2008年12月18日

神仏は妄想である 183

釈迦仏陀の、生きていた、2500年前は、文字がなかった。
人が人へ、思いを伝える手段は一つ、口伝えである。

言葉は、音波となって、相手に伝わり、そして、言葉は消滅する。
聞き逃したり、忘れると、それっきりである。
聞いて覚えるという、作業が、思想を伝達する、唯一の道だった。

釈迦仏陀の教えは、そういう状態の中で、師匠と弟子によって、受継がれ、伝えられていった。
伝言ゲームである。

もし、誰かが、一度間違うと、そのまま、次に伝えられる。
誤りだと、気づかないままである。

丸ごと暗記しようとする、弟子たちの、緊張感は、堪らないものだったと、察する。

更に、釈迦仏陀が、来ていると、知れ渡ると、何日も、歩いて、釈迦仏陀の元に、話を聞きに来る。
一度聞いた教えを、一生かけて、咀嚼した人もいるだろう。

何度も、釈迦仏陀の言葉を、反芻するうちに、何事かに、気づくのである。その、気づきを、悟りというなら、理解する。
そして、それは、その人だけのものである。
悟りは、その人による。

現代は、文字も、映像も、ありとあらゆるものが、保存できる。
当時のことを、想像するのは、至難の業である。

更に、多くの情報に、晒されて、我を、見失うこともある。
しかし、そこに、最初で、最後だという、危機感はない。
いつかと、思いつつ、人生を過ごす人もいる。

情報の価値判断をするのは、誰でもではない、私である。

文字に記録することが、できるようになって、私は、聞いたと、経典を書くようになる。

ここで、重大なことは、それを、書くという人の行為である。
書くという、行為には、作為が生ずる。
更に、である。書かれたものを、どのように受け入れるかということでも、その言葉は、分離する。

文明は、進化したと、判断する場合と、堕落したと、判断する場合がある。

耳で聞いた言葉を、反芻して、我が物とすることが、それを、書くということは、一つの堕落である。

記録されたものだけが、正しいと言う、恐ろしい、独善にも、陥る。

書かれたものに、釈迦仏陀の、息遣いが、書かれることは、ない。

更に、書かれたものを、解釈するという、堕落が生まれる。
その、堕落が、論争を生む。
釈迦仏陀は、自分の言葉で、人が、論争するなどとは、考えてもいなかったであろう。
釈迦仏陀の言葉は、釈迦仏陀、生存によって、保たれ、その、寂滅によって、終わった。

初期仏典でさえも、釈迦仏陀の言葉の、切れ端である。
寝惚けたような、言葉の羅列が、続く。
そして、繰り返しである。
それは、伝えた者たちが、繰り返し、反芻したからである。

暗唱するために、唱えるとい行為が、生まれる。

大乗仏典に至ると、読経するという、行為自体が、信仰行為となるという、堕落である。
言葉にして、観念にするという行為は、釈迦仏陀の、教えと、真っ向から、対立する。

釈迦仏陀は、行為することを、伝えたのである。
人は、行為によって、成るものに成ると語った。

文字にせよとは、言わない。

修行者の、行為によって、釈迦仏陀の教えが、込められる。
つまり、行為、所作である。

理屈は、無い。
その行為、所作に、込められる、釈迦仏陀の教えなのである。

それを、小乗として、差別する、大乗の、大きな誤りは、甚だしい。

日本の伝統である、神道、この場合は、古神道であるが、所作しかない。
行為、所作によってでなければ、その奥の心が、解らない。
しかし、理屈を、好む者たち、所作の、煩雑さを嫌い、言葉を、欲して、神道には、教義が無い云々という。

伝統には、教祖も、教義も無い。
あるはずがない。
伝統なのである。

村祭りで、盆踊りをする。
意味は無い。
しかし、それを、始めた先祖たちには、深い意味があった。
なき先祖たちと、一緒に踊るというのである。
亡き人の霊を、呼んで、共に、踊って過ごすという。
それを、供養という言葉で、表すと、堕落する。

