2008年07月13日

アボリジニへの旅 13 平成20年7月

1976年、アボリジニ土地権利NT法、が成立する。

政府は、北部準州、ノーザン・テリトリー全域を、アボリジニの土地権の請求を認める法律を制定した。

この法律は、アボリジニの出自を持つ人を、アボリジニとし、伝統に従い、特定の土地を使用し、占有できる権利をもつアボリジニのために、北部準州が、その土地を貸すというものである。

ここで言うところの、伝統とは、部族、個人の持つ伝承と伝説、儀礼や信仰である。
今も語り継がれる、ドリーミングをもち、ドリーミングに登場する儀式を、行っていることが、条件である。

この法律により、北部準州の、アボリジニは、土地返還請求をはじめた。
現在、二割程度の土地が、アボリジナルランドとして、アボリジニの所有になっている。

このことは、アボリジニたちの、神話の力が、土地を返還する上で、必要不可欠となったことである。私は、画期的なことだと、考える。

それは、この法律によって、他の地域でも、土地返還請求が、出されるようになったからである。
その時、その土地に、まつわる、ドリーミングを語ることができ、聖地などを、正確に伝承していることが必要になる。
神話が、ただの神話に留まらず、かつての、自分たちの土地に関する、権利を主張することの出来る、手立てとなったのである。

この、ドリーミングは、説明するに、実に、難しいことである。
後で、少し、私が出掛けた、ゴーブ付近に住む、ヨォルングたちの、ドリーミングについて、考察するが、文字で、説明することの、限界を、感じるものである。

つまり、アボリジニの知的水準は、恐ろしく高いのである。

土地返還に関しては、また、実に難しい問題がある。
それは、先祖代々、その土地を、所有していたという、証明を、文化人類学的知識をもっても、語ることが必要なことである。

問題は、アボリジニのことを、非アボリジニの人に、理解させるという、とても、大変な作業をしなければならないことだ。

ここで、青山晴美氏の、アボリジニで読むオーストラリア、から、引用する。

このプロセスは、科学的で西洋実証主義的な考え方と方法論により証明されなければなりません。・・・・

アボリジニ文化のように歌や踊りや神話として伝承され、文字ではなく語りとして受け継がれ、目に見えない精神性を重んじてきた文化を、西洋の実証主義によって判断し証明することには根本的に無理があります。アボリジニ自身が文化を分析し裁判所で口頭証言をしても、「白人」の裁判官からは信頼するに足りないとして却下されてしまうことがあります。結果として、本来アボリジニ文化に備わっていない信念や情報が構築される可能性もあります。まさに、アボリジニ文化の意味は、オーストラリア社会の複雑な力関係によってつくりだされているのです。

アボリジニの、あらゆる面を破壊しておいて、今度は、それを、出せという、その勝手都合の良さを何と言うべきか、私は、知らない。

さらに、問題なのは、都市に住む、アボリジニである。
彼らは、おおよそ、混血児である。
白人との、混血を、パートアボリジニとされ、定義されるアボリジニの枠に入らないということになっているのである。

問題は、より複雑化していく。

これ以上になると、非常に専門的知識を、必要としなければならない。

先の、青山晴美氏の、引用をする。

アボリジニ文化の新しい解釈によって、アボリジニであること、すなわちアボリジニ性は、社会的に構築されるものとして理解されるようになってきました。・・・・

人のアイデンティティや文化は、自然発生的で、変容することのない本質的なものだという理解をやめなければならないという意見が、アボリジニ学のヨーロッパ系学者のあいだからだされました。本質主義は、似非科学に裏付けられたレイシズム(人種主義)や、アボリジニ虐殺を容認した政治体制、そしてオーストラリアを含む多くの植民地体制の土台になったともいわれて批判されはじめたのです。

