2008年07月12日

アボリジニへの旅 12 平成20年7月

アーネムランド、ゴーブにて、詠む歌

風乾く ただ今ゴーブは 冬という されど椰子の木 夏の如くに

二十歩の 街の中心 タウンという 我が故郷の 町よりも小

アボリジニ 焚き火して 食う男たち 昔を偲ぶ 伝承(つたえ)にありて

聖地から、戻って、街に向かう時に、三人のアボリジニの男たちが、焚き火をしているのを見た。
ヨーと手を挙げて、挨拶し、近づくと、一人の男は、眼が不自由だった。
私たちを、誰か知らないと、思い、私は、日本人です。今、聖地で、祈りましたと言った。
すると、一気に顔が和らぎ、私たちを、受け入れる。

焚き火には、スーパーで買ったと思える、牛肉を、焼いていた。
肉を切るものは、缶を壊して作ったものである。
器用に、それで肉を切る。
私たちの水を少し欲しいと言うので、ボトルのまま、差し上げた。
すると、缶の中に水を入れ、その中に、肉を小さく切って、入れ、それを、焚き火の上に置いた。

少しばかり、そこに、いたが、別れて、街に向かった。

仕事なく、やることなく、飼い殺しにされている様である。
政府の、支援金で、生活するという。

時々に、道端で、アボリジニの人々に出会った。
ヨーと、挨拶すると、誰もが、挨拶を返す。

新しき 学説出たる 人類の 祖先はここの アボリジニになると

民族の すべての特徴 備えたる アボリジニなり 歴史覆る

オセアニア アジアに近き ゆえなれば アジアと共に 歩めかしとぞ

発見されたから、古いとされる。
見いだされないものは、無いものである。
それが、考古学の限界である。

今どこか さらに眠れる 古きもの それありて知る 歴史ゆえに

歴史も、人の創造である。

さて、アボリジニを苦難の極みに、導いた、独善、傲慢な、宣教師たちの、有様を言う。

宣教師たちは、アボリジニの大人を、改心、改宗させることの、難しさを知り、スムーズに、キリスト教徒にすべく、子供に注目する。
そして、強制的に、親から子供を手放すように仕向けたのである。

子供たちは、遠く離れた、教団施設に、送られることになる。
サリン事件の、あの教団を、思い出させる。

これは、アボリジニの、完全崩壊に、結びつく。
世代から世代へと、受け継がれるべき、伝承の子供たちが、いなくなるのである。

子供たちは、全く異質の、文化的環境に置かれ、アボリジニの儀礼、儀式、伝承を、学ぶことが、できなくなったのである。

教団ごとに、運営される生活は、多少の違いがあっても、キリスト教という、枠の中、ヨーロッパの文化という、枠の中に入れられて、更に、洗脳されることになる。
子供たちは、アボリジニと、ヨーロッパの文明の、中で、隔絶されるのである。
つまり、どちらにも、属せないという、悲劇である。

アボリジニの若者は、英語を話し、西洋の服を着て、西洋文化を、善と教えられて、そのように、行動する以外に道はなかった。
それを、見た、アボリジニの長老たちは、絶望した。

重要な、親族関係のつながりが、崩壊することになる。それは、アボリジニの根本的な、崩壊である。

更に、食生活である。

宣教師が、配布する、小麦粉と、紅茶が中心になり、狩猟採取民としての、バランスの取れた、食生活が、崩壊したのである。

宣教師から、配布される食料によって、白人に依存する生活が、当たり前となる。
自然と一体となって、生きていた、アボリジニが、その伝統から、切り離されてゆくのである。

イギリス人が、紅茶を飲むのは、その、劣悪なイギリスの水のせいである。彼らの飲む水は、泥水のようであり、臭いのである。これを、誤魔化すために、紅茶を用いた。
茶の歴史には、そんなことは、書かれていない。
インドからの、茶葉を、紅茶にしたのが、イギリスだというが、それは、苦肉の策だったのだ。

その、食生活が、いかに、不健康なものであるか。
キリスト教精神も、不健康であるが、それも、実に、不健康を、もたらした。
紅茶に、砂糖を、たっぷり入れて飲むようになり、それが、今、多くのアボリジニを、糖尿病にしている。

