2008年07月20日

もののあわれ250

源氏

うつせみの 身をかへてける このもとに なほ人がらの なつかしきかな

と書き給へるを、ふところに引き入れて持たり。かの人もいかに思ふらむと、いとほしけれど、かたがた思ほしかへして、御ことづけもなし。かの薄衣は、小チギのいとなつかしき人香にしめるを、身近く慣らして見い給へり。

蝉が抜け出した、木の元で、一枚の衣を残して去った人。
やはり、もぬけの殻ではあるが、人柄が懐かしい。

殻を抜け出した蝉に、譬えて、歌を詠む。
残されたのは、身をかへてける、モノである。
そこに、残る、このもとに、抜け殻に、である。

なほ人がらの
単なる、人柄ではない。
女の、感触である。その、感触が、懐かしいのである。

その書いた歌を、小君が、懐に入れて、持っている。
もう一人の人も、なんと思っているのかと、気の毒ではある。
しかし、色々思い直して、何の言伝もない。
あの、薄衣は、嬉しい人の、移り香が、しみついたものである。小チギ、チギという文字が無いため、仮名にした。衣偏に圭である。
源氏は、傍に置いて、見ておられた。


いとなつかしき人香、ひとが、にしめるを
大変、懐かしい人の香りが、染み付いている。

なつかしい、という言葉は、単なる、過去の思いを、思い起こすのではない。
なつかしく、思うとは、切実に、今を、思うのである。

なつかしくて 耐えられぬような 祈りの道を、つくりたい
八木重吉が、歌う。

心に、叶う心模様である。
なつかしき、モノとは、心から、離れない、温かい思いであり、そして、あはれ、なのである。
あはれ、なつかしきかな、である。

喜怒哀楽、すべてに、あはれ、という言葉がつくのである。
あはれ嬉しき
あはれ怒り
あはれ哀しみ
あはれ楽しき、である。

小君かしこに行きたれば、あね君待ちつけていみじく宣ふ。女「あさましかりしに、とかうまぎらはしても、人の思ひけむ事さり所なきに、いとなむわりなき。ひだりみぎに苦しう思へど、かの御てならひ取り出たり。さすがに、取りて見給ふ。


小君が、家に帰ると、姉君は、待ち構えていて、厳しく叱る。
あさましくて、兎に角、逃げるだけは、逃げました。きっと、疑いが、かけられています。困ります。こんなに、たわいもないお前を、あちら様も、どう思いになっているのか。
どちらからも、叱られ、やりきれなく思う、小君である。
しかし、あの、書きすさびを、取り出した。
怒っても、さすがに、手に取って、御覧になるのである。


「かのもぬけを、いかに伊勢をのあまのしほなれてや」など思ふも、ただならず。いとよろづに思ひ乱れたり。

あの、もぬけのから、を、と思う。どんなに、しめっぽかったかと。
伊勢をのあまの
鈴鹿山 伊勢男のあまの 捨て衣 しほなれたりと 人や見るらむ

伊勢には、男の海女がいる。置き去られた衣は、汗じみでいる、と思うだろう。

その、後撰集の歌を、想定して、伊勢というのである。

いとよろづに思ひ乱れたり
散り散りと、思い乱れるのである。


西の君も、もの恥づかしきここちして、渡り給ひにけり。また知る人もなきことなれば、人しれずうちながめて居たり。小君の渡りありくにつけても、胸のみふたがれど、御せうそこもなし。あさましと、思ひうるかたもなくて、ざれたる心に物あはれなるべし。


西の方の姫も、何やら恥ずかしい気持ちで、帰っていらした。ほかに知る人は無く、一人物思いに、耽る。
小君が、行き来するのを、見ても、気が気でない。
お便りも、ない。
あさましいと、感じる年でもないのである。つまり、事の真相を知らない。男と女のこと。
そして、人違いされたこと、である。
変だと、訳も分からず、お転婆であるが、しょげきっている。

紫の筆、あの、人違いした、娘を、忘れない。

ざれたる心に物あはれなるべし

少し、可愛そうであると、言う。
ものあはれ、なるべし
ものあはれ、という言葉が出る。


つれなき人も、さこそしづむれ、いとあさはかにもあらぬ御気色を、ありしながら我が身ならば、と、とりかへすものならねど、しのびがたければ、この御たたう紙のかたつかたに、

