2008年07月11日

アボリジニへの旅 11 平成20年7月

オーストラリアに、移住した人々は、どのようなことを行ったかである。
その行為は、一言、野蛮である。

アボリジニを、野蛮というが、言う彼らの行為の方が、もっと野蛮である。
土地の奪い合いによる、戦いである。

しかし、アボリジニに対する暴力を、彼らは、正当化する、屁理屈を持っていた。
社会進化論と、偽の科学である。さらに、ダーウィンの、進化論などを利用するもの、等々である。

タスマニアの政府委員会では、野蛮人の生活をほんの少しでも、考慮することは、価値のないことである。
そして、ある牧場主は、アボリジニを殺すことと、野生の犬を殺すことは、同じことである。
アボリジニは、野獣に似ているので、殺すのが適切である。
激しい、人種差別は、先住民から、土地を奪う、実に便利な口実になったのである。

初期の、移住者たちは、人間の中で、最低の知能と文明しか、持たず、獣に近いものとして、残虐行為の限りを尽くした。

白人と、アボリジニとの関係が、二世代目を迎えた、1850年代は、さらに、悲劇的である。

これから、キリスト教の、アボリジニ対する、独善の限りを尽くした、赦されない、行為を、書く。

キリスト教は、アボリジニの精神的破壊を、推し進めたのである。

アボリジニをキリスト教徒にするために、宣教師たちは、教団施設に収容することを、思いつく。
18世紀後半から、19世紀初頭にかけて、欧米では、福音主義運動というものが、起こる。
それが、また、偽善的で、植民地的侵略や、奴隷状態に置かれる、先住民を、悲劇から救い、キリスト教徒のすることだという、独善行為である。

白人の暴力から、救う避難所を与え、アボリジニを異教徒として認識し、その文化を、理解することなく、破壊するという行為である。

最も、悪行は、アボリジニの、儀式、伝承、その精神性を、破壊するという行為である。

この精神は、今も変わらずにある。
一方で、物理物質的支援を続け、一方では、その精神性を、破壊するという行為である。
これほど、不純な行動は、無い。
しかし、知能の低い、キリスト教徒には、それが、解らないのである。
我らは、正しいと、信じている。
これを、手のつけられない者と言う。

キリスト教宣教師の、アホ、バカ、間抜け振りを現すものに、布教に当たり、アボリジニが、キリスト教の恩恵を受けるに値する者か、否かを議論したということである。

呪いの好きな、旧約聖書の中に、ハムの呪いというものがある。
ノアの箱舟の記述にある。
箱舟から出た、ノアの息子たちは、セム、ハム、ヤフェトである。
この三人が、世界の人の大元であると、考える。

ハムには、カナンという息子がいた。

ノアが、葡萄酒を飲んで酔っ払い、天幕の中で、裸で寝ていた。
それを、ハムが、二人の兄弟に告げると、二人の兄弟は、着物を持ち、後ろ向きに歩いて、父の裸を覆う。
二人は、父の裸を見なかった。
それだけである。

酔いから醒めたノアが、言う。
カナンは、呪われよ。
奴隷の奴隷となり、兄たちに仕えよ、である。

セムの神、主をたたえよ。カナンはセムの奴隷となれ。神がヤフェトの土地を広げ、セムの天幕に住まわせ、カナンはその奴隷となれ。

実に、意味不明であるが、呪いである。

よって、ハムは、アフリカを中心とする、人類の先祖とされ、アボリジニも、アフリカと、結び付けて考えたという、お粗末さである。
黒い肌の人は、罪を犯した報いとして、奴隷となるように、運命づけられているという、ものである。

ハムは、父の裸を見たから、呪われたのか。そして、その息子のカナンに、呪いがかけられるという、不思議である。
カナンを末の息子と、呼んでいる。孫であるが、そう呼ぶのである。

兎も角、19世紀の、宣教師たちは、アボリジニを、キリスト教徒にすること、文明化すること、と、目的を定めた。

アボリジニの文化、言語、儀式等などは、すべて、否定されたのである。

大陸の南半分は、1850年代にヨーロッパ人に、占領されていた。
それから、開拓者たちは、いよいよ、北へと、押し寄せることになる。
それは、アボリジニから、土地を奪い、アボリジニを殺すことだった。