砂糖の加減が、解らなかったのだ。

若者たちの、指導者が、宣教師になったことは、アボリジニの長老たちの、資格も、剥奪することになる。

アボリジニを、絶滅から、救うという名目で、アボリジニの文化を、破壊するという、キリスト教の神、本来の、姿を、現したといえる。

怒りと、嫉妬と、呪いの神である。
人間を、追い詰めて、追い詰めて、そして、赦しを与え、支配するという、手口は、悪魔のやることである。

更に、それは、白人入植者たちの、土地獲得を、有利に進めることにもなったのである。
要するに、宣教師たちは、アボリジニの子供を、飼ったのである。

今、現在も、このキリスト教の、布教精神が生きていて、同じ事を、様々な土地、国で、行う。
彼らの言う、アガペの、無償の神の愛という、お説が、いかに嘘であるかが、解る。
やり取りなのである。要するに、取引である。
決して、無償ではない。
助けます、しかし、神を信じなさい。そして、我々と、同じように、生きることなのですというのである。

イギリスの食事は、今でも、世界的に、最低の食事である。
イギリス料理などというものは、無い。

フランス料理は、ベトナム、ラオスによるもの。
中華料理は、日本の、会席料理によるもの。
イタリア料理は、おおよそ、イタリアによる。
アラビア料理は、アラビアによる。

実際、欧州という土地は、また、イギリスも、豊穣ではない。
彼らが言うところの、文化、文明などは、ほんの少しの間のことである。
中国、インド、アジア各国、日本などの、文化、文明の、足元にも、及ばない。
ただし、中国の場合は、共産党が、悠久の歴史を、抹消して、善しとしているから、アホも程が過ぎるが、目も当てられない状態である。その、漢字文化は、日本にて、花開いている。

インドの、現在の貧しさは、イギリス統治が、原因である。
何もかも奪い、産業革命なるものを、為したのである。
あれは、イギリスが、起こしたのではない。植民地から得た、財によって成ったのである。

歴史を、書きなおすべきである。特に、日本の教科書の、世界史を、書きなおす必要がある。

次に、私は、これからの、オーストラリアの国としての、取り組みを、検証する。
今、オーストラリアは、国の神話を、求めて、さ迷う。
その神話造りには、アボリジニが、欠かせないのである。
今年の新年に、政府が、アボリジニに、正式謝罪したのは、大きな訳がある。

国家を、造るものは、精神である。その精神の、大元に、神話が必要不可欠である。
つまり、国家幻想を、持たない国は、続かない。
ソ連が、崩壊したように、神話と、国家幻想を、もてない国は、崩壊する。

ここで、一つ余計なことを、言う。
国家幻想は必要だが、宗教による、妄想は必要ないということである。
国家、国境を超えて、宗教は、それぞれ独自の、妄想を、人々に与えて、その教線を、広げる。

国家と、違うのは、国家を造る、民族の神話的幻想であり、宗教は、対立を生むもの以外の何物でもない。
民族と、宗教が、手を組むと、どんなことになってきたかは、歴史が、教える。

民族の伝統としての、宗教的情操ではない。
私が言うのは、宗教として、単独の、妄想を、掲げることと、民族が結び合うことである。
それは、独善になり、他を、排斥して、善しとする。

ユダヤ教は、ユダヤ人の宗教であるが、これが、ユダヤ教のみ、取り出して、世界を、裁いたとしたら、どういうことになるかは、見ての通りである。
ユダヤ人が、伝統として、その民族の情操にあるものとの、意識にある、ユダヤ教であれば、何の問題も無い。
しかし、彼らは、唯一の神から、選ばれた、民族であると考え、それを、世界に押し付けようとする時、どんなことになるか。

更にである。
唯一の神を奉ずる者として、活動する、キリスト教が、行う、世界の判定は、世界を混乱に陥れるだけである。

更に、その、キリスト教も、一枚ではない。
カトリック、プロテスタント、英国教会、ギリシャ正教、等々。

もう一つ、唯一の神を、奉ずるイスラムである。
そのイスラムが、徐々に、世界に侵食している様、ありありと見える。
そして、それは、政治的行為も為す。
宗教と政治が、結びつくと、どのようなことになるかは、見ての通りである。

