2008年07月21日

神仏は妄想である 141

それにしても道元の教行は、誰にでも堪えうるものなのであろうか。禅堂に閉じこもって坐禅をひたすらはげみ、日常の生活をきびしく規制してゆくことは、ただ選ばれた出家にのみゆるされるのではなかろうか。在家の俗人がこれに従ってゆけるかという疑いが起こる。
亀井勝一郎

仏法を会すること、男女貴賎をえらぶべからず。
ただこれこころざしのあるなしによるよるべし。身の在家出家にはかかはらじ。
弁道話

その後、15年後に書かれた、出家という巻には
あきらかにしるべし。諸仏諸祖の成道、ただこれ出家受戒のみなり。諸仏諸祖の命脈、ただこれ出家受戒のみなり。いまだかつて出家せざるものは、ならびに仏祖にあらざるなり。仏をみ、祖をみるとは、出家受戒するなり。

永平寺に、籠もって以来、道元は、出家道だけを、認めるようになった、ようである。

結果
世をすてば世を捨ツベキなり。
隋聞記には、明確にしてある。

これは、仏教の修行者の、根本的行為である。
世を捨てる。捨てなければ、観えないのである。
釈迦が、世のすべてを捨てて、成道したように、世のあらゆる、桎梏から逃れることこそ、仏陀への道なのだという、確信である。

そして、道元は、それを、実行した。

法然、親鸞、一遍における、念仏の救いというものと、あまりにも、その格差が大きい。
共に、男女貴賎を選ばずというが、両極端である。

道元の時代は、親鸞の晩年であり、二人は、逢うことがなかった。
「春の田の蛙のなくがごとし」という、念仏により、救われるという、念仏宗に対して、道元は、明確に、ありえないと、言うのである。
それは、釈尊の道ではないし、それによって、救いなど、あろうはずもないと。

人間は戒律によってきびしく規制されなければならない。そうでないかぎり、際限もなく甘えるからだ。戒律の厳守など、たとえ不可能でも、可能にするように努めるのが修行だ。
亀井勝一郎

成し難き事なりとも、仏法につかわれて強いて是をなし
隋聞記

すべてを、捨てて、仏の家に、入らなければ、ならないのだ。
すべてを、捨てた時点で、すでに、修行の大半が終わるとも、考えられる。

勿論、現代の、道元門の、皆々は、念仏宗のように、ゆるやかになっている。
しばしの、厳しい修行を終えると、念仏宗のように、緩やかに、僧を続けられる。
勿論、堕落である。

ちなみに、仏陀は、男女貴賎を選ばすである。
後に、女に対する、差別は、中国仏教により、生まれた新しい、教えである。
儒教思想と、あいまり、男尊女卑の思想が、仏教に入ったのである。

勿論、大乗仏典にも、差別がある。
いずれ、大乗仏典に関しては、書く。

兎に角、道元は、今までにない、仏道修行を立ち上げたということである。
只管打坐と、心身脱落である。

修証はひとつにあらずとおもえる。すなわち外道の見なり。仏法には、修証これ一等なり。いまも証上の修なるゆえに、初心の弁道すなわち本証の全体なり。
弁道話

修とは、修行のこと。
証とは、悟りの境地。

普通は、修行するということは、あくまでプロセスであり、その向こうに結果としての悟りがあると考えます。道元は、道を探り、悟りを求めて坐禅をするという、そのプロセス自体の中に、すでに悟りがあるという。「修証一如」、つまり修行することと悟りを開くことは一つである。
初心の坐禅も、じつはそのまま、丸ごと本当の悟りそのものが実現しているといっていい。前後の時間や順序、因果を考えてはならない、という。
栗田勇


真の坐禅は何かを期待してするものではありません。坐禅そのものが、すでに、悟った仏の境地そのものなのだから、坐禅ということのうちには、すでに悟りそのものがある。修と証は二つではなく、前後関係、因果関係はない。
栗太勇

ここである。
禅というものの、魔境がある。
実に、詭弁である。

それでは、日常生活のすべてが、禅である。
それは、そのまま、仏を生きているのである。
特別な修行などしなくてもいい。ただ、いつものことを、いつも通りに、行っていればいいのだ、という、言い方も出来るのである。

禅の、この手の、説教には、十分、注意する必要がある。

仏の悟りから離れようのない修行がすでにあるのだから、本来成仏をまるごとそなえている初心者の求道も、そのまま、完全な本格的な悟りとして坐禅のうちに実現されるのである。
栗田勇