それは、大変に良いことであるが、結局は、それも、ヨーロッパ主導の、考え方である。
それを、待つしかないという、不合理である。

220年に渡る、白人支配、植民地政策の果てに、原住民の、あり方が、問われるという、不幸である。

しかし、後戻りは、出来ない。
更に、オーストラリアは、新しく、進んで行かなければならない。

私が、祈りを捧げた、聖地ガインガルも、まだ、その土地所有が認められていない。
しかし、街は、それを容認して、その聖地の保護を形ばかりでも、行っている。

少しは、アボリジニに対する、敬意があると、感じる。
しかし、その聖地を、その周辺を、生きたアボリジニの所有にすることが、急務である。
その時、私は、一つ考え方ことがある。
それは、他者が、結局的に、その聖地を、聖地として、認識し、そのように扱うことで、所有権の請求に弾みがつくのではないかということだ。

他者とは、私のように、日本から出掛けてきて、アボリジニの聖地に、巡礼するというものである。
それを、既成事実にしてしまう、方法ということもある。
実は、その、付近のヨォルングたちの、ドリーミングは、実に、複雑で、理解困難であることが、解ったのである。

私が出向いた、アーネムランドの、ゴーブは、ノーザンテリトリーの中でも、特殊な地域である。
ヨォルングという、グループの行動範囲は、他のアボリジニより、広い地域になっている。
さらに、幸運なことは、他の地域、アーネムランド以外の、地域は、一般の入植者が入る前に、保護区として、指定されたことにより、南部では、当たり前だった、白人の、暴力、虐殺を経ていないのである。

彼らは、この地域で、20世紀に入る前まで、他との接触を持たずに、数家族単位の集団で、季節ごとに移動し、離合集散を繰り返して、狩猟採取の生活を送ることができたのである。

それは、つまり、複雑な、伝承を維持できたということである。

現在、約五千人のアボリジニが暮らす。

ただ、私が、衣服支援に出掛けた、イルカラという場所は、ゴーブの町から、20分程度の所にあったが、そこが、鉱山開発のために、アボリジニたちが、強制的に、移住させられた場所である。

実は、そのから、土地所有請求の、また、土地権利運動のはじまりの、場所ともなったのである。

この、保護区に入るには、政府からの、許可書が必要である。
それを、受け付ける前段階がある。
それは、アボリジニによる。
私たちの、請求が、即座に受理されたのは、衣服支援という、ボランティア行動だった。
本当は、追悼慰霊の行為が、私には、主なのであるが、それは、中々、理解されない。

日本人でも、理解しないことであるから、あちらの人が、理解しないのは、最もなことである。

私は、先の大戦で、アボリジニの方々も、犠牲になった場所があるという、情報を得て、オーストラリア行きを、決定した。
はっきり言えば、オーストラリアという国には、何の魅力も感じなかった。

私が、行くと、決めたのは、原住民の犠牲者に対して、一体誰が、その追悼慰霊をしたのかということが、問題だった。
ダーウィンには、戦争記念館があり、日本軍に攻撃を受けて、市民が犠牲になったと、大々的に、うたうが、アボリジニの犠牲者には、誰もが、無関心である。
当然であった。
激しい差別を受けていた訳であるから、彼らが、死のうが、生きようが、どうでもいいのである。

無視された存在である。

私は、日本人として、その良心として、アボリジニの犠牲者のために、追悼慰霊の儀を行うべくの行動だった。

そして、それを、調べることで、アボリジニの歴史を、知ることになり、愕然としたのである。

和人が、アイヌ民族にしたこと、それ以上のことが、解った。

そして、今年、オーストラリア政府の、アボリジニに対する、正式謝罪と、六月には、日本政府が、アイヌ民族に対して、先住民族と、認める、国会決議を、行ったという、象徴的、事柄があった。

