2008年07月10日

アボリジニへの旅 10 平成20年7月

白人種を最上層に置き、有色人種を、色の順に並べ、最も色の黒い人種を、最下層におく。
動物は、貝類を最下層にし、昆虫類、魚類、鳥類、獣類をへて、人間の最低の資質に近いとされる、犬、猿、、そして、野蛮な、ホッテントットなどが、くると考えられた。

この、概念は、ギリシャ、ローマ時代から、中世へと、続く。
すべての、生命体は、階層化されていて、その階層には、順列があり、互いに連鎖して、存在すると考える、偉大なる存在の鎖、といわれる、考え方である。

それが、17世紀以降になり、異なる人種を、階層化し、順列をつけるものと、発展した。

更に、私は、それに、キリスト教を、加えるものである。
キリスト教を信じる者が、最上層であるという、傲慢である。

アボリジニを、人間の中での、最下層であり、動物より、わずかに、上の存在として、認識したという。
人類の歴史の中では、もっとも、劣等で、知性は、猿と人の間であると。
物質的文化面でも、文明の度合いからも、ゼロに等しい存在であると、なるのである。

さらに悪いことに、ダーウィンの進化論、種の起源、人間の進化と性淘汰、という、考え方が、拍車をかけたのである。それを、悪用したということである。

この、概念が、当時の人種の概念に、上乗せされて、19世紀の、植民地政策を、推し進めたのである。

更に悪いことが、起こる。
イギリスの、社会学者である、ハーバート・スペンサーは、社会進化論を持ち出して、人種差別を容認する、意見を発表する。
そこでは、競争社会において、生活に失敗した者は、滅びの道を歩むことになるというものである。

私に言わせれば、何のことは無い、弱肉強食の、動物の世界のことであるが、学者となると、社会進化論ということになる。
アホか。

人類の進歩のためには、弱者は、強者に、道を譲るべきだとする、理論が、奴隷制、帝国主義を、推し進めたのである。

社会進化論は、勿論のこと、白人優越主義を、掲げるのである。

西洋文化は、進歩の自然法則に、従い、西洋文化は、世界を支配するように、定められていると、考えるのである。つまり、他の文化は、劣るものであり、滅びるものであるというのである。

ここで、文化人類学者も、よく書かないが、それは、キリスト教文化であるとも、いえる。

ちなみに、西洋文化が、いかに、遅れていたかは、歴史を見れば、一目瞭然である。

西洋が、言うところの、文明国とは、18世紀以降のことである。
それ以前は、世界で、もっとも貧しく、汚い国々であり、知的能力も、劣っていたのである。

文明という言葉は、都市化という意味の言葉の、訳である。
それならば、西洋は、最も遅れていたのである。
だが、都市化というのは、定義が定まらず、それは、つまり、文明というものも、何を持ってなのか、定まっていないということである。

オリエント文明とは、メソポタミア、エジプト文明を指すが、前3500年ほど前に、世界最初の文明と、西洋史は、記すが、誤りである。
それ以前に、アジア、アフリカ、南北アメリカには、文明が、存在していたのである。

ヨーロッパは、アラビアからの学問と、ギリシャ、ローマからの、考え方をもって、ルネサンスを起こした。そして、略奪によって、東洋と、同等に、相成ったのである。
ちなみに、ギリシャ哲学も、アラビアからの、逆輸入であるから、驚くのである。
すでに、アラビアでは、ギリシャ哲学が、翻訳されていたのである。

インダス文明が持つ高い文化が、ヨーロッパに現れたのは、18,9世紀なのである。

まだまだ、いいたいことはあるが、この辺で省略する。
ちなみに、イギリスに、小麦パンが、一般的に普及したのは、何と、18世紀に入ってからである。
つまり、中世では、農民は、小麦のパンを食べることが、出来なかったのである。

さて、社会進化論を、信じた、ヨーロッパ人は、植民地において、先住民に対して、好き放題である。
搾取は、勿論、残虐行為も、なんのその。
19世紀は、世界が、西洋によって、植民地化されてゆくなかで、西洋人以外は、人間性を、奪われるという事態に発展するのである。

アボリジニだけの、問題ではなくなってきたが、オーストラリアでの、アボリジニと白人の関係は、極めて悲劇的なものになったのである。

人種問題の根源は、社会進化論と、キリスト教の影響を、見逃すことは出来ない。

もしもヨーロッパ人がこの大陸に足を踏み入れなかったら、アボリジニは文明に達する道を閉ざされていたであろう。我々は彼らが消え去るのを嘆く必要はない。我々のできる最善のことは、せめて滅びる前の最後の日々を、なるべくみじめでない状況で見送ることである。

