2008年10月07日

神仏は妄想である 166

浄土宗は、釈迦の分身の阿弥陀仏を有縁の仏と思ひて、救主を捨てたり。禅宗は、下賎の者、一分の徳有りて父母を下ぐるがごとし。仏をさげ、経を下す。これ皆、本尊に迷へり。
日蓮

日蓮は日本国の棟梁なり。予を失ふは日本国の柱を倒すなり。只今に自界反逆難とて、どうしうちして、他国侵逼難とて、この国の人々他国に打ち殺さるるのみならず、多くいけどりにせらるべし。建長寺、寿福寺、極楽寺、大仏、長楽寺等の一切の念仏者、禅僧等が寺搭をば焼きはらひて、彼らが頸を由比の浜にて切らずば、日本国必ずほろぶべし。
日蓮

これは、真っ当な感覚か。

仏法と、言いつつ、頸を刎ねろとは、恐れ入る。
日蓮は、完璧に、仏法というものを、知らないのである。

仏陀の、教えを知らない者が、平気で、仏法を語ることが、出来る時代性だったといえる。

勿論、頸を刎ねられることになったのは、自分である。
そして、それを、今度は、だから、我は、正しい。
迫害があるから、こそ、法華経の行者たるものと、言う。

ここ、ここに至ると、弁明の余地なし。

何故、このように、なったのか。
つまり、イッてしまったのか。
精神分析が必要である。

それは、省略する。

ともかく、これを、始祖として、日蓮宗なる、教団があるということであり、更に、新興宗教系には、この日蓮の、考えを継ぐ者が多い。

更に、である。
日蓮教学というから、笑うしかない。

だから、私は、これに、引き続き、長くなるが、法華経というものを、見ることにする。
その前に、日蓮の別の顔を、見ることにする。
そこに、だけ、日蓮の人間性が、ある。

手紙である。
象徴的な、文を載せる。

人は生まれて死するならひとは、智者も愚者も上下一同に知りて候へば、始めてなげくべし、おどろくべしとはをぼえぬよし、我も存じ、人にもをしへ候へども、時にあたりて、ゆめかまぼろしか、いまだわきまへがたく候。まして母のいかんがなげかれ候らむ。

弔いの言葉である。
実に、情に篤く、悲しみを共に悲しむ人かと、思う。
日蓮の、手紙は、見事であり、そして、大和言葉である。

身延入山後の生活は、凍死、餓死の危険もあった。
その時、信者からの供養を受けて、餅九十枚、山芋五十本を送られた時の手紙である。

去年の十一月より冬積もりて、山里路たえぬ。年返れども、鳥の声ならでおとづるる人なし。友にあらずば誰か問ふべきと心細くして過し候ところに、元三の内に、餅九十枚、満月の如し。心中も明らかに、生死の闇も晴れぬべし。あはれなり、あはれなり。

日蓮の信仰は、本当は、こうだったと、思えるのである。

始祖たちが、結局、大和心に、戻り、仏法というものを、理解したと、私は、考える。
つまり、鎌倉という、舞台で、皆々、それらを、演じたのである。

更に、日蓮の、面目が、自己反省の文にある。

日蓮も又かく責めらるる先業なきにあらず。・・・
日蓮今生には貧窮下賎の者と生まれ、センダラが家より出たり。心にこそすこし法華経を信じたる様なれども、身は人身に似て畜身なり。

法華経の行者は誰なるらむ。求めて師とすべし。

センダラとは、漁師の家である。

ここを見ると、日蓮は、イッてはいたが、正気であったと、思える。

何度も言うが、結局、大和言葉による、文になると、皆々、正気を、取り戻すことである。
つまり、漢語の、漢籍に、やられたということである。
何やら、あたかも、重大なことのような、気分になるという。

私の好きな、手紙の言葉は、
まず臨終を習いて、後に、侘事を成すべき
である。
つまり、死ぬ者であることを知り、その後、人生の諸相を生きるべきだという。

つまり、死ぬことを知れば、後は、死ぬまでの、暇潰しであるというふうに、考えるのである、私は。

門弟にあてた手紙である。
ただ女房と酒うちのみて、南無妙法蓮華経ととなへ給へ。苦をば苦とさとり、楽をば楽とひらき、苦楽ともに思ひあわせて、南無妙法蓮華経とうち唱へ居させ給へ。

女房と、酒を飲んで、題目を唱えよ。
苦は苦である。楽は楽である。
苦楽は、共にあると思いつつ、題目を唱えよ。

門弟に、この程度の手紙ならば、実に、理解出来る。
やさしい人柄である。
どこにも、攻撃するものはない。

歴史の人物を見ていれば、その人物の、働きが、その時代が、求めるものだったと、理解する。時代性と、時代精神である。

鎌倉時代は、異常事態だったと、思える。

そしてまた、人は生きるべきようにしか、生きられない、ということである。

ちなみに、日蓮が、国から大師号というものを、与えられたのは、亡くなってから、640年近く後の、大正十年、1921年である。
一番最後に、大師号を頂いている。
国を思うた心が、ようやく、認められたのか。
大師号を、贈られている、僧は、23人いる。




posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第4弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ287