西洋の中世を、見れば解る。




posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 131

禅は、ボダイ・ダルマの渡来にはじまる。

達磨と、書かれて統一された。

この、ダルマには、二つの顔がある。
一つは、六世紀のはじめに、北魏の首都である、洛陽にやって来た、風変わりな、外国僧である。
もう一つは、禅の、始祖としての、中国僧の顔である。

互いに、矛盾する、顔が、弟子たちによって、絡み合い、固有のイメージと発展する。

ボダイ・ダルマの最古の記録は、550年頃、洛陽近郊にある町の、首長であった、楊衒之、ようげんし、が、編纂した、洛陽伽藍記である。
この本は、かつて、洛陽に甍をつらねた、1367箇所の寺院が、北魏末の、あいつぐ天災戦火で灰燼となったことを、悲しみ書かれたものである。

その中で、ダルマは、洛陽随一の、永寧寺の条に、神異な姿を現すのである。

ダルマの伝記の、もっともまとまっているものは、唐の貞観19年より、十年を経て、完成する、続高僧伝である。655年。

この本は、ダルマと、集った弟子たちの、対話を、断片的に、集録したものである。
続高僧伝は、これが、素材であったという。のちに、禅の思想と、歴史が、発展して、本自体は、低い評価しか得なくなる。

その中に、ダルマの言葉を記録した、本が流布していると、書かれる。それが、敦煌文書の、二入四行、である。

敦煌本が、発掘されて、続高僧伝は、評価を逆転させることになった。

この本は、現存最古の、禅の語録とされるのである。

二入四行では、ダルマは、三蔵法師として、呼ばれている。経律論の、三蔵を中国に伝えた、インド僧である。
これまで、達磨三論、小室六問などが、読まれたが、二入四論も、その中に入っている。

大半は、唐の、中期に、ダルマに託して、つくられたものである。
中でも、達磨無心論は、代表的なものである。
後で、それを、読むことにする。

ダルマに、はじまる、中国禅は、大乗禅、最上禅、如来清浄禅、頓悟禅などと、呼ばれる。

そのころ、ボダイ・ダルマなるものがあり、教化を旨とし、江洛の人々を、導いた。その大乗壁観の説は、功徳もっとも高く、人々は帰依して市をなした。しかし、言葉は難解で、よく判るものが稀であった。その信仰をおしはかってみると、絶対否定の心があとに残り、その主張をよく考えてみると、功徳のねがいは完全に超えられている。
続高僧伝

ダルマの教えは、容易に人に受け入れられなかったという。
哲学的、観念的であった。

仏陀滅後、千年を過ぎている。
仏陀の教えも、当時の、バラモンなどに、影響されている。つまり、禅というものも、仏教に影響されて、出来た、新宗教である。

仏教を母とするであるから、当然、目指すは、仏という、境地である。
だが、それは、実に、今までの、仏というものの、捉え方と、異なるのである。
私は、そう思う。

600年代とは、玄奘三蔵法師が、天竺に渡り、そして、帰国して、唐の太宗に保護されて、経典の翻訳に、没頭していた時期である。
ダルマの、出現は、そのすぐ、後である。
それ以後、中国仏教は、花盛りとなるのである。

ちなみに、日本人として、玄奘に師事した僧は、唯一、道昭である。玄奘の、法相宗を、日本に持ってきた。

ダルマの教えは、こうである。
二入とは、理入と、行入があり、行入は、さらに、四つに分けられる。
入、とは、悟りのことである。

第一の、報怨行は、すべての苦しみの元は、前世の悪行によるものと、思い、耐えて、怨みの念を抱かぬ行。
第二の、隋縁行は、ものは、すべて因縁であり、無我であると、観じて、一時的な感情に、動かされない行。
第三の、無所求行は、貪着の心を捨てる行。
第四の、称法行は、一切皆空の理を信じて、善行を行じて、しかも、これに囚われない無心に、徹する行。

ダルマの、行為は、般若の実践であった。
般若とは、透徹した智慧のことである。
普通の、知恵が、物を覚え、ものを、比較して価値を追うのに対して、般若は、つねに、心を空にする実践である。
坐禅は、その方法である。

