2008年07月07日

アボリジニへの旅 7 平成20年7月

イルカラに出掛けて、疲れた。
帰りも、同じイラン人の運転手だが、もう、言葉は交わさなかった。

単なる、疲れではない。
私は、部屋に入り、もう、どこにも出て行きたくないのである。
野中が、お湯を沸かして、紅茶を煎れた。

書くのを、忘れたが、アートセンターでの、最後は、楽しかった。
野中が、一本の、イダキを買うため、色々と、探っていたのだが、その、イダキを吹く音がするので、館内に入り、更に、職員専用の、広場に出た。

おばさん二人が、イダキの、絵模様を描いている。
そして、子供たちが、野中と、一緒に、イダキを吹いているのである。

館内には、イダキを売る専用の部屋があるが、子供たちのために、子供に合わせた、イダキを陳列している場所もある。
子供たちは、好きに、吹いていいのだ。

7歳から、10歳前後の子供たちが、イダキを吹く。
上手だ。
野中の音とは、また、違う。
更に驚いたのは、子供たちが、イダキの伝統曲を、暗譜していることである。

私は、感激して、聴いていた。すると、子供たちは、いよいよ、盛んに吹くのである。
女の子もいたが、それは、男の子のものであるから、聴くのみである。しかし、女の子たちは、男の子たちを、見守りつつ聴くのである。

男の世界と、女の世界が、明確に分かれている。
それが、また、イギリス人を誤解させたのであるが。

野中が、女の子に、訊いた。
吹かないの。知っているけれど、私たちは、吹かないの。
知っているが、私たちは、吹かないという。それは、男のものである。

儀式も、男と、女の儀式は、違う。

また、もう一つ、明確に、区分けされているものがある。
陰陽という、考え方が、東洋思想にはあるが、アボリジニには、イリチャと、ドゥワァという、区分けがある。
それは、子供の頃から、教えられる。
非常に難しいことなので、後で書く。

私は、一生懸命に、イダキを吹く子供たちに、何かをプレゼントしたかった。
そこで、思い出したのが、野中が、皆、ペロペロキャンディが好きだということだった。

私は、センターの前にある、スーパーに、走った。
そして、キャンディーを、買った。
一袋に、四個セットの、キャンディーが入っているものを、三個買った。全部で、12個である。
それを、ばらして、子供たちに、配った。
わーーーと言って、子供たちが、集った。

子供服の時とは、大違いである。
もう一つ、もう一つと言う子もいる。

その時、丁度、タクシーが来たので、早々に退散した。

私は、部屋の前のコーナーに、座り、タバコをふかした。
野中も、出て来た。
野中には、ペットボトルの水を買って来て貰うことにした。

私は、浴衣を脱ぎ、シャワーを浴びて、タイパンツに、着替えた。
そして、ベッドに横になった。

時々、ギャギャーと鳴く、オウム、ホワイトカカトゥという鳥の鳴き声が聞こえる。
この鳥は、白くて美しいが、鳴き声が、喧しい。
頭についている、冠が、特徴的だ。

そういえば、この、ホワイトカカトゥが、聖地に行く私たちに、一羽、案内するように、着いて来ていた。あたかも、案内する如くである。

その夜も、早々にベッドに就き、寝た。

最後の日である。
ダリンブイに行くことを、止めたので、追悼慰霊の儀を、どうするかと、考えた。

朝、モーテルに備え付けの、インスタントコーヒーを、飲んで、考えた。
兎に角、一度、街に出て、少し買い物をしようと思った。

この日に、起こることは、想像もしていない。
何が起こるかは、その時に解る。

ぶらぶらと、歩いて、道沿いにある、カトリック教会に、入った。
扉が開いている。
つまり、安全な街なのである。

プロテスタントの、チャペルにはない、聖母の像がある。
聖水もある。
祭壇の前で、写真を撮る。
父と子と精霊の御名によりてアーメンと、唱える。

私の少年時代は、カトリック教会の思い出ばかりである。
思い出は、人生である。

今、跪くことはしないが、思い出は、大切である。
未だに、最初に手にした聖書と、祈祷書を、持っているのである。
ボロボロである。

今回は、実は、ロザリオを持って来ていた。
何かのためにである。
ロザリオの祈りは、聖母を通して祈るものである。
アベマリアへの、祈りである。聖母を通して、イエスに行くものである。
プロテスタントとの、論争が、最も、大きい問題である。
聖母像は、偶像である。