うち臥し給へるに、僧都の御弟子、惟光を呼び出でさす。ほどなき所なれば、君もやがて聞き給ふ。僧都「過りおはしましける由、唯今なむ人申すに、驚きながら候ふべきを、なにがしこの寺に籠り侍りとはしろしめしながら、忍びさせ給へるを、憂はしく思ひ給へてなむ。草の御むしろも、この坊にこそまうけ侍るべけれ。いと本意なきこと」と申し給へり。



横になっていると、僧都のみ弟子が、惟光を、取次ぎを通じて、呼び出した。
広くないところであるから、源氏の耳にも、話し声が聞える。
僧都は、お通りの由、ただいま初めて、人より、承りました。
取次ぎ、急ぎ参上いたすところ、拙僧、この寺に籠もりおりますことは、ご存知でいらせられながらも、ご内密に遊ばしたこと、お怨みに存じまして、差し控えたことです。
旅のお宿も、当寺に、ご用意したしましょう。残念至極の儀との、ご口上である。

憂はしく思ひ給へて
怨みますというのは、二人が、親しい関係なのである。
水臭いと言うのである。

草の御むしろ
藁である。草を敷いた御座所というところである。粗末な、寝床である。



源氏「いぬる十よ日の程より、わらはやみにわづらひ侍るを、度重なりて耐へ難く侍れば、人の教へのままに、にはかに尋ね入り侍りつれど、かやうなる人の、しるしあらはさぬ時、はしたなかるべきも、ただなるよりはいとほしう思ひ給へつつみてなむ、いたう忍び侍りつる。今そなたにも」と宣へり。



源氏は、惟光を、通して、去る十日ほどから、おこりに、悩みまして、何度も、発作を起こし、苦しくて我慢が出来ずに、人の教えに任せて、急に、ここまで訪ねて来ました。
これほどの人が、祈祷をしても、効き目がなかったのは、間の悪さもあり、気の毒と、思いまして、遠慮しました。
それで、隠していたのです。
いずれ、そちらに、参りましょうと、仰った。


ただなる人よりは
普通の行者より。
自分が訪ねる程のことだった。



すなはち僧都参り給へり。法師なれど、いと心はづかしく、人がらもやんごとなく、世に思はれ給へる人なれば、軽々しき御有様を、はしたなうおぼす。かく籠れる程の御物語など聞え給ひて、僧都「同じ柴の庵なれど、すこし涼しき水の流れも御覧ぜさせむ」と、切に聞え給へば、かのまだ見ぬ人々に、ことごとしう言ひ聞かせつるを、つつましうおぼせど、あはれなりつる有様もいぶかしうて、おはしぬ。



折り返して、僧都が、お伺いに来た。
法師ではあるが、たいそう気がおけて、人柄も高いと世間から思われている人であるから、君は、ご自分の、気軽な様子を、きまり悪く思われる。
僧都は、こうして、籠もっている、間のお話をして、わたくしも、同じ柴の庵ですが、少しは、涼しく、泉の流れもございますので、お目にかけましょうと、しきりに、言うのである。
それでは、あの、まだ、自分を見たことのない人々に、仰々しく話して聞かせたことを、恥ずかしく思われるが、可愛らしくいた、女の子の様子も、気がかりで、お出かけになった。


僧都が、先ほど、自分のことを、尼君たちに、話したことを、思い出し、源氏は、恥ずかしく思うのである。
しかし、興味もあり、出向くことにした。


ここで、身分というものの、感覚が解る。
最初は、取次ぎの者が、口上を述べる。そして、次に、本人が現れて、お話する。
それも、兎に角、取次ぎが、必要なのである。
すぐに、直接、言葉を、交わすことは無い。

お連れの者を、通して、まず、対話が始まるのである。
奥床しさである。

礼儀、所作として、それを、皆、身につけていたのである。
手順である。

実は、目上の人に、目を見て、真っ直ぐ話すというのは、失礼なことである。
静かに、視線を下に向けて、目上の人の言葉を聞く姿勢が、好まれる。

目を見て、真っ直ぐに話せというのは、欧米の礼儀作法を、真似てからである。
あちらは、堂々と、自己主張しなければ、成り立たない社会なのである。
しかし、国際化である。
国を出たら、そのようにしなければ、ならない。
言うべきことは、言うという、姿勢が、国際化の、第一歩である。
しかし、日本人としては、実に、しんどい、作法である。

場の空気で、日本人は、察するという、能力に冴える。
だが、あちらでは、それが通用しない。
言葉に、しなければ、解らないのである。

空間の美学というものが、日本美学にはある。
それは、人間関係にも、あるのだ。

日本人が、相手の目を見て話す時は、命をかける時である。
武士ならば、刀に手をかける時である。

源氏物語は、身分の高い方に対して、すべて敬語で、書かれている。
私の訳は、それを、時に無視している。
であるから、源氏物語を、読めば、自然に、敬語の語感を、知ることになる。

古語の語感てあるが、それは、敬語の基礎である。
語感というものに、言葉の意味があることを、日本人は知っていた。
光る源氏という、言い方は、敬語なのである。
光るが、尊敬語になっている。尊称になっている。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第7弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。