沖縄への、追悼慰霊の儀を、考えていた時でもあり、それらが、私の中で、結びつき、実に、多くのことを、学ぶことになった。

勿論、それは、私の仕事でもなんでもない。
私の個人的、活動であるから、お金になることもなく、学者ではないから、適当なことを言って、生活の糧を、得ることもない。

ただ、心の命ずるままに、行動を開始した。
そして、今、後戻り出来ないことになっている。

私の、聖地での、祈りと、追悼慰霊の行為は、ヨォルングの人には、何の抵抗もなく受け入れられたのは、彼らの常識にあるからである。

追悼慰霊の儀を終わり、一人のアボリジニの女性が、野中に訊いた言葉が、スピリットは、どうなったのか、という言葉だった。
その通訳を、受けて、私の方が、驚いた。

私が、天に昇ったというと、その女性は、安堵の表情で、頷いた。
とても、印象的だった。

複雑な、ドリーミングのことについて、後で、説明するが、それは、私の理解では、大和心と、同じものだった。

今、目の前にあるものは、先祖の夢である、という、考え方は、私を、絶句させたのである。


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 132

畢竟じていわく、居士の悟道するか、山水の悟道するか。たれの明眼あらんか、長舌相・清浄身を急著眼せざらん

ちょうぜつそう しょうじょうしんを きゅうぢゃくせざらん

このくだりは、まさに道元ならではで、朱筆ものです。
結局、居士は悟って山水と一致してしまった。とすると、悟ったのは居士なのか。悟った居士の姿が、もし山水そのものと一致するならば、居士が悟ったというよりも、山水が悟ったのだというほうが正しいのではないか。
栗太勇

こういうのを、悟り病という。
更に、言葉遊びという。

人間が悟ったという瞬間には、山それ自体、川それ自体が己の姿を表しているのであって、もはや人でもなく、山水でもない。煌々と輝く真実そのものがむき出しになる。
ならば、山水そのものが悟ったと言ってもいっこうに差し支えない。
栗田勇

悟りとは、真実の姿をあきらかにするという、妄想である。

この世に、真実など、あろうかう。
事実があるのである。

更に、このような、自然との一致などということ、今更である。
万葉集を、読めば解る。

一体、何ゆえに、このような、迷いに陥るのか。
それは、病である。
気の病なのである。

この、禅の言葉に騙されて、皆々、その気になっている様は、実に滑稽である。
つまり、知ったと勘違いするのを、知ったと、思い込むのである。
禅というものは、実に、愚かな、世界である。

そこに、真実だとか、仏だとかを、入れ込むと、一丁上がりである。
アホらし。

み吉野の 耳我の嶺に 時なくぞ 雪は降りける 間なくぞ 雨は降りける
その雪の 時なきが如 その雨の 間なきが如 隈もおちず 念ひつつぞ来る
その山道を
天武天皇御製

み吉野の、耳我り嶺に、止む時もなく、雪が降る。
間断なく雨が降る。
その雪が止む時もなく、その雨が絶え間なく降り続くように、山道を、思いに沈み、ひたすらに、歩いて来たことである。

思いつつぞ来る
これを、迷いと、禅者は、言うだろう。
生きるということは、この、思いつつ来る、行くことである。
雪にも雨にも、一体となり、思いつつ、行く、来るのが、生きるということであろう。
つまり、人生の捉え方である。

禅の、捉え方には、作為がありすぎる。

渓声山色の功徳によりて、大地有情同時成道し、見明星悟道する諸仏あるなり

十二月八日、明けの明星を見て、釈迦が、悟り、仏陀となるのである。

それに、真似て、空海は、明けの明星が、口に飛び込んできたというから、魔界関与である。

道元は、修行者として、最も、理想的な、坐禅というものを、行為した。
それは、釈迦の教えたものである。
そして、その坐禅は、出家者がするものであり、在家、つまり、一般の人のするものではなかった。
釈迦は、一般の在家というか、在俗の人には、それを、勧めていないのである。

釈迦の教えの、八正道という、物の見方、考え方がある。
その最後に、正定というものがある。
しょうじょう、である。
それは、出家者のものである。
それほど、正定は、難しいことである。

