2008年08月16日

神仏は妄想である 117

日本人だからこそ、仏教を後にも、思索できるほどに、高みに上げたと、言った。

仏教という、当時の学問は、多くの思索の方法を教えたが、それはまた、観念の産物であった。

一番の、観念は、厭離穢土という、考え方である。
つまり、この世は、厭離すべくの場所、穢土だというのである。
一体、仏教以前に、日本にそのような、考え方はあったろうか。

何故、この世が、汚い、厭うべき場所なのか。
そして、欣求浄土といい、清い、浄土を望むという、観念である。

この、考え方は、今でも、すべての仏教が、取り入れている考え方である。

また、新興宗教系も、例えば、この世を、現象の世界といい、あの世を、実相世界とするのである。

この世の思想と、あの世の思想である。

この世は、移り行く世界であり、あの世は、完全無欠な世界であるとする。
この観念から、抜けてはいないのである。
どれほど、科学的な宗教観を持っても、そこから、逃れられない。
何故か。
つまり、あの世を、前提に置かなければ、教えに、迫力が、欠けるのである。

要するに、相手が、知らない、解らない世界を持って、語り掛けるという、手品を行うのである。
現世利益という、方法をとっても、それでもなお、あの世行きを、提言する。
天国に行く、極楽に行く。

源信の、往生要集は、地獄の様を、ありありと描いた。それを、絵にして描いて見せた。それはそれは、恐ろしい世界である。無智な者は、畏れたであろう。そして、今度は、極楽の様を見せる。
何と言う、低俗な感覚であろうか。
それも、すべて、想像である。

文学的価値としては、十分に納得するが、それをもって、信仰を促すという根性は、ただ事ではない。

それは、仏教の、厭離穢土欣求浄土という、観念から出ている。
日本の伝統には、そんな考え方は無い。

万葉の世界には、そんな世界観は、無い。

仏教が、根を下ろしてから、暫くして、そのような、観念に覆われたのである。
お勉強するならば、よかったが、それをそのまま、信じてしまった。
ところが、調べてゆくと、仏典は、事実であると、信じていたというから、驚いたと、共に、さもありなんと、思った。
ある時期まで、仏典は、事実を書いているものとして、扱われていたのである。

いずれ、禅などを書く時に、明らかにする。

この世を、厭い、浄土を願うから、往生を願うという。
往生は、浄土門の人々が、使い、成仏とは、自力の宗派聖道門が、使う言葉である。

もともと浄土への欣求は穢土への厭離の念を去ってはいない。浄さへの求めと、穢れへの厭いとは結ばれねばならなぬ。だから往生を遂げる得るのは、往生も能わぬ自らを省みることでなければならぬ。それ故浄土の国に往いて生まれるのは、自らに資格があって往けるのではない。仏が来り迎えるので浄土に往けるのである。往生の真意は浄土への到達ではなくして、浄土からの引接なのである。この引接が来迎である。それ故来迎なくしてどうして凡夫に往生が出来よう。この事実をまざまざと眼に浮かべる時、来迎の図相が生まれたのである。これより真実な仏の慈悲の描写があろうか。
柳宗悦

引接、いんじょう、という、あちらからの働き掛けを言う。
実に、驚くべき、蒙昧である。

厭離穢土という観念も、蒙昧だが、来迎という考え方も、蒙昧である。
その、来迎を、ありありと、目の前に見るという、観想をまた、善しとする、修行とは、単なる妄想の様を、促すのみである。
確かに、死者の心は、想念に任せられるが、思い描いた、来迎の妄想に、心を、浸らすというのは、あまりにも、馬鹿げている。

さらに、来迎とは、仏の側から、来ることであれば、念仏なども、しなくていいのである。仏の慈悲は、念仏申さんとしても、しなくても、あるものであれば、来るのである。

つまり、ここに至ると、キリスト教の、恩寵の思想に似る。
神は、善人の上にも、悪人の上にも、日の光を与える、というのと同じである。

特に、親鸞の場合は、キリスト教の、神の愛の思想に、実に近く、こういう自虐的信仰を持つこと自体、彼が、病んでいたことを、教える。
罪人こそ救われるというのは、イエスが、私が来たのは、健康な人のためではなく、病にある人のためである、という言葉を、思い出させる。

絶対帰依というより、すべて、投げ捨ての信仰である。
よく言えば、与えられた信仰、賜りたる信仰であるが、悪く言えば、お任せの信仰、捨て身の信仰であり、それは、一見して、深さのあるようなものに、見えるが、単なる、限界の様である。
何が限界か。
我に対する、罪意識の妄想である。

