2008年07月26日

もののあわれ256

秋にもなりぬ。人やりならず、心づくしにおぼし乱るる事どもありて、大殿には絶え間置きつつ、恨めしくのみ思ひ聞え給へり。

秋になった。
自分から起こしたことによる、煩悶に心を乱れさせて、大臣家には、久しぶりの、お成りであったゆえに、大臣家では、源氏を、恨めしく思っていた。

心づくし
古今集
このまより もりくる月の 影見れば 心づくしの 秋は来にけり
木々の間から、月の光が地に落ちる。物思いする、秋がきた。

物語の随所に、紫式部の、教養が滲み出る。
元歌があり、それから、歌を詠む。そして、文の中にも、それは、取り入れてある。


六条わたりにも、とけがたかりし御気色を、おもむけ聞え給ひてのち、ひきかへしなのめならむは、いとほしかし。されど、よそなりし御心のまどひのやうに、あながちなる事はなきも、いかなる事にか、と、見えたり。女は、いと物を余りなるまでおぼししめたる御心ざまにて、よはひの程も似げなく、人の漏り聞かむに、いとど、かくつらき御よがれの寝ざめざめ、おぼししをるる事、いとさまざまになり。

六条の方に対しても、難しい様だったのを、やっと、口説き落とした。そして、不熱心になっては、おかわいそうだ。
されど、手に入らなかった頃の、恋心のように、一途になれない。それは、どうしたわけだと、そとめには、思われた。
女は、物事を、酷く考えるタイプなので、もし、二人のことを世間が、少しでも、聞けば、年が違いすぎるだろうしと、このように、お越しの間遠な夜夜は、お目覚めになり、普段より、一層、煩悶することが、多くなるのである。


源氏は、17歳、六条の女君は、24歳である。

御よがれ
夜離れ、である。
妻の元に行かない。夜離れは、床離れ、でもある。
女君は、自分が年上であることを、気に病んでいる。
七つ違うのである。
一種の政略結婚のようなものである。


霧のいと深きあした、いたくそそのかされ給ひて、ねぶたげなるけしきに、うち嘆きつつ出で給ふを、中将のおもと、御格子ひとまあげて、「見奉り送り給へ」とおぼしく、御凡帳ひきやりたれば、御ぐしもたげて見出だし給へり。


霧の深い朝、お帰りを、女官から催促されて、眠そうな様子。
ため息を、つきつつ、部屋を出る。
侍女の中将の君が、格子を一間開けて、お見送りしてくださいという、気持ちらしく、凡帳を少しづらした。
女君は、御髪をもたげて、外へ目をやる。


前栽の色々乱れたるを、過ぎがてに休らひ給へるさま、げにたぐひなし。廊の方へおはするに、中将の君、御ともに参る。紫苑色の折りに合ひたる、うす物の裳あざやかに引きゆひたる腰つき、たをやかになまめきたり。見かへり給ひて、すみのまの高欄に、しばし引きすえ給へり。うちとけたらぬもてなし、髪のさがりば、めざましくも、と見給ふ。


庭先の、植え込みに、色様々な、花が咲き乱れている。
通り過ぎにくそうに、佇む様子。
評判通り、無類の美しさである。
渡殿の方へ、行かれるので、中将の君が、お供申し上げる。
紫苑色の季節に、相応しい、着物に、薄絹の裳を、くっきりと結んだ腰つきは、しなやかで、艶である。
男君は、見返りされて、御殿の隅の間の、高欄に、中将を呼ばれた。
その態度、そして、髪が着物にかかる、具合は、見事なものであると、御覧になる。


作者は、繰り返し、繰り返し、源氏が、美しい男だと、言う。これでもか、これでもか、である。
何故か。
主人公は、美の、象徴でなければ、ならない。
紫式部は、美、というものに、この世の救いがあると観たのである。