うつせみの はにおく露の こがくれて しのびしのびに ぬるる袖かな

情のない女も、気をしき締めているが、浅くない御心を、思うと、結婚前の、我が身であれば、と、取り返しのつかないことを、嘆くのである。
この、御懐紙の、端に

儚い蝉の、その羽に置く露は、消えてしまうもの。
儚い私は、人目を忍んで、涙の露で、袖を濡らして、います。


空蝉の巻が、終わる。
次第に、物語は、複雑になってゆく。
しかし、その物語の流れには、もののあわれ、というものが、流れている。

作者の目は、何を見つめていたのか。
そして、何を描きたいのか。
何を、目指していたのか。

色好みと、雅に、隠されているもの、それを、もののあわれ、として、私は、見つめ続ける。

物語で、歌われる歌は、作者の歌詠みである。
作者の、心象風景に、存在した歌詠みである。

物語の中の、歌であるから、創作である。しかし、創作を、超えて、誰もが、共感したであろうことは、明白である。
世の中を、そのように、観たのである。




posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 139

口声ひまなくせる、春の田のかえるの昼夜になくがごとし、ついに益なし。

口声、くしょう、とは、念仏である。
念仏をひまなく称えているのは、春の田圃で、蛙が夜も昼もギャアギャア鳴いているようなものだ、というのである。

更に、
又、読経・念仏等のつとめにうるところの功徳を、なんじしるやいなや。ただしたをうごかし、こえをあぐるを仏事功徳とおもえる、いとはかなし。仏法に擬するにうたたとおく、いよいよはるかなり
と、言う。

読経や、念仏に、称えるだけで、功徳があると、教えたのは、大乗仏教からである。
その、経典を読経することにより、何の功徳がありますと、その経典に書かれるという、具合である。

これは、徹底的に、念仏宗、つまり、浄土門を否定する。
春の田の、蛙とは、よくぞ、言ったものである。

それでは、題目も、当然、秋の畑の、コオロギのようなものだろう。
称えるだけで、功徳があると、教える者も、どうかしているし、また、それを、信じる者も、どうかしている。

しかし、念仏も、題目も、坐禅も、信じてしまえば、一番となる。
それが、唯一、一番であるというのは、宗教を、信じている者の、最も、陥りやすい、気分である。
私が、一番。
私の信じる神様、仏様が、正しい。
そういう人には、話など出来ない。
甚だしいのになると、他の宗教は、まだ、その段階に来ていないのだと言う。
自分の、信じているモノが、一番であると、思い込む。
勿論、それだから、騙される。

信じる者は、騙されると、大昔から、決まっている。

明晰な、道元も、そのように、坐禅が一番であると、信じきった。信じきると、強い。盲信、狂信であるから、他を受け入れないのである。
それでは、何故、信じきったのか。
それは、出会いである。

中国では、最初、禅宗ではなく、坐禅宗と、呼ばれた。
達磨大師から、受け継いだ代々が、坐禅を第一として、修業するからである。
その修行僧を、バラモンと、呼んでいたのである。
まだ、仏教を知らない。

達磨から、釈迦へと、遡る唯一正統の禅ということで、道元の師事した、如浄まで、続く。そして、道元が、師匠から、正法を継いだと、信じた。
正統的な、後継者というのである。

道元は、曹洞宗などという、宗派を名乗らない。
禅は、釈迦の正統の、修業なのであるという、確信である。

正しい仏法である。
これが、曲者である。
皆々、正しい仏法と、言うのである。
特に、大乗仏教は、そうである。

偽物ほど、正しいとか、正統を、強調する。

鎌倉時代の、新仏教は、日本的仏教の、宗教であり、仏陀とは、全く関係が無いものである。選択仏教というが、それも、大乗という、偽の仏教からのものであるから、矢張り、偽である。

このころの、奈良仏教は、腐敗の限りであり、それに、対抗して、鎌倉仏教が現れたのであるが、いずれにせよ、腐敗する。
今も、見ての通りである。

さらに、驚きは、僧以外の、信徒の団体の、仏教系の、宗教団体が、大手を振って、渡り歩いていることである。
更に、それから、政治まで、食い込むという、愚かさである。
仏陀は、弟子たちにに、一切の、政治的行動を、禁止した。
関わっては、駄目だというのである。

それは、実に、正しい、人の師としての、言動である。
修行者は、政治に関わってはならならない。

しかし、見よ、日本の宗教団体、更に、新興宗教団体は、政治家まで、擁立する。
そして、堂々と、仏法を掲げるのである。

教えでは、救いようがないから、政治に関与する。
団体の代表者も、極楽などに行けるとは、思ってないし、また、行けない者である。信者を、どうして、極楽に、導くことが、出来るだろう。

宗教の教えも、主義と、何なら変わらない。
共産、社会主義と同じく、理想、妄想、蒙昧、そして、無知である。

政治家も、票が欲しいために、俄か信者になるという、愚劣。
政党を持つ、巨大宗教団体もあるが、仏陀が、聞いたら、泡を吹く。
それらが、仏法である、仏意仏勅の法華経の仏法であるという。
仏陀、最後の教えである、最高の法華経と、信じ込んでいる。
今では、大乗仏典は、すべて、創作であると、解っていても、である。

