2008年08月17日

神仏は妄想である 118

600年に当時の、隋から大量の書物が届いている。
その中には、多く仏典もあったと思われる。
厩戸皇子、聖徳太子は、いち早く、仏典を学んでいる。
そして、日本を仏教の国にすべく、仏法の精神で国造りを考える。更に、漢字をもって、文字とすることもである。

天皇まで、仏法に帰依するという国である。
天皇は、日本の祭司であるが、仏教を取り入れて、今に至る。
神道といわれるものの、許容範囲が、如何に広いかが解る。

更にである。道教、儒教に関しても、受け入れているのである。
兎に角、無批判に向け入れるという、体質が日本人である。
明治にも、ヨーロッパの文化を、兎に角、取り入れて、近代化を急いだ。

学ぶべきものは、学ぶという、精神は、強くなければ出来ないことである。
いや、強いというより、しなやかな精神である。

戦後は、アメリカを取り入れた。咀嚼する力がある。
日本は、アメリカの十年前を行くと、言われた。
今のアメリカは、十年後の日本ということになる。ただ、この頃は、少し変化している。

兎に角、受け入れて、我が物にするという、才能に長けている。

仏典に関しても、無批判に受け入れて、最新の情報とした、古代の人々は、賢い。

インドから中国、半島、そして、日本へと、仏典は、渡ってきた。
最後の到着地で、仏教は、花開いた。
現在、インドは勿論、その仏典が、通ってきた道は、今は、仏教が廃れて、久しい。多くは、イスラムに取って代わられた。

また、別ルートで、伝わった仏教がある。
インドからビルマやタイ、そして、マレー半島からインドネシアに流れたものは、小乗といわれたものである。チベットも、その土着の信仰に仏教が合流して、チベット仏教となった。

日本に伝わったものは、大乗といわれる。それは、隋から唐へと移行した時期に、天竺に出掛けた、三蔵法師玄奘に多く、依る。
現在使用される、仏典の翻訳ものは、玄奘によるもの、多々あり。

さて、大乗仏教といわれるものは、いつ頃から始まったのか。
まず、最初は、釈迦の遺骨を祭る仏塔、パゴダという塔に人々が集い、出家者も、在家の者も、一緒に、仏陀を慕った行為から、始まった。

仏塔崇拝から、始まったのである。
そこに、出家者や、指導的立場の者が現れる。
そこから、新しい経典製作が、始まることになる。
初期の仏典、阿含経などの解釈、更に、その中の一部を、拡大して新しい形にした、経典製作を始めるのである。

それらは、非常にドラマチックなお話になったものもある。
それは、仏陀滅後、500年を経た、紀元前後である。

それから、インドには、大乗仏教の、二派が出来る。それは、五世紀頃である。
その一つ、中観派といわれる、「中論」に基づき、空観と中道の実践を主にするグループから、ナーガールジュナ、龍樹という、者が現れる。
南インドの人で、150年から、おおよそ100年に渡って活躍した。

龍樹以前に、ずてに、般若経が、編纂されていた。
その般若経に、龍樹が、一つの理論を打ち出す。
無所得空である。
無所得とは、あらゆるものに、捕らわれないという考え方であり、更に、空という言葉も、無執着ということになる。

日本の仏教の基本は、この龍樹の書いたものから、理解される。
今では、大乗の哲学の祖といわれる。

大智度論、中論を始め、膨大な書物がある。

仏陀の思想の中心は、中道である。
苦行でも、快楽でもない、中道という道を目指した。
当時のインドでは、様々な考え方により、修行する者、多々いた。仏陀のような人も、多々いた。
しかし、仏陀の教えが、残った。
というより、仏陀を慕う人々によって、語り伝えられたのである。

私は、龍樹の大智度論に、目を通したが、実に、くどい。否定の否定の否定という、文章には、辟易した。

そこで、少しばかり、龍樹に関して、調べると、彼は、最初、欲望のままに暮らしていた。そのまま、欲望である。
だが、私が不審に思ったのは、霊的能力があり、宮殿に夜な夜な、飛んで行き、その中にいる、女たちを毎日、犯し続けたという話である。
そして、ある時、忽然として、その生き方に、空しさを感じて、生き方を、改めたという。

そのきっかけは、一緒に行動していた、友人の死である。同じような、ことを一緒にしていた者の死である。

私見である。
インドは、魔界の支配する土地である。
今でも、ヒンドゥーという、バラモンから出た、カースト制という、差別を持って、人々を、縛っている様は、魔界関与であると、思っている。
仏陀が、画期的な、平等を説いたが、それも、呑み込んで、更に、仏陀まで、ヒンドゥーの中では、一人の神として、取り込まれたのである。