美であれば、こそ。
美でなくては、ならない。
何故なら、この世は、醜いからである。

さらに、何故、好色、つまり、恋愛、恋というものに、絞って、物語を書いたのか。

美が、最も、美であるのは、恋にある時なのである。

それを、日本の伝統は、伝えてきた。
紫式部は、漢籍も、和文も、こなした。
中宮に、漢籍を、講ずる程の、教養である。
しかし、漢籍では、もののあわれ、というものを、表現し得ないのである。
ひらがな、という、大和心の文字にこそ、それを、表現できる、力がある。

漢字、平仮名混じりの、文を、打ち立て成れば、どうしても、表現し得ない。
ここに、源氏物語の、原点がある。

この世は、醜い。それは、憂きことと、同じである。
醜いことは、憂きことである。

紫式部集を、読んでみても、その、憂きことのみに、焦点が、絞られていた。
物語を、書いている最中でも、憂きこと、憂きことを、見つめていた。

浄土への、救いは、あの世のもの。
現世で、救われたい。
それは、美である。
美こそ、現世を救うものである。

そして、何故、男の源氏を、美の象徴としたのか。
美というならば、女であろう。
だが、彼女は、見抜いた。
男こそ、美の、最もたるものである、と。
男こそ、美、であって欲しい。

女である、紫が、男に求めたものは、美であり、さらに、それが、世の救いとなるものなのである、という、メッセージが込められてある。

物語に一環して、流れているものは、それである。



posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 146

荘子に関しては、史実として、確たる証拠があり、前四世紀の初期から末期にかけての、人である。が、老子に関しては、不明である。その前後なのか、複数の人なのかである。

老子は、道家学派の間で、蓄積された、格言なのではという、こともいえる。

また、荘子も、内篇は、荘子の手により、外篇は、荘子学派の人によるものではないかと、いわれる。

自然、無為自然という言葉は、老荘思想から、初めて言われた言葉である。

その自然の、第一義は、自然とは、他者の力を借りず、それ自身の内に在る力、働きにより、そうなること、という。

万物の自然を輔けて、敢えて為さず。
ばんぶつのしぜんをたすけて あえてなさず

老子の言葉である。

学を為すは日に増し、道を為すは日に損す。これを損して又損し、以って無為に至る。無為にして為さざるは無し
老子

人為は、退廃と無秩序をもたらす原因である、という。
老子は、ひとえに、太古の自然のあり方こそ、最も理想の生き方であるという。

自然が失われた時、仁義という作為的な道徳が生まれるというのは、孔子の反対である。

大道廃れて仁義あり。知恵出でて大偽あり。六親和せずして孝子あり。国家昆乱して忠臣あり。
老子

世の乱れを救うために、道徳や法律を厳しくすることは、更に混乱を招くという。
現代の、日本を見れば、解る。

多くの説明を、要するが、そうすると、老荘思想に、多くを費やすことになるので、大まかに、書く。

赤子のようになり、無為自然に生きることが、善いと、老子は、言う。
それを、現実の生き方として、考えてみるに、非常に、生き難い感じが、しないでもない。

無知、無欲、無名、無極、無物など、老子の言葉には、無、という言葉が多い。これも、仏教の空の思想に通じることになる。

老子の、無の思想は、無は、姿こそないが、そこから、無限の妙用があらわれる、根元であるとする。
有が有としての、働きがあるのは、背景に、無の働きがあるからであると、言う。

