2008年07月15日

アボリジニへの旅 15 平成20年7月

アボリジニ その生き方に 観るものは 大和心の それに同じく

我は泣く アイヌと共に 我は泣く アボリジニなる 人の尊さ

大地こそ 祖先の夢と 観る心 大和心の その心あり

我祈る 言の葉なくて 音霊の ア音の揺れる 音の強弱

言挙げは せずとも善しと 鶴示す 祈りの間 微妙だにせず

さらにまた 一羽の鳥が 我が前に 止まりて静止 動くこと無し

祈りては 風平らけく 波静か されど水底 湧き出ずる波

注意せよ ワニに食われる ことなかれ 聖地への道 ワニ現れず

父もあり 母もありてぞ 子もありて 恵みの大地 揺らぐこと無し


ジャルーの家から、タクシーを呼んで、モーテルに戻った。
夕暮れである。

思わぬ出会いであった。

部屋に戻って、言葉無くして、暫く、休んでいた。
野中も、何も言わない。

食事のために、外に出ることもない。
野中は、帰り支度をしている。

ああ、ここにも、又、来なければならないと思う。
ケアンズを通らない道とすると、バリ島を経由し、ダーウィンに入り、ゴーブに飛ぶのである。
来年の二月は、一ヶ月、バリ島に滞在する予定である。
その時、かも、しれない。

思えば、実に静かな町である。
風の音のみである。
泊り客も、いるが、あまり顔を合わせないのである。

プールもあるが、誰も入る者はいない。
私は、何度か、プールの中に足を入れて、洗った程度である。

残ってある食料を、二人で食べは始めた。
レタスを、そのままで食べて、美味しいと、はじめて思った。
最後に、レタスを、バリバリと食うのである。

明日の朝のタクシーの手配もしている。
後は、寝て、六時前に起きて、六時半に約束のタクシーに乗り、ケアンズ経由で、日本に帰るのである。

旅の終わりは、また、格別の思いがする。
惜しいような、帰るのが、また、嬉しくもありと、複雑である。
これは、旅なのである。しかし、通常の旅とは、違うのである。
出会った人々と、再会しなければならない、旅なのである。

反日感情の強い、ダーウィンにも行き、追悼慰霊をしたいと、思う。反日の音頭を取るのは、中国系だと、聞く。さもありなんである。
現在の中国は、反日によって、辛うじて、国家の体制を作るものである。
ただし、三代目、四代目が、それで、続くだろうか。
国民を、一つにまとめる時の、唯一の方法が、反日なのである。
アホらし。

小野妹子を、書いた時、随分と、隋、唐の歴史を調べたことがある。
そして、その前後もである。
そのような、大切な歴史を、中国共産党は、すべて、否定した。つまり、自国の歴史を否定する者に、国家など、築ける訳が無い。
中華思想だけは、持ち続けるという、ザマである。

最も、大切な言葉、漢字の文化も、日本にて、完成したのである。
中国古典を、学びたければ、日本に来て、学ぶことである。

日本は、真似をしたのではない。
それを元に、創造したのであり、オリジナルを造ったのである。

シャワーを浴びても、寝ることなど、出来ない。
歌を詠むことにする。

いや栄え 弥栄と呼ぶや いや栄え ふたたび弥栄 いや栄えかし

アボリジニの伝承と伝統に、捧げる。

ただし、イルカラの人々は、飼い殺しされている。
しかし、彼らの、祭りの時を見ていない。
私の見たものは、ほんの数時間である。

野中が言う。
長老に従わない、若者が、多くなったと。
世代の断絶を、他者から、もたらされたのである。それは、痛手であった。この地は、守られていたはずであるが、キリスト教は、放って置かなかった。
カトリックも、プロテスタントもあり、ミッションが、ボランティアをしている。それに、頼る、頼らざるを得ない、アボリジニの人々である。

唯一の神は、世界の唯一であるから、手がつけられない。

改宗させて、取り込み、すべてを、ぶち壊す。

戦後の日本にも、多く、乗り込んで来た。
しかし、キリスト教徒は、いつも、国民の3パーセントの信徒の数を、守っている。それ以上にならない。
更に、日本人は、七割が、宗教を信じないのである。ではない、宗教団体を、信じないのである。
宗教的情操は、多分に持っている。
それの、吐き出す場所を知らない。忘れたのである。