このように、耳障りの良い言葉が、続々と登場するのである。
禅魔の言葉である。

要するに、思い込むことである。
勿論、禅者たちは、いや違う、言葉では、いい表せないものであると、言うだろう。
考え抜いた先の、屁理屈が、これである。
おおよそ、仏教というもの、ここ、ここに至るのである。

念仏だけで、救われる。坐禅をする行為自体に、仏、悟りというものがある。題目によって、菩薩となり、仏法の実現が成る、等々。
そこには、大乗仏典の、屁理屈の理論が、溢れている。
仏陀の手から離れた、到底、信じがたい、仏法というものの、教えである。

こうして、迷いの道に入り込んでいることを、勿論、誰も知らない。
それが、道だと、思い込むのである。
仏への、道である。

その、仏というものの、観念は、妄想である。

人間は、人間であり、仏という、妄想の観念がなくてもいいものである。
人間は、霊であり、魂である。
仏とは、あくまでも、観念である。

仏陀の、救いとは、ただ、一つ、二度と、この世に生まれないということである。
仏になるのではない。
この世に、生まれないことが、救いであると、明言している。
仏になれば、二度と、この世に生まれないと、仏陀は、言うが、仏という観念ではない。更に、悉皆皆仏という、大乗の考え方もない。

皆々、仏性を宿しているなどとは、仏陀は、一言も言わない。

言葉の世界に遊び、その気になっている様は、無明である。
彼らは、自分たちは、無明ではないと、思い込むのである。
それ以外の、衆生が、無明の中にいると、信じるのである。

そう、彼らも、そのように、信じているのである。
我らは、智慧を得て、衆生は、無明であるという、信仰である。

私は言う。
単なる、言葉遊びと、坐禅などして、それこそ、悟りを、行為していると、信じ込んでいるだけの話で、それは、たんなる妄想である、ということ。

勿論、一人で勝手にやっているならば、何も言うことは無い。
個人の自由である。

世に、その迷いを撒き散らさないことである。

そして、仏法の太鼓持ちをして、識者や、作家どもが、仏教を語るのは、芸術作品が書けないのであり、手っ取り早く、名利を得て、金になるからである。

ある一定の、読者というものがいる。
迷いたくて、そのような、本を読み漁る、迷走志願者がいるのである。
そして、少しばかり、理屈を覚えて、悟りというものを、理解したような気になっている。

実に、馬鹿馬鹿しい。
話にならない。
精々、一億年ほど、転生を繰り返すのであろう。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ251

夕顔

六条わたりの御忍び歩きのころ、うちよりまかで給ふ中宿りに、大弐の乳母のいたくわづらひて、尼になりにける、とぶらはむとて、五条なる家たづねておはしたり。

六条辺りに、お通いになっていらしたころ、御所から、お出かけのお休みに、大弐の乳母が、重い病気のため、回復祈願のために、尼になっていた。
見舞うために、五条にある、家を探して、お出かけになった。


御車いるべき門はさしたりければ、人して惟光召させて、待たせ給ひける程、むつかしげなるおほぢのさまを見わたし給へるに、この家のかたはらに、檜垣といふ物あたらしうして、上は半蔀四五間ばかりあげわたして、簾などもいと白う涼しげなるに、をかしき額つきのすきかげあまた見えて、のぞく。

お召し車の入る正門が、閉じていたので、従者に惟光をお呼ばせになり、待っている間に、乱雑な、五条大路の様子を、見ていた。
すると、大弐の乳母の家の横に、檜垣というものを、作り、上の方は、半蔀(はじとみ)を、四五間ほど、上げて、簾なども、白く涼しげにしてある、その簾ごしに、中の女たちの、美しい顔の、ほの白い影が、のぞいているのが、いくつも見える。


をかしき 額つきの すきかげ あまた 見えて
美しい顔付きの、白い影が、沢山見える。


立ちさまよふらむ下つ方思ひやるに、あながちに、丈高きここちぞする。いかなる者のつどへならむと、やう変はりて、おぼさる。

動き回る、下半身を想像すると、結構、背の高い感じがする。
どんな、女たちが、集まっているのかと、物珍しく思うのである。

好色な男であるから、当然、興味が湧くというもの。

この巻の時、源氏は、17歳の夏から、十月である。

御車もいたくやつし給へり、さきも追はせ給はず、誰とか知らむ、と、うちと給ひて、少しさしのぞき給へれば、かどは蔀のやうなる、おしあげたる、見入れの程なくものはかなき住まひを、あはれに、「いづこかさして」と思ほしなせば、玉のうてなも同じ事なり。