これ、学術書に書かれる言葉である。

アボリジニの滅亡は、単に、彼らが持ち込んだ、伝染病と、虐殺である。
劣等人種は、優劣人種に道を譲る。それが、自然の法則である。
それの行為が、何故、許されたのか。
キリスト教の、後ろ盾である。そして、武力と、偽物の科学である。

キリスト教、カトリック、プロテスタント、共に、手のつけられない、独善を持って、アボリジニに対処した。
政治の影に隠れて、今まで為したことの、謝罪など、全く無い。
さらに、今では、アボリジニ側に立つ者であり、彼らを保護していると、思い込む辺りは、救いようがないのである。

順に、彼らの行為を、検証するが、多くの学者は、この問題に触れないのである。
何故か。
チャーチと、チャペルを、敵に回すことが、出来ないからである。
だから、私が言う。

最も、今、ミッションたちの、助けがなければ、アボリジニたちは、困るのである。
そこまで、追い込まれてしまったのである。
だが、私は、真実を書く。
私など、書いたところで、何程のものでなし。
それで、アボリジニの皆さんを、苦境に陥らせることはない。

現在の、オーストラリアの問題は、国家を造るべくの、国家幻想の元であるところの、それは多く、神話による。
神話のある国は、それだけで、国家幻想と成り得るのである。

オーストラリアから、アボリジニを、無くせば、国家の幻想が、無くなる。つまり、神話を、持てないのである。また、新しく、創り出すことは、出来ない。
何故なら、それには、伝承と、伝統が、必要だからである。

私が、追悼慰霊行為を、するのは、天皇陛下のためであると、言ってもよい。
天皇陛下に、お返しする行為と、言っても、問題ないのである。
何となれば、天皇は、日本の神話を、有し、さらに、国家幻想の、理想的な、在り方であるからだ。

今、2668年の伝統の、家系など、作ることなど出来ない。
あの、あのである。共産国の、ソ連が、崩壊し、ロシアと、移行する際に、最も、必要としたものは、神話であり、幻想だった。
それを、一部の知識人たちは、ロシア正教に、求めた。
日本の、国家神道のようなものに、出来ないかと、考えたのである。

ロシアに伝統があるとしたら、ロシア正教くらいだという、驚きである。

オーストラリア政府は、今年の新年に、アボリジニに正式謝罪をしている。
その、同化政策である。更に、親子分離政策にである。
親子分離政策については、後で書く。

オーストラリアは、ゲイパレードで、世界一である。
ゲイだけの村もあるほどだ。
さて、このゲイは、マイノリティーとされて、長い間、辛苦の差別を受けていた。しかし、ここ、ここに至って、政治家を始めとし、あらゆる分野の人々が、ゲイパレードに参加するという、事態である。

アボリジニの差別を、最も理解出来るゲイたちが、更に、気勢を上げると、オーストラリアは、変化せざるを得ない。

アボリジニの神話、つまり、伝承と伝統を、必要不可欠とするのである。
オーストラリアには、アフリカを超える歴史がある可能性もあるという、仮説を立てて、研究も出来る。その際に、アボリジニの、研究が、欠かせないのである。

日本には、古事記、日本書記以前に、国記が、編纂されていたという、事実がある。
聖徳太子が、それに、当たったといわれる。
しかし、それ以前からのものもある。
これが、国家幻想を育てる、神話と、成り得るのである。

私は、日本の古代史を、みるにつけて、一度、ペルシャに渡り、再度、富士山麓に、王朝を拓いた、富士王朝をみている。
その、歴史を加えると、現在の天皇までに、9100年ほどの、歴史がある。

神話を、言い伝えとも言う。
言い伝えを持つ、民族は、生きるに強い。
そして、それぞれの民族にある、神話を、それぞれが、認め、尊重すれば、和を持つことが出来る。

それのない、共産、社会主義の国々は、未だに、迷いにある。
しかし、民が、倒れないのは、それとは別に、伝統としての、行為、それが、宗教行為であっても、あるからである。

王朝が、変わっても、タイには、仏教と、ピー信仰の伝統がある。
タイという国を、作るのは、その、伝承と伝統である。
それは、至るところの、民族にある。国にある。

オーストラリアの、これからを、考えることによって、再度、自国の伝承と伝統というものを、意識してみる。



posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ240

守、「にはかに」と、わぶれど、人も聞き入れず。寝殿のひんがしおもて払ひあけさせて、かりそめの御しつらひしたり。水の音ばへなど、さるかたにをかしくなしたり。いなか家だつ柴垣して、前栽など心とめて植えたり。風すずしくて、そこはかとなきき虫のこえごえ聞え、蛍しげく飛びまがひて、をかしき程なり。

