2008年10月03日

神仏は妄想である 162

中国仏教では、多くの偽仏典が、書かれたことを、以前書いた。
それは、日本でも行われる。

勿論、大乗経典自体、偽の仏典である。
偽というのは、創作という意味である。
インドからの、仏典に、漢訳した者の、余計な言葉が、継ぎ足されている、経典もある。

もし、釈迦仏陀の言葉の、事実を知りたければ、初期の経典から、探ることである。
言い伝えられた言葉を、かろうじて、残すのである。
そこから、探ることである。

これが、唯一の仏陀の真実の教えであるという、経典主義は、単なる、独断である。更に、その解釈などは、欄外である。
解釈の方を、重んじているのが、大乗仏教である。

仏陀は、因果応報、自業自得を説いたのであり、すべのことは、個人に帰すという、考え方である。
大きな舟に乗せて、衆生を、彼岸に運ぶなどという、教えは、魔境というしかない。

ただし、それを理想的に、考えるのが、お目出度い、日本の仏教愛好家である。

土台、誰もが、仏になるなどいう、詭弁を信じるという、愚行である。
皆の心に、仏が住むとか、宿るという考え方は、人を騙す手である。
そのような、生ぬるい、信仰というものを、ことのほか好む、日本仏教愛好家である。

親鸞は、愚かにも、父母のために、念仏することはないと、言う。
それは、自分が救われれば、当然、父母を救うというのである。
これが、一般的、信仰の有様である。

人は、人を救うことなど、出来ないとは、考えない。
私は私であり、他ではないのである。

仏陀は、明確に、言う。
我は、我のみである。他は、他のみである。
要するに、個人のことは、個人に帰結する。

救いという観念自体も、どうかと思うが、自分を救うのは、自分である。

仏陀最後の言葉として、己を頼み、真理の法を明かりにせよと言うのである。

もっと、平たく言うと、自分でしか、自分は、救えませんということだ。

だから、仏陀は、生活指導を行った。
心のあり様を、見つめる行為を、指導した。
後は、それぞれの問題である。

人の命に、関与できないと、同じように、人の救いなるものにも、関与できない。
親兄弟でも、である。

さて、日本の中世という、時代は、実に、驚くべき精神構造であった。
中世は、他の時代と、比べて、あまりにも、多面的なのである。
それは、事実もともかく、精神構造が、多面的だということである。

仏教にみに、絞ってみることにする。
鎌倉仏教と、本覚思想である。
本覚思想とは、あらゆる存在が、そのままで、悟りの姿を示しているという、考え方である。
それは、比叡山を中心とした、旧仏教界から、はじまった。
平安後期からの、思潮である。

そして、中世に、現れた、日本書紀の注釈書の出現は、中世神話の、形成である。
更に、鎌倉、南北朝時代にかかる、伊勢を中心とした、神道思想である。
加えて、圧倒的に影響を与えた、密教である。

中世の精神は、実に、混沌としたものである。
それを、一つ一つ、解すとなると、膨大な、原稿を書かなければならない。

中世全体の大きな課題は、乱世の生死の激しさにさらされて、人間とは何か、罪とは何かと改めて根本的な問い直さなければならないところにあったが・・・この人間と罪についての問題意識の関連である。
分銅淳作 亀井勝一郎 日本人の精神史 あとがきより

これを、読むと、最初から、人間とは何か、罪とはなにかを、問い掛けていたかのように、思われるが、それらは、仏教によるものである。

仏教思想が、日本に根付くための、決断の時代でも、あったといえる。

確かに、それは、いずれ通るべき道である。
ただ、仏教にばかり、言えるものではない。

人間と、社会が、成長するために、通らなければならない道だったのが、中世である。
そして、中世から、近世に変革する時も、大きな決断を要する。

中世は、まず、精神の解釈の必要性に、迫られた時期である。
平安からの、たゆたう、ものから、明確にしなければならないもの。
それを、仏の教えに当てた。
それはそれで、評価する。

ただし、それは、その時代性というものであり、それが、そののまま、現代に通じるかといえば、違う。
現代は、現代の時代性により、思索し、思考しなければならない。
中世の、精神を深めることから、それを、為すという考え方も出来るが、別の方法もあるということ。