白人の、持ち込んだものは、伝染病と、アルコール、そして、アボリジニ女性に対する、強姦である。
アボリジニの、人口激減の有様である。

1900年代に入ると、アボリジニは、壊滅する、人種と見なされる。

フロッドシャム司祭の言葉。
アボリジニは消えつつある。伝道の仕事は、死に行く人種の枕元で、困難を取り除いてやることだけだ。

ここには、アボリジニは、死ぬ運命であるから、キリスト教徒に改宗させることで、せめて、死後、天国に行くことができるようにと言うのである。

旧約聖書の神が、最も嫌う傲慢さと、偽科学の、考え方である、自民族中心主義、エスノセントリズムというものが、ある。

更に、その傲慢極まりない行為に、拍車をかけたのが、アボリジニ親子の分離政策である。

その前に、再度、アボリジニの、精神文化を言う。

その、世界観は、実に知的レベルの高いものである。
包括的で、全体的であり、関連的である。それは、人間と、他の生命や、自然は、分離しないというもの。
多種多様な、生き物は、すべての自然の有様と、共にある。
人間の有様は、その行為自体に、時間と空間を超えた精神的、宇宙的秩序の表現であるとされる。
それらを、儀式や、歌、儀礼、ドリーミングという方法によって、親から子へと、伝えられる。また、それぞれの、グループ内で、伝えられる。

排他的、キリスト教の考え方とは、雲泥の差がある。
キリスト教では、平和を求められないが、アボリジニの考え方では、平和を、求められるのである。

キリスト教徒が、祈る平和は、自民族の平和であり、異民族、異教徒の平和は、無い。
根本から、違うことが、解る。
しかし、今に至っても、キリスト教徒の頭の程度は、進化しないのである。
これ程、愚かで、野蛮な人種も無いものである。

彼らは、早々に、彼らの妄想する、天国に行くべきであると、私は考える。
または、地球の外で、布教活動をして、堂々と、その、偏狭極まりない、教えというものを、広めるとよい。

私の、慈悲の思想から言えば、
糞して、死ね、というところである。


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 130

道元が、宋に渡り、天童山景徳寺の如浄から、伝え受けたものは、止観打坐、である。

典座教訓の中に、道元が、宋に渡り、最初に出合った二人の老いた、典座との対話を書きとめている。

若き道元が、夏六月に、炎天下の中で、笠もつけずに、汗を吹くこともなく、ひたすら、仏殿の前で、苔を乾している老僧との会話である。

道元
お幾つですか。
典座
六十七
道元
どうして、助手を使わないのですか。
典座
彼は、私ではない。
道元
あなたは、真面目すぎる。日差しも強い。どうして涼しい夕刻にしないのですか。
典座
いったい、何時を待てばよいのだ

つまり、今という、その時、以外に無いというのである。

道元は絶句する。
禅は、私がすることである。他の人に代わってするものではない。

もう一人の、大衆に食を供養するため、身を粉にして、働く典座との会話

道元
そのお年で、どうして、坐禅弁道せず、古人の話頭を、研究せず、典座となって、労働ばかりするのですか。
典座
外国の学生さん。君は、まだ弁道を知らん。まだ学問を心得ぬ。

道元は、絶句する。
弁道とは、己が、仏道を行ずることであり、それは、自己を忘れるという行為に至る。

後に、道元は、このように、書く。
仏道をならふというは、自己をならふなり。自己をならふとは、自己をわするるなり。自己をわするるといふは、万法に証せらるるなり。万法に証せられるといふは、自己の心身、および侘己の心身を脱落せしむるなり。

理解というものが、あるならば、身証に他ならないと、観た。

つまり、行為にしか、理解は、成り立たない。
頭で、理解するのではない。行為によって、心身が、理解することなのである。

道元が、徹底したことは、戒律に生きるということであった。
煩悩具足の凡夫のもつ無拘束性などは、絶対に許されないのである。
念仏宗の、あの、ていたくらくなどは、欄外であった。

その、有り様は、今までの、日本仏教にないものである。
仔細な、規則作法である。

それは、手足の爪の切り方から、トイレでの作法、顔や体を洗う作法、楊枝の必要と、その意味にいたるまで、仔細に書かれる。
生きるとは、戒律に生きることを、貫いた。
そして、それが、仏に続く道である。

道元の文は、名文であるといった。
それは、その文の難解さではない。
言い表し得ぬことを、言うのである。
信仰生活とは、言語の絶えるものである。
それを、あえて語る時、どのようなことが、起こるのか。

また、翻訳の困難にも、直面したはずである。
そして、理解するとは、如何なることか。
そのために、道元は、規則作法を徹底させた。
行為によって、理解するという、道を取った。

仏という、妄想の存在を、目の前に置いて、それに、向かって生きる時、自分が考える理想の生き方というものを、徹底して考え抜くのである。
勿論、道元は、釈迦につながる唯一の道、また、それこそが、釈迦の、唯一の法統であると、信じた。

