2008年07月09日

アボリジニへの旅 9 平成20年7月

16世紀半ばである。
ヨーロッパの様々な、航海者、冒険家たちが、国や王の命を受けて、オーストラリアにやってきた。

当時は、テラ・オーストラリアスと呼ばれて、知られざる大陸、巨大な富みに埋もれる大陸という、幻想を抱いていたようである。
1515年から1607年にかけては、ポルトガルと、スペインが、黄金の島と、幻の国を求めて、ジャワの南と、東を航海している。

ポルトガルは、1521年から、翌年にかけて、大陸の東海岸に来たが、何も見つけることがなく、引き上げる。
また、1567年に、スペイン人のアルバロ・デ・メンダーニャ、1605年には、ペドロ・フェルナンデス・デ・キロスが、黄金伝説の夢と、更に、カトリックの伝道活動に加え、スペイン領にするために、ペルーから、航海に出たが、どちらも、オーストラリアには、辿り着いていない。

1606年以降、オランダ船が、北部と、西部の海岸を航海し、この地を、ニュー・ホランドと、名づけた。
彼らが、見つけたのは、砂と、ハエ、そして、裸の野蛮人と、奇妙な動物だった。

その後も、何度か、大陸を見つけ出したが、利益になりそうなものを、見出せず、そのまま、置き去りにされる。

価値の無い大陸と、見られた大陸に、目をつけたのが、イギリス人だった。
イギリスが、欲しかったものは、移住者を送ることが出来る、新しい支配地だった。

面白い記述がある。
海賊だった、ウイリアム・ダンピアーという男が、書いた、日記である。
それは、後々、オーストラリアと、原住民に対する、偏見の元となるものだった。

この土地の住民は、世界で一番みじめな人々である。
背が高く、肢体が真っ直ぐ伸び、手足は痩せて、小さく長い。大きな頭、丸い額、隆起した眼を持つ。
顔は長く、不愉快な表情で、決して上品ではない。髪は、ニグロのように黒くカールしている。
肌の色は、ニューギニアの住民同様、石炭のように黒い。
衣服は、身につけていない。腰の辺りにガードルのような木の皮をつけたり、長めの草、三、四本の大枝を、ガードルの中に突っ込んで、裸体を隠している。

特に、彼は、二度に渡って、先住民に関して、生まれつきの醜さとか、今まで出会った多種多様な野蛮人の中で、最も不愉快な外見と最悪の顔の造作をもった人々であると、書く。

これが、アボリジニに対する最初の、そして、以後続く、偏見のはしりとなる。

この当時の、ヨーロッパの考え方が、如実に理解出来る、記述である。
つまり、文明、というもの。
文明人とは、産業世界に生きる人なのである。
そして、最悪なのは、キリスト教徒であること、なのである。

裸でいることは、ヨーロッパの人にとっては、貧しさの何物でもなかった。

彼らには、多く、アボリジニの真実が見えない、見ない思想を持っていたと、言える。
アボリジニたちの、食生活の豊かさなど、思いつきもしないのである。

今でも、そうであるが、欧米、特に、キリスト教徒たちは、自分たちが、理解できないものは、悪であると、考える。更に、推し進めて、悪魔からのものであると、考えるのである。
勿論、悪魔は、彼らの神なのであるが。

時代性というものがある。
野蛮という定義も、変化する。
いつしか、野蛮というものも、文明の悪に侵されていない状態であると、考えられるようになると、高貴な野蛮人という、へんてこな、言葉が生み出される。

1769年から1770年にかけて、ジェームズ・クック大佐の、遠征隊が、海岸部に接触し、正確な地図を作ることになる。

1770年の四月、タヒチから、南に向かったクックは、西に進み、ニュージーランドに着いた。そして、オーストラリアの東海岸に、向かう。
結果、東海岸部を、英国王室のものであるとする、領有宣言をする。

クックの記述を見る。
ニュー・ホランドの先住民は、地上で一番みじめな人々である。
しかし、現実には、我々ヨーロッパ人より、はるかに幸福である。必要以上の情報を得るわけではなく、ヨーロッパで追求されすぎる便利さというものに、惑わされることもない。
彼らは、静寂の中に暮らしている。
地上と海との調和のなかに生きているのだ。
生きるためにすべのものをもっている。むやみに望んだりはしない。
暖かく素晴らしい気候のなかに住んでいるし、空気というものを満喫しているので、衣服の必要性などほとんどない。彼らはこのことをよく知っている。
たとえ衣服を与えたとしても、ただ無造作に砂浜や森の中に、置いておくであろう。
端的にいえば、我々が与えるものなどに、何の価値も見出さないであろう。
自分たちに必要なものは、すべて与えられてあると感じているからだ。
生活は漁業と、狩猟に頼っている。耕作地というものが、ほとんどない。