ここで、感じるのは、南インドの、龍樹の考え方である。
般若は、知恵、そして、空という、考え方、龍樹を思い出す。
ダルマも、南インドの出である。

いずれにしても、心の乱れを前提にして、坐禅ははじめて有意義となる。手段を目的視すると、本来自由な心をみずから縛ることとなる。それは、坐禅の目的に反する。したがって、坐禅の実践には、どうしてもそうした心の本質論が前提される。こうして心をどうみるかによって、坐禅の仕方はおのずから二つに分かれる。心の散乱、動揺に対処するものと、本来清浄のところに立つものとの二つである。前者を小乗、後者を大乗に擬してよいであろう。ダルマが理入と行入の二つを分ける真意が、そこにある。理入にもとづいて、行入の一つ一つを有意義ならしめようというのである。
柳田聖山

大乗の坐禅は、心の哲学とその独自の実践をもとめる。そして、ダルマを始祖とする禅の思想は、そうした要求に沿って展開してゆく。
柳田聖山

ダルマは、いつも、壁に向かって坐禅したという。
これを、壁観という。
心を、壁の如く、木石の如くなるように、心を内に向けるものである。
坐禅とは、我の内を観る行為である。

これは、実に、インドの伝統行為であると、思う。
インドという地の有り様を、もって、出来上がった行為である。

実に哲学的であり、仏陀もまた、そのような風土の中で、あることに、気付いた一人である。

龍樹も、仏は、方便だった。
禅というのも、仏というものは、方便だった。

その、哲学を語るための、方便としての、仏である。
兎に角、中国禅が、ダルマから、出たということである。

それが、我が日本に、伝えられる。
更に、それが、生成発展し、大和心が、加味されて、禅という、新しい宗教形態が、生まれる。
仏というものの、境地を目指して、である。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ242

皆しづまりたるけはひなれば、かけがねを試みに引きあけ給へれば、あなたよりは鎖さざりけり。凡帳を障子口には立てて、火はほのぐらきに、見給へば、唐櫃だつ物ども置きたれば、乱りがましき中を、分け入り給へれば、ただひとり、いとささやかにて臥したり。なまわづらはしけれど、上なるぬ押しやるまで、求めつる人と思へり。

源氏は、女房たちが、皆寝静まった頃に、掛鉄を外して、引いてみると、障子は、開いた。
向こうからは、掛鉄が、かかっていなかったのである。
そこには、凡帳が立ててあり、仄かな灯の灯りで、物が見えた。
衣装の箱などが、乱雑に置かれてある。
源氏は、その中を、分け入り、歩いて行った。
小さく、一人の女が寝ていた。
なまわづらはしけれど
やましく思いつつ、である。
顔を覆った、着物を、源氏が手で引きのける。
女は、先刻呼んだ、女房の中将が来たと思った。

この時、源氏は、十七歳の夏である。

人妻との、関係を持つ瞬間である。

いとささやかにて臥したり
その女に、源氏は、恋を賭ける。

昔の、十七歳は、今の、二十七歳と、思えばよい。

私は、万葉の時に、恋とは、人生、そのものであると、言った。そして、恋とは、そのまま、性であると、言った。
私の言う、セックスは、性器セックスではない。
情の交わり、心の交わり、心身共に、触れ合う交わりである。

和泉式部のセックスは、契りて、と言う。

人と、触れることにより、我にあるもの、我にある、心の様を見いだすのである。
万葉は、そのような時代であり、さらに、紫式部は、それを、もって、物語を書くのである。

人が求めえるものは、人の情けであろう、という。
それ以外に、何を求めるというのだろう。また、求め得られるというのか。

紫式部は、細に渡り微に渡り、恋を描くのである。
性器セックスを、描くのではない。
それは、本居宣長も、そのように読んだ。

恋というものに、まつわる、悲しさともいうべき、人のあはれ、というものを、描くのである。


源氏「中将めしつればなむ。人しれぬ思ひのしるしあるここちして」と宣ふを、ともかくも思ひ分かれず、ものにおそはるるここちして、「や」とおびゆれど、顔にきぬのさはりて、音にもたてず。源氏「うちつけに、深からぬ心のほどと見給ふらむ、ことわりなれど、年ごろ思ひわたる心のうちも、聞え知らせむとてなむ。かかる折りを待ちいでたるも、「さらに浅くあらじ」と、思ひなし給へ」と、いややはらかに宣ひて、鬼神もあらだつまじきけはいなれば、はしたなく、「ここに人」とも、えののしらず。


