2008年07月06日

アボリジニへの旅 6 平成20年7月

聖地から、戻り、街中に出て、元の場所に帰った。
もう一度、コーヒーを注文し、しばらく、そこで休んだ。
その時は、地元の人々が、出ていて、コーナーには、一杯の人である。

白人が多いが、アボリジニも多い。
子供たちが、走り回っている。

昼は、モーテルで、食べようと、私は一人で、スーパーに入った。
まず、パンから選ぶ。
兎に角、分量が多い。

食パンを選んだ。食べきれるだろうかと、思いつつ。そして、野菜である。レタスを選んだ。ハムや、サラミは、豊富であるから、選ぶのが大変である。
パンに挟む、チーズは、日本に持って帰ることになる。
ジュースである。一リットルの、混合ジュースを一本買う。
もう一度、野菜売り場に戻り、果物を見る。
リンゴが、日本のものより、小さい。種類が多い。
ミカンを五個にした。
また、中に戻り、カップめんを二つ買った。

レジでは、計算しながら、袋に詰めてくれる。
さて、支払いである。
小銭は、全部だして、見せると、その中から、店員が、選んでくれる。
オーストラリアドルの、小銭は種類が多く、帰るまで、どれが幾らか解らなかった。
50ドルを出して、お釣りを貰う。

そして、野中の元に戻った。
買い物袋を持って、モーテルに戻るのは、大変なので、タクシーを使う。
ライトバンのタクシーが多い。
新しいタクシーは、日本と同じである。私たちは、それを、選んだ。
イラン人の、タクシー運転手だった。

何故か、会話が弾むのである。
午後に出掛けた、イルカラ・アートセンターにも、そのタクシー運転手に頼むことにした。
予定では、明日だったが、野中が、今日にしようということで、そうなった。

部屋に戻り、食事をする。
野中は、二つのカップめんを食べた。
私は、パンと、チーズと、ハムを食べる。
水を飲みながらである。

およそ、三千円程度で、明日の朝と、昼の分である。

一度、ベッドに、体を横にして、休んだ。
聖地での、祈りの所作を、思い出した。
野中と、色々話し合う。
アボリジニのことである。

二時頃である。
野中が、今日のうちに、イルカラに行こうと言う。
そこは、四時に閉館するので、十分に間に合うのである。

タクシーでは、10分程度で、着く。
野中は、館長に連絡した。
オッケーとの、返事を頂き、タクシーを呼ぶ。

イラン人の、運転手は、色々なことを、話した。
イランといっても、多くの民族があるという。
彼は、イランの西の地方の出身であった。
その歴史は、古く、四千年以上前からの、陶器の出土品がよく出るという。
ただし、その地方は、貧しい。

私たちが、子供服の支援をしていると、言うと、自分の故郷にも、出掛けて欲しいと言われた。

更に、彼は、日本に出稼ぎに出る、イラン人は、悪いことをして、強制送還されているという。確かに、イラン人は、多くの事件や、犯罪を犯す。
彼は、日本に出る、イラン人は、クズだと言う。本当の、イラン人は、真面目で、勤勉だという。

私たちの、活動にも、興味を示し、色々と、訊いてきた。
誰の命令なのかと訊くので、エンペラーだという。
エンペラーとは、誰か。
天皇という。
天皇とは、何か、誰か。政治的に、影響力があるのか。
政治的権力は、無いが、国民に尊敬されている。
それでは、タイの国王のような存在かという。
そうだと、答える。

あなたたちの費用は、天皇が出すのかと訊く。
いや、私が出す。
そして、天皇に、この活動を差し上げると、言う。

タイ国王と同じということで、相当に理解したようである。
実際は、タイ国王の方が、国民の支持は、大きい。九割のタイ人は、国王を支持する。日本の天皇について、私は知らない。
しかし、私の追悼慰霊の儀は、天皇に、捧げても、行われるのである。

野中の英語を、聞いていて、私は、それに付け加えて言ったのである。

知らない人のために、書く。
天皇は、日本国の象徴である。
昭和天皇は、人間宣言という、変なことを、強制されたが、現人神と言われた。本来、現人神とは、国民のことであり、天皇は、その総代であり、現人御神と、言われる。

天皇の政治は、国民を、公宝、おうみたから、と、呼んで、民を大切にしてきた。

私は、天皇制を、議論する者ではない。
右翼でも、左翼でもない。
私は、上、カミである。
日本の伝統にある、カミと呼ばれる民である。

カミは、また、頭とも、守とも、書く。私は、追悼慰霊の儀を執り行う、守、カミである。

それから、私たちは、フィジー出身、トンガ出身のタクシー運転手と、会うことになる。
そして、大きなテーマに発展した。
トンガにも、衣服の支援をして欲しいと、いうものである。書くと、長くなるので、省略する。

