2008年07月16日

アボリジニへの旅 16 平成20年7月

現在、オーストラリア全土の、17パーセントが、アボリジナルに返還された。それは、日本の面積を、遥かに超える。
とは、いうものの、元は、アボリジニの大地であった、オーストラリアである。

問題は、この後である。

しかし、この土地権法も人類学者も、返還された土地でのアボリジニへの英語の教育や、住宅、住民の雇用についてはほとんど何も配慮していなかった。そのなかでの土地の返還は、アボリジナル文化の回復やそのあらたな展開には大きく貢献した。だが、まさかそのことが、ヨーロッパ人と混在するマイノリティとしてのアボリジナルにくらべて、彼らに教育をはじめとするさまざまな不利益をもたらした。それらへのやり場のない不満が、多発する暴力へとつながってきたというのである。人口のうえでアボリジナルが優勢なコミュニティを中心に、彼らによる生き方の選択は、いまあらたな局面を迎えているのかもしれない。
ブラックフェウウェイ 松山利夫


オーストラリア政府は、シングルマザーへの、社会保障の給付金を、男性のそれよりも、高くした。
そのために、パートナーである男性は、しようがなく、金銭的に優位な、女性に従うことになる。
最初から、男性の男性性というものを、否定する状況になり、それが、暴力を生むことになった。

更に、若者たちの、暴力である。
それだけではない。
家庭内暴力、薬物、アルコール、レイプなど、多数の問題が、起こっている。

そんなことは、白人がいない、アボリジニの世界では、考えられないことだった。
直接、間接的に、それらは、白人がもたらしたものである。

結局、現在に至っても、アボリジニに対する政策は、根本的に、変化していないのかもしれないと、思う。
社会保障という、名目で、失業保険などを、支給し、アボリジニの労働意欲を失わせる。アボリジニの働く場所が、極端に少ないのである。

無職で、政府の保護により、生きるという、ブラブラした人生の道以外に、方法がない。

アボリジニが、商売などをしているのを、見ることがなかった。
ただ、一日を、ぼんやりと、過ごしている。
彼らが、シャキッとして、活動出来るのは、祭りの時のみである。

ある、一部知識人と、教会、ミッション系の人々によって、理解されているが、庶民の間での、アボリジニの理解は、遠い。

アボリジニの大半が、今は、キリスト教徒である。
私は、それを、否定しない。
ここ、ここに至っては、否定しても、ミッションの力を、借りなければ、立ち行かないからである。

キリスト教も、ドリーミングなどの、彼らの、伝承を否定せずに、成り立っているという。

だが、キリスト教の中には、根強い、差別がある。
アボリジナルは、アダムと、イブからは、生まれず、神の創造にはなかったとする。
その一方では、神は、二つの人々を、別に創造したのである、というお話がある。

キリストが、白人を創造し、アボリジニは、その弟子である、フィリポという、色黒のものから、誕生したという、お説である。

学者や、研究家の、限界は、アボリジニの伝承、伝統を、既成の宗教観念で、捉えるということである。

何故、アボリジニの人々が、キリスト教を受け入れるのかは、彼らの、それは、宗教という概念に、入らないからである。
また、宗教という観念もない。
ゆえに、キリスト教徒になり、折り合いをつけることが出来る。

彼らの、行為行動は、伝承であり、伝統であり、それは、宗教の概念を超える。
どの、著者のものを、読んでも、アボリジニの、伝承行為を、宗教、あるいは、宗教的だと、判断している。
それが、誤りである。

勿論、教会の多くも、アボリジニの伝承、伝統を、守るという姿勢を、持つ。当然である。
それを、破壊するとなると、全面対決になるだろう。
それは、アボリジニの最後の、戦い。

ここまで、譲歩しているのである。
それ以上に、侵略してきたら、我慢ならない、のである。

白人宣教師の、多くは、現地人を、無意識に、蔑視する。
それは、唯一の神を知らない者たちという、傲慢な意識があるからだ。
それは、彼らから、脱ぐい切れないものである。
骨の髄まで、染み付いた、悪魔の教えである。

18世紀から、そういう、白人の世界制覇と、世界支配によって、歴史は、動かされた。
実に、多くのアジアの国の、多くの問題は、白人の植民地時代による、弊害によって、なっているということである。