これ以外に無いと、判定すると、誤るのである。

未だに、中世を、そのままに、選択仏教のように、何かを、選択するという、考え方を持っては、先に進まない。

現代でも、特殊能力によって、私は、知る者である、とか、私は、悟った者であるなどと、言う者が、真理の法を説くというが、真理というのは、その人の真理である。

真理は、一つといいたい、気持ちは、解る。
一つだから、真理というのだという、偏狭な考えに捕らわれている者も、多数いる。

しかし、この、グローバル化した、現代の状況を見渡せば、真理というものが、一つではないということが、解るものである。

しかし、どうしても、真理は、一つという者は、しょうがない、セクトのようになるしかない。または、新宗教である。

それならば、理解する。
しかし、それが、すべてだという時、互いの会話が成り立たなくなり、停止する。そして、何ら、関係は進展しない。

大学を中退せざるを得なかった人がいる。
いじめ、である。
そのセミナーに参加していた者が、その人を省いて、すべて、ある宗教の折伏に遭い、会員になった。
彼のみ、会員になることを、拒んだ。
すると、いじめ、である。

これは、象徴的な出来事である。
これが、唯一と、信じる者によって、世界は、混乱する。

そして、今現在の世界も、それで、混乱する。

イスラムの地に、キリスト教が入ると、それは、混乱の始まりになる。
共に、唯一と信じるからである。

実に、法華経からは、多くの集いや、団体が生まれた。そして、未だに、生まれ続けている。
それを、信奉する人、それだけが、正しいと思い込む。
一人の信仰で、済ませるならば、問題ないが、法華経を奉ずる者、それを、人に説くのである。
信じきると、騙される。
騙されたまま、人に教えを説くのである。

それらが言うことは、正しい教えのみに、正しい知恵というものが、与えられると、言う。それの正さというものの、判定は、誰がするのか。何を持って、正しいとするのか。それは、単に信じるという、心的状態のみである。

実に、浅はかである。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第4弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ283

供人「ちかき所には、播磨の明石の浦こそなほことに侍れ。なにのいたりふかきくまはなけれど、ただ海のおもてを見わたしたるほどなむ、あやしくこと所に似ず、ゆほびかなる所に侍る。かの国のさきの守しぼちの娘かしづきたる家、いといたしかし。大臣の後にて、出でたちもすべかりける人の、世のひがものにて、まじらひもせず、近衛の中将をすてて申し賜はれりけるつかさなれど、かの国の人にも少しあなづられて、「なにのめいぼくにてか、またみやこにも帰らむ」と言ひて、かしらもおろし侍りにけるを、すこし奥まりたる山ずみもせで、さる海づらに出で居たる、ひがひがしきやうなれど、げにかの国のうちに、さも人の籠り居ぬべき所々はありながら、深き里は人ばなれ心すごく、わかき妻子の思ひわびぬべきにより、かつは心をやれるすまひになむ侍る。



長くなるが、当時の、様子が、よく解る。
また、人の噂話などの、面白さがある。

訳す。
供人は、近い所では、播磨の明石という浦が、なんと申しましても、格別でございます。
別に、趣が深いという所でも、ございませんが、ただ、海を、見渡した風景は、妙に他の場所と違い、ゆったりとしている様子です。
あの国で、前の長官をして、近頃、出家しました者が、娘を、非常に大事にしている家が、とても、大したものです。
大臣の子孫で、出世するはずだっのですが、随分と、変わり者で、人付き合いもせずに、自ら、臨んだはずの、近衛の中将の身分を捨てて、その国の者にも、少し軽く見られていますが、「なんの面目があって、都などに帰るか」と、剃髪しましたが、世捨て人らしく、山に住むこともなく、海の前に暮らしているのは、間違っているようですが・・・
それは、あの国の中には、出家者の、籠居に適した所は、いくらでもありますが、山奥の片田舎は、家人も、恐ろしく感じられて、若い妻子が、辛いと思い、また、一つには、自分の気晴らしにもした、生活なのでしょう。



さいつごろまかりくだりて侍りしついでに、ありさま見給へに寄り侍りしかば、京にてこそ所えぬやうなりけれ、そこら遥かに、いかめしう占めてつくれるさま、さは言へど、国のつかさにてしおきける事なれば、残りのよはひゆたかにふべき心がまへも、二なくしたりけり。のちの世のつとめも、いとよくして、なかなか法師まさりしたる人になむ侍りける」と申せば、君「さて、その娘は」と問ひ給ふ。


