2008年10月02日

もののあわれ282

すこし立ち出でつつ見わたし給へば、高き所にて、ここかしこ僧房ども、あらはに見おろさるる。ただこのつづらをりのしもに、同じ小柴なれど、うるはしうしわたして、きよげなる屋、廊などつづけて、木立いとよしあるは、君「なに人の住むにか」と問ひ給へば、御ともなる人、「これなむ、なにがし僧都の、このふたとせ籠り侍るなる」君「心はづかしき人住むなる所にこそあなれ。あやしうもあまりやつしけるかな。聞きもこそすれ」など宣ふ。



すこし外に出て、庵室の前を、歩きながら、その辺りを御覧になる。
高い場所なので、あちこちの寺が、いくつも、隠れることなく、見える。
九十九折の下に、他と同じ小柴垣根であるが、見事に作られている。
小奇麗な、家や廊などを建て続けて、植木も、趣がある。
君は、誰の住む家かと、お付の者に問う。
お供は、これは、あの、何々僧都が、ここ二年、お籠もりしている、寺です。
君は、気詰まりな、人の住んでいる所だ。我ながら、粗末な恰好で、来たものである。私が来たと、知れたら、困るな、と仰る。


心はづかしき人
気の置ける人。
こちらが、恥ずかしくなるような、人である。

あやしうも あまり やつしけるかな
自分の姿が、余りにも、粗末である。

僧都とは、僧正に次ぐ、位の僧である。



きよげなるわらはなど、あまた出で来て、あか奉り花をりなどするも、あらはに見ゆ。共人「かしこに女こそありけれ。僧都はよもさやうにはすえ給はじを、いかなる人ならむ」とくちぐちに言ふ。おりてのぞくもあり。共人「をかしげなる女こども、わかき人、わらはべなむ見ゆる」と言ふ。


美しい童女たちが、出て来て、仏様に、水を差し上げたり、花を折る様子が、よく見える。
「あそこに、女がいる。僧都は、まさか、女を置いているのではないだろうな」と、口々に言う。
降りて、覗く者もいる。
「美しい娘や、若い女房などが、います」と、言う。



あか奉り
仏に供える水。梵語である。
閼伽と、書く。



君はおこなひし給ひつつ、日たくるまままに、いかならむとおぼしたるを、供人「とかう紛らはせ給ひて、おぼしいれぬなむよく侍る」と聞ゆれば、しりへの山に立ち出でて、京のかたを見給ふ。



君は、勤行を行っていたが、熱が出ないかと、気にしていた。
供人が、なにゆえ、お気を紛らわせて、気になさらないことです、と申し上げるので、
庵室の後の山に、登り、京の方を、御覧になる。



はるかに霞みわたりて、よもの梢そこはかとなうけぶりわたれるほど、君「絵にいとよくも似るかな。かかる所に住む人、心に思ひ残すことはあらじかし」と宣へば、供人「これはいとあさく侍り。人の国などに侍る海山のありさまなどを御覧ぜさせて侍らば、いかに御絵いみじうまさらせ給はむ。富士の山、なにがしのたけ」など語り聞ゆるもあり。また西国のおもしろき浦々、磯のうへを言ひ続くるもありて、よろづに紛らはし聞ゆ。



遥かに、霞がかかり、その一帯の、木々の枝の先も、はっきりと、見えないほどである。
けぶり、わたれる
霞に、曇る様である。
君は、絵に描いたようだ。こんな所に、住む人は、この美しさを、堪能しているんだ。
仰ると、供人が、これは、まだ山も浅く、つまり、それ程、高くなく、景色も、平凡ですと、言う。
遠い国などの、海や山の、景色を見ましたら、どんなに、絵が素晴らしく、立派でございましょう。富士の山は、何々の岳は、などと、お話する者もいる。
また、西国の、趣ある、あちらこちらの、海岸の景色を言う者もいて、気を紛らわせるのである。

ここで、面白い表現は、絵になるというのは、風景の美しい様を、絵として、見るということである。
絵に描いたようだと、訳したが、実は、そのものを、絵として、認識しているのである。

絵に描いたような、素晴らしさというのは、実は、変な表現である。
絵は、それを、写しているのであり、そのものではない。
そのものが、絵よりも、勝れているのだが、表現として、絵のように、美しいと、言う。

この、言い方を、よくよく、考えてみると、日本人の表現のさまというものが、理解できるのである。

間接的に、あるものを、褒め称えるという、表現を、日本人は、好むようである。
そのもの、ずばり、は、避けるのである。
何故か。
それを、失礼に当たると、思う。
何故か。

奥床しいのである。
奥床しさとは、存在するものを、一端、突き放して、見る。
それは、所作にも、通じるものであり、特に、奥床しいという場合は、女性の所作に、言われるようになる。

実は、この奥床しさは、芸道に、生きてゆく。
控え目、抑制の効いた、美学である。

抑制の効いた美学は、後に、世阿弥の花伝書について、書くときに、テーマにしたいと、思う。
もののあわれ、というものの、また一つの、心象風景は、奥床しさでもある。

だから、ここの、風景の美しさを、言うのに、素晴らしい、絵、ですという、訳が、正しい。
それ自体を、絵と、見るのである。

描いたものが、絵ではない。
そのものが、絵なのである。

基本的に、西洋の美学では、語り得ないものであることを、知るべきである。

日本の、絵、とは、心の風景を描くものであり、写実ではない、ということを、言う。




posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第7弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 161