創作の、仏典を、様々に解釈し、更に、妄想逞しく、小難しい教義、教理、教学なるものを、創作して、あたかも、有るものの如くに、信者に、学ばせるという、無明である。

全く、根拠が無い。
道元も、全く根拠が無いものを、信じてしまった。
勿論、それで、本人の、表現欲求が満たされて、自己満足していれば、いいのだが、教えを、垂れるから、おかしくなる。

黙って座れ、ただ、座れ、兎に角、座れ。
実に、馬鹿馬鹿しい。
勿論、人それぞれ、それの合う人もいる。
沈思黙考である。

道元が、感動した、椎茸乾しの、老僧も、言うのである。
椎茸乾すのも、学習であると。
つまり、座っているだけが、能ではない。
達磨は、座って、良かったが、だから、皆が、よいわけが無い。
更に、達磨から、仏陀に、辿るというのは、後世の人の言うことである。
達磨は、単に、自分の宗教を、拓いたのである。
仏陀とは、何も、関係無い。

覚者を、仏陀と称するのであり、インドで実在した、釈迦仏陀とは、何の関係も無い。

ちなみに、今でも、インドでは、聖者が、多く誕生する。
本当か、嘘かは、知らないが。

特殊能力は、魔界や、魔物が、関与するから、インドという、魔界関与の土地では、多くの聖者なる者が、登場する。
本当は、聖者ではなく、魔者、なのであっても、一般人は、その良し悪しが、判断出来ないから、聖者というのである。

達磨も、インドから、渡ってきて、中国で、座り続けて、九年。
崇山の少林寺で、壁に向かって座ったという。
こういう、偏屈な者に、師事するという、偏屈者も多い。

座り続けて、生きられた、良い時代である。

悟りという、お化けのようなものを、求めて、座るという、無明である。

座らなくても、人間は、寝る。
黙っていても、眠ることにより、瞑想するのである。
座るより、よく眠ることが、最も大切なことである。
眠りにより、深い意識に目覚めている。

坐禅をして、まさか、不眠症になっているのではないだろう、ね。

起きている意識の時に、無理して、深い意識の世界を、駆け巡らずとも、難なく、眠りにより、深い意識を、駆け巡ることが、できる。
仏陀は、そう言いました。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 140

日本の坐禅は、道元が最初にはじめたわけではない。
瞑想法の一つとして、天台宗の比叡山でも、真言宗でも行われていた。
色々な形の、坐禅法が、中国にも、日本にもあった。

広く言えば、念仏することも、坐禅の中に入るのである。

しかし、道元は、釈迦が行った坐禅というものを、しっかりと作り上げたいと考えた。

坐禅は静処よろし。坐褥あつくしくべし。風煙をいらしむることなかれ、雨露をもらしむることなかれ。容身の地を護持すべし
道元

坐禅は、静かな所で、やるべし。
背骨の下に、座布団を敷くべし。
風や煙に当たってはいけない。
雨露に、打たれてはいけない。
坐禅をするのに、適当な場所を確保せよ。

また、当時、坐禅瞑想の形はあっても、それをひとつの威儀のあるセレモニーとして、修行の道場・僧院での朝起きてから寝るまでの、坐禅を中心とした修行の形というものをはじめて道元が確立した。
栗田勇


諸縁を放捨し、万事を休息すべし。
作仏を図することなかれ、坐臥を脱落すべし。

諸縁を捨てて、とは、俗世の因縁を捨てるということ。
仏に成ると思うことも、やめて、更に、坐禅をしているということも、脱落して、突き抜けてという。
座っていることも、忘れよと、言う。

それでは、座る前から、悟りの境地であろう。
禅では、こういう言葉が、多い。
全てを捨てよ、である。
捨てられないから、坐禅をするのであろうと、思うが、そう言うのである。

さらに、面白いのは、
いわゆる非思量を使用すること玲瓏なりといえども、不思量底を思量するには、かならず非思量をもちいるなり
と、言う。

考える考えないという問題を乗り超えるためには、考えことと、考えないということを、相対的にそれぞれの場合に分けて考えないことだ。考えることも考えないこともひっくるめて、そういう次元を否定してしまう。ぽんと飛び出してしまう。そういう思考を非思量と呼んでいるわけです。個々の否定ではなく全否定です。するとまったく予期しない真の精神活動が現れてくる。非思量ということは、まことに玲瓏透明な感じがするが、考えられない境地をさらに考えるためには、非思量しかない。
栗太勇