霊的能力を、持って、その欲望を満たしていたという、龍樹に、私は、納得できないのである。彼は、基本的に、魔界関与の者であると、判断する。

彼の書き物の、くどさは、それを、証明する。
哲学の一つとして、学ぶことには、異論はないが、果たして、彼の理論が、仏陀を、理解するもになるかは、別である。

無批判に、龍樹の思想を受け入れた、仏教の面々である。

阿弥陀仏の、称号を唱えるという、称号念仏も、龍樹の無所得空、という考え方を、その境地を得て、悟りというものを、開いてゆこうとするものである。

所得を得ない、さらに、空も無いという。
それを、有無の見を推破せん、と親鸞は歌う。

仏の位は、五十二番目であり、阿弥陀の本願に基づく念仏の、教えによって、この世で、不退転の位に位置する。
そして、仏の候補者になって、命終わり、浄土に生まれ、仏になることを得るであろうという。
その、不退転の位が、菩薩道からいえば、十地の位の最初であり、全体の仏の位からは、四十一番目ということになる。

それを、歓喜地といい、正しく悟りが開けると定まっている人々ということになる。

これは、仏陀の教えに遠い。
自分という意識を、探る行為は、素晴らしいものであるが、それを、上記のように、定めて、いるということが、私には、解せない。
解せない私が、誤っているのか、龍樹の考え方に、誤りがあるのか。

それは、いずれ、天竺に、その教えを求めていった、玄奘三蔵法師の、教えを、見ることにする。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ279

少将のなき折りに見すれば、「心うし」と思へど、かくおぼし出でたるもさすがにて、御返し、くちときばかりをかごとにて、取らす。


ほのめかす 風につけても したをぎの なかばは霜に むすぼほれつつ

手はあしげなるを、まぎらはし、ざればみて書いたるさま、しななし。ほかげに見し顔おぼし出でらる。「うちとけで向ひ居たる人は、え疎みはつまじきさまもしたりしかな。何の心ばせありげもなく、さうどき誇りたりしよ」とおぼし出づるに、憎からず。なほこりずまに、又もあだ名たちぬべき、御心のすさびなめり。



少将のいない時に、見せると、困ったことと、思いつつ、思い出してくれたことを、嬉しく思い、お返事だけは、素早いという取り得である。
小君に、歌を渡す。


風のお便りにも、萩の下の葉は、霜のせいで、思い萎れております。

筆は、下手なのに、上手めかして、洒落て書いたつもりが、品がない。
女に対する、作者の、容赦ない、感想である。
源氏は、燈の光で見た顔を、思い出す。
取り繕っていた人は、とても忘れられないが、若い方は、何の嗜みも感じなくて、はしゃいで、得意になっていた。と、思うのである。
そう思えば、まんざらでもなく、やはり、懲りもせず、またも、事件をおこしそうな、浮気心のある、様子であると、最後に、作者は、付け加える。

源氏という男、どうしようもない男である。
作者が、そのように、思っている。

しかし、作者の、女に対する、言い分は、容赦がないというのが、面白い。



かの人の四十九日、しのびて、比叡の法華堂にて、事そがず、装束よりはじめて、さるべき物どもこまかに、誦 などさせ給ふ。経仏の飾りまで、おろかならず、惟光が兄のあざり、いと尊き人にて、になうしけり。御ふみの師にて、むつまじくおぼす文章博士召して、願文つくらせ給ふ。その人となくて、あはれと思ひし人の、はかなきさまになりにたるを、阿弥陀仏に譲り聞ゆるよし、あはれげに書き出で給へれば、博士「ただかくながら、加ふべき事侍らざりめり」と申す。しのび給へど、御涙もこぼれて、いみじくおぼしたれば、博士「何人ならむ、その人と聞えもなくて、かうおぼし嘆かすばかりなりけむ、宿世の高さ」と言ひけり。しのびて調ぜさせ給へりける、装束の袴を、取り寄せさせ給ひて、

源氏
泣く泣くも けふは我がゆふ 下紐を いづれの世にか とけて見るべき

この程まではただよふなるを、いづれの道に定まりて赴くらむ、と、思ほしやりつつ、念誦をいと哀れにし給ふ。頭の中将を見給ふにも、あいなく胸さわぎて、かの撫子のおひつたつ有様、聞かせまほしけれど、かごとにおぢて、うち出で給はず。