実は、生活の中に、自然に溶け込んでいる。それを、思い出せばよい。

政府を非難し、批判することは、必要なことであるが、その我が身は、どうなのか、である。日本の国のために、何をしているのだろうか、とは、考えない。

権利のみを、主張するのは、日教組教育である。
更に、宗教を信じなくても、主義といものを、宗教と同じように、信じるという、アホ振りである。

共産主義は、ソ連でも、中国でも、成功しなかった、本当の共産主義は、あんなものではないとい、平然と言う者がいる。
共産主義黒書を、是非読んでもらいたいと思うが、読みきれる、能力も無いのである。
これを、終わっていると言う。

何もしない、出来ない者が、講釈ばかりを、覚えて、云々するのは、霊能者が、アンタの後に、お婆さんがついているというのと、同じほど、レベルが低いのである、ということにも、気付かない。

国家幻想とか、神話的とか、必要な、幻想があるが、それは、それを知ってのことである。
本当に、真実があると、信じてしまう者がいる。

この世に、真実など、ある訳が無い。
真実ではなく、事実があるのみである。

身体知、というもの、再考すべき、時である。

スポーツ選手の中に、時に、非常に思索的な、人がいる。
実は、スポーツ嫌いな私は、知っている。
身体知を、知る人は、事実を生きられるのである。

思想家の、脳と、スポーツをやる者の、脳の働きが、同じなのである。

それゆえ、日本では、道という言葉を、用いて、武道というのである。
ただし、それは、神遊ぶものである。

有名な、古武道の先生に、何度か、別な用事で、お逢いしているが、その方の指導は、天狗さんがしていて、自己顕示欲の強さが、武道の全面に出ているのを、見て、非常に、残念な思いをしたことがある。
勿論、私は、それを敬してはいるが、私とは、別の世界であった。

神遊ぶもの、とは、吉田松陰らが言うところの、神明というものである。
神、明るい、のである。
それは、アボリジニと、同じく、祖先からのものである。

祖先からのもの、それを、先祖崇敬という、形にしたのが、日本の伝統である。
先祖は、供養するべきものではない。
崇敬するものである。

伊勢神宮崇敬会、というものは、実に、正しい。
先祖は、崇敬にしか、対する方法は無い。

霊位は、崇敬するものである。

追悼慰霊とは、崇敬の所作である。

存在の無い神というものに、祈りを挙げても、それは、単なる、自己催眠である。勿論、自己催眠が、人生であるから、それも、一つの方法である。

その、自己催眠から、抜け出て、先祖崇敬する時、過去が現在であり、未来が、現在になる。
まさに、アボリジニの、先祖の夢、今、そこに、なのである。

この世に、断絶しているものは、何一つもない。


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 134

出家生活というのは、インドでは、隠遁生活のようなものではない。
世俗と断絶するという、イメージは、中国や、日本においてである。

インドの仏教団では、生産生活が、すべて、禁じられていた。
その生活は、乞食、こつじき、生活が、中心である。
そして、乞食は、大切な修行であった。乞食行という。

この、乞食行は、実は、大切な意味があった。
それは、出家者と、世俗の人との、結びつきである。

乞食を、行うことで、街の中に入り、人々の生活を見る。そして、人々も、乞食行をする、出家者を、見る。
語り合う。
受ける者と、与える者が、出会い、そこで、お話をする。

与える方も、実は、布施をするという、行が出来るのである。
互いに、互いの存在によって、それぞれの修行となる。

マガダ国のビンビサーラ大王が、仏陀に、帰依した時に、
村から遠すぎず、近すぎず、往来に便利で、会いたい人々が行きやすく、昼は静かで、夜は人声が聞こえず、人跡絶え、人に煩わされることがなく、瞑想するに適したところ
ということで、竹林精舎を建てて、寄進した。

精神生活は、世俗と隔絶しているが、生活のあり方は、世俗と、接しているのである。

出家とは、家から出ること、そして、家族から離れることの、二つの意味がある。

その一つは、私が所有する何物も、持たないこと。
そして、愛する者から、遠のくこと。愛するものを、持たないことなのである。

ここで、仏陀は、欲望を否定したのではないということ、である。
ただ、出家者は、欲望から、遠く離れることを、教えた。


釈尊は中道の生活を説いている。この立場からすれば、俗世との完全な断絶は世俗の一方的な否定であり、極端な生き方であるということになる。これは中道とはいえない。出家生活は中道の実践であり、それを実現する生活であるから、世俗を一方的に悪ときめつけて否定しさることは、自己矛盾に陥ることになる。
田上太秀 仏陀のいいたかったこと