紀伊の守が、急なことと、言うのを、他の家来は、耳に入れないで、寝殿の東の座敷を、掃除させ、主人に提供した。
宿泊の準備が出来たのだ。
庭に通した、もずの流れなど、地方官級の家としては、凝っている。
わざと、田舎の家らしく、柴垣などがあり、庭の植え込みも、よくできている。
涼しい風が、吹き、どこからともなく、虫の音が聞こえ、蛍が、多く飛んで、たいそう、面白いものである。

人々渡殿より出でたる泉にのぞき居て酒のむ。あるじもさかな求むと、こゆるぎのいそぎありくほど、君はのどやかにながめ給ひて、「かの中の品にとりいでて言ひし、このなみならむかし」と、おぼしいづ。

源氏の、従者たちは、渡殿の下をくぐる水の流れを、眺めて、酒を飲んでいる。
紀伊守が、主人を待遇するために、奔走しているとき、一人でいた、源氏は、家の中を眺めて、前夜の話にでた、中の品に入る家であろうと、その話を、思い出しいてた。

思ひあがれる気色に、聞き給へる女なれば、ゆかしく、耳とどめ給へるに、この西おもてにぞ、人のけはいする。きぬの音なひ、はらはらとして、若き声ども憎からず。さすがにしのびて笑ひなどするけはひ、ことさらびたり。

思い上がった娘だと評判の、伊予の守の娘、すなわち紀伊守の妹であるから、源氏は、はしめから、それに興味を持っていた。
どのあたりの、座敷にいるのであろうと、物音に、耳を立てていた。
この西に続いた部屋で、女の絹ずれが、聞こえ、若々しい、なまめかしい声で、しかも、さすがに、声をひそめて、物を言うのに気がついた。
わざとらしいが、悪い気はしなかった。

格子をあげたりけれど、守、「心なし」と、むづかりて、おろしつれば、火ともしたるすきかげ、障子の紙よりもりたるに、やをら寄り給ひて、「見ゆや」と居たるなるべし、うちささめき言ふ事どもを聞き給へば、我が御うへなるべし。

はじめは、縁の格子が、上げたままになっているのを、紀伊の守が、不用意だと、叱って、今は、戸が下ろされている。
その部屋の、火影が、唐紙の隙間から、赤く、こちらに射していた。
源氏は、静かに、そこに行き、中が見えるかと、思ったが、それ程の、隙間はない。
少し聞いていると、低いさざめきは、源氏が、話題にされているらしいのである。


「いといたうまめだちて、まだきにやむこどなきよすが、定まり給へるこそ、さうざうしすめれ。されど、さるべきくまには、よくこそ隠れありき給ふなれ」など言ふにも、おぼす事のみ心にかかり給へば、まづ胸つぶれて、かやうのついでにも、人の言ひもらさむを、聞きつけたらむ時、など、おぼえ給ふ。ことなる
事なれば、聞きさし給ひつ。

「まじめらしく、早く、奥様を、お持ちになったのですから、お寂しいわけですね。ずいぶんと、隠れて、お通うところがあるようです」
源氏は、そんな言葉に、はっとした。
あるまじき恋を、人が知り、こうした噂を、流されたらと、思うのである。
しかし、話は、ただ事ばかりであり、それらを、聞こうとせず、興味が起きなかった。

式部卿の宮の姫君に、あさがほ奉り給ひし歌などを、すこしほほゆがめて語るも聞ゆ。「くつろぎがましく、歌ずんじがちにもあるかな。なほ見劣りはしなむかし」と、おぼす。守いできて、燈籠かけそへ、火あかくかかげなどして、御くだものばかり参れり。

式部卿の宮の、姫君に、朝顔を贈った時の歌など、誰かが、得意そうに語っていた。
行儀悪く、会話の中に、節をつけて、歌を入れたがる人たちだ。
中の品が、おもしろいといっても、自分には、我慢ではないこともあると、思った。
紀伊守が、燈籠の数を増やしたり、座敷の灯りを、更に明るくした。
そして、主人に遠慮しつつ、菓子のみを、献じた。


源氏「とばり帳もいかにぞは。さるかたの心もとなくては、めざましきあるじなるらむ」と宣へば、守「なによけむ、とも、え承らず」と、かしこまりてさぶらふ。はしつかたのおましに、仮なるやうにて大殿籠れば、人々も静まりぬ。