弥陀の本願は、親鸞一人がためなり、という言葉を、浄土信仰の面目のように、解釈するが、それは、誤りである。
あの時代だから、受け入れられるが、今の時代は、浄土信仰も、一つの情報である。
更に、仏典は、事実ではないという、証明がなされたのである。

迷いを、深さと、勘違いする時代は、過ぎたのである。

更に、禅では、まだまだ、深いと、思わせる言葉に溢れている。
文学として、残るのは、禅の文学である。

さて、親鸞は、来迎の様まで、捨てた。
法然も、親鸞も、共に、一切の、既成仏教の祈りの様を捨てた。
しかし、浄土宗は、来迎まで、捨てなかった。
浄土真宗は、来迎までも、捨てるという、徹底さである。

念仏の、六文字さえあれば、足りるとした。
来迎も、自力の有り様だと考えた。
日蓮宗の題目を、ご本尊として掲げるのと、同じように、念仏の文字だけで足りた。
往生というものを、平生とした、平生業成の教えである。
これは、その瞬間、その刹那、往生しているという、考え方である。

つまり、今救われていると、考えることである。
臨終に救われるのではない。今、救われている。
しかしそれは、親鸞によって、成った、考え方ではない。
皆、そのような、考えに至ったのである。

前回も、書いたが、一遍のように、仏教、浄土門という、迷いを通して、元の、大和心に戻ったと、同じように、結局は、念仏などいらない世界に立ち戻るのである。

弥陀の本願というものが、あるならば、念仏などしなくしても、救われるのである。

なんとなれば、弥陀の四十八願というものは、皆、仏の世界に生まれなければ、仏にならないという、願なのである。

人間であってしかも人間に縛られない時が、覚りの姿なのである。
柳宗悦

覚りに関しては、禅のところで、検証するが、上記、人間であって、人間に縛られない時とは、いつか。
人間に、縛られないという観念は、実に愚かである。
人間は、人間であることに、意味があり、人間というものに、縛られて、というより、何故、縛られると考えるのか、である。

厭離穢土と同じように、厭離人間と、何故、考えるのであるのか。
実に、病んでいるのである。

万葉は、人間讃歌である。
それが、大和心であった。
この、無常にある、人間であるからこそ、尊く、高いものである。
人間であるから、善しなのである。

人間の持つ、欲望等々を、厭うという思想は、実に、病む思想である。
欲望を、恵みとして捉えた、万葉の時代は、実に、健全であり、それが、大和心、大和魂といわれるものである。

浄土思想は、学ぶに足るものであるが、信仰に上げてはいけない。
それは、迷いである。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ278

かの伊予の家の小君参る折りあれど、ことにありしやうなる言伝てもし給はねば、うしとおぼしはてにけるを、いとほしと思ふに、かくわづらひ給ふを聞きて、さすがにうち嘆きけり。遠く下りなむとするを、さすがに心細ければ、おぼし忘れぬるかと、こころみに、空蝉「うけたまはり悩むを、言にいでてはえこそ、

とはぬをも などかととはで 程ふるに いかばかりかは 思ひ乱るる

ますだは、まことになむ」と、聞えたり。珍しきに、これもあはれ忘れ給はず。



伊予の介の家の、小君が、居候するときもあるが、格別に、以前のように、言伝もなさらない。
嫌な女と、思ってしまわれたのか、お気の毒なことだと、思っていたところ、ご病気であるとのこと。女は、矢張り、思い嘆くのだった。
遠い国に、下るとするが、心細くなり、お忘れになったのかと、試しに、空蝉は、ご病気と、伺っており、案じていますが、口に出しては、とても、言えないのです。

お尋ねすること、何故と、問うこともなく、月日を経ました。
どんなに、寂しく、また、辛い思いで、いられるでしょう。

ますだ、と申しますのは、本当のことで、ございます、
と、お便りを差し上げました。
珍しくあり、この人にも、愛情はなくなっていないのである。

ますだ、とは、ますだの池の、生ける甲斐なし、という意味。
拾遺集、
ねぬなはの 苦しかるらむ 人よりも 我ぞ益田の いけるかひなき
ねぬはな、とは、じゅんさいのこと。
苦しいと、口にする人より、私の方が、苦しさが、増す。生きている甲斐もない。
この歌が、基底にある。


要するに、小君が、源氏のところに来ても、以前のように、何も、言伝がないのである。そこで、女は、もう、嫌な女だと、思ってしまわれたのか、と、思うのである。

そこで、病にあると、聞き、文を差し上げた。


これもあはれ忘れ給はず
この、あはれ、とは、源氏が、この女を、忘れていないということ。
あはれ、を、女にかけている、というのである。
あはれ、の、心象風景が、さらに広がる。



