひそ」と宣はするにも、「けしからぬ心のおほけなさを聞しめしつけたらむ時」と恐ろしければ、かしこまりてまかで給ひぬ。




桐壺院も、こんな事情があると、聞いて、前の東宮が、御息所を大変な大切な人として、寵愛されたのに、それを、軽々しく、並の人のよう扱っているということであるが、気の毒なことではないか。斎宮のことも、私の皇女たちと、同列に思っている。いずれにしても、粗末にせぬほうがよい。気まぐれに、このような、好き事をすることは、たいそう、世間の批難を浴びるものである。などと、仰せられ、院のご機嫌が悪いので、源氏は、そうだと、納得されるので、恐縮して控えている。
人の体面を、傷つけるようなことなく、角の立たないような扱うべきであり、女の恨みを、受けないように、しなさいと、仰るのである。
源氏は、人の道から外れた、藤壺に恋する心の、大それた気持を、万一、院がお聞きになったらと思うと、その時は、恐ろしいと、思い、恐縮して、退出された。


いづれをも、なだらかに、もてなして
いずれにしても、穏やかにして、もてなす、とは、取り計らう、取り扱う、世話をする、振舞う、もてはやす、ご馳走する、などの意味がある。
この場合は、男女の関係に対しての、なだらかに もてなして、である。

女の恨みな負ひそ
実に、面白い。
女の恨みを買うな、である。
負ひそ、の、そ、は、な、よりも、弱い表現である。
しかし、恨みな、と、な、を、つけて、後に、そ、で、終わる。
これは、日本人の、言い回しである。
深読みすると、女の恨みをかっては、いけない、と強いのだが、出来れば、買わないようにした方が、いいのですよ、と、最後に、柔らかく終わるのである。

何とも、微妙繊細である。

けしからぬ心
異しからぬ、と、書く。
異なこと、異常なこと、合点がいかないこと。

現代でも、けしからんと、怒ることがある。
怪しからんと、書くこともある。
それは、怪しいことなのである。

おほけなさ
身の程知らず、身分に合わない行為である。

源氏は、兄の、桐壺帝に、我が心を知られると、恐ろしいことだと、思うのである。




又かく院にも聞しめし宣派するに、人の御名もわがためも、すきがましういとほしきに、いとどやむごとなく、心苦しき筋には思ひ聞え給へど、まだあらはれては、わざともてなし聞え給はず。女も、似げなき御年の程を恥づかしうおぼして、心とけ給はぬ気色なれば、それにつつみたる様にもてなして。院に聞しめしいれ、世の中の人も、知らぬなくなりにたるを。深うしもあらぬ御心の程を、いみじうおぼし嘆きけり。



また、このように、御息所との関係を、知られて、諌めの言葉を述べるにつけて、御息所の名誉に関しても、自分のためにも、いかにも、色好みの行動であると、思われて、御息所が、気の毒でもある。
それは、大そう、大切なことで、今のまま、気の毒であると、申し上げているが、まだ、公に、きちんとした結婚の形を取らないでいる。
御息所も、不釣合いな、年の違いを、きまり悪く思い、源氏に打ち解けない様子である。
源氏は、その気持に、遠慮しているという風に、振舞われていて、その二人の関係が、院の耳にも入り、世間の人も、知らぬ者はないという状況である。
源氏の気持が、深くないということを、御息所は、大変、嘆いているのである。


それぞれの、心境を描くが、訳すのは、本当に、面倒なところである。

似げなき御年のほどを
似げなき、とは、相応しくないという意味。
御息所は、29歳であり、源氏は、21歳である。

源氏自身、好色の男と、思われることは、云々と言うが、実際、行っていることは、好色である。
何故、作者は、源氏に、そのように思わせるのか。
源氏は、自分の行為を、どのように、把握しているのかを、解っていないと、説明するようである。

好色ののせに、私は、好色ではないと、思っている男という、イメージである。
としたら、源氏という、男、とんでもない、男である。
その、身分を利用しての、好色の行為の数々を、何とする。

これは、当時の、貴族社会の、有様を、源氏を通して書いているのである。

紫式部の嫌うところの、男の、好色、好き者の、行為を、源氏に、集中させているのである。
当時の、貴族社会の、男達に対する、徹底した、批判である。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第9弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。