正法眼蔵は、幾重にも奥深く錯綜している言葉の密林のようなもので、伝え難い秘密に敢えて表現を与えようとしている苦行そのものの表現と言ってよい。
亀井勝一郎

道元から、みれば、甘ったるいような、念仏宗の、流浪のような、信仰の姿は、許し難いものになる。

法然、親鸞、一遍の、無寺院主義も、道元には、堕落であった。
修行すべき、道場が、必要なのである。
寺院ではない。道場である。
そして、道元にとって、釈迦に至る道は、唯一、出家である。

また、臨済宗、曹洞宗とい、宗派名も、嫌った。
宗派ではない。
いえば、釈迦への道である。
この、徹底さが、道元の生きる道である。
人は、生きるようにしか、生きられないのである。

浄土門が、自己に深く深く入り込んでの、信仰だったが、道元は、自己を否定し、否定する、信仰であった。
否定した後に、万法に証せられる。つまり、仏の家に、我が身を投げ入れるという、境地に至る。
それは、道元の創作的人生である。

それを、演じきったという意味では、評価出来るものである。

ただ、道元が誤ったのは、ダルマの禅の法統であったということだ。
それを、仏陀の道と、混合させた。
ダルマの弟子たちは、インド禅以前の教えと、認識していたのである。

ダルマの言う仏と、仏陀の言う仏とは、何か。
全く別物であることもある。
禅は、仏教というより、禅教という、一つの単独宗教であれば、よかったのである。
何故、仏教という枠に納まったのか。

更に、中国では、経典の偽書が、多く出回った。
それの真偽を巡り、禅とは、関係のない、学問学者が、それに参加した。
また、偽書とするばかりではない。
創作である。つまり、文学として、評価することは、出来るが、それが、宗教信仰に、云々が、有り得るのか。

しかし、仏典のすべては、創作活動の賜物である。

人は、自ら創作した、想像の、あるいは、妄想の、観念の中に生きるものである。

それを失えば、生きる格を失う。
宗教は、その妄想の、最もたるものである。
そのように、思い込み、そのように、信じ込むという。
そして、生きることは、それで足りるということだ。

つまり、夢を見て生きているものである。
奇想天外な夢の中を生きるのである。
そして、それは、正しい。神話なくして、人は、生きることが出来ないのである。
ただし、これからの、神話は、排他的ではなく、調和的、戦闘的ではなく、平和的でなければならない。

ホント、ご苦労さんである。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ241

あるじの子どもをかしげにてあり。わらはなる、殿上のほどに御覧じなれたるもあり。
伊予の介の子もあり。あまたある中に、いとけはひあてはかにて、十二三ばかりなるもあり。

紀伊の守は愛らしい子供を幾人ももっていた。
御所の侍童を勤めている子もいる。
多くの中には、伊予の子もいた。
その中には、上品な、十二三の子もいる。

源氏「いづれかいづれ」など問ひ給ふに、紀伊の守「これは故衛門の督の末の子にて、いとかなしくし侍りけるを、をさなき程におくれ侍りて、姉なる人のよすがに、かくて侍るなり。才なども付き侍りぬべく、けしうは侍らぬを、殿上なども思う給へかけながら、すがすがしうはえ交らい侍らざめる」と申す。

源氏は、どれが、弟で、どれが、子供かと、問う。
紀伊の守は、ただ今通りましたのは、亡くなりました、衛門の督 えもんのかみ、の末の息子で、可愛がられていました。幼き頃、父親に別れ、姉の縁で、ここにいます。将来のためにも、御所の侍童を勤めています。姉の手だけでは、中々、うまくゆきません。


源氏「あはれの事や。この姉君や、真人の後の親」守「さなむ侍る」と申すに、源氏「似げなきおやをもまうけたりけるかな。うへにも聞し召しおきて、宮仕へにいだしたてむと漏らし奏せし、いかになりにけむと、いつぞや宣はせし。世こそ定めなきものなれ」と、いとおよずけ宣ふ。守「不意にかくてものし侍るなり。世の中といふもの、さのみこそ、今も昔も定まりたる事侍らね。なかについても、女の宿世は、浮かびたるなむあはれに侍る」など聞こえさす。

源氏は、あの子の姉さんが、君の、継母なんだと言う。
守は、そうですと、答える。
似つかわしくない、母を持ったものだ。その人のことは、陛下もお聞きになっていた。宮仕えに出したいと、衛門が申していたが、その娘は、どうなったのかと、いつか、お言葉があった。人生は、どうなるのか、解らない。と、源氏が言う。
不意に、そうなったのです。人というものは、今も昔も、意外な顛末を送るようです。その中でも、女の、運命は、実に、儚いものでございます。と、紀伊の守が、言う。