人は、何故、祈るのか。
そして、祈りとは、何か。
古神道では、明確である。
いのり
い宣り、である。言葉は、すなわち、言霊であり、それは、音霊が、動くものである。
イ音は、受け入れる意味である。
のオ、とは、オの、送る音である。そして、更に、りイと、受け入れる。

言葉自体が、動くのである。
故に、言葉は、カミであるとする。
カミとは、霊である。つまり、言葉は、霊なのである。
霊は、目に見えないものである。音も、目に見えないが、耳に聞こえるものである。
耳に聞こえないものも、ある。
最後は、だから、黙祷という姿勢になる。
慰霊の儀を、執り行って、解ることは、黙祷の意義である。
最高の祈りは、黙祷である。

教会を出て、別の道から、繁華街に向かった。
すると、二人のヨォルングが、道端に座っている。

私は、ヨーと、声を掛けた。
おじいさんである。
二人は、手を上げた。

そして、一人の老いた、おじいさんが、私に話し掛けた。
それが、何と、長老と言われ、世界的な、イダキの名手である、ジャルーの、兄弟だったのだ。

実に、親しげに、話し掛けるのである。
私は、タバコを二人に差し上げた。
すると、私に何やら言うのである。
別のおじいさんが、言った言葉に、野中が、驚いた。

先生、と、私を呼ぶ野中。
ジャルーの、弟さんだよ。
そのおじいさんは、私に、歌を歌う者だと言った。

野中は、おじいさんに、一度逢っていますと言った。
コタです。
野中は、一度、ジャルーに逢いに、ここに来ている。
コタ。
はい、コタです。

それから、驚くことばかりが、続いたのである。

兎に角、ジャルーの弟さんは、私と、以前からの付き合いのような親しさである。
そして、ジャルーは、今日から、ここにいると言うのである。
そこに、家族も、やって来た。
彼の、娘たちである。
私は、皆に、タバコを差し上げた。

暫くの会話である。

ようやく、私たちは、買い物をするために、スーパーに向かった。
野中は、ジャルーが、いると、興奮していた。
逢えるかもしれないという、思いであたろうと、私は、思った。

買い物を、終えて、私たちは、また、来た道を戻ると、先ほどの、家族が、皆揃っていた。
私は、再び、おじいさんの、横に座った。

野中が、何か話す。
お金が無くて、車を待っていると言う。
要するに、タダで乗せてくれる車を、待っているのである。

彼らは、スキービーチに帰るのだ。

私は、それなら、一緒にそこに行くと、言った。
タクシーを呼んでくださいと、家族の人に言った。

娘の一人が、飛び出すように、タクシーを、呼ぶために、走った。
一台の、ワゴン車が来た。
七人、それに乗った。

20ドルである。
私たちの好意を、運転手は、理解したのだ。

その、ビーチは、実に美しいビーチで、昨日のアメリカ人のカップルが、教えてくれた場所である。

15分ほどして、おじいさん、二人が降りた。
私たちも降りて、最後の握手をし、写真を撮った。

そして、娘さんの家に向かった。
その、ビーチの道は、両側に、海があり、見るに値する風景である。

一軒の家の前に、車が止まり、皆が、降りた。
私たちも、降りて、矢張り、写真を撮った。
次に来た時は、来てくださいと、言われた。

車に乗り込むと、運転手が、サービスで、少し辺りを回ってくれた。

そして、その運転手が、何と、ジャルーの、娘さんと、結婚して、私たちが、行くはずだった、ダリンブイに住んでいると言うのである。

出身は、トンガである。
更に、ダリンブイの、若手三人兄弟の、イダキ奏者の、マネージャーも務めているというのである。
野中が、驚いた。
ヨーロッパ公演などしている、グループである。

話は、尽きなかった。
帰り道は、大いに盛り上がった。
次に、来た時は、空港に迎えに来てくれ、ダリンブイに、テントを張り、泊まるようにと言う。
グループの者の、車を使うので、ガソリン代だけでいいという。