源氏「我が家は、とばり帳をも、掛ければという歌。大君、来ませ婿にせん。そこに気がつかないのでは、主人の手落ちかもしれない」
「通人ではない、主人で、申し訳ありません」
紀伊の守は、縁側で、畏まっている。
源氏は、縁に近い寝床で、仮寝のように、横になっていた。
付き人たちも、もう、寝たようである。

何気ない、一こまの出来事である。

その中に、当時の風習などが、垣間見える。
源氏物語の、楽しさは、そうところでもある。
少し、見方を変えると、別の風景が、広がる。

庭に、水の心ばえなど、さるかたにをかしくなしたり。
庭に水を引いて、その様、涼しげで、風情ある趣である。

いかな家だつ柴垣
雑木の枝を編んだものである。
それを、田舎風という。

庭は、主人や、住む者の、心模様を、表す。

この後、源氏は、女房の部屋に、忍び込むことになる。

その顛末を書くかどうかと、考えている。
また、その後で、その女の弟を、使用人として、召すという。
この子は、小君というが、その小君と、源氏のやり取りが、面白い。

その小君の、姉との、やり取りに、小君を利用するのであるが、小君も、源氏に愛されるという。
勿論、それを、性愛という形にするのではない。
当時の、風習を見るものである。

源氏が、女性遍歴をしたという物語と、ばかりに、解釈されるが、そこには、裏から見ると、同性愛的、行為の多いのに、驚く。
流石に、紫式部である。
密かに、文の中に、忍ばせている。
最も、当たり前のことであるゆえ、当時の人が読めば、何のことはないのである。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 129

さて、
道元の禅は、最初、栄西による、臨済宗の禅からはじまり、中国に渡り、曹洞宗の禅によって、覚醒した。
しかし、本人は、宗派にあらず、名前もないという。
これが、仏陀への唯一の道であると、考える、信じるのである。

それでは、少し、禅というものを、歴史的に、俯瞰してみる。

禅と、一口に言っても、広い、インド禅、中国禅、そして、日本禅がある。
健康法として、知られるヨガも、インド禅の一つである。

東南アジアの、仏教では、別の瞑想法を、行ずる。
北方仏教も、小乗禅と、大乗禅がある。

実は、天台宗の止観、真言密教のユガというものも、浄土宗の念仏も、禅の一部と、みなすのである。

この、禅という言葉は、中国語である。つまり、漢訳の言葉である。
インドでは、瞑想を意味する、ドヒャーナ、または、ジュハーナという言葉であり、禅とは、漢字で、音写した時に、生まれた。

ドヒャーナは、ヨーガと呼ばれるもの、精神統一法の、心の制御の一つの段階である。
ちなみに、ヨーガとは、結合という意味で、心を、しっかり、一つの対象に集中させるべくの、方法だった。

中国では、禅定という言葉が、使われることになるが、それは、サマードヒーといわれるもので、禅よりも、深く心が安定した状態を言う。
三昧という、境地を言う言葉は、それを、音写したものである。

それでは、禅という文字は、最初、どのような意味を持っていたかと言えば、譲る、奉るである。
中国初期の、翻訳が、禅という言葉に、訳したのには、政治的、宗教的心情があったと、言われる。

それは、最初、西暦紀元前後に、シルクロードから、やってきた仏教の、禅とは、神秘的な力、超能力に対する信仰と、共に始まったという。
それは、当時の、道教や、神仙の信仰が、盛んであったことと、関連する。

古代のインドは、禅の実践によって、つまり、ヨガによって、天に生まれることが、出来ると、信じた。
現世では、五種、六類の、神通力が、得られると、信じられた。

仏教が、中国人の心を捉えたのは、おおよそ、それである。
後漢末に、安息国から来た、安清高という僧は、天文、医術、鳥獣の声を聞き分け、彼が、伝えた、経典は、禅に関するものが、大半だったという。

西域と呼ばれる、中央アジアは、中国人にとって、神秘の宝庫だったという。
中国最初の、仏教史書は、高僧伝として、仏典を伝えた翻訳者、学僧などは、皆、神通力の持ち主であったと、書かれたのである。

しかし、漢文に翻訳された、小乗、大乗の仏典の研究により、それらの、神秘的なものが、失われ、文学的空想、哲学的思惟の世界へと、向かう。

六世紀末になると、多くの経典を、組織化し、禅の実践によって、体系づけた、天台宗が、生まれる。
それが、天台チギと、言われる者である。
さらに、ここから、禅と、念仏の二派に、分かれて、思想、宗派を、形成する。
インドでは、禅も、念仏も、仏教にあっては、根底にあるもので、それぞれが、独立するような形は、無い。
中国に至って、そのようになった。