18世紀の、ヨーロッパの思想は、自然に生きるということは、ロマンティズムとなった。
それが、高貴な野蛮人という、思想である。

しかし、ヨーロッパ文明の傲慢は、その土地を、無主の土地として、イギリス領有宣言し、ジョージ三世国王に、捧げるという、矛盾したものである。

ドリーミング
独自の世界観の中で生きてきた、アボリジニの伝承を、ドリーミングという。それは、文字で、表されるのではなく、絵や、儀式にて、表される。

その中で、白人が来たことを、暗示させるものが、残されている。
私は、学者ではないから、省略する。

結論を言う。

アボリジニの世界観、自然観は、こうである。
目の前にあるものは、すべて、先祖の夢である。

すべては、調和する。

従って、白人に対する態度も、最初は、受け流す、そして、一度拒否する。そして、最後は、受容しようとする。
すべてのものは、調和して、全体の中で生きている、それが、アボリジニの世界観であり、自然観である。それは、また、人生観でもある。

と、このうよに、書くこと自体にも、無理がある。
それは、言葉にできないほどの、強烈なものであると、思うからだ。

私は、日本人として、それを、理解する時、言挙げせず、という、古神道の、考え方に、非常に近いものだと、思う。

白人が来たことを、受け入れるならば、それも、先祖の夢であるから、先祖が、戻ってきたと、考える場合もあるということだ。

だが、白人が来たことは、アボリジニの悲劇の記憶になってゆくのである。

クックの領有宣言の後、イギリスは、使い道のないまま、大陸を放置していたが、フランスの学術隊が、オーストラリア航海をするという報を受けて、俄かに、活気づくのである。

1786年二月、東海岸と、隣接した島々の植民地宣言をするのである。
現在の、ニュー・サウス・ウェールズ州である。
八月には、流刑植民地をつくることを、発表する。

1787年、五月、初代植民地総督、アーサー・フィリップのもと、囚人約780人を含む、1200人を乗せた11隻の第一次流刑船団が、ポーツマス港を、出航した。

1788年、一月二十日、ボタニー湾に到着し、その後、船団は、二十六日、シドニー・コープに、上陸した。

産業革命による、急激な社会の変化に、伴い、犯罪者の増加である。その処置に困り果てた、イギリス政府は、大陸を、最大なる監獄にしようとした。
当初は、犯罪者を、アメリカに、売りさばいていたというから、驚く。ただし、独立戦争後は、不可能となった。
いや、驚くにあたらない。アフリカの黒人を、奴隷として、売りさばいていたのであるから、何とでも、する。

囚人の種類は、二級市民であり、教育を受けていない者が多く、アボリジニの複雑な文化などを、理解出来るような人々ではなかった。
これが、より一層の、悲劇を生むのである。


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ239

源氏に、女談義を、聞かせる、男たちの話は、面白いが、私のテーマは、もののあわれについて、であるから、省略して、中に、もののあわれ、について、触れる話があるので、抜き出す。

それは、左の馬の頭の論にある。

事が中になのめなるまじき人の後見の方は、もののあはれ知りすぐし、はかなきついでの情あり、をかしきにすすめる方、なくてもよかるべしと見えたるに、またまめまめしきすぢをたてて、耳はさみながら、美相なきいへとうじのの、ひとへにうちとけたる後見ばかりをして、朝夕の出で入りにつけても、おほやけわたくしの人のたたずまひ、良き悪しき事の、目にも耳にもとまるありさまを、うとき人に、わざとうちまねばむやは。

事が中に なのめなるまじき人の
妻に必要なのは、家庭を預かることです。
もののあはれ知りすぐし
ここでは、文学的才能とか、文学趣味とか、才気のことを言う。
書き物、物書きを、よくする事を、もののあはれ知りと、解す。
それは、また、歌をよくするという意味でもある。

はかなきついでの情あり をかしきにすすめる方、なくてもよかるべしと 見えたるに
儚きついでの情あり、とは、矢張り、そのような素質のあるという。
それを良くすることであるが、そんなものは、別に、無くてもいいのだ。