源氏「生けるかひなきや、誰が言はましごとにか。

空蝉の 世はうきものと 知りにしを また言の葉に かかる命よ

はかなしや」と、御手もうちわななかるるに、乱れ書き給へる、いとどうつくしげなり。なほ、かのもぬけを忘れ給はぬを、いとほしうもをかしうも思ひけり。かやうに憎からずは聞えかはせど、け近くとは思ひよらず。さすがに言ふかひなからずは見え奉りてやみなむ、と思ふなりけり。


源氏は、生きるかいがないという言葉は、誰が言う言葉でしょう、と

空蝉の、この世は憂きものと知ったはず。
しかし、また、その言葉に、私は、死にたくなります。

たよりないことです、と、筆も、振るえるのである。
乱れ書きなさったが、それがまた、見事なものである。
矢張り、あの、もぬけの殻を、忘れていない。
ほしうもをかしうも思ひけり、である。気の毒のような、照れるような、気分である。
このように、如才なく、お手紙するが、関係が深く、近いとは、思わない。
といって、むげに、情け知らずとも、思われてしまわぬようにと、思うのである。

源氏の心境であるが、このような、部分が源氏物語の、難しさであり、よく解らないと、思われることである。
作者の思いも、どこかに入っている。
どこが、源氏の思いで、どこが、作者の思いなのか。
それを、考えつつ、読む。



かの片つ方は蔵人の少将をなむ通はす、と聞き給ふ。「あやしや、いかに思ふらむ」と、少将の心のうちもいとほしく、また、かの人の気色もゆかしければ、小君して、源氏「死にかへり思ふ心は知り給へりや」と言ひつかはす。

源氏
ほのかにも 軒ばの萩を むすばずは 露のかごとを 何にかけまし

高やかなる萩につけて、我なりけりと思ひ合せば、さりとも罪許してむ」と思ふ御心おごりぞ、あいなかりける。


あの、もう一方は、蔵人の少将を婿にした、と、お耳に入る。
これは、誤って関係した、女のことである。
変な話である。どう思うのだろうかと、少将の心中も、同情するのである。
それに、あの、女の心も知りたくて、小君を使いに出して、源氏は、死にそうなほど、焦がれている、私の気持ちは、ご存知ですか、と、言わせる。

わずかばかりも、軒端の萩を結ばなかったら、わずかばかりの、怨みも、言うことはできない。

背の高い萩に、結び付けて、人目を避けて、と、仰るが、ふっとそれが、少将の目に入り、源氏のものと、解ったら、いくらなんでも、許してくれようと、自惚れる。
あいなかりける。
作者の感想である。
つまり、自惚れることには、手がつけられない、というのだ。

かの片つ方、とは、伊予の娘である。
病気を、あなたのせいです、と、小君に言わせる。
夕顔の死に、心苦しく病になったことを、転化している、という、源氏の、浅ましさである。

この娘を、後に、軒端の萩、と、呼ぶようになる。
その娘が、少将と、結婚したと、聞くと、源氏は、それでも、文を渡すという、無節操ぶり。

もし、それが、少将に、見つかった時、源氏だと、解ってしまう。しかし、源氏ならばと、許されると、思う、源氏の自惚れを、作者も、呆れる。

創作している、作者が呆れるという、物語の手法である。
やることが、細かい。

物語を、本当だと、思わせる、手か。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性について 16

睾丸には、二つの働きがある。
一つは、精子を作ること。
もう一つは、内分泌線として、働くこと。

精子は、細精官で作られ、精管を伝わり、体外に出される。故に、外分泌である。

内分泌物質のほうは、間質細胞が出し、対外に出ることなく、血液を通じて、全身を回り、その作用を表す。

精子は、減数分裂をして、遊離してくる細胞である。
その細胞は、まず、細精管の薄い膜を作る細胞、つまり、精子母細胞が、分裂して、精子細胞となり、それが、減数分裂をして、遊離して、精子となる。

多くの動物は、それが起こるのは、一年に、一二度の発情期のみ。
人間だけは、春動期を迎え、いったん、生成が始まると、休みなく続く。老年になって、止まる。

さて、それでは、精液は、どのように作られるのか。

副睾丸は、睾丸から出た細精管が巻き込まれた形をしている。
そして、そこが、主として、生成された、精子を貯蔵する。
そこでは、一種の分泌液を出す。

その、分泌液で精子は、運動し、成熟する。そして、受精する、力を得る。
副睾丸から、分泌する液は、精子の力を強める作用があるということだ。

そこでは、およそ、60日間運動し、30日間の、受精力があると、いわれる。

更に、副睾丸の精子の活力は、単に、副睾丸分泌液のみならず、性ホルモンが血液を介して、副睾丸に及んでいる。

副睾丸の中の精子は、適当な時に、射精されにければ、死んでゆく。
そして、自然に精嚢の中に入り、消滅し、尿の中に出るということは、ない。

射精の時、精子は、副睾丸から、その細精管のまわりにある、筋、平滑筋の運動により、精管を通り、精嚢へと、進む。
そこで、精嚢の分泌液が加わる。
それは、黄味を帯びたアルカリ性の液である。