だが、後戻りは、出来ない。

後戻りは、出来ないから、新しい手法を、見出さなければならない。

オーストラリアは、アボリジニの、特別自治を、自治政府を、樹立させるへきだと、思うが、一時、そういう、考え方が、出されたが、白人も、アボリジニも、それを、忘れた。

異文化を、融合させるという、方法は、ある。しかし、出来ないものも、ある。
基本的に、生活の方法が違うのである。
それを、一緒にするということには、限界がある。

白人の社会に、無理に入り、生きるというする、アボリジニは、いつまでも、無理な生き方を、強いられる。
自然支配という、考え方の、白人と、自然と共生するという、考え方の、アボリジニが、一緒に生活など、出来ない。
その、出来ないことを、明確にすることである。

テリトリーを、侵さないという、協定の元に、アボリジニの自治政府を樹立させることだと、思う。

勿論、理想である。

白人社会と、うまく、折り合いを、つけて、その社会に進出するアボリジニも、少ないが、いる。

しかし、それは、稀に見るべきことである。

松山利夫さんによると、
長い被殖民の歴史の中で、成人儀礼や婚姻をはじめとする社会システムを崩壊させられた彼らは、比較的近親な言語文化をもった集団を再統合し、これらの呼称を用いている。

つまり、アボリジニの呼称を嫌い、アデレードや地方町の、コミュニティにみられる、ヌンガやマリーという、呼称を用いている。それは、各地に広がり、ビクトリア州では、クーリィを、西オーストラリアでは、アナングゥと、自らを呼ぶ。

黒い白人

自分たちの、アイディンティティを、持つべくの、黒い白人という、呼称。
何という、愚かしいことか。
私は、白人を差別しない。
黒い人も、差別しない。

ただ、区別はする。
生き方の、区別もする。
山に生きる人と、海に生きる人とでは、生き方が違う。
それを、知ることである。


posted by 天山 at 17:07| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 135

仏陀は、人間の欲というものを、どのように取り扱うかということを、教えた。

インドの、伝統的修行法を捨て、当時の、新思想家たちの、思想を捨て、仏陀は、中道の道を説いた。

それは、欲を否定するものではなく、その、欲を、どのように、考えるかということだ。

欲を、否定も肯定もしないという、立場を取った。
実に、難しいものである。
極端を、避ける。それを、実行するのは、難しい。
しかし、仏陀は、そのための、生活指導を説いた。

更に、その教えは、神からのものというような、超越的なものではない。
心の在り方について、思索した、仏陀の成果を、伝えたものである。

欲を、捨てるのではなく、それに、執着する心を、捨てろと言う。

そして、それを、まとめて、五つの戒めを、創る。
五戒というものである。
生き物を殺さない。
盗みをしない。
邪な性行為はしない。
嘘をつかない。
酒を飲まない。
以上である。

生き物を、殺さないという、不殺生は、アヒンサーという。それを、解釈すれば、他の生きる権利、領域を、侵さないということである。
そして、他からの、暴力に、無抵抗であれ。

悪いことをしない、という、前提のもとに、行為する。そうすると、自然に、善なることに向かうと、考えた。
悪いことをしない、悪い行為の癖を、つけないのである。

出家者と、在俗の者に、対する、仏陀の対し方は、勿論、違う。
出家者には、厳しい。
しかし、それでも、体を痛めたり、疲れる程の、行為を禁じているのみである。

いかに、バランスを、持って生活するのかということだ。

仏陀は、それを、習慣にし、更に、伝統行為に高めようとしたと、私は、考える。
何かを、拝むとか、信仰するという、態度は無い。
己を、正しく生かすことなのである。

そして、出家者には、坐禅という、瞑想の必要性を、説くのである。在俗の人には、それは、無理なこととして、仏陀、それを、求めていない。

さらに、仏陀は、世界は因縁によって、成り立つと、知った。
これは、釈迦の、直感である。

神なるものや、不滅原理を立てず、ものは、種々の因縁によってなる、と。
そして、その因縁も、また、他の因縁によって、生じると、考える。
世界にあるもの、因縁に、依らないものはないと、考えた。

俗に言う、前世の因縁によってなどという、単純なものではない。
複雑に、絡み合った因縁の様を、釈迦は、観ることによって、仏陀となったのである。

ここで、明確にしておくことは、釈迦の発明としての、因縁ではなく、それを、発見したのである。自分の生まれる前から、生まれた後から、その因縁の法があるということ、を。

その、因縁は、どのよなものであるのか。
それ自身は、実体が無いのである。つまり、空である。
空の、原語は、シューニヤという、膨れ上がるという意味である。それを、無いとか、欠けたものとして、理解した。
要するに、ものの、本来のあり方であり、ものの本質ではない。

