2008年08月15日

神仏は妄想である 116

大無量寿経に「それ彼の名号を聞くことを得ることありて歓喜踊躍し、乃至一念せん。当さに知るべし、この人は大利を得るとなす、即ちこれ無上の功徳を具足するなり」とある。

これを、一念無上の文、といい、一念は一声のことである。

念仏をもって無上となすなり。概に一念を以って一無上となす、当に知るべし、十年を以って十無上となす、また百念を以って百無上となし、また千年を以って千無上となす。
法然 選択本願集

ここでも、思案の深さについての、云々がある。
つまり、多念か一念かである。
また、それが、行と、信かとの云々である。

行とは、多く念仏を唱えるということであり、信とは、一念の念仏に、重きを置くかということである。

常念仏の生活こそは、念仏行者の生活である。不断念仏であり、多念仏である。生涯を念仏に捧げるのであるから、おのずから多念の行となるのである。即ち専修念仏こそを、念仏行というのである。
柳宗悦

しかし、そこから、一念念仏という、考え方も生まれる。

むしろ念仏を念仏たらしめるものはその純度にあるともいえよう。数ではなく質が肝心である。たとえ一念といえども十全の念仏たるなら、概に往生が約束されたものといえよう。念仏を横断面に見るなら数の多念となろうが、これを縦断面に見るなら、質の一念となろう。この一念は結晶された多念ともいえる。一念に念仏の念仏があるのである。ここで一念義へと考えは進んだ。
柳宗悦

これが、深みというものであろうか。
一念と、多念で、思索するという、姿勢である。

専門家は、弥陀の本願の十八願の、因文により、法然は「乃至十念」の言葉に、多念と見た。親鸞は、その果文により、「乃至一念」即ち、一念の信に重きを置いたと見る。

親鸞の思索の著しい点は、一念の深さに念仏の相を見たことにある。それ故信に充ちた一念に概に往生の業が果たされているのを感じた。誠に一念とはいえ、念仏の一切を集めた一念である。念仏の数ではなく質にその意義を見抜いた。それ故第十八願が一般に「往生の願」と呼ばれているのに、それを「信楽の願」といい改めた。念仏とは称名よりもまず信心を意味した。かくして称名は、むしろ報謝を意味する行として考えられるに至った。一念に信を決定すれば、概に成仏の位を得たのであって、爾余の念仏は報恩のための念仏であるとされた。
柳宗悦

ここで、親鸞は、賜りたる信仰という境地に、達したということになる。
念仏は、救われてあるということの、感謝の念仏なのである。
そして、絶対帰依である。

これが、深みであろうか。

私は、これを、迷いとみるものである。
経典の言葉の解釈を、深めているのであろうが、それは、単に、そこから、その中からでしか、思索の幅を広げることが、出来ないという、致命的、思索に陥ったのである。
それが、思索の深さであろうか。

ところが、一遍になると、更に、突っ込んで、報謝の念仏で、いいのかということになる。

念仏、それ自体が、報謝であるという、画期的な、考え方である。
一遍は、念仏を何々の目的としては、ならないという、境地に達する。
目的を前に置く、念仏は、不純であるというのだ。

念仏はただ念仏である。

一切の念仏は、各々が念仏自らの念仏とならなければならいない。それを指して当体の一念とはいったのである。それ故、念々が一念でなければならぬ。かかる一念には、もはや称える私もなく称えられる仏もない。そこに往生があるのである。それ故、念々の往生である。名号のほかに往生はなく、名号が往生なのである。
柳宗悦

一遍は
一念十念も本願にあらず
名号の所には一念十念という数はなきなり
と、言う。

法然は、多念を見て、親鸞は、一念を見て、一遍は、一念多念を見て、称えること、それが、往生だと、見た。
つまり、一遍は、称える行為に、往生を見たということであり、それが、祈りを上げる者に、一番相応しい姿である。

理屈を超えたのが、一遍である。

称えることのみに、往生がある。
どこか、遠い所に、極楽があるのではない。今、ここが、念仏を称える私が、極楽なのである。

私も、それに賛成する。

一遍が、捨て聖であること、十分に理解する。
そして、その教団は、今無い。当然である。
一人一代の信仰であり、一人一宗一派が、その信仰なのである。

思索の深さというのは、間違いである。
単なる、経典の解釈である。それを、信仰の深さ、思索の深さとするのは、誤りである。

法然は、念仏すれば、仏がその人を念じる。
親鸞は、念仏しなくとも、仏はその人を念ずる。
一遍は、仏か仏を念じている。

法然は、仏と人を対座させる。
親鸞は、仏からの願のみが、流れ来る。
一遍は、我とか、人というものが、消えて、仏のみになる。

その教え、親鸞ひとりがためなり、と言う言葉に、親鸞の信仰の深さがあるようなことを言うが、我一人という意識も、一遍には、無くなる。
理屈は、無いのである。

念仏の外の余言をば皆たきごとと思ふべし
と、一遍は、言い切る。

この一遍の信仰の、大元は、実は、大和心なのである。
浄土門を、格調高く押し上げたのは、日本の伝統なのである。
それは、元からあった、日本人の心象風景である、もののあわれ、というものである。
一遍は、念仏を通して、そこに、立ち戻ったのである。