さて、日蓮のもう一つの顔について、言う。

預言である。
日蓮宗系などの、後の世の人、日蓮には、特別な力が、備わっていたかのように、考える。それを、検証する。

立正安国論の提出から、八年ほど経た文永五年、1268年、正月、蒙古のフビライから国書が、届く。
そして、三年後に、蒙古連合軍が、壱岐、対馬、博多に襲来した。
日蓮は、この事を、自分の忠告を聞かず、逆に、却下した、幕府に対する、懲罰であると、考える。

他国侵逼難、つまり、外国の侵略である。

蒙古の襲来を、預言の的中とみた、日蓮である。
没後は、それが、更に、神格化されて、崇拝の対象となるのである。

未来を見通すことが出来る、預言者という、日蓮像である。
その結果は、憂国の預言者としてのイメージが定着したことは、実に、悲劇である。

確かに、日蓮が、預言した事実はある。
しかし、それは、日蓮自身が言う。
予知能力によって、預言したものではないと。
それは、経典に書かれていることである。
つまり、正法の衰退により、諸難の事々かあると、いうことである。それは、いうならば経典の言葉である。

立正安国論において、金光明経などの、四つの経典を引いた後で、心の迷えるものたちは、みだりに邪説を信じて、正しい教えを受け入れないという、ことである。
それは、念仏をはじめ、他の宗派のことである。

経典の中に、国土の荒廃を見て、教えの正しきもの以外が、流布した場合は、難があるという、言葉である。

当時は、頻繁に災害が起こり、多くの人々が、苦しみに喘いでいた。
それは、誤った教えの故であると、言うのだ。

安国を、願うのならば、正法に従い、それを、流布しなければならないという、独断である。独善でもある。

では、現在の、多くの災害も、そのように、解釈される。
時代は、いつも、動乱であり、災害は、いつもある。
これから、どこかに、地震がありますと言えば、当たる。必ず、世界のどこかで、地震があり、日本は、地震列島である。

あまりにも、稚拙である。

ここで、キリスト教を、持ち出す。
カトリックに対抗して、出来たプロテスタントは、個人と神との関係を、主体にした、信仰形態を、作り上げた。
聖書主義というのも、その一つである。
つまり、教会という、団体を通すのではなく、個人が、直接、神と、向き合うことが出来るという、教義である。

これが、中世、鎌倉の仏教にも、起こったということである。
更に、その蒙昧は、仏を、超越者にしたことである。

人は、直接、本仏に、向き合うことが出来るという、仏を超越的なものとした、妄想である。

それは、あたかも、歴史家などが言う、画期的なことではあるが、内容は、上記のように、とてつもない、妄想である。

つまり、歴史の一過性の、それを通らなければ、理解し得ないという、道である。
それを、通り抜けて、神仏は、妄想であるということに、気づくための、一つの方法だった。

釈迦の真意にかなうものとして、念仏が唯一、題目こそ、救いである、禅が唯一の正しい仏への、道である。
極めて、独善的、排他的な、妄想である。

仏教の真実を見出そうとする命を賭した挑戦によって、彼らは学者の立場を超えて、幾多の歳月を超えて人々の魂を揺さぶり続ける真の宗教者、真の思想家となることができたのである。
佐藤弘夫 偽書の精神史

上記は、ある意味で、正しいが、ある意味では、評価のし過ぎである。
思想家というならば、少しは、納得するが、以後の彼らの、宗門は、ただ、ただ、堕落の一途を辿った。
見て御覧の通りである。

既得権益に乗り、堂々と、偽の仏教を掲げて、宗教として、成り立っている。
信じる者は、騙されるから、未だに、騙されたままに、霊界に行く。
その、霊界は、宗教霊界であり、極楽でも、天国でもない。
おそらく、寺の上空、一メートル程度の、霊界にいるのであろう。

勿論、仏陀は、いない。
霊界でも、念仏三昧、題目三昧で、坐禅をして、これが、仏の道と、やっているのである。
やり切れない。

ちなみに、霊能力者の、一つの妄想を、紹介する。
法然と、日蓮は、一緒に修行しているという。
また、日蓮は、インド魔界の、ある神が、背後で指導していたという。背後霊が、インド魔界の神と言われるモノである。

皆々、妄想なので、私も、妄想をかましてみた。

そして、仏陀の本仏という、超越した考え方は、まさしく、彼らの妄想以外の何物でもない。
思想的には、画期的、前代未聞の行為であろうが、何のことは無い。
時代性によって、生まれたものである。
そして、彼らは、日本人であったということ。
見事に、日本人向けの仏教創作に成功したのである。

中国仏教から、ようやく、我が国の仏教を創作したのである。
創り出したのである。
存在しているモノではない。

編み出したのである。
芸術として、捉えれば、実に、見事な、出来栄えである。
果たして、思想としてみる場合は、どうなのか。
耐えうるものか。

そこで、中世における、偽書の問題を見ることにする。
本当は、中世史を、やりたいが、テーマが違うので、神仏は妄想に、絞ることにする。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第4弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。