真面目で、形振り構わず、髪を煩がり、耳の後に、はさんでばかりいる。
ただ、物の世話だけを、やってくれる。でも、そんなんでは、少し、矢張り、物足りない。
勤めに出れば、出るで、帰れば帰るで、公のことなど、友人や先輩のことなど、話しすることは、多くある。
それは、他人に言えません。
理解ある、妻にしか話せないのでは、つまらない。要するに、話を聞いてくれる妻がいい。


近くて見む人の聞きわき思ひ知るべからむに、語りも合わせばやと、うちもえまれ、涙もさしぐみ、もしはあやなきおほやけはらだたしく、心ひとつに思ひ余る事など多かるを、なににかは聞かせむと思へば、うちそむかれて、人知れぬ思ひで笑ひもせられ、あはれ、ともうちひとりごたたるに、「なに事ぞ」など、あはつかにさし仰ぎ居たらむは、いかがは口をしからぬ。

この話を、早く聞かせたい、妻の意見も聞きたいと思う。
そうすると、一人でも、笑みが湧いてくる。また、涙ぐまれもする。
また、公のことで、怒りをもっても、我が心に、しまえぬ時、それを話す妻ではないと、思えば、一人で、思い出し、笑う。哀れだと、独り言を言う。
そんな時に、何ですか、と、平然として、こちらの顔を、見るような、妻では、たまらない。

そうして、暫くの談義が、続くのである。
それは、明かし給ひつ、というように、朝まで、続いたのである。

中でも、源氏が惹かれた話は、左の馬の頭の、中流階級の女の話である。
それに、興味を持ち、源氏の、恋愛遍歴が始まるのである。

この巻の、後半に、年上の人妻である、空蝉という女性との、やり取りがある。


からうじて、今日は日のけしきもなほれり。かくのみこもりさぶらひ給ふも、おほい殿の御心いとほしければ、まかで給へり。大かたの気色。人のけはひも、けだかく、乱れたる所まじらず。「なほこれこそは、かの人々の捨てがたく取りいでし、まめ人には頼まれぬべけれ」とおぼすものから、あまりうるはしき御ありさまの、とけがたく恥づかしげに思ひ静まり給へるを、さうざうしくて、中納言の君、中務などやうの、おしなべたらぬ若人どもに、たはぶれごとなど宣ひつつ、暑さに乱れ給へる御ありさまを、「見るかひあり」と、思ひ聞えたり。

ようやく、今日は、晴天である。
このように、宮中にいることばかりでは、左大臣の家の人々に、申し訳ないと、思いつつ、家に行った。
人の気配も、乱れなく、こんなことが、真面目だという、昨夜の談義の者たちは、気に入るだろうと、思った。
源氏は、今も、作法通り、打ち解けない夫人であることを、物足りなく思う。
中納言の君は、中務などという、若い女房たちと、冗談を言い、暑さに、部屋着だけになる、源氏は、それを見て、美しいと思い、それを、幸せだと、思った。


おとどりも渡り給ひて、うちとけ給へれば、御凡帳へだてておはしまして、御物語聞え給ふを、源氏「あつきに」と苦み給へば、人々わらふ。源氏「あなかま」とて、脇息に寄りおはす。いと安らかなる御ふるまいなりや。


大臣も、娘の方へ出て来た。
部屋着になっているので、凡帳を隔てた席に着こうとするので、「暑いのに」と源氏が顔を、しかめると、女房たちが、笑った。
「静かに」と、脇息に、寄りかかった様子に、品の良さが伺える。

人間描写が、もののあわれ、である。
文芸的センスに溢れる。

源氏の立ち居振る舞いが、状況にて、自ずと知られるように、描かれるのである。

大和言葉による、風情というものもある。
言葉にも、雅というものがある。
この、雅の中に隠す、あはれ、という、心象風景は、源氏という人物を通して、自然と、沁みてくるのである。

文中では、もののあはれ、とは、文の嗜みなどを、言う。
生活の中に、息づく、歌心である。
それが、いつしか、人の心の、有り様となって、静かに、もののあはれ、というものを、成長させるのである。

歌道とは、和芸の大元である。
文学というものに、まだ、目覚める前の、原始の状態である。
文の学びはあるが、体系としての、文学という意識は、まだ、希薄である。しかし、私がいうのは、明治期に、西洋の文学を取り入れて、文学として、意識したものとは、違う。