考えられない、その奥を考えると言う。

一体、これを、理解するには、どうしたらいいのか。
坐禅をする以外に無い。

自分が解放されて宇宙と一体化している。
山のようになる。
エネルギーに充ちた、存在感のあるものになる。
しかも、心が、晴れやかである。

理解するには、坐禅するしかないのである。

しかし、上記、非常に、危険極まるものである。
通常の精神活動から抜けて、自由になるというが、果たして、それは、どういうことか。また、宇宙と一体化するとは、何か。

道元は、37歳の時に、山城に興聖寺を建てて、八年間、法を説き、更に、その後、越前、福井の永平寺へと、移る。
伽藍仏教を否定した、禅堂として、日本仏教史はじまって以来の、新しい、道場である。

求道者は、名利を捨ててまず閑寂の場に定着しなければならぬ。きびしい戒律のもとに、坐禅する独自の「学校」を彼は欲した。乱世のなかにおいてみれば、そこだけが一点静まりかえっているような不動の、言わば「極静の学校」ともいうべきものが彼の構想した禅堂である。「重雲堂式」をはじめ、「洗浄」「洗面」「典座教訓」等、すべてこの建築内における実践綱領であり、同時に入学するものの心得はきびしかった。
亀井勝一郎


それは、つまり
王侯の身分を捨てて乞食修行し、菩提樹の下に坐禅して成道した釈尊の道を、そのままに再現しようとして、仔細な規律と作法と心得をつくりあげたわけである。「釈尊に帰れ」といったときの第一義の道を、彼ほど忠実に歩もうとした人はいない。
亀井勝一郎


兎に角、厳しいのである。
戒律があっても、戒律主義に陥ることなかれであり、つまり、戒律も自然でなければならない。戒律が、難行苦行になっては、いけない。
心身脱落であるから、戒律に、自我という意識が、入ってはならないのである。

死ぬまで、やっても、終わらないであろう。
妻子など、持っていては、そんな修行など、出来ないのである。
余程の、超人でない限りは。


この道に、一筋に賭けた道元であるから、出来た。
それには、出家しなけれぱならない。
在俗では、そんな修行が出来る訳が無い。

これは、多分に、道元の、生まれ育ち、そして、性格がある。
しかし、今、道元の伝記を書く訳には、いかない。

私は、道元の、この修行を否定する者ではない。
それで、有意義に、生きられるのならば、言うことは無い。

また、仏陀の行為に、近い気がする。
ただし、仏陀は、遊行して、教えを説いた。
坐禅をして、成道の後は、出家者、在俗に、関わらず、教えを説いて回った。
更にである。
仏陀は、一言の、書も、残さなかった。


道元の、著作に、多くの者、多くの書き物を、著す。
それは、すべて、解説である。
解釈である。
さらに、その教えの分析である。
これは、道元禅の、堕落であろう。

坐禅をしない者、堂々と、道元を論ずるという、堕落。

私は、否定はしないが、道元が、釈尊の唯一の方法であり、それによって、仏になると、考えることに、批判する。
仏になる、ならないは、人の問題である。
誰も、それに、関与することは出来ない。
更に、仏の自覚は、極めて個人的な、情感である。

もっと、言えば、極めて個人的な、妄想である。

何故、人は仏になるのか、ならなければ、いけないのか。
仏陀は、唯一の救いは、二度と、この世に生まれないことだと、明言した。

坐禅することも、戒律に生きることも、それは、個人の自由である。
そこでの、様々な、言葉は、それも、また、自由である。
しかし、それが、唯一であるというのは、僭越行為も、甚だしい。

己一人が、それを、黙々と、行為すべきであり、それを、人に説くとは、何事か。

更に、である。
今、現在の、道元門を引き継ぐ者の、多くは、一体、何を行っているのか。
それも、自由で、いいはずはない。
多くの人に、迷いを、教えるようなものである。
それは、己が、成道せずに、人に仏を、説くことである。

仏にならずに、仏の道など、説けるものではない。それでは、学者と、同じである。
痛くも、痒くも無い、学者の研究と、同じである。

更に、その学者を立てて、道元禅を、肯定する様など、魔としか、言い様が無い。

坐禅は、魔境を作り出す。
魔境とは、あたかも、悟った者であるかの如く、であり、あたかも、仏の道に進んでいるように、勘違いすることである。

自分が、仏にならずに、人に仏に、成れとは、説けないのである。

更に、道元は、仏に成ったのか。
我は、仏であると、道元は、どこにも、書かない。
ただ、仏の道に行くには、坐禅あるのみと言うのみ、である。

まだ、行き着かない場所に、行き着いたと、思い込む、妄想するという、程度であり、道場を作ったのであり、仏の場所を作ったのではないということ。

道場、つまり、迷いの、場であるということ。
その、迷い波動の中に、身を置くことは、私には、出来ない。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。