イルカラ・アートセンターに、到着した。
センターの前は、ヨォルングの住まいである。

実は、この、ヨォルングの人々は、強制的に、ここに移住させられた。
それは、鉱山建設のためである。

ゴーブは、鉱山の町なのである。

生活の場を、奪われた、ヨォルングの人々は、この土地を与えられて、仕事なく、国の保護によって、暮らしている。
実に、不自然な、生活である。
つまり、夢も希望も無い。
飼われているようである。

これは、後で、問題提起として書く。

この場所では、祈りは行わない。衣服支援のみである。
実は、明日、行くべきはずの、ダリンブイ・アウトステーションにて、追悼慰霊の祈りと、支援を、行うはずだったが、野中が、タクシー会社に交渉すると、一時間半ほどの道で、往復で、五万円以上の、金額を請求されたのだ。
私は、即座に、断れと言った。
それだけの、お金を使うなら、それを、そのまま、寄付した方がよいと、思った。

とんでもない、金額である。
精々、二万円程度を、想定していたのである。

それで、ここで、支援をすることにした。

最初に、出迎えた方が、館長で、白人の方だった。
そして、私たちは、地元の、代表者に、紹介された。
その方を、通して、皆に、支援物資を差し上げるということである。

これには、訳がある。
アボリジニの人は、物をくれる人は、悪い人という、イメージを持っている。
それは、宣教師たちの、行為だった。
原住民に、物を上げて、支配した。それも、親子を、隔離するという、とんでもない、行為を行った。

アボリジニを、人間と、見なさなかったのである。
文明人に、近くなるように、キリスト教徒に仕立てて、様々な、規則、規律を持って、子供たちを、教育した。

その弊害を受けたのは、現在の、四五十代の人である。
アボリジニの、伝承も、伝統も、受け継げず、さりとて、白人の文明を、受け入れられたかというと、中途半端である。

食事も、バランスの良い、現地の食べ物から、パンと、紅茶という食事にされて、今、それにより、糖尿病の人が、実に多い。紅茶に、大量の砂糖を入れて、飲んだからである。

彼らは、非常に病んでいる。
自分の、自己同一性を、持てないのである。
私は、誰か、何者なのか、という、戸惑いは、精神を深く傷つけた。

センターの前に、私は、衣服を広げた。
代表の方が、子供何人かに、声を掛けた。
丁度、この日は、学校が、休みで、皆、広場で、遊んでいたのである。

だが、いつもの、お渡しと違うのである。

おじさんは、私に、皆の好きにさせて下さいと言った。
私は、いつも、一人一人に、合った衣服を、手渡しで、差し上げる。

子供たちは、少しつづ慣れて、自分の合うものを選んだ。
遠慮しつつ、見守る子供には、私が、積極的に、その子に合うものを、選んだ。

中に、一人の女の子が、これも合わない、これも合わないと、おじさんに、衣服を投げ捨てている。
驚いた。
しかし、おじさんは、何も言わない。
実に、無礼な態度である。
だが、その意味も、解ってくる。

三分の一が、余った。まだ、貰いに来ていない子供も、多い。

私は、無理せず、暫く、その場に、置いていた。
そして、近くで、タバコをふかし始めた。

もう、終わりかなーと、思いつつ、見ていた。
ところが、一人来て、二人来て、また、差し上げるムードになる。

そして、また、止まる。
その繰り返しで、最後は、すべてが、無くなった。
印象的だったのは、大人たちである。
漸く、心を開いたのか、大柄な男が来た。
丁度、大人物もあり、私は、引き出して、見せた。

もう、その頃は、野中も館内に入り、おじさんも、いない。
私は、何気なく来る子供に合うものを、選んで、差し上げた。

ほとんど、無くなった。
小さな子は、自分に合う、可愛い服を手にして、静かに、微笑んでいた。

最後である。
若い、女性が来た。
決して、愛想がよいわけではない。
ブスッとして、私に、鞄の一つを指差した。
衣服を入れた、鞄が欲しいのだ。
私は、その鞄を、渡した。しかし、何も言わずに、それを、持って去った。