彼は、ゴーブに一軒だけある、タクシー会社の社員だった。
タクシー運転手は、ほとんどが、海外から来た者である。

トンガでは、成績の良い者は、皆、他国に出稼ぎに行くという。
彼も、その一人で、ここで、結婚したのだ。それが、ジャルーの娘だった。


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 126

道元について、書いているが、少し休んで、日本において、仏教が、生成発展したことを言う。

玄奘三蔵法師が、天竺に向かった当時、その行く道は、すべてが、仏教を報じていた。国王から、仏教徒であった。
しかし、その後、すべてイスラムに乗っ取られた。
仏教は、壊滅である。

何故か。
仏陀の慈悲の思想というものが、いかに、行いにくいかということである。

勿論、日本にても、仏の祈り、戦いに臨んだ者は多い。しかし、それでも、仏陀の慈悲の思想を、手放さなかった。それは、元からあったものであるからだ。

万葉集を読めば、それが、解る。
慈悲というものは、万葉集の、すべての歌に現れてる。

私は、それを、もののあわれ、として、認識している。
それは、慈悲にまつわる、日本人のすべての、心情のことである。それは、心象風景として、更に深まるのである。

そして、仏教を奉じる者で、極地に行く者は、すべて、日本人の感性として、仏教を受け入れているということである。

例えば、念仏の一遍は、捨て聖として、念仏行を行った。
それは、建物も、書き物も、残すことなく、ただ、念仏に、自らを、投入して行く様である。念仏に成り切るという、極地である。
それは、念仏に成り切るというだけではない。
そのように、出来たのは、彼が、日本人の感性を持って、念仏に当たったからである。

つまり、日本人の、自然との、共感と、共生の心を持って、念仏というものを、理解したからである。
それは、実に、自然な行動だった。
跡に何も残さないという、心は、日本人の原風景である。

建物を、残す、書き物を、残す者は、二流以下である。
一流でも、建物や書き物を、残す者がいる。

最上級の者、何一つ、残す物は無いのである。
それは、日本人ならば、すべて、自然に帰るということを、知っているからである。

念仏も自然に帰るのである。
その自然を、仏と、呼んでもいいのである。

華厳宗の明恵という、僧がいる。
彼もまた、日本人の感性として、仏教を受け入れた人である。

密教、念仏宗などが、盛んであり、堕落していた、奈良の仏教を立て直したとされる人である。

その教えは、ひたすら、釈迦の教えに帰れ、だった。
しかし、その釈迦の教えとは、何かと問われれば、膨大な仏典の中から、選ぶことになる。しかし、明恵は、釈迦の教えを、伝統から、理解した。

それの証拠は、明恵の歌にある。
彼は、何十年にも、渡って、自分が見た夢を、綴った、夢の記、というものを、書いている。それも、不思議なことであるが、彼の歌に見る、大和心である。

山寺に 秋のあかつき 寝覚めして 虫とともにぞ 鳴きあかしつる

山の寺で、秋の明け方、目覚めた。そして、虫の音に、聞き惚れて、ついには、虫と共に鳴き明かす。

虫を対立したものとは、置かない。
虫ともに、鳴くのである。

夜のうちに 汲みほす水に あえなくも いつまでとてか 宿る月かげ

夜のうちに、汲み干してしまう、水の中に、写る月影。
ただ、それだけである。

そのままを、詠む。
それが、大和心である。

大和心にて、釈迦を、理解するのである。
だから、日本人にして、仏教は、更に生成発展したという。

それは、仏教だからではない。
日本人だから、仏教になっていったのである。

でなければ、シルクロードのイスラム化は、いかなることか。
アフガニスタンなども、仏教遺跡の多い、仏教の国々だった。しかし、今は、御覧の通り、イスラムである。

仏教を、より深くしたのは、日本人だからである。
更に、仏陀の地は、そのインドは、バラモンと、ヒンドゥーに、取って代わられたであろう。今は、仏教など、見る影も無い。