執着の条件によって苦しみが起こる。
苦しみは執着の条件から生ずるものである。
執着の条件が滅びたならば
苦しみの起こることはない。

仏陀は、拘り、囚われの心を無くすことを、教えるが、欲望を捨てることを、言わないのである。

欲から遠く離れろと教えた。「滅欲」ではなく「離欲」を教えている。仏教では滅は一般に平和・安らぎを表すことばである。したがって滅欲という表現はないといえる。
田上太秀


非常に、誤ってとらえられている、滅却という、考え方は、仏教には無い。
それに、囚われない、拘らない、それから、遠く離れるという、教えである。


仏陀は、極端に生きることを、戒めたのである。

世俗を、否定せず、世俗から、離れること、という、理想的な、考え方をしていた。

更に、仏陀の画期的な、教えは、人間平等主義である。
当時も、カースト制度が、厳然としてあった。
数千年の間、インドは、カースト制であり、現在も、そうである。

ここで、仏陀の根本的な教えは、人は、行為によって、成る者に成るという、ことである。
生まれながらに、善人も、悪人も無い。
人間の性には、善も悪も無い。
ただ、行為によってのみ、それが現れる。

人の行為の、善悪によって、差別が生まれる。
善行は、善人となり、悪行は、悪人となるのである。

だが、仏陀は、カースト制廃止の、運動をしたという、形跡は無い。
仏陀は、そういう、政治的、社会的な、現場にも、近づかないのである。
特に、顕著なのは、政治家には、決して、近づかなかった。
そして、それを、出家者の、規則ともした。

王が、仏陀に帰依する時には、王が、仏陀の元に、やって来たのである。


人間の本性について、それがブッダになれる可能性があるとか、反対に、悪魔の性質があるとか、そんな説法をしたことはない。これは仏教の人間観を理解するうえでとくに注意すべき点である。
田上太秀


大乗仏教が言う、人間には、仏性が、宿っているという、考え方は無いということだ。

仏陀の行為行動を、見れば解るが、仏陀は、どんな人とも、一緒に行動し、話をした。身分の差別があるはずもない。

ただ、その身分制度から、離れる、また、解放される道は、出家であった。
出家者には、カースト制は、成り立たないのである。

釈迦の元に集うと、階級は、消える。
バラモンも、王も、庶民も、誰も彼も、平等である。
先に、出家した者が、先に座るのである。

仏陀の、集団は、インドの中でも、特殊な集団として、認められていた。
だが、面白いのは、その弟子たちの多くが、最高位の、バラモンたちであるということだ。
賎民の出家者は、十を数える程度である。


ただ、仏陀滅後、集団の中で、差別が、生まれてきたことは、見逃せない。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ245

御ふみは常にあり。されど、この子もいとをさなし、心よりほかに散りもせば、「めでたき事もわが身からこそ」と思ひて、うちとけたる御いらへも聞えず。「ほのかなりし御けはひありさまは、げになべてにやは」と、思ひ出で聞えぬにはあらねど、「をかしきさまを見え奉りても、何かはなるべき」など、思ひかへすなりけり。

源氏からの文は、常にあった。されど、弟は子供である。もし、それを、落とすようなことがあれば、不運な自分は、また、さらに、不運に陥る。
それでは、あまりに、惨めであると、思う。
しかし、仄かに見た、美しい源氏の姿は、忘れられるものではない。
だが、恋は、同じ立場であるから、よいのであり、源氏の相手になるという、それは、無理なことである。
をかしきさまを見え奉りても
こちらの気持ちを知らせても
げになべてにやは
どうなることでもない、のである。
思ひかへすなりけり
反省するのである。


君は、おぼし怠る時のまもなく、心苦しくも恋しくもおぼしいづ。かろがろしくはひまぎれ立ち寄り給はむも、「人目しげからむ所に、びんなきふるまひやあらはれむ」と、「人のためにもいとほしく」とおぼしわづらふ。

それでは、源氏の方は、
君は、しばらくの間も、その人が忘れられないのである。
更に、気の毒にも思える。
恋しくも、思う。
かろがろしくはひまぎれ立ち寄り
自分がした行為に、女が、苦しんだ様子が、忘れられない。
人目の多い家であるから、忍んで会いに行くことは、出来ない。
自分のためにも、女のためにも、それは、出来ないことだ。

おぼしわづらふ
煩悶するのである。

しかし、源氏は、方角の障りになる日を、選んで、御所より、不意に気付いたように、紀伊の家に立ち寄るのである。

それは、あらかじめ、小君に、話てあることだった。

この巻の後半である。

小君を使い、手はずを整えていたが、結局

君は、いかにたばかりなさむと、まだ幼きをうしろめたく、待ち臥し給へるに、不用なるよしを聞ゆれば、あさましく、めづらかなりける心のほどを、「身もいと恥づかしくこそなりぬれ」と、いといとほしき御気色なり。とばかり物も宣はず。いたくうめきてて、憂しとおぼしたり。