子供用と、大人用。しかし、中学生や、その上の世代が着るものは、無かった。

館内に、17,18,19の男の子などがいた。
私は、この子達に差し上げる物が無いと、気付いた。

言葉を交わす。
だるい笑いがある。
彼らの、親は、隔離されて育った。その子である。
どんな、精神状態かが、伺えた。

将来に、希望を抱く年代である。しかし、その気配が無い。
何かを諦めた顔である。
その、姿勢の様を見れば、解る。
こちらが、尋ねると、ポツリと、答えて終わる。会話が続かない。

歌にする。

17の 少年の憂い 何ゆえか それ以上を 訊けぬ我が胸

子供から 儀式経たあと 民族の あるべき姿 知りて悲しむ

200年の 統治のゆえの 悲劇をば 受けたることの 少年の涙

アボリジニと 我に告げたる 黒き人 オーストランアン 我にあらずと

伝承と伝統にこそ、生きるという、アボリジニの、それを、根こそぎ奪った罪は、重く深い。

何か、空しさを感じつつ、私は、しばし、そこに、佇んだ。
佇む以外にないのである。

悄然として、遠い空を眺めた。
人は、何ゆえ生まれて、何ゆえに、生きるのか。
少年の頃に、考えたことを、ここで、考える。

多くのことを、学んだはずである。
しかし、何一つ、役に立たない。
私は、私で、創造するしかないのである。

生きることは、演じることである。
そうして、今の今までやってきた。
今回は、男を演じて、生きる。今回は、独身で生きる。今回は、やりたいことを、やって生きる。今回は、そのままを、生きる。

今回は、子供を産まない。というより、産めない。

道端の 空見上げたる その先の 何事かある 何事も無い


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ236

源氏物語に、分け入ることにする。

私は、源氏物語を、研究するのではない。
世界最古の小説から、もののあわれ、というものを、読み取るのである。

源氏物語に関しては、数多くの解説、研究、その他諸々あるが、私には、あまり興味が無いものである。

最初の小説であるから、小説というものの、書き方など、非常に興味があるが、もう、それも、失せた。
私の、興味があるのは、ただ、物語の中に描かれる、もののあわれ、というものの、有り様である。

それは、大和心と言われる、万葉から、始まり、いや、それ以前から日本人の、心象風景として、存在した。
万葉集によって、それが、記録として、残された。

大和心を、尋ねると、そこには、必ず、もののあわれ、という、心象風景が、広がる。
私は、源氏物語を、その一点で、読む。

明治期になって、西洋の文学手法から、学問として、源氏物語が、研究されたが、物語、小説とは、端的に、娯楽である。
芸術として、云々するのは、否定しないが、面白くなければ、意味が無い。
生きるためではなく、人は、死ぬまでの、暇つぶしに、様々なことに、挑戦する。
小説というものも、その一つであり、それ以外の、何物でもない。

古典は、昔の言葉であるから、読みにくい。そして、古語は、意味が、解らない。解らないものは、面白くない。故に、古典は、一部の人によって、愉しまれる。
それはそれでいい。
新しい物語は、いつの時代も、生まれる。

楽しいならば、源氏物語を、原文で、通して読むことであるが、無理をする必要はない。また、現代文にて、訳されたものを、読んでもいい。
要するに、これこそ、唯一という、読み方は無い。
一生、読まない人もいるだろう.

小説とは、その程度のものである。

私は、源氏物語から、もののあわれ、というものを、観るべく、自然描写、風景描写からみる。
本居宣長は、もののあわれ、を、人と人の触れ合いから、観た。
恋する者の、心の綾から、観た。

平安期の、色好みとは、恋愛の様を言う。
今に至るまで、人間のテーマは、変わらない。
恋愛である。

中には、冷血人間がいて、恋愛などとは、程遠い者もいるだろうが、それはそれで、いい。無理をすることはない。

日本人は、もののあわれ、という、心象風景を、多く、恋の中に観た民族である。
源氏物語も、その一つの切り口に過ぎない。

日本人の、心象風景に、いつもいつも、一本の道がある。
それが、もののあわれ、である。

それを、源氏物語からも、観るとする。

何故、私が、自然描写と、風景描写から、それを、観るのかといえば、簡単である。物語を、初めて書くということは、物語とは、何かということを、いつも、考えて書くであろう。そして、内容は、多く、他に影響される。
実際に、それを、研究する者も多い。

このお話は、どこそこの、どれに、影響された云々。
しかし、自然描写、風景描写は、他に影響されない。当時の見たままであろう。

山川草木を、紫式部が、見たままを、書くのである。
それは、また、日本人の、原風景ともあるものである。

であるから、一切の余計な、解説はしない。
原文を、上げて、それを、もののあわれ、という、一点で、観るのである。

桐壺

いづれのおほん時にか、女御更衣あまた侍ひ給ひけるなかに、いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれて時めき給ふ、ありけり。