道元も、弟子たちのために、教えを書いたのであろう。
今、しかし、それを、一般の者たちが、読む。

私も、それで、批判する。

しかし、釈迦が、仏陀となった、悟りというものを、誰も、知ることは出来ない。
極めて個人的な、情緒である。
更に、大乗仏教では、その仏陀を神格化して、ついに、神様のように、扱い、対立させて、仏陀、そして、仏という存在を、置いた。
一神教と、変わらない。
だが、こうも言う。
仏と、仏と、釈迦という仏陀は、違うのであると。
数多の仏が、永遠の仏陀として、存在する。
釈迦も、その一人である。

久遠実成の、仏というものがある。
釈迦も、その仏に向かう仏である。

道元は、更に、釈迦の悟りの、時、それを、禅では、機ともいう。
禅機である。

山も時なり、海も時なり、時にあらざれば山海にあるべからず

「有時」の「有」とは存在のことであり、「時」とは時間のことです。つまり「存在と時間」といえばドイツのハイデッカーの著作の名前とまったく同じです。彼やフランスのサルトルなど二十世紀の実存哲学者の思想を、道元は何百年の昔にすでに先取りしているのだから驚きです。

存在と時間などというとむずかしく聞こえますが、基本的には、時間というものは二つあるということです。一つは時計の針が指し示していく客観的、物理的な時間。もう一つは、おもしろさに時を忘れるというように、時計の針とは無関係な、主体的な時間というものがある。
栗田勇

松も時なり、竹も時なり、時は飛去するとのみ解会すべからず
道元

ところが道元は、飛躍的というか独特の考え方をしている。実は、時間についてあれこれ考えているわれわれ自身、実際は時のまっただ中に投げ込まれているのだということをまず言う。そういう観点でみれば、仏法といい、悟りという真実の法則は、皆、時が姿を現したものである。世の中のありとあらゆる現象は実は時間そのものが姿を現したものである、形をとったものであるという考え方が出てくる。
栗田勇

時は、流れるものではなく、様々な、在り方の根本であるという、考え方になるという。

山も、海も、時そのものであるというのだ。

このように、どんどんと、迷いの道に入り込むのである。

それならば、松尾芭蕉の言う、松のことは、松に、竹のことは、竹に聴けという、言葉の方が、実際的である。

もし、道元が、仏法に迷わずに、大和言葉で、その、思想を語れば、実に、有意義な、哲学、思想を、生むことが出来たと思う。

道元は、釈迦の唯一の教えとしての、禅と認識した。
それは、つまり、釈迦の悟りの、あの時を、求めたということである。
そして、耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び、釈迦の、その時の、機を求めた。
それが、道元の著作のすべてである。
これは、確かなものなのであると、何度も、繰り返し、繰り返し、確認するために、飛躍的な、言葉の数々を吐いたのである。

釈迦の悟りの、ある機は、去ってはいない。今も、その時である。今も、その機である。
実に、真面目である。

道元の、本質は、生真面目なのである。
坐禅という、一つの修行方法が、とても、道元には、合っていたのである。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ243

源氏

つれなきを 恨みもはてぬ 東雲に とりあへぬまで 驚かすらむ
つれなきを うらみもはてぬ しののめに とりあへぬまで おどろかすらむ

女、身のありさまを思ふに、いとつきなくまばゆきここちして、めでたき御もてなしも何ともおぼえず、常はいとすくすくしく、心づきなしと思ひあなづる伊予の方の思ひやられて、夢にや見ゆらむと、そら恐ろしく、つつまし。



身のうさを 嘆くにあかで あくる夜は とり重ねてぞ ねも泣かれける

ことと明かくなれば、障子口まで送り給ふ。内も外も人さわがしければ、ひきたてて別れ給ふほど、心細く、隔つる関、と、見えたり。


この前の文では、源氏が、もう、女と、付き合いが出来ないことを、嘆くというシーンがある。そして、泣くのである。
そして、歌を詠む。

あなたが、取り合ってくれないという、つれなさ。
すでに、夜が明ける。私は、大いに嘆く。

女は、身の有様を、考えて、身分の違う、源氏との関係を、戸惑い、それを、喜ぶことができないでいる。
更に、愛情のもてない、夫の伊予の国を、思い、複雑な気持ち。
この人との付き合いを、続けるという、夢を、一瞬でも、思うことは、恐ろしいことであった。