そこから、前立腺に運ばれ、前立腺は、前立液を分泌し、運ばれた液と、まざる。

前立腺の液は、蛍光のある、薄い、一種特有の臭気がある。
栗の花のにおいに似るといわれる。

その反応は、やや酸性に傾き、カルシウム、クエン酸、リン酸に富む。
前立腺を指で押すと、前立液は、出るが、性行為の際には、盛んに出る。
それが、先走りといわれるもの。

精液には、尿道球部からの、球液も混じる。
精液は、色々な分泌液が集まって、精液と呼ばれるのである。

只今、巷で言われる、前立腺刺激ということについて、書く。
アメリカで、前立腺刺激のために、作られた、医療器具が、どういうわけか、日本では、別の目的に、使われている。
つまり、前立腺刺激による、快感を得るものというものである。

その手の、案内を見て、びっくりした。
男も、女のように、達するとか、男が、女になるという、謳い文句である。

そして、今では、その種類が、数多くある。
しまいに、女性用、オナニー道具も、男が、アナルに使うという、驚きである。

アナルの、マスターベーションを、アナニーというから、また、驚いた。
特に、ゲイの世界で、言われる。

それでは、前立腺というものを、みる。

前立腺はカルシウムや、クエン酸のほかに、リン酸酵素である、フォスファタースというものを、含んでいる。
それが、春動期から、急激に増す。
それは、睾丸内の、テストステローンの作用による。

男の、尿には、フォスファタースの量が、女、子供の比べて、三倍から五倍と、多い。
体から、それを捨てていると、思われる。
それが、前立腺の働きの一つ。

フォスファタースは、リンに関する代謝酵素であり、養素の一つである、含水炭素の分解、ビタミンをリン酸化するという、活性化をして、一括して、リン酸化という、活動をいたるところでしている。

血液中にある、フォスファタースは、男、女、子供でも、同じ量である。
増加した場合は、色々な腺に入り、中でも、前立腺に入って、調節されると、考えられる。

そして、前立腺の、フォスファタースは、血液には、入らない。
では、前立腺に、リン酸化合物が、蓄積されるかというと、少ない。
つまり、前立腺は、リン酸代謝に、関係しているといえる。

この、前立腺の働きが、解り、次に、勃起という、生理学的状態を、みることにする。

ペニスは、海綿体という、組織に富む。
海綿体組織は、動脈から、血液が入り、そして、その血液が、静脈から出てゆくのが、少ない時に、その容量を増す。
それは、海綿体の小動脈が、拡大し、海綿体毛細血管に、血液が増し、反対に、静脈は、常よりも、縮小するのである。
勃起である。

それでは、勃起神経はというと、亀頭刺激が、陰茎背神経を通り、脊髄の中枢まで、達する。そして、その上までゆく。
専門用語は、控えて、簡単に言う。
亀頭刺激が、神経を通り、伝達され、それが、また、戻り、海綿体の小塔脈と、毛細血管を、拡大させる。

勃起神経と、勃起中枢と呼ぶものが、働くのである。

ただし、勃起は、ペニスへの、刺激だけではなく、人間の場合は、主として、視覚と、触覚からの、刺激でも、起こる。

また、人間特有の、想像によって、生じる、性意、デザイア感覚によっても、起こる。

射精に関する、生理学的な、働きについては、また、書くことにする。

先に、前立腺刺激による、快感というものが、新しい性感として、男たちに、知られるようになったといった。
事実、大人のオモチャの世界では、一足先をゆき、百花繚乱の様子である。

私は、性というものに、ついて書いている。
この、人間の性が、今、正に、変容しようとしている。

ペニス刺激だけではなく、新しい刺激の、快感を発見したといえる。
ただし、それは、古い時代から、あったものであるが、今は、意識して、それが、行われるということで、それが正に、新しいというのである。

アナルへの目覚め。
前立腺への、目覚め。
人間の性欲というものが、本能ではないことを、証明する、発見である。
つまり、大脳化である。
それを、言いたいのだ。

posted by 天山 at 00:00| 性について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。