行為のみで、その意味を成しているという、伝統というものも、大切さをこそ、伝えて知らせるべきなのである。

様々な、民族の儀式に、長年に渡り、培ってきた、先祖たちの深い思いを、観る。

そこに、余計な言葉は、無い。
言葉で、語り尽くすという、宗教というものは、皆々、嘘である。

行為によってでなければ、その心は、表せない、知ることはない。

盆踊りに、参加してみて、はじめて、解ることがある。
見ていては、解らない。
見よう見まねで、子供たちが、踊りを覚えて、参加するようになり、先祖の思いを、感得する。
そこに、言葉は、無い。
ある訳が無い。

行為の中に込められた秘密があるのである。

拍手を打ち、深く礼をする。という、行為の中に、自然に対する畏敬の思いを、起こし、更に、その自然に隠れた先祖たちに、対するという、心である。

神とか、仏という、観念によって、成り立った神や仏ではない。

深く感じ入るものに、対する所作、行為によってでしか、解らないのであると、先祖たちは、気づいていた。

日拝という、太陽を拝する行為に、意味を、云々と、つけなかった。
誠のものには、言葉を使用してはいけないと、心得ていた。

夜の闇の中で、朝の太陽の光は、そのまま、命の元だった。
それを、理屈なく、そのまま、拝する。
なんと、見事な行為、所作であろう。

言葉は、行為を、補足するために、最低限使用されるものである。

言葉巧みな者を、注意して見なければいけない。
大半が嘘である。
いや、何一つ、誠が無い。

誠は、行為によって、成就する。

まこと、まアこオとオ、とは、真ん中の事である。
真事である。
しかし、しんじつと、読むと、誤る。

真実と読めば、それだけで、しんじつというものが、解ったと、錯覚する。
太陽を拝して、はじめて、まこと、ということが、解る、感じることが、できるのである。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第4弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ358

御装など引きつくろひ給ひて、いたう暮るる程に、侍たれてぞ渡り給ふ。桜の唐の綺の御直衣、葡萄染の下襲、裾いと長く引きて、皆人はうへの衣なるに、あざれたるおほぎみ姿のなまめきたるにて、いつかれ入り給へる御さまげにいと異なり。花のにほひもけおされて、なかなかことざましになむ。



源氏は、衣装を整えて、すっかりと暮れた頃、皆が、待ち遠しく思うころあいに、お越しになった。
桜の唐の、綺の直衣に、葡萄染めの、えびぞめである、下襲、したがさねである、裾を長々と引いて、他の人は皆礼装であるが、お洒落な、王族風の優雅な衣装である。
皆に、あがめられ、かしずかれて入る様子は、真に格別な雰囲気である。
花の色香も、それに圧倒されてしまい、興ざましのようである。




遊びなどいとおもしろうし給ひて、夜すこし更け行く程に、源氏の君、いたく酔ひなやめるさまにもてなし給ひて、まぎれたち給ひぬ。



管弦の遊びなども、大変面白くなさる。
夜が少しばかり更けて行く頃は、源氏は、酷く酔って、苦しんでいるように、見せて、そっと、席を外れたのである。




寝殿に女一宮、女三宮のおはします、東の戸口におはして、寄り居給へり。藤はこなたのつまにあたりてあれば、御格子ども上げわたして、人々出で居たり。袖口など、たう歌のをり覚えて、ことさらめきもて出でたるを、「ふさはしからず」と、まづ藤壺わたりおぼし出でらる。



寝殿に、女一の宮、女三の宮がおいでになる。
その東の、戸口においでになり、寄りかかっていた。
藤は、こちらの角にあたっているので、格子を上げて、端近くに女房達が、座っていた。
袖口など、踏歌の折に似て、わざとらしく、御簾の下から出しているのを、相応しくないと、何よりも、藤壺の辺りの、奥床しさを、思い出すのである。