和芸としての、文学、つまり、文習いである。

漢籍を、学ぶことで、文というものを、それに、合わせて、学んだが、歌を詠むのは、漢籍を能くする者も、大和言葉による。

源氏物語は、分岐点でもあった。
歌道への、道と、文芸への、道と、まさに、今、生まれでようとしていた。
だが、文芸の中にも歌道は、しっかりと、取り込まれているのである。

歌道無くして、文芸は無いのである。
歌は道であるが、文は、芸の道として、新たに、生まれ出るである。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 128

太陽山偕和尚、示衆云、青山常運歩、石女夜生児
たいようさんかいおしょう じしゆうにいわく せいざんつねにうんほし せきじょよるこをうむ

これはすごい言葉です。動かない山(青山)というものは、実はつねに歩いている。子を生まない石女が、実は、夜、子を生むのだというのです。ずいぶん無茶苦茶で矛盾した言い方です。私たちの常識を著しく衝撃します。
いつも道元は、まず結論を出して人を驚かして、それからそのいわれを説いていくのですが、道元の解説によると、つまり、山にはすべてのそなわるべき真実が、まったく欠けることなく、そこに存在している。そういう意味で言えば、山はつねに安らかにそこに住んでいるのである。
しかし、山が歩くということも、人間が動くということも本来は同じであるから、人間が歩くように目に見えないからといって、山が歩いているということを疑ってはいけない。
栗田勇

それから、解説に入るのだが、それが、事後預言のような、話になるのである。

禅というもの、実に、不思議である。
言葉を、手品のように、扱う。そして、それを、そうそう、解説せずに、悟り云々というのである。
さらに、それを理解しない者、出来ない者は、欄外となる。

不立文字、つまり、語らないと、言いつつ、語る、語る。

確かに、山が動くと、云われれば、皆、驚くに決まっている。その、衝撃に、期待して、何事かを、教えるというのである。
それは、考える手引きとなるものだが、単なる手品のようなものである。

一時期、私も、禅の言葉に、心酔したことがあった。
勿論、若い頃である。
そして、あろうことか、何事かを、理解したと思っていた。
何のことは無い。言葉遊びであった。

問題は、動くということと動かないという矛盾したことが、どうして一致するのかということです。「運歩」とは、つねに歩く、言い換えれば、つねに、刹那刹那に動いている、変化しているということ。つまり、山というのは細かく見れば変わっている。・・・・・
何億年という単位でみれば地殻も変化するし、地震も起こす。太平洋トラフトがトラフトの下にもぐっていく。すなわち山は動いているわけです。
しかし、そのように変化しているからこそ、山というものはつねにさまざまな形は変えるけれども、永遠の山は不変であるとくる。
栗田勇

山中とは世界裏の花開なり
さんちゅうとはせいかりのけかいなり

山の中にいるということは、実は、世界裏―――世界の中で花が咲いているということだ。
花開くとは、刹那、瞬間の現象を意味します。たとえば一輪の花が開くという現象の中に、実は山全体というものが姿を現しているのだというのです。
栗太勇

この調子で、進んでゆく。
さらに、道元は、山の中に、そのような宇宙の真実を見ることができない人間は、悟らず、知らず、見ず、聞かず、まったく真理を知ることができない、という。

ある人が、私のエッセイを、読んで言う。
言うことは、よく解るが、私の考えと違うと。
それは、大いにあり得ることである。しかし、道元の文になると、それが言えなくなる。道元という、権威があるからである。

これらは、実は、小学生の、物を考えること、という時間などで、教える程度のものである。
急死された、ある女性哲学者の方も、禅は、残りえる宗教だという。
それは、考えるヒントになるからである。

問題は、それからである。
道元は、山の寺に籠もり、規律正しい生活の中で、僧として生きられた。
後々、道元の、規律についても、書くが、結局、娑婆、現実世界とは、離れた場所にて、生きることができた。
ただ、それだけの違いである。

禅の、言葉を、生きるとしたら、現実社会の中では、生きられない。
それは、道元も言う。
出家することなのである。

話を、元に戻す。

だから、何だと言うのかという、言葉の数々である。

石女、うまづめ、が、子供を生むという。
うまづめは、子供が産めないから、石女と、呼ばれる。
それを、石女が、子供を生むと、脅す。

仏法から、見れば、石そのものは、不変であるかのようだが、実は、生き生きと活動していると、こういう、話になる。

であるから、何でも、いい訳である。
思考の転換を、促す言葉であれば、何でもいいのである。

女が、子供を生むのではない。因縁が、子供を生むのである、と、言ってもいい。
一人の人間が生まれるには、膨大な人の縁あればこそである。
そのように、いくらでも、言葉遊びができる。