こうして、はじまる。

いずれの時と、明確にしない。
お話は、昔々と始まるのであるが、いずれの時にか、と、曖昧にする。
ありけり。
そして、それが、あったと結ぶ。
長い長い物語が、始まる。

物語は、書き出しで、決まるというが、それならば、これは、名作である。

いとやむこどなき きはには あらぬが
特別な家柄ではないが。
すぐれて時めき給ふ ありけり
特に寵愛を、受けた、お方がいた。
それを、桐壺更衣と言う。

その、桐壺が、玉のような、子を産み、急死した。

その、桐壺の、辞世の句である。

かぎりとて 別るる道の 悲しきに いかまほしきは 命なりけり

いかまほしきは
行く、生く、とを、かける。

勿論、物語にある、歌は、すべて、紫式部の歌である。

想定して、歌を詠むとは、今までに無いことであった。
新古今辺りから、想定した歌を、多く詠むことになるが、紫は、その、先駆けである。

生きたいのは、行きたいのである。
限りあると知る、命であるが、生きたい。別れたくない。別れて逝きたくないのである。

人は、いつの時代も、そのように思い、死んでいった。今、現在もそうである。
誰もが、歌い、詠むべき歌である。

さて、その、桐壺の段にある、風景描写を見る。

野分だちて、にはかに肌寒き夕暮のほど、つねよりもおぼし出づる事多くて、ゆげひの命婦といふを遣はす。夕月夜のをかしきほどに出だし立てさせ給ひて、やがてながめおはします。かうやうの折りは、御あそびなどせさせ給ひしに、心ことなる物の音をかき鳴らし、はかなく聞え出づる言の葉も、人より異なりしけはひかたちの、面影につと添ひておぼさるるにも、やみのうつつにはなほ劣りけり。

野分が立ち、風が吹く。
肌寒い夕暮れである。
いつもより、いっそう故人を思い、ゆげひの命婦を遣わした。
夕月夜の美しい時刻に、命婦を、出かけさせ、そのまま、深く物思いに沈む。
ながめおはします。
これは、帝の心境である。
眺めるのである。我が心を。
以前なら、こうした月夜は、音の遊びなどをし、更衣は、その中に加わり、
心ことなる物の音をかき鳴らし
優れた音楽の才を発揮し、また、
はかなく聞え出づる言の葉
儚き歌さえも、優れていたのである。
面影は、帝の目に、立ち添い、消えない。
やみのうつつにはなほ劣りけり
しかし、闇の現、現実の闇の中では、無いものである。
幻は、闇に適わないのである。

野分、肌寒き夕暮れ、夕月夜のをかしきほどに出だし立てさせ給ひて、である。
闇の迫る、夕暮れは、特に、物悲しいものだった、当時を思い浮かべると、その様、心に与えぬ訳は無い。
風景は、心模様であった。
それほど、自然と、切り離せない生活なのである。
野分が立てば、心に風が吹くのである。
現実の風だけではなく、心に風が吹くのである。
そのような、人の生活を、想像して、読むことだと、思う。


posted by 天山 at 00:00| もののあわれ第6弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 125

尽界はすべて客塵なし、直下さらに第二人あらず。悉有それ透体脱落なり。
じんかいはすべてきゃくじんなし、じきかさらにだいににんあらず。
しつうそれとうたいだつらくなり。
道元

仏教、とくに大乗仏教には仏性論という考え方があります。すなわち、人間には誰でも「仏性」という一つの素質、種子が備わっている。したがって、これに目覚め、これを育むことによって、人間は誰でも仏になれるのだという考え方です。
栗太勇

この、大乗の、仏性論というのは、実に、如何わしいのである。
これが、後の人々を撹乱させた。
玄奘の法相宗は、それを、認めていない。玄奘は、大乗の研究としては、第一級の人である。
後に、それを、書くことにするが、後々である。

この思想の、根拠になっているのが、般若経にある、一切衆生 悉有仏性 如来常住 無有変易、である。
この中に、すべての仏教の真実が含まれていると、言われると、言う。
誰が言うのか知らないが、そういうのである。