袖口
出だし衣 いだしぎぬ、である。
見物する女房達が、着物の袖口を、御簾の下から、出す風情である。

踏歌
正月に、宮中で、行われる催しであり、公事である。

藤壺の邸とは、違う雰囲気であり、源氏は、こちらの、邸の様子を相応しくないと、思うのである。


源氏「なやましきに、いといたう強ひられて、わびにて侍り。かしこけれど、この御前にこそは、陰にも隠させ給はめ」とて、妻戸の御簾を引き着給へば、人々「あな、わづらはし。よからぬ人こそ、やむごとなきゆかりはかこち侍るなれ」といふ気色を見給ふに、重々しうはあらねど、おしなべての若人どもにはあらず、あてにをかしきけはひしるし。そらだきもの、いとけぶたうくゆりて、衣の音なひいと花やかにふるまひなして、心にくく奥まりたるけはひは立ちおくれ、今めかしき事を好みたるわたりにて、やむごとなき御方々物見給ふとて、この戸口はしめ給へるなるべし。




源氏は、気分が悪いのに、酒を強いられて困っています。恐縮ですが、こちらならば、私を、物陰に隠してくださるでしょうと、妻戸を御簾に、上半身を入れる。
人々は、あら、厄介なこと。身分の賎しい人は、高貴な親族に、寄りかかると申しますが、という、様子を御覧になる。
彼女達は、重々しくはないが、並の女房達ではない。
上品で、美しい様が、よく解る。
そらだきものが、大変に煙たく香って、衣擦れの音を、わざと、華やかにして振舞うという、奥床しさ、深みを現す様子ではなく、軽やかな粋を好んでいる様子である。
高貴な方々が、物見をすると、この戸口を占領しているのである。

そらだきもの
部屋の中を薫りで包むのである。



さしもあるまじき事なれど、さすがにをかしう思ほされて、「いづれならむ」と胸うちつぶれて、源氏「扇を取られて、からきめを見る」とうちおほどけたる声に言ひなして、寄り居給へり。女房「あやしくもさまかへける高麗人かな」といらふるは、心知らぬにやあらむ。いらへはせで、ただ時々うち嘆くけはひする方によりかかりて、凡帳ごしに手をとらへて、

源氏
あづさ弓 いるさの山に まどふかな ほの見し月の 影や見ゆると

何ゆえか」とおしあてに宣ふを、え忍ばぬなるべし、


心いる 方ならませば ゆみはりの 月なき空に 迷はましやは

といふ声、ただそれなり。いとうれしきものから。




場所柄を考えると、控えるべきことだが、さすがに興に乗り、あの女君は、どれだろうと、胸をときめかせる。
源氏は、扇を取られて、からめを見ると、おどけた調子で言いつつ、身を寄せかけて、座っている。
女房は、妙に変わった、高麗人ですこと、と、答えるには、事情を知らないゆえである。
答えはせずに、ただ、時々、溜息をつく、気配のする方へ、寄りかかり、凡帳越しに、手を捕らえて

源氏
ちらっと見た、月の姿が、再び見られるかと、いるさの山に、迷っています。
なぜでしょう、と、当てずっぽうに、仰ると、とても、堪えきれない様子で、


深く、お心をかけておいでならば、月のない空でも、迷いになるはずは、ありますまい

と言う声は、まさしく、あの女である。
それは、本当に、嬉しいことだが・・・

いるさの山
但馬国の名所である。

ゆみはり
月の枕詞である。

ほの見し月の 影や見ゆると
あの夜に、ほんの少しばかり見た、月、つまり、女のこと。
月の影とは、月影であり、月の光である。

星の光を、星影という。
月の光を月影という。
それらは、皆、光の影なのである。
つまり、太陽の影である。
夜の光は、皆、太陽の、日の影なのである。

女の歌は、思い深ければ、月の光のない、夜の闇でも、迷うことはないと言う。
つまり、ここにいますと、宣言しているのである。

ただそれなり。いとうれしきものから

これで、花宴を、終わる。

人生を、一言で言えば、ただそれなり、なのである。


posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第9弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。