本来のあり方である、因縁は、空であるという教えを、諸法無我と訳した。
諸々の法は、無である。

存在は、因縁によって、成ったものである。
しかし、その、因縁は、実体の無いものである。それを、空と、呼ぶ。
空とは、無いということではない。
存在によって、空の、現象が見えるのである。

因縁を、縁起という、働きとして、認識し、縁起が起こるのは、本来のものが、空だからであると、する。

そこで、本来は、空であるはずのものが、今、目の前に、姿として現れているものに、執着すると、苦が生ずると、考える。
従って、執着するなという。
執着は、苦の元なのである。

実に、合理的な、考え方であり、驚くべきは、その中には、霊魂というものに対する、絶対否定がある。

これでは、既成仏教は、すべて崩れる。
仏陀は、霊魂否定で、しかし、方便として、善を、行えば、天に生まれると、説いた。
あくまで、方便である。


これには、もっと、説明が必要である。

今は、しかし、これを、書く。
ある弟子が、仏陀に問うた。
生と老死などの現象は何ものに所属するのでしょうか、と。
仏陀は、その質問は止めよ、正しくない、と、戒める。
生まれることがあるから、老いがあり、死がある、と言う。

それは、因縁により、来世がある人も、無い人もいる。

何せ、霊魂というもの自体、空なのである。

では、仏陀は、何を持って、弟子たちの、支持を得たのか。
弟子たちには、天に生まれるということも、言わないのである。

釈迦の言葉として、信憑性のある、スッタニパータに書かれている言葉は、
行為によって世界はあり
行為によって人々はある
生存するものは行為に束縛される
ちょうど車がくさびに結びつけられているように。

欲の別名は、愛である。
そして、執着である。
愛着、愛執である。
つまり、すべてのもの、愛執から、起こるのである。

輪廻というものも、この愛執によると、仏陀は、観た。

人を愛するというが、愛するということ、自体に、執着がある。
人を愛してはいけない。
そこで、慈悲の思想が生まれる。

これは、ただ事ではない、教えである。

もう少し、続ける。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ246

空蝉

寝られ給はぬままには、源氏「われはかく人に憎まれて慣らはぬを、こよひなむ、始めて憂しと世を思ひ知れば、恥づかしうて、ながらふまじうこそ思ひなりぬれ」など宣へば、涙をさへこぼして臥したり。いとらうたしとおぼす。

書き出しである。

小君を、横に寝せて、言うのである。

眠られないものだから、私は、こんなに、人に嫌われたことはない。今夜という今夜は、本当に、世の中が、嫌になった。人に合わせる顔もないし、生きていることも、嫌になったと、言う。
小君は、涙を流して聞いている。
なんと、可愛いのだろうかと、源氏は、小君を見つめる。


手さぐりの細く小さきほど、髪のいと長からざりしけはひのさま、かよひたるも、思ひなしにや、あはれなり。あながちにかかづらひたどりよらむも、人わろかるべく、まめやかにめざまし、と、思し明かしつつ、例のやうにも宣ひまつはさず、夜ふかう出で給へば、この子は、いといとほしく、さうざうし、と思ふ。

手触りが、ほっそりとしていて、小柄なところ、髪があまり長くないところなど、似ている。気のせいか、心が動く。
無理やり、追いかけて行っても、外聞が悪い。
心から、酷い人だと、思いつつ、夜を明かした。
いつものように、あれこれと、言わず、夜の闇のうちに、出たので、この子は、お気の毒に思い、物足りない気持ちである。

源氏が、小君を見て思うのである。
女と、似ているところを、である。

思ひなしにや、あはれなり
動揺して、気が、心が動くのである。
あはれ、という、情景は、心の様であり、様々な、思いの深い様を言う。

小君を、見て、女を思い出し、あはれ、と思う、

ここでも、また、あはれ、という言葉の、新しい意味合いが、理解できる。


女も、「なみなみならずかたはらいたし」と思ふに、御消息も絶えてなし。「おぼこしにける」と思ふにも、「やがてつれなくてやみ給ひなしかば、うからまし。しひていとほしき御ふるまひの絶えざらむも、うたてあるべし。よき程にて、かくてとぢめてむ」と思ふものから、ただならずながめがちなり。

女も、たまらない思いで、一杯であるが、お手紙も無いのである。
お懲りになったのだと、思うが、こままま、音沙汰無しで、終わりになったのなら、辛いことだと、思う。
だが、無理な、たまらないようなことが、続けば、これも、嫌なことだと、思う。
でも、こんなところで、止めにしたいとも、思うが、やりきれなくて、思い乱れるのである。