御車も、質素になさっており、先払いもさせずに、自分が誰かと、解らないと、思いつつ、気を許して、顔を窓から、出して、御覧になるのである。
門は、蔀のような戸を押し上げて、手狭で、小さな住まいである。
可愛そうに思うが、自分にとって、どこが、我が家かと、思えば、玉のような家であると、思う。


切り掛けだつ物に、いと青やかなるかづらの、ここちよげに這ひかかれるに、白き花ぞ、おのれひとりえみの眉ひらけたる。君「をちかた人に物申す」と、ひとりごち給ふを、随身「かの白く咲けるをなむ夕顔と申し侍る。花の名は人めきて、かうあやしき垣根になむ咲き侍りける」と申す。


切り掛けめいたものに、大変青々とした、つる草が、のびやかに、這い回っている。
その蔓に、白い花が、夏の日中、他に花などないのに、我一人と、嬉しげに、咲き誇っている。
そちらの人にお尋ねしたいと、独り言を言う。
すると、御随身が、あの白く咲く花は、夕顔と申します。こんなみすぼらしい、垣根に、咲きます、と、言う。


げにいと小家がちに、むつかしげなるわたりの、このもかのもあやしくうちよろぼひて、むねむねしからぬ軒のつまなどにはひまつはれたるを、君「口をしの花の契りや。ひとふさ折りて参れ」と宣へば、このおしあげたる門に入りて折る。


小さな家々がほとんどで、ごみごみした、この辺りの、あちらこちらに、変によろめて、いる。
しっかりしない、軒の端などに、花が、絡みついている。
君は、悲運な花だ、一房、折っておいで、と言う。
随身が、押し上げた門に入り、花を折る。

むつかしげなる わたりの この もかのも あやしく うちよろぼひて

街中の情景である。
むつかしげなる わたりの
乱雑で、ごみごみした

もかのも あやしく
あちらこちら、あやしい 、不安定である。
うちよろぼひて
しっかりとしない、不安定である。

源氏が、夕顔という花を、悲運な花だと言う。
つまり、そんな、状況の中に咲く花だからである。
口をしの花の契りや、と言う。
口惜しい花、咲くことの、契り、である。

庶民の暮らし、佇まいは、皆、そうであったろう。


さすがにざれたる遣戸口に、黄なるすずしのひとへ袴ながく着なしたるわらはの、をかしげなる、出で来て、うちまねく。白き扇のいたうこがしたるを、女童「これ置きて参らせよ。枝も情なげなめる花を」とて取らせたれば、門あけて惟光の朝臣出で来たるして、奉らす。

みすぼらしい家であるが、引き戸は、黄色い絹の単の袴を、わざと裾長く着た、女の童の、可愛らしいのが、出て来た。
随身を、手招きする。
香で、燻した白い扇を、指し出し、これに載せて差し上げて。枝も、ぶざまに見える花ですからと、言い、それを、渡す。
門を開けて、出て来た、惟光が、君に差し上げる。

枝も情なげなめる花
風情が無い。殺風景である。情なげめる花、それが、夕顔という花である。
それを、童に言わせるところが、凄いと、私は思うのである。

さて、物語の、訳の難しさは、敬語である。
すべてが、敬語になっているので、敬語の上乗せのような、訳になり、こんがらかるのである。
それも、紫式部の、策略であろうが、皇子を、主人公にしているので、そのようにも、なる。

ここでも、随身が、直接源氏に、渡さず、惟光が、出て来て、渡している。
物を渡すにしても、身分の違いというものが、解る。


惟光「鍵をおきまどはし侍りて、いと不便なるわざなりや。もののあやめ見たまえ分くべき人も侍らぬわたりなれど、らうがはしき大路に立ちおはしまして」と、かしこまり申す。


鍵を、置きなくしまして、まことに申し訳ありません。見る目を持ちます者もおりませぬ、辺りではありますが、むさ苦しい大路に立たれて、と、惟光が、申す。


身分の高い源氏が、来るような場所ではない。

更に、読み進めてみる。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。