せんだって、下向した際に、様子を見るため、立ち寄ってみましたら、京でこそ、不遇のようでしたが、あたり一帯を占めて、いかめしく邸宅を構えて、なんと申しても、国の長官でしたから、余生を安楽に送れる準備もしてあり、極楽往生を願う、勤行も、立派にいたして、出家してから、かえって、より立派になったようでございます。と、申す。
君は、して、その娘は、と、問い掛ける。



供人「けしうはあらず、かたち心ばせなど侍るなり。代々の国のつかさなど、用意ことにして、さる心ばへ見すなれど、さらにうけひかず。「我が身のかくたづらに沈めるだらあるを、この人ひとりにこそあれ、思ふさま異なり。もし我におくれて、その心ざし遂げず、この思ひおきつる宿世たがはば、海に入りね」と、常に遺言し侍るなる」と聞ゆれば、君もをかしと聞き給ふ。人々、「海竜王の后になるべきいつきむすめななり。心だかさ苦しや」とて笑ふ。



供人は、器量も、気立ても、悪くないようです。
代々の、国守などが、格別の心遣いをして、求婚の意志をもたらすのですが、入道は、全然、承知しません。
自分が、このように、受領などに、零落したのさえ、残念なのに、子供は、娘一人だけ。特に思うところがある。もし、わしに、死に遅れて、望みが果たせないならば、われの考えていた運が外れたら、海に入って死ね、と、いつも、遺言しているそうです。と、申し上げる。
君は、面白い話と、聞くのである。
供人たちは、海の竜王の后にでもなる、箱入り娘なのだろうう。
気位の高いこと、恐れ入ると、笑うのである。



かく言ふは播磨の守の子の、蔵人より今年かうぶり得たるなりけり。供人「いと好きたる者になれば、かの入道の遺言破りつべき心はあらむかし。さてたたずみ寄るならむ」と言ひあへり。供人「いで、さ言ふとも、田舎びたらむ」と言ひあへり。


そのように、言うのは、今の播磨の守の子であり、蔵人から、今年、五位下に叙せられた者である。
供人は、大変な道楽者であるから、その入道の遺言を、破ってしまう、気はあるのだろう。
それで、その辺を、うろつくのだろう。
と、言い合う。



供人「いで、さ言ふとも、田舎びたらむ。幼くよりさる所に生ひいでて、古めいたる親のみに従ひたらむは」「母こそゆえあるべけれ。よき若人、わらはなど、都のやむごとなき所々より、類にふれて尋ねとりて、まばゆくこそもてなすなれ。なさけなき人なりてゆかば、さて心安くてしも、え置きたらじをや」など言ふもあり。



供人は、そんなことを、言っても、娘は、田舎じみでいるのだろう。小さな時から、そんな所に育って、古臭い親に、育てられたんだから。
母親の方は、由緒ある人らしい。相当な、女房や、女の童など、都の、邸宅からかき集めて連れ出したという。眩しいほどに、飾りたてているようだ。
国守に、酷い者がなって、赴任したら、そんなに、いい気になって、家には、置いておけないだろう。
などと、言い合う。


なさけなき人なりて
これは、娘が、田舎ものになってしまうとか、母親が、都の生活を、忘れてしまうという、意味にある。
情け無き人、とは、趣の無い人。風情の無い人と、考えてもいい。

当時の噂話である。
今の時代と、変わらない。



君「何心ありて、海の底まで深う思ひ入るらむ。底のみるめもものむつかしう」など宣ひて、ただならずおぼしたり。かやうにても、なべてならず、もてひがみたる事好み給ふ御心なれば、御耳とどまらむをや、と見奉る。


君は、どんなつもりで、海に飛び込めだのと、思いつめたのだろうか。
大袈裟すぎて、人は、なんと聞いたのか、と仰る。
ただならずおぼしたり
心が動くのである。興味が、湧いたのである。
このような、話でも、意外な事が好きな性質ゆえに、お耳に、止まるのである。と、供人たちは、想像する。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第7弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。