2008年11月18日

もののあわれ329

からうじて明けぬる気色なれば、格子手づからあげ給ひて、前の前栽の雪を見給ふ。踏みあけたるあともなく、遥々と荒れ渡りて、いみじうさびしげなるに、ふり出でて行かむ事もあはれにて、源氏「をかしき程の空も見給へ。尽きせぬ御心の隔てこそ理なけれ」と、怨み聞え給ふ。



やっと、夜が明けた。
源氏は、格子を自ら上げて、庭の植え込みの、雪を御覧になる。
人が踏み分けた跡もなく、一面荒れていて、大変寂しげである。
姫君を、振り捨てて、帰るのも、可愛そうだと、思われて、趣のある、空の様子でも、御覧下さい、あなたの、いつまで続く、お心の隔ては、理解できませんと、怨みこどを、申し上げる。



あはれにて
この場合は、可愛そうである。

風景描写の、遥々と荒れ渡りて、いみじうさびしげなるに、とは、実に、それを見る者の、心の様を、重ねる。
つまり、人の心と、風景が、同化するのである。
風景は、心の姿になっている。
私は、それを、驚く。
自然が、対立したものではなく、我と、同じく、また、一緒のものであるという、共感である。




まだほり暗けれども、雪の光に、いとど清らに若う見え給ふを、老人ども笑み栄えて見奉る。老女「はや出でさせ給へ。あぢきなし。心うつくしきこそ」など教へ聞ゆれば、さすがに、人の聞ゆる事をえいなび給はぬ御心にて、とかう引き繕ひて、いさすがに、人の聞ゆる事をえいなび給はぬ御心にて、とかう引き繕ひて、いざり出で給へり。見ぬやうにて、外の方をながめ給へれど、後目はただならず。「いかにぞ。うちとけまさりのいささかもあらば嬉しからむ」と、おばすも、あながちなる御心なりや。




まだ少し、暗い様子の中で、雪の光によって、源氏の君が、たいそう美しく若々しく見える。
老いた女房達が、にこにこして、申し上げる。
早く、お出ましなさいませ。あぢきなし、趣がありません。女は、可愛らしいのがいいです、などと、教えて上げるので、さすがに、姫も、逆らえない様子で、身支度をして、源氏の元に、膝で移動して、出られる。
源氏は、それを、見ない振りをして、外を眺めているが、後目、それは、しり目、つまり横目は、尋常ではない。
いかにぞ、どんなにか、姫の姿を拝見するようになってから、すぐれたところがあれば、嬉しいと、思う。
おばすも、あながちなる御心なりや、とは、作者の思いである。
それは、源氏の勝手な、思いである、というのだ。


源氏の姿を、雪の光に、いとど、清らに若うみえたまふを
雪の光に、照り映える源氏の姿を、美しく、若々しいと、表現する、作者は、しかし、源氏を、直視させない。
あくまでも、読者の、想像に任せる。
それは、この物語に、流れるもの。
何故、源氏の容姿を、描かないのか。
つまり、この物語は、嘘ですということだ。しかし、嘘ですという、作者の、策略が、読者には、あたかも、事実の物語のように、思わせるという。

これが、現代の、文学賞の選考会だと、主人公の顔が、見えない。主語が無い、文章であり、実に、未熟な作品であると、判断、判定されるであろう。
日本の文には、主語が無いというのが、当たり前で、いかに、欧米の文法というものに、侵されたかが、解るというもの。

日本文は、日本の伝統に則り、理解するものであり、欧米の文法で、解釈することが、誤りの元である。
正しさの問題ではない。


えいなび給はぬ御心にて
え いなび 
否である。
え、ではない、御心となる。
え、とは何か。
あいうえお、の、え、の意味は、留めと動き。留める、そして、行為する。一音の意味である。
留まり動くのではない。つまり、姫は、おっとりしているという、訳になるが、原文のイメージは、原文の方が、よい。

文法では、否を、ぬ、で打ち消し、え、では、不可能という意味になり、実に、複雑に、面倒な、解釈になり、ここで、文法というもので、やられる。
物語が、面白くならないのは、この、文法解釈である。
迷路の中に、沈没する。

いなび、を、ぬ、で、打ち消し、その前の、え、で、不可能という意味になっていて、そこで、何がなんだか、解らないが、暇な学者は、姫が、おっとりとしていると、訳すという、段取りである。

だから、私は、文法を、切り捨てて、進む。

文法を、お勉強することを、否定するのではない。
分析を好きな人は、大いに、お勉強するべきである。

後目とは、横目である。
源氏は、まだ、姫の顔を、見ていないのである。
いつも、暗闇の中で、交わるからである。

次に、いよいよ、姫の容姿が、語られる。
その、批評は、凄まじい。
女が、女を判定するのが、いかに、酷いものか。
ここまで、書くかという、程の、散々さである。

源氏の容姿と、比べると、天地の差である。




posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第8弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。