身の憂さを、嘆くと共に、夜が明ける。
思い出しても、それは、悲しいのである。

次第に、明るくなり、女を、送る源氏である。
奥の方の人も、こちらの、縁の人も、起き出している。

心細く、隔つる関、と、見えたり。

別れの、言葉である。
隔つる関、なのである。
関は、別れの、際である。

越すに越せない、大阪の関、とは、よくいったものだ。

恋は、関によって、隔てられ、峠を越えることによって、成就する。

あなたと越える峠道
いつかいつかと、待ち望み
この日を夢見て生きてきた

と、演歌となる。

四方山話も、昔は、物語すると、言った。
物語は、面白くなければ、いけない。
小説の登場であるが、矢張り、物語である。それも、面白くなければいけない。

悲しくて、面白い。楽しくて、面白い。
この、面白いものとは、もののあわれ、の、一つの心象風景である。


月は有明にて、光をさまれるものから、顔けざやかに見えて、なかなかをかしきあけぼのなり。何心なき空の気色も、ただ見る人から、艶にも、すごくも、見ゆるなりけり。人知れぬ御心には、いと胸いたく、「ことづてやらむよすがだになきを」と、かへりみがちにて、出で給ひぬ。

有明の月とは、夜が明けても、出る月である。
残月ともいう。
朝の光に、すべてのものが、照らされる。
なかなかをかしきあけぼの
不思議な、面白い、夏の朝である。
何心なき空の気色
何心なき、とは、実に、微妙な表現である。言えば、我のみ知る心持である。
それは、身に染む、いや、心身に沁みる、風景である。
更に、言伝さえ、出来ない相手なのである。
その方法が無いという、虚無感。
そして、去って行く。

何心なき空の気色、とは、様々な場面で、私たちは、経験する。
何も、恋ばかりではない。
人と人の関係の中で、それを、感じる場合もあり、物や風景の場合もある。

何かしら、所在無き、心の様。
しかし、深い思いに充ちる。

悲しみが、深ければ深いほど、所在の無い心の様に、なってゆくこともある。
この、何心、とは、何か。
それを、捜し求めて、紫式部は、物語を描くのである。

深い思いを、言葉に出来ない、それが、もののあわれ、の、一つの風景である。

それを、何心と、言う。
正に、残月に、掛ける、残心、ざんしん、である。

残心を、名残とも言う。
名残の雪、名残の月、名残の花、名残の思い。
ありとあらゆるものに、通じるもの、それが、もののあわれ、というものである。

なかなかをかしきあけぼのなり
これを、現代文にするのは、ひじょうに難しい。
だから、私は、原文を読むしかないという。

外国語を、翻訳で読むというものとは、全く別物である。
大和言葉の、その、有様を、読むのである。

艶にも、すごくも、見ゆるなりけり
何を見たのか。
朝の風景である。
その、風景に、託す思いというものを、日本人は、長い間、培ってきたのである。
目の前の風景は、心、そのものであった。

私は、オーストラリアの、アボリジニの、精神を伝え聞いて、仰天した。
今、目の前にある風景、自然は、先祖の夢なのであるという、物の見方である。

先祖の夢が、今、目の前にあると、思いつつ、生活するという、その、民族の精神の高さである。

感動というより、絶句した。

それ、大和心ではないか。
それこそ、大和心ではないか。

先祖の夢が、今、目の前にあるという。その心こそ、大和心、大和魂の、そのものである。

私は、伝承と伝統こそ、守らなければならない、唯一のものと、考える。
私は死ぬ。
しかし、私の思いは、自然に現れる。
素晴らしい。
言葉が無い。
故に、言挙げしない。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。