かの人とは、あの女、夕顔である。
四十九日を、人目を忍んで、比叡山の法華堂にて、諸事を略さずに、僧たちへの、布施の衣装をはじめ、必要なものを準備して、読経なども、頼むのである。
経巻や、仏前の装飾まで、丁寧にされる。
惟光の兄の、あざりが、実に高徳の僧であって、またとないほどに、勤めた。
文学の先生で、親しくしていた、文章博士を呼び、願文を作らせる。
誰とは、言わず、情をかけていた女だということで、阿弥陀仏に引き渡す旨を、哀れを催すほどに、書き綴られていた。
博士は、全くこのままで、一字も、加える所は、ございませんと、言う。
我慢していも、涙がこぼれる。
たまらない様子の源氏に、博士は、誰なのだろう。だれそれと噂にのぼらず、しかもこんなに、悲嘆にくれるとは。果報の高い人ですと、言う。
内々で作らせた、布施の袴を、手元に取り寄せて

泣きの涙で、今結ぶ、この紐を、いつの世にか、また相逢って解き、また、打ち解けよう。

とけて見るべき
これは、セックスをしようということである。
打ち解けようとは、そのまま、性行為のことである。
大胆な歌を、詠ませるものである。

この時分までは、中有に、迷うとのこと。
六道の、いずれに、行くのであろうか。
それを、思い、念仏を熱心にするのである。
頭の中将と、お会いされても、わけもなく、胸が、どきどきして、あの、撫子の育つ様子を、聞かせたいと思うが、怨み言を、言われるのが、嫌で、口に出さないのである。

あはれと思ひし人の はかなきさまになりたる
愛しいと、思う人が、亡くなってしまった、それを、言う。

ここで、面白いのは、比叡山の法華堂にて、念仏である。
平安期は、浄土思想が、花盛りである。
中国浄土宗である。
まだ、鎌倉仏教には、遠い時世。

当時の人、皆、阿弥陀仏という、仏の世界を憧れた。
それを、極楽という。
死後の世界というものを、明確にしていた時代である。
しかし、それは、それ以前の伝統があることを、忘れては成らない。
全く意識にないものは、受け入れないのである。
しかし、浄土思想を、受け入れたということは、受け入れる余地、器があったということである。

矢張り、紫式部も、出家することを、考えることがあった。
しかし、結局は、在家に留まる。

死の救いというもの、阿弥陀仏の世界へという、安心を、得ることで、逃れたようである。
それも、一つの、死の様である。

後に、仏教の説話集などに、紫式部の迷い霊などの、話が、出て来る。都合の良いように、人間の欲望の様を、描いたことを、悔いているというのである。

仏教が、次第に、庶民にまで、定着すると、欲望は、煩悩とされて、嫌われるが、そこから、人間は逃れられないし、逃れては、生きて行けない。
その、どうしようもないものを、取り上げて、仏教家たちは、大手を振るのである。

人間の、欲望を手玉に取り、あることないことを、吹聴して、脅し、布施を要求し、自分たちは、欲望のままに、行動するという、堕落の、日本仏教が、出来上がってゆく。
勿論、今も、その続きである。

自分たちは、欲望三昧の生活をし、信者には、欲望は、煩悩である、それから、救われるには、云々と、愚にもつかない、説教を演じてみせるという、もの。
大いに、笑う。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性について 17

勃起も、射精も、自律反射である。

骨格筋にきているのを、体制神経といい、内臓筋にきているのを、自律神経という。

自律神経とは、神経が、感覚や意志がなく働く神経という意味。
胃腸、性器のように、自律神経がきている、臓器には、すべて、二つの自律神経がきている。

副交感神経と、交感神経である。
この、神経は、互いに、反対の働きをしている。
以前にも、書いたとおり。

勃起反射、射精反射も、自律反射と、呼ばれる。

この二つの反射で、特に射精反射では、性感、オルガスムが伴う。

仙髄第三分節から、上にゆく神経、そして、亀頭、その他の、性器皮膚から上にゆく、皮膚感覚の神経を伝達し、間脳の視床と、大脳の、辺縁系へと、流れて、快感となる。

女にも、男と同じように、勃起反射、射精反射に対応する反射はあるが、それが、男のように、明確ではない。

神経の働きは、男と同じだが、陰核、つまり、クリトリス、及び、その周辺の皮膚や、粘膜からの、刺激が、陰部神経を上がってゆく。
そして、男と、同じく、仙髄第三分節までゆき、そこの勃起中枢で、切り替えられて、反射中枢として、副交感神経で下る。また、交感神経で、下る。
下腹神経叢で、両方が継続して、卵巣、子宮、膣に分布する。