さて、一方、この天台宗の成立より前に、北魏に来た、西域の僧、ボダイ・ダルマを、始祖とする、禅がある。
その、伝記は、明らかではない。
この、禅宗が、今日言われる、禅宗である。

この、禅宗と、天台宗の、大きな違いは、インド仏教の、残滓を全て捨て、完全に払拭したことである。
つまり、新しい、宗教活動の誕生である。
この辺り、ダルマのことが、不明というのが、何とも、不安である。
つまり、何かの作為があると、思う。

ダルマの方が、中国的であるという、点である。
インド仏教以前に存在したと、その弟子たちが、創作していったと思われる、経緯がある。

この、ダルマの禅は、神秘的能力などの、超能力は、一切認めない。さらに、坐禅によって、心の安定さえ求めないという、徹底した、ある、考え方を、持つに至る。

ちなにみに、禅を、ゼンと読むのは、日本人であり、中国では、チャンと、読む。

世界に広がる、禅は、日本禅のことである。

中国で、翻訳された、仏典に、多くの、道家の言葉が使用されたと同じように、日本が、西洋思想を、取り入れて、翻訳する際に、多くの禅の言葉を当てた。それが、後々、禅というもの、哲学として、語りえるものになる。

つまり、言葉の誤魔化しである。
そこに、問題意識のある者の、存在を見ることもない。

西田幾多郎という、哲学者は、禅の悟りを、哲学したといわれる。そして、それを、言葉に書いたとするならば、である。
もし、本当ならば、禅というものは、在り得ないのである。
言葉で、悟りが、語れるということは、禅の堕落である。

無とか、空など、それは、道教による言葉だった。しかし、今では、仏教のもののように、思われている。
それは、日本も同じくである。
西洋哲学と、禅の伝統は、全く違う。
しかし、その違いを忘れて、西洋哲学の中で、平気で語られるという、ザマである。

それは、実は、話にならないのである。
和歌を、英語に翻訳する、俳句を、英語やフランス語、イタリア語に、翻訳することと、同じになり、決して、和歌や、俳句の、微妙繊細な、情感は、得られない。
日本語により、和歌や、俳句の意味がある。

それと、同じことである。

日本禅を、西洋哲学が、語り始めて、堕落した。
更に、禅家の皆々である。
西洋哲学に、おもねるように、行為したから、終わっている。

さらに、西洋哲学をする者の方が、禅を、理解するのに、易しい語り方を、するというのである。

実は、結論から言うと、禅とは、実践の何物でもない。
語れば語るほど、嘘になる。
大嘘になる。

それでは、どのような、行為になるのか。
追々書くことにする。

一つ、道元は、その実践に賭けたと、評価することが出来る。
戒律である。
後で書く。

仏陀にはじまる、修行生活が、今なお、継続されているのは、セイロン、タイ、ビルマなどの、上座部、つまり、小乗仏教といわれるグループと、日本の禅専門道場であると、いわれる。
確かに、日本の禅、専門道場にては、そうであろが、そこを出ると、元の木阿弥である。
僧侶という、仕事に、堕落する。

仏陀最大の、教えは、出家者は、ペニスを膣に入れてはならない、である。

これほど、厳しい掟は無い。
悟りの前に、それに、やられる。
仏陀が、それの、経験者である。
そこから、逃れるのは、至難の業である。

ところが、禅のアホに言わせると、男女の仲を知らずに、何が解ると、豪語し、それも、禅の心のように、言う。
つまり、禅とは、何とでも、言えるものだと、私は、悟った。

それならば、源氏物語の、創作の、好色の物語の方が、ずっーと、仏陀に近いのかもしれない。
あれ程、好色の様を、描きながら、もののあわれ、という、心象風景に至るのである。

仏陀の観たもの、それは、心象風景である。
それ、もののあわれ、という、風景に尽きる。

神仏は妄想である、という、エッセイを書いている。
禅は、実に、神も仏も無いという、究極に至ることが、出来る。
だから、このエッセイの本意にはないのであるが、仏を、持ち出すので、書くのである。

禅には、仏という存在すら、無くていいのである。
これを、天山禅と、呼んでも、いい。
禅とは、そういう、可能性を持つ。

行為以外に、修行は無いとは、仏陀の究極の教えである。
人は、行為によって、成る者に、成るのである。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。