女の矛盾である。

なみなみならず かたはらいたし
思いで、溢れる心の様である。


君は、「心づきなし」と、おぼしながら、かくてはえやむまじう、御心にかかり、人わろく思ほしわびて、小君に、源氏「いとつらうもうれたうもおぼゆるに、しひて思ひ返せど、心にしも従はず苦しきを、さりぬべき折り見て、体面すべくたばかれ」と、宣ひわたれば、わづらはしけれど、かかる方にても宣ひまつはすは嬉しうおぼえけり。幼きここちに、「いかならむ折り」と、待ちわたるに、紀の守、国に下りなどして、女どちのどやかなるゆふやみの道たどたどしげなる紛れに、わが車にて、いてた奉る。

源氏は、いまいましいと、思いつつ、このままでは、気持ちが治まらないのである。女を忘れられないのである。
顔向けできないと、思い。
小君に、大変、辛いので、無理にでも、忘れようと思うが、駄目だ。
よい機会があれば、もう一度逢えるようにしてくれ、と、言うのである。
それを聞いて、小君は、困りつつも、そんなことで、何かと言われることが、嬉しいので、
幼心に、どういう時に、連れて行こうかと、考える。
紀伊の守が、任地に下る時なら、女房たちが、気楽にしているだろうから、そんな日に、道もはっきりしない、夕暮れ時、自分の車で、お連れしようと、思うのである。

源氏が、作者の言う、おさなきもの、に、ここまで、言うのである。
本来なら、見苦しいことである、が、言うのである。

勿論、源氏も、幼いと言えば、恋には、幼いのである。
一度、思い込むと、のめり込む気持ちは、幼い証拠である。

小君が、源氏の気持ちを、汲んで、一生懸命に、その機会を、考えるということろに、私は、もののあわれ、を、感じるのである。


「この子も幼きを、いかならむ」と、おぼせど、さのみもえおぼしのどむまじかりければ、さりげなき姿にて、「門など鎖さぬさきに」と、急ぎおはす。人見ぬ方より引き入れて、おろし奉る。わらはなれば、とのい人なども、ことに見いれ、追従せず、心やすし。ひんがしの妻戸に立て奉りて、われは南のすみのまより、格子にたたきののしりて、入りぬ。


この子も、小さいことであるし、大丈夫かと心配するのであるが、我慢が出来そうに無いので、目立たない服装で、門など締めないうちにと、急いで、出掛けるのである。
人の見ない方から、車を引き入れて、お下ろし申し上げる。
子供なので、宿直の者などは、格別構いもせずに、愛想もなく、気が楽である。
小君は、車を、東の妻戸に入れて、自分は、南の隅の間から、格子をたたき、騒いで入った。

源氏を、目立たせなくするために、小君は、人の気を引くために、騒ぎ入るのである。

この後は、女房たちの、様子が、描かれる。

その、有様が、当時の風景である。
紫式部の、得意とする、筆使いである。

それにしても、小君を、何度も、幼き者、と、断りを入れるのである。
しかし、その、幼き者の、行動は、実に、いじらしいほどの、活躍である。
源氏の、忍びを、案内する様は、見事である。

ひんがしの妻戸に立て奉りて、われは南のすみのまより、格子たたきののしりて、入りぬ

源氏を、東の妻戸に、立たせておいて、自分は、南の隅の間から、入るという、考えは、子供のすることか。
周囲の、注目を、自分に集めて、源氏の姿を、悟られないようにしているのである。

私の言葉にすると、大した玉である。
主人の逢引の、手はずを整えるという、凄腕である。

その相手は、自分の姉である。
姉と、源氏を、セックスさせるべくの、働き、天晴れと言うほかは無い。

幼き者と、言うが、十分に、何事かを、知っているのである。
しかし、それを、そ知らぬ振りをして、行動している。

これを、奥床しいと、言う。

道たどたどしげなる紛れに
古今集
夕やみは 道たどだとし 月待ちて 帰れわがせこ そのままにも見む

原歌は、万葉集
道たづたづし 月待ちていませ

古典に、習うのである。
源氏物語の、底辺には、古典がある。

夕闇の、闇の中に、紛れて、道が、たどたどしく、見える夕暮れの時なのである。
物の姿が、朧になりつつある、時刻である。

もののあわれ、は、この、朧気なる薄闇の頃を、善き風景とする。
曖昧微妙は、たゆたう、という言葉で、言われ、それが、更に、もののあわれ、という、心象風景に、行き着く時、それが、大和心と、なるのである。


posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。