ここに、紫式部の、女に対する、考え方が見て取れる。
女の宿世は、浮かびたるなむあはれに侍る

宿世、すくせ
運命、定めと、訳すか。
宿業とも、言う。

女は、持って生まれて、浮かびたるなむあはれ、なのである。
関わる男によって、その人生が翻弄されるのは、今も昔も、変わらない。ただし、現代は、女は、女の道を、生きることができる。
要するに、主体的に、生きることができるのである。
戦後、ようやく、そのように女も、生き方を、決めることが出来るようになった。実に、長い間、女は、男の人生に翻弄された。

この世は、男の世であった。
勿論、そんな世の中でも、自由奔放に生きる女もいたには、いたが、少ない。
それてとて、当時は、和泉式部の程度である。

女の人生に、あはれ、という言葉を、用いる。
女の人生は、あはれ、である。
しかし、別の見方をすると、男の人生も、あはれ、である。

男と女の、区別による、それぞれの、あはれ、というものを、生きていると、当時は、考えた。

好色とは、恋愛であるが、恋愛は、セックスである。当然、子供が、生まれる。
当時は、女の実家で、子育てが、行われた。
男が、父親の意識を、強く持つには、それ相当の、思い入れがなければならないのである。

あはれ、の前に、浮かびたるなむ、と言う。
浮かびたるなむ
風に翻弄される、木の葉のような、情景である。

この、あはれ、という言葉の原型を、求めて、源氏物語を旅する。


源氏「伊予の介はかしづくや。君と思ふらなむ」守「いかがは。わたくしの主とこそは思ひ侍らずなむ」と申す。源氏「さりとも、真人たちの、つきづきしく今めきたらむに、おろしたてむやは。かの介はいとよしありて、気色ばめるをや」など、物語りし給ひて、源氏「いづかたにぞ」守「皆下屋におろし侍りぬるを、えやまかりおりあへざらむ」と聞ゆ。酔いすすみて、皆人々すのこに臥しつつ、静まりぬ。

源氏は、伊予介は、大事にするだろう。主君のように、思うだろう、と言う。
介は、いかがは、と言う。さて、どうなのか、という。
私生活の主です。好色すぎると、私をはじめ、兄弟たちが、苦々しく思います、と言う。
源氏は、君などの、良い男に、伊予介は、譲らないだろう。あれは、年を取っても、風格があり、立派だ。など、話し合うのである。
源氏は、その人は、どちらにいるのかと、問う。
皆、下屋の方へ、やってしまいましたが、少しは、残っています。と、介が言う。
深く酔った、家臣たちは、皆、夏の夜を、板敷きで、仮寝をしていた。
源氏は、眠られないで、過ごす。

伊予の子が、紀伊の守である。
当時の、親子関係、女性関係は、複雑である。
父親の女と、息子が、交わることもある。
それを、明確にすると、罪の意識が生まれた。

眠られぬ源氏は、この後、その娘、女のいるであろう、部屋に向かう。

紫の、筆は、女心の、微妙繊細な、心境を、描き出す。

源氏と、女の、やり取りの中に、もののあわれ、というものを、観たのが、本居宣長である。
私は、それを、省略して、先に続ける。

あくまでも、風景描写、自然描写にある、もののあわれ、というものを、観ることにする。

その、人間の有様も、風景描写であるのは、当然である。
特に、会話の中に、当時の、人の心の様が、描かれているのである。

君は、とけても寝られ給はず。いたづらぶしとおぼさるるに御目さめて・・・

いたづらぶしとおぼさるるに
源氏が、眠られないのは、いたづらぶし、ゆえである。
それを、何と訳するのか。
一人寝を、寂しく思う時、男は、性の孤独を知る。
そして、その孤独を、埋めるごとくに、共寝をする相手を、探す。
それを、色好み、恋という。

いよいよ、源氏の、女遍歴が、はじまる。
人妻の、空蝉との、関係である。
しかし、二度目から、拒まれる。

紫式部の、本領発揮が、徐々にはじまる。

通常の、研究では、平安期の、色好みにある、物語と、言われるが、私は、全く、別の観方をしている。
紫式部は、勇ましく、物語を書いたのではない。
憂きことの、生きるというものを、見つめて書いたものである。

色好みに、ベールを掛けて、紫が、表現したいものが、何かを、問うてゆく。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。