青山すでに有情にあらず、非情にあらず。自己すでに有情にあらず、非情にあらず。

その境地は、もはや人でもなければ山でもない、山でもなければ人でもない。そういう山や人間という差別を超えたその奥にある深い、永遠から今につながる真実の姿というものが見えてくる。あるいは、そういう境地に立ち至っている。
栗太勇

これは、フランス文学者の書いた、道元の言葉の解説であるから、よく解るが、禅の僧たちの、解説になると、さらに、そのための、解説が必要になってくる。
いかに、深いのかということを、書く、書く、書く。

自分と山が、一致しているという実感を、味わうというのである。
それでは、何故、源氏物語から、それを、知ることが出来ないのだと言う。
大和言葉の世界は、それ、に、満ち溢れている。しかし、それを、殊更のように、言うことはない。水のように、さらさらと、流している。

どちらが、上級なのかは、一目瞭然である。

道元は、日本人として、禅を理解したのである。
それは、インド哲学、中国哲学を、超えていたものである。
彼、自らの内に、あったものである。

主観も、客観も、無い世界が、開けるのである。とは、言うが、それを、実生活で、生きるとする時に、どのようなことになるのか。
何の変化もない。

それを、和歌にして詠むのが、日本人である。

実生活の中で、それを、生きるべきく、先祖たちは、和歌を詠んだ。

もっと極端に言えば、逆に、山が歩くというよなことを手がかりにして、山のことなんか忘れてしまえ。あるいは、山を見ている人間がいるという考えも捨ててしまえ。あるのは山だけだ、あるいはその山もないのだというような境地、心持を体験しなさいと言っています。
栗太勇

こうして、尽きることの無い、深み、深さに至るのである。
本当だろうか。

それを、日々の生活に生かすとしたら、どういうことになるのか。
そんなことを、感じていたら、空気の読めない人になるだろう。
だから、禅を語らせたら、暇な人に限る。
延々と、繰言のように、話し続ける。

それで、よく解らないと言うと、兎に角、座れという。坐禅のことである。

もう一人、フランス文学者である、森本和夫という人も、道元をよく読んだ人である。

なるほど、「世界」に「水」があるということは事実だといえるにしても、それは一面的なとらえかたにすぎない。世界の水だけを考えていたのでは、「水」そのものを考えたことにならないのである。そのような偏見を捨て去って、絶対普遍的な立場から「水」というものをとらえてみるならば、「水」の場所に「世界」があるということもいえるのだ。
森本和夫

こうして、道元の言葉から、迷いの道に踏み込んでしまうのである。

絶対普遍的な世界、それは、すなわち、仏の世界である。
要するに、すべては、仏の世界を、現すというのである。

それでは、私も、一変に飛躍して、芭蕉の句を言う。

有名な、駄作がある。
しずけさや いわにしみいる せみのこえ
である。
禅をする者、どのように、解釈するのか、訊いてみたい。

静けさと、蝉の声である。
さて、どうする。
蝉の声が、静けさを、現す。
それ、仏の世界ではないか。

人を、惑わす仏の世界が、その句にあるではないか。

蝉の声が、静けさというものを、より一層、讃えているのであろうか。
蝉の声も、静けさも、一緒、つまり、同化している世界、つまり、仏の世界であろう。

要するに、何でもいいわけである。

古仏云、「山是山、水是水」
こぶついわく、やまこれやま、みずこれみず

道元は、それを、解説して、
やまはこれやまというにあらず、山これやまというなり。しかあれば、やまを参究すへし。山を参窮すれば山に功夫なり

やまこれやま、という、日常レベルではなく、目の前にある山は、無限絶対という、仏の世界と、一体化した、やまなのである、ということである。

目の前の山が、カラーフイルムが反転するように、バッと飛躍してひっくり返ると、絶対的な真実が見えてくる。これはひじょうに美しい文章で、道元の面目躍如といえましょう。
栗太勇

後で、禅語録を、読むが、そのような、飛躍した、言葉に溢れている。

飛躍しているのか、イッてしまったのか、解らないが・・・

思想としての、禅は、非常に評価できるものである。
何気ない言葉に、新しい息吹を吹き込むのである。
そして、楽しい。

粘土から、美しい、陶芸が、出来るのである。陶芸品でよし。
それが、仏に至ると、誤る。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。