子宮にも、膣、その他にも、内臓筋がある。男の場合と同じ。

上行刺激が、反復すると、腰髄第一分節にいった、伝導が重合して、射精中枢から、発火を起こす。

その、発火は、交感神経を伝わり、下腹神経叢から、卵巣や、子宮にゆき、オルガスムを起こす。
しかし、射精のように、目立った現象ではない。

更に、それが、連続して、何度も起こるというのは、男とは、全く違う。

男は、一度の射精で、オルガスムを終わる。
次は、また、時間を、置いて、である。

勿論、若い頃は、抜かずの、何とかといい、一度、二度と、短時間に、続けられることもあるが、射精時の快感は、その一度で終わる。

ペニスに対する、一種の快感はあるが、射精の快感は、一度のものである。

ここである。
他の、動物の場合は,:決して、射精を引き伸ばして、ペニスの快感を、楽しむということは、ない。人間だけが、射精に至る前の、様々な快感を、楽しむ。

また、女も、連続する、オルガスムを何度も繰り返し、求めることが出来る。
これは、つまり、性感の、大脳化でもある。

ここから、ハウツー物の、性感セックスの、出番になるのである。

時代や、国を問わず、その性感を、求める試みの多くが、記録されている。

今、どんな性の方法論を、持ってきて、それを、説明しても、面白い。
いずれ、そこにも至ることになる。

少し、繰り返すことになるが、矢張り、人間の場合は、脳の働きが、他の動物とは、違うということ。

大脳辺縁系とは、皮質辺縁系と、皮質下で、同じ辺縁系に属する、核群、すなわち、背中核、扁桃核、視床下部諸核、そして、中脳橋の諸核などを、含めた部分を言う。

性欲の働きは、この辺縁系の内にある。
そしてそれは、本能というより、進化した心の働き、私は、情緒と言う、それによって、成り立つ、人間の性である。

性は、命であり、脳であり、そして、今、情緒になった。
情緒とは、喜怒哀楽、笑い、泣く、そして、様々な心の綾である。
これが、性欲、更に、快感に、大きな影響、深い関与があるということである。

それは、また、食欲にも、影響を与え、深い関係を、持つ。

そして、忘れてはならないことは、内蔵、肺、心臓、肝臓、胃腸、内性器、それらが、協調して、働くようにするのも、辺縁系であるということ。

この、辺縁系から出る、信号によって、大脳皮質、つまり、辺縁系に対立するものとしての、大脳外表質系の、働きである、前頭回という、脳の外側、皮膚に近い部分が、行動を起こさせる。
よく考えて、断固として、行動するというのは、ここの働きである。

そして、高等動物である、人間には、複雑な、多くの欲望を持つに至るのである。

性行為、性行動一つにしても、実に、複雑な欲望を起こし、更に、行動するのである。

その、大きな一つが、マスターベーションである。
他の動物も、それに似た行為をするが、人間のように、複雑ではない。

前立腺刺激をして、男も、女のような、快感を得るというようなもことを、考えるのは、人間のみである。

また、マスターベーションの、様々な、試みをして、楽しむというのも、人間ならでは。

脳の、進化と、発展が、人間を、他の動物から、そして、本能から、解放したといえる。

現代の、マスターペショングッズから、古代のマスターベーショングッズから、眺めて見ると、驚くべき、創意工夫がある。

遠い昔、最古のマスターベーショングッズは、エジプトの神官に、行き当たる。
板を、刳り貫き、更に、直径五センチほどの、穴を作り、そこに、ペニスを出し入れして、楽しんだという。

ヒトに近い、道具を作るサルも、マスターベーションの、道具を作ることはない。
人間だけが、それを、する。
性とは、マスターベーションなのである。
マスターベーションの、豊かさが、性を突き抜けてゆき、芸術にまで、高まるという、手法である。

性の快感ではなく、より、高度な快感を、求めて、芸術活動が、成り立つのである。

更に、私は、スポーツというものも、芸術の一つであると、考えるのである。

体の限界を超えるという、快感は、性の快感を、超えることもある。

人間とは、凄いものである。

posted by 天山 at 00:00| 性について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。