今、残る仏教は、小乗が伝わった地域である。

大乗の偽の、仏教が、ここまで、成長したのは、日本人による。

嘘、偽の、仏教を、大和心により、本物にしたのである。

息吹を吹きいれたのである。

大和心で、である。

世の中の せめてはかなき ためしにや 月さえかりの 宿りにぞすむ

月さえ、仮の宿りに棲む、と、歌う、心根は、大和心である。

万葉にあっても、おかしくない歌である。

月の光でさえ、仮の宿りに写るのである。それならば、この人の世の、儚さは、いかなるものか。

はかなき、は、あわれ、にゆくのである。
神仏は妄想である。
しかし、神仏を、奉じた者が、妄想ではない。
現実に生きた人である。

法然、一遍、明恵と、何物も、残すことがなかったという点では、私は、理想的な、宗教家であるという。

法然の書き物は、人の求めに応じて、その弟子たちが、まとめたものである。

その点では、最澄や、空海は、評価しない。
空海は、稀代の詐欺師である。
千年も、その詐欺に、気付かないという、愚かさは、また、ただ事ではない。

さらに、道元を見てゆく。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ237

桐壺

月は入りがたの空きよう澄みわたれるに、風いとすずしくなりて、草むらの虫の音もよほしがほなるも、いと立ち離れにくき草のもとなり。

命婦
鈴むしの 声の限りを 尽くしても 長きよあかず ふる涙かな

えも乗りやらず。

母君

いとどしく 虫のねしげき あさぢふに 露おきそふる 雲のうへ人

かごとも聞えつべくなむ」と、言はせ給ふ。


母君を、見舞う命婦が、帰り支度をする。

月夜の空が、澄み切った中、涼しい風が吹く。
草むらの虫の音が、心に響くのである。
いと立ち離れにくき草のもとなり
帰ろうとするが、その風情に、中々、帰ることが出来ない。

すずむしの こえのかぎりを つくしても ながきよあかず ふるなみだかな

車に乗ろうとした、命婦は、歌を口ずさむ。
あの鈴虫の、声の限りを尽くして鳴くように、長い夜を、泣き明かすことである。

いとどしく むしのねしげき あさぢふに つゆおきそふる くものうへひと

雲のうへ人は、命婦のことである。
虫の音に、あなたも、涙を流されますか。この、浅茅の、草深い上に、涙を置いてゆかれますか。

かえって、ご訪問が、恨めしいと、母君が、女房に言わせた。

桐壺更衣の、突然の死を、嘆き悲しむ、帝を中心とした、人々の心を、描く、桐壺の巻である。

その、桐壺更衣の、母君も、亡くなる。
残されたのは、皇子である、光の君である。

作者は、光を、源氏の君と、呼ぶ。

帝の歌

尋ねゆく まぼろしもがな つてにても たまのありかを そこと知るべく

亡き人を、尋ねるために、道士でもよし、その魂の、在り処を知りたい。

雲の上も 涙にくるる 秋の月 いかですむらむ あさぢふのやど

雲の上の、秋の月も、涙にくれる。
どうしてこの世に住むというのか。生きているというのか。
浅茅生、あさじふ
浅茅が生える、草深い宿に。

桐壺の巻に、藤壺の宮の、入内がある。

兎も角も、桐壺の更衣の、亡き事を、悲しむ。
そして、桐壺更衣に対する、多くの人の嫉妬などの、こと度もが、語られる。

光源氏の、名の由来は、
光る君といふ名は、こまうどのめで聞えて、つけ奉りける、とぞ言ひ伝えたる、となむ。

高麗人の、人相見の言葉から出たという。

その様、桐壺の巻に、書かれてある。

物語は、帝が寵愛する、桐壺の、突然の死によって、幕を開けた。
そして、残された、皇子は、桐壺に似た、美しい男子である。
更に、藤壺の入内は、光る君の、憧れとなった。
母の顔を、知らない、光は、藤壺を慕うのである。

この、桐壺の巻は、多くの研究家の、想像を逞しくしたようである。

いづれの御時にか
ある、研究家は、平安期の、表現を辿り、この表現によって、あたかも、実在の物語が、背後にあるかのように、見せかけることが出来るという。
それは、単なる、見せかけであり、勿論、事実ではない。
しかし、実在しない物語が、真に迫るものになっているのは、作者の、天才的文才であろう。

最初に言った。
物語は、面白いか、面白くないか、である。
当時の人、実に、面白く読んだであろう。

桐壺の最後の段は、光の君の、元服と、左大臣の家へ、婿として入ったことである。

余談であるが、物語の随所に、当時の、風習などが、描かれている。
細心の注意を、払い読むと、皇子などの、元服の際に、公卿などの、少女をおそばに、臥させるというものがある。
それは、つまり、共寝をするということで、暗に、男女の関係を、教えるというものである。

また、男女のことだけではない。
当時は、男性同士の触れ合いが、当然の如くにあったという、事実も伺われる。
それは、私の解釈、読みであるが、追々と、書くことにする。

私は、素人である。
素人ととして、源氏物語を、読んでいる。


posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。