もののあわれ、の他に、この世のことは、有り得ない。
だから、念仏が念仏するという、境地に達した。
我など無い。
あるのは、大和の山川草木にあるものである。
それは、心であった。
日本の心であった。

仏教が、ここまで、高みに至ったのは、日本人だからである。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ277

竹のなかに家鳩といふ鳥の、ふつつかに鳴くを聞き給ひて、かのありし院に此の鳥の鳴きしを、いとおそろしと思ひたりしさまの、おもかげにらうたく思ほしいでらるれば、源氏「年はいくつか物し給ひし。あやしく、世の人に似ずあえかに見え給ひしも、かく長かるまじくてなりけり」と宣ふ。


竹の中で、家鳩が、変に鳴く声を、君が聞かれて、あの泊まった院で、この鳥が鳴くのを、ひどく怖がった女を、思い出し、それも、可愛く思うのである。
源氏は、年は、幾つだったのか。珍しく、普通と違い、ひ弱に見えた。
このように、長く生きられなかったからか、と、仰る。

おもかげに らうたく
可愛い、面影である。

この話は、物語には、無かった話である。

当時、鳩を家で、飼っていたのだろう。
野生の鳩は、河原鳩という。



右近「十九にやなり給ひけむ。右近は、なくなりにける御めのとの、捨ておきて侍りければ、三位の君のらうたがり給ひて、かの御あたり去らず、おほしたて給ひしを、思ひ給へ出づれば、いかでか世に侍らむとすらむ。いとしも人にと、くやしくなむ。物はかなげに物し給ひし人の御心を、頼もしき人にて、年ごろ、慣らひ侍りけること」と聞ゆ。


右近は、女が、十九におなりでしたと、言う。
右近は、産みの親の、御乳母が、後に残して、死にましたので、三位の君様が、可愛がりくださりまして、お姫様の、傍に離れず、お育て下さいました。
それを、思うと、どうして、生きていられるでしょう。
いとしも人に
親しく、仲良くしていた人である。
いとしも人にと、悔しくて、なりません。
頼りなさそうなお方でしたから、頼む人として、長年、お傍に仕えました、と、申し上げる。



源氏「はかなびたるこそは、らうたけれ。かしこく、人になびかぬ、いと心づきなきわざなり。みづからはかばかしくすくよかならぬ心慣らひに、女は只やはらかに、とりはづして人にあざむかれぬべきが、さすがにものづつみし、見む人の心には従はむなむ、哀れにて、わが心のままにとりなほして見むに、なつかしくおぼゆべき」など宣へば、右近「このかたの御好みには、もて離れ給はざりけりと思ひ給ふるにも、くちをしく侍るわざかな」とて泣く。



源氏は、頼りなさそうなのが、愛らしいものだ。
利口で、人の話を聞かないのは、決して、好ましいものではない。
私自身、はきはきせずに、きつくない生まれゆえ、女は、ただ、優しくて、うっかりすると、男に騙されてしまうような、それでいて、慎ましく、男の言うことを、聞くことが、可愛いものだ。
自分の思う通りに、性格を、直して、暮らしたら、仲良くしてゆけるだろうと、思うと、仰る。
右近は、そうした、お好みでしたら、ぴったりと合ったお方でした、と、思います。それにつけても、残り惜しいことでした。と、言って泣くのである。


源氏が、好む女の風情を語る。
興味深いものだ。
されは、作者の求める、女の姿なのであろう。
自分も、そのような、女になりたいと、思ったのか。

女は、ただ、優しくて、男に騙されてしまいそうな、風情であり、それでいて、慎ましく、男の言うことを、聞いてくれる。
冗談じゃないと、今の、女は、言うだろうか。
男の、思い通りになど、なるものかと。それも、いいだろう。男を、思い通りにしてやる、という、女がいても、いい。
皆々、勝手にすると、いい。



空のうち曇りて、風ひややかなるに、いといたくながめ給ひて、

源氏
見し人の けぶりを雲と ながむれば 夕べの空も むつまじきかな

と、ひとりごち給へど、えさしらへも聞えず。「かやうにておはせましかば」と思ふにも、胸ふたがりておぼゆ。耳かしがましかりし砧の音をおぼし出づるさへ、恋しくて、源氏「まさに長き夜」と、うちずんじて、臥し給へり。


空が、曇ってくる。
風も、冷たくなり、非常に辛く、しんみりとする、物思いに沈む。

あの人の、亡骸を焼いた煙が、あの雲かと思い、眺めている。この夕空も、実に、親しいものである。
けぶり、とは、亡骸を焼く、煙である。
雲を、亡き人の形見と、見る行為は、万葉からの伝統である。

独り言を言う。
右近は、それに、答えることもできない。
そして、こうして、お二人で、並んでいたら、どんなにか、幸せかと思うと、胸が、一杯になる。
君は、喧しかった、砧の音を、思い出し、恋しくてたまらず、まさに長き夜、と、口ずさむ。
そして、お休みになった。


まさに、長き夜とは、白楽天の詞にある、言葉である。
八月九月正に長き夜
千声万声やむ時なし

漢詩の教養は、当たり前である。
当時の正式文書は、漢語で書かれた。
平仮名は、女、子供の文字とされていたのである。
物語も、女、子供のものとされていた。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。