この仏性論について、道元の考えを展開しているのが「仏性」の巻ですが、ここで道元は、従来の通説を打ち破り、それを超越した大胆な考えを示します。この否定の上での飛躍がいかにも道元らしいところです。・・・・
道元は「一切の衆生・悉有が仏性なり」と読めと言う。「悉有」とは「ことごとくにあり」ではなく、彼の言葉でいうと、「悉有」それ自体が仏の言葉であり、仏の舌である。仏祖の目の玉であり、出家者の真実である。つまり、全存在ということになります。
いっさいの生きとし生けるものは、だから悉有の一部であり、山川草木国土が、そっくりそのままズバリ仏性である。全存在が仏性そのものであり、仏性以外の何物でもない、というところまで突き詰めていきます。
栗太勇

尽界はすべて客塵
この世は、すべて主体性そのものであり、対象となるものはないというのである。

直下さらに第二人にあらず
ただいま現在の、いまここに、第二人者、二人目の相手となるようなものはない。ただ、すべて、一人称の一人だけしかいない。

天地宇宙がただ一人、すべてを含んだただ一人のものとして、仏性をさらけ出している。もちろん草木も衆生も、人間も私もあなたも、この悉有そのものであり、仏性そのものです。
栗太勇

以前、日本だからこそ、仏教が、花開いたと言った。
日本人の感性を、持って、仏教というものに、新しい、思想的思索が、加えられた。

その後の、中国仏教が衰退しても、日本には、脈々と、仏教の流れが出来た、そして、今も、それが、ある。
それも、仏教家、僧たちとは、別の形で、である。
日本の仏教思想は、仏教家や、僧たちから、離れて、今、様々な、分野の人々によって、検証され、新たに、生まれようとしている。

それは、宗教という組織を、離れたところで、行われ、それは、実に、理想的に、行われるという、状況である。

宗教という、仏教には、用はないが、仏教という、ものの考え方には、用があるのだ。
それは、人間というものを、考える時に、有効な手段となり得る。それには、私も、賛成である。

後で、道元の求める、求道の姿を言うが、彼の門にいる者、今、誰がそれを、継いでいるのか。ほとんど、誰もいない。
永平寺などは、おおみそかに、NHKが、思い出したかのように、ボーンと、鐘を打つ音を、鳴らして、こ汚い僧たちの、読経の様を、全国に放送するのみの、価値である。

寺にいる間は、清純清潔のように、見せるが、末寺に戻ると、在家よりも、甚だしい、罪の生活をするのである。
在家より、罪深い生活をするのは、何も、禅宗の僧たちだけではない。
全国、日本仏教の僧たちは、皆々、在家より、罪深い生活をして、のうのうとしている様である。

これを、唾棄すべき者という。
更に、信長なれば、全員、焼き討ちである。
私も、そうする。

仏典を、深読みするというのは、日本の仏教家の、特徴である。
皆々、勝手に、仏典を深読みして、それぞれの、教義やら、教えやらを、立てた。
勿論、それは、妄想である。

深読みを、感嘆賛嘆する者もいるが、私は、妄想以外の何物でもないと、見ている。

例えば、日夜、蒲鉾を作る人より、彼らが、優れているとは、思わない。
絶えず、皆が、旨いと思える蒲鉾を、作るということで、奉仕する人に、私は、仏陀の教える、生きるということの、本質を観る。
漁師も、百姓も、日々の生活を送る人である。
更に言えば、捕る、育てて採る、作る人々である。

よい米を作るために、日夜努力奮闘する人より、坐禅をする人が、落ちるのである。
人生の秘密を、知るためならば、坐禅をする前に、人に奉仕する仕事をせよと言う。

仏の教えが、人の心を、救うとか、慰めるという、勘違いは、止めることである。単なる、迷いを、教えているのである。

仏性などいう、カラクリは、単なる、言葉の遊びである。
そんなものを、あえて、持ち出すことなく、仏性や、神を超えたものを、人は、持つのである。

結局、彼ら、有名無名の僧たちも、我の内に在るものに気付いたという。
そのために、無用なことに、汲々とし、仕事もせずに、言葉遊びを、繰り返しているのである。

僧たちの、作務など、子供騙しである。

この世に生まれてきたことは、地獄に生まれたということである。
その、地獄で、仏を云々などしている、暇があろうか。

道元の存在価値も、鎌倉時代という、時代性にある。
現在、道元がいたならば、引きこもり、オタク、危険神仏ではない、危険人物とされる。

道元の書き物を、持って、更に、思想や思索を、深めるというなら、理解する。しかし、道元に、浸りきると、誤る。

道元は、あの時代の道元で、終わっているのである。

すべてが、主体である。
つまり、実存である。
一人称のみ、それ以外は無い。
見事な言葉遊びである。

それで、彼の築いたものは、役立たずの曹洞宗という、僧の集団である。

まだまだ、道元の世界を、続ける。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。