源氏は、どのように、計らってくるのかと、頼みにするものが、少年であることが、気がかりであったが、寝ているところに、小君が、やってきて、駄目であることを、告げた。

あさましく、めづらかなりける心のほどを
女の、浅ましいほどの、冷淡な態度を、知り、私は、自分が、恥ずかしくてならないと、言った。
いといとほしき
気の毒に様子である。
暫く、物も言わないのである。
そうして、苦しげに、吐息をして、女を恨んだ。


源氏

ははき木の 心を知らで 園原の 道にあやなく まどひぬるかな

聞えむかたこそなけれ」と、宣へり。女も、さすがに、まどろまざりければ、



数ならぬ 伏屋におふる 名のうさに あるにもあらず 消ゆるははき木

と聞えたり。


ははきぎの こころをしらで そのはらの みちにあやなく まどひぬるかな

ははきぎの心を知らずに、園原の、道に誤り、戸惑いつついる、のである。

深読みすると、恋に迷い迷いして、その心の深みに、陥っているのである。

今夜の、この気持ちを、どう言っていのか、解らないと、源氏は、小君に言うのである。

女の方も、眠れずに、悶えている。

かずならぬ ふせやにおふる なのうさに あるにもあらず きゆるははきぎ

伏屋とは、地名である。
源氏は、その伏屋の森に、生える、ははきぎのように、居るにも、関わらず、逢ってくれないという。
女は、確かに、居ますよ。でも、その、ははきぎは、消えてしまいました。と、答える。

伏屋という、森に生えることの、憂さに、である。
この世は、憂き世と、観た、紫式部の心境を、そのままに、表す。

聞えたり、とは、それを、小君に、言わせたのである。


小君、いといとほしさに、ねぶたくもあらでまどひありくを、「人あやしと見るらむ」と、わび給ふ。

小君が、源氏のために、眠たいであろうに、行き来している様を、女は、人が怪しまないかと、危惧している。


例の、人々はいぎたなきに、ひと所すずろにすさまじくおぼし続けらるれど、人に似ぬ心ざまの、なほ消えず立ちのぼれりけるとねたく、「かかるにつけてこそ心もとまれ」と、かつはおぼしながら、めざましくつらければ、「さはれ」と、おぼせども、さもおぼしはつまじく、源氏「隠れたらむ所に、なほいていけ」と宣へど、小君「いとむつかしげにさしこめられて、人あまた侍るめれば、かしこげに」と、聞ゆ。いとほしと思へり。源氏「よし。あこだにな捨てそ」と宣ひて、御かたはらに臥せ給へり。若くなつかしき御ありさまを、うれしくめでたしと思ひたれば、つれなき人よりは、なかなかあはれにおぼさる、とぞ。


いつもの、従者たちは、酔って眠っている。
源氏は、眠られないでいる。
普通の女とは、違う、意思の強い人が、益々と、恨めしくなるのである。

さはれ
さはあれ、という。こうなっては、しかたがない。
そう思うが、また少しすると、恋しさが、募るのである。

「隠れている場所に、私を連れて行ってくれないか」と、源氏は、小君に言う。
「なかなか、開かない戸締りがしてあり、多くの女房たちもいます。そんなところに行かれるのは、もったいないことです」と、小君が言う。
小君は、源氏を、気の毒だと思うのである。

よし。あこだにな捨てそ
もういい。お前だけでも、私を・・・
源氏は、小君を、傍に寝させた。
若く美しい、源氏の横に、寝るということに、小君は、うれしくめでたし、と、思うのである。
それが、源氏にも、伝わる。

源氏は、小君を、なかなかあはれにおぼさる、と、思うのである。

最後の、とぞ、とは、ある人が語ったことだという意味である。

そのように、私は聞いたと、描くのである。

源氏が、小君を愛し始めていることが、解る。
この、小君の、存在が、私は、非常に重要に、思える。
女遍歴の影に、小君が、いつもいるのである。

なかなかあはれにおぼさる
無情な女より、可愛いと、訳す者もいる。

あはれにおぼさる
これ、愛情である。
体の関係がない、情の交わりを、友情などという。
しかし、それで、済ませることは、出来ない。

これについても、追々に、見つめてみる。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。