無用の用、とは、ここから、生まれた。
しかし、老子の思想は、荘子によって、完成される。

人為が、生み出した有を否定し、形ある有を否定し、虚無そのものを、善しとした、無為自然に至る道を、説くが、それを、荘子は、より深く突き詰めた。

老子が、人為として、道徳や、政治に置いたのに対し、荘子は、より根源的なもの、哲学的認識論の立場から、人為を考察する。

荘子は、有無の対立を根本から否定し、無差別自然という、境地に達する。

あらゆる価値観の対立も無く、自然の世界には、善も悪も無く、相対差別から離れて、是非、善悪、美醜などを、超えた、自然の世界を捧げるのである。

人力ではどうすることもできないと悟ったとき、運命のままに従うことこそ、至上の徳であるといえよう。
荘子

すべてを物事のなりゆきのままになかせ、心をゆうゆうと自由の境地に遊ばせて、やむにやまれぬ必然のままに身をゆだね、心の中におのずからな中生の状態を養うがよい。しいて、よい結果を求めようとするな。ただ天命のままに従え。
荘子

これは、結果、禅の悟りの境地にもなる。

更に
聖人は一切を失うことのない境地、一切をそのままに受け入れる境地に遊び、一切をそのままに肯定する。青春をよしとし、老年をよしとし、人生のはじめをよしとし、人生の終わりをよしとする。
荘子

荘子は、死を賛美した思想家でもある。
禅を学ぶのならば、まず、老荘を学べばよい。

荘子の、正さは、運命の絶対者を置かないことである。
仏という、化け物を、置かないということである。
そのような、妄想を抱かないのである。

簡単に言えば、風そのものには、音が無い。しかし、風は、様々な物によって、音を出す。ただ、人は、その風に吹かれるだけである。
その風に、笑うことも、泣くこともある。しかし、風の、本質は、変わらない。

自然の思想は、人為を廃するだけではない。神というモノも、廃する。
仏陀と、同じく、無神論である。

人間が生まれたのは、自然、必然の運命にあり、神なる絶対者によるものではない。もし、そうならば、人間は、自然ではなくなる。他然になる。

仏陀は、すべては、因縁に依ると言う。
荘子は、自然、必然の運命であるという。

中国にも、絶対者としての、神という観念があったが、思想家たちによって、それは、否定された。

ただし、中国思想家たちの、最大の、認識不足は、霊というものを、真っ当に、見つめなかったことである。
孔子をはじめ、死後の世界を知らないと、言う。

荘子に関しては、生死に関しての、思索が多く、納得するが、極めて、合理的であり、心霊などの、考え方を見出さない。

霊界の、存在を知らない、平面思想であるとだけ、言う。

ただし、実に、私は、理想的な、思索を為したと、思う。

天の思想、道の思想として、この三次元の世界を、実によく把握したといえる。

ただ、その後の、道教に至っては、興味がない。
確かに、道教の要素は、多分に、日本に影響を与えたが、それを、今、論ずることはしない。

私は、老荘思想が、禅に与えた影響の大きさを言うものである。
禅は、中国思想により、禅として、成り立った。そして、それが、日本禅にも、当然、大きな影響を与えたという。
それより、老荘思想は、禅を超えていると、私は思う。
仏を、置かないからである。

さて、少しオマケで書く。
荘子、外篇にある、欲望肯定の言葉である。

人間の寿命は最高でも百歳、中ほどで八十歳、短いもので六十歳に過ぎない。しかもそのうち、病気や肉親の死など、さまざまな憂いの期間をさしひけば、口をひらいて笑って暮らせるのは、一月のうち、せいぜい四、五日にすぎない。
天地は無窮であるのに、人間には死ななければならない時がある。限りある身を天地の無窮にくらべれば、まことに千里の馬が戸の隙間を走りすぎるのにも似て、一瞬のことでしかない。このつかのまの人生において、その心の欲望をみたすことができず、その寿命を養うことができないものは、道に通じた人間だといえるであろうか。


更に
歌舞や女色、口にうまい食物、さては権勢といったものは、別な学ばなくても自然に人間の心の楽しさを覚えさせるものであり、教えられなくても自然に人間の身体に快適さをもたらすものだ。快適なものに喜んで近づき、いやなものを憎んで避けるのは、別に師から教えられなくても自然にできることであり、これこそ人間の本性なのだ。

実に、すっきりとする、言葉である。
付録として、ここに書いた。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。