源氏は、あなたが、中将を呼んでいらしたから、私の思いが通じたと、思いました、と言いかけた。女は、何者かに、襲われる様子で、驚く。
「や」というつもりなのだが、顔に夜具がかかり、声にならない。
源氏が言う。
うちつけに、深からぬ心のほどと見給ふらむ、ことわりなく
突然のことのように、思われるでしょうが、違います。
前から、あなたを、思っていました。
それを、聞いていただきたいと、この機会を、待っていたのです。
さらに浅くあらじ
深い縁である、というのか。前世の縁というのか。
いずれにせよ、女を、口説くための、言葉である。

未だに、男は、女を口説くのに、深い縁だという。
一度限りの関係でも、である。

源氏は、柔らかい口調で言う。
当然である。女を、口説くのに、無粋な態度ではいけない。
鬼神、神さまでも、この方には、寛大な態度で、接するだろうという、美しさであるという。
知らぬ人が、こんな所へとも、言えないのである。
罵ることが、出来ないのである。

源氏の美しさは、格別である。
美とは、許される存在なのである。

紫式部は、自分の顔を人に見られるのが、事のほか嫌だった。
その歌を、読むと、解る。

その、紫式部が、源氏を、女に勝る美しさと、描いたのは、何故か。

美は、鬼神さえも、黙らせる程の、力があるというのである。
美、というものに、適うモノは無いのである。
紫式部が、源氏の老いさらばえた姿を書くことなく、未完にした、訳である。

紫式部が、追求した、美、というものを、人は、未だに求めて、さ迷うのである。


心地はたわびしく、あるまじき事と思へば、あさましく、女「人たがえにこそ侍るめれ」と言ふも、息のしたりなり。消えまどへる気色、いと心苦しく、らうたげなれば、「をかし」と見給ひて、

女は、情けないと思うのである。
あるまじき事
つまり、そんな、ふしだらなことが、あってはならないのである。

女は、人違いでは、と言う。
それも、息よりも、低い声である。
消え惑える様子の女。
心苦しく、うらたげなれば、とは、可憐な姿か。
兎も角、男心を、曳き付ける様子である。

現代文に、翻訳する者、それぞれである。

男に、寝ているところを、襲われるということ、当時は、当たり前のことである。
更に、それは、一種の喜びともなる。
ただ、しかし、目の前の人は、あまりに、美しい。

源氏「たがふべくもあらぬ心のしるべを、思はずにもおぼめい給ふかな。好きがましきさきには、よに見え奉らじ。思ふ事少し聞ゆべきぞ」とて、いと小さやかなれば、かきいだきて、障子のもと出で給ふにぞ、求めつる中将だつ人、きあひたる。源氏「やや」と宣ふに、あやしくてさぐりよりたるにぞ、いみじくにほいみちて、顔にもくゆりかかるここちするに、思ひよりぬ。あさましう、こはいかなることぞ、と、思ひまどはるれど、聞えむかたなし。


源氏は、違うわけがないではありませんか、と言う。
恋する私の、思いが、充ちて、あなただと思い、来ました。
あなたは、知らぬ顔をされる。
普通の、好色の男がするような、ことはしません。少しだけ、私の心の内を、聞いてくだされば、いいのです。
小柄な女を、かき抱き、障子の前に出て来ると、先ほど、呼ばれていた、中将の女房が、向こうから来た。
「やや」と、源氏が言うと、不思議に思い、探り寄って来た。
その時、源氏の、香を焚きこめた衣服の香りが、顔に吹きかかる。
中将は、これが、誰であるかを、知った。
そして、何事かも、知った。
しかし、どうなることかと、心配するが、何も言えないのである。

この顛末は、実に、巧いのである。
紫式部の筆である。

おろかならず、契り慰め給ふこと、多かるべし。

ありしながらの身にて
男と女の契りの関係である。

性の交わりを、現代文に訳す、作家の多くは、この、紫式部の筆を、再現できずに終わる。
大和言葉である。
そのままにして、読むことである。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。