2008年07月04日

アボリジニへの旅 4 平成20年7月

日本の、21倍の大きさの、オーストラリアは、広い。

ケアンズから、飛び立ち、アーネムランドのゴーブという街に向かう。
その、果てしない、大地である。

資料では、四万年前から、アボリジニ民族が、住んでいたと言われるが、新しい学説を出す、学者もいて、人類の発祥とも、言えるという。
アフリカではなく、オーストラリアが、人類の発生の場だとしたら、これは、大逆転の、学説となる。

ゴーブという街は、実に小さな街である。
私の、田舎程度である。
しかし、空港があるという、驚き。

エアポートバスに乗り込む。
実は、飛行機の座席は、満席だった。それは、乗り継いで、ダーウィンに行く人がいるからである。

私たちは、予約していた、モーテルを告げて、乗り込んだ。
二つしか、モーテルはない。安い方のモーテルである。といっても、一泊、15000円以上である。兎に角、高い。
最初に、私たちが、降ろされた。

オーストラリアは、三つの時間帯がある。
ケアンズは、日本より、一時間早い。アーネムランドは、日本より、30分早いのである。
ケアンズと、ゴーブでは、30分の差である。
だから、到着したのは、ゴーブ時間で、八時近くになっていた。

飛行時間は、一時間半である。
東京、札幌間程度である。
しかし、私は、こんがらかって、よく解らないのである。

野中に、なんで、行きが、一時間で、帰りの時間が、二時間以上もかかるのかと、文句を言った。
時間差だといわれたが、私は、不機嫌だった。
疲れのせいもある。

モーテルは、素晴らしい部屋である。
こんな田舎町に、こんな素晴らしいホテルがあるという、驚き。

台所から、洗面所から、何から何まである。
電子レンジもある。冷蔵庫は、大型。
一番安い、ダブルの部屋にしたが、その他に、もう一つ、ベッドがあった。
それを、何と言う部屋かは、解らない。

モーテルの部屋の前は、蘇鉄などで、覆われて、森の中にいるようである。
部屋は禁煙で、外のベンチに、灰皿がある。

オーストラリアも、屋内は、すべて禁煙である。
勿論、空港もである。喫煙室もない。
それで、私は、一回一回、外に出て、タバコを吸う。そして、また、検査のブースを通り、中に入るのである。
毎度の、ことに、検査官も、笑う。私も、笑う。

これが、面倒だと、タバコ吸いの、負けである。
私は、意地でも、タバコを吸うために、外に出た。

タバコは、大半が税金である。国のために、吸う。愛国心である。
天邪鬼の私は、決して、タバコを止めないのである。
皆が吸えば、止める。

さて、夜の食べ物を買うために、モーテルの裏にあるという、スーパーに、走った。
八時に閉店すると、言われたからである。もう、5分ほどしかない。

缶ビールを買うために、走った。
ところが、あれである。アルコールは、売っていない。
店内を探し回って、店員に尋ねた。
無いと、言うのである。

しょうがなく、ジンジャーエールの炭酸水を買う。
そして、パンや、ソーセージなどなど。
ケアンズから、持ってきたものもあり、適度にした。

酒は、無くても、旅の間は、平気である。
疲れると、酒を受け付けなくなる。
ただし、水だけは、よく飲む。
オーストラリアの、水道水は、飲んでも大丈夫である。が、矢張り、ミネラル水を買う。
ゴーブの水は、美味しかった。

ベッドに就いたのは、十時であるから、実に早い。
日本時間では、九時半である。
朝、五時に起きる私は、そうすると、夜中に目覚めてしまうのである。

明日は、アボリジニの、聖地に行く。
ここの、アボリジニを、ヨォルングと呼ぶ。一つのグループである。
同じ伝承と伝統を、持つグループである。
その中でも、また、グループに分かれる。

その、ヨォルングの聖地、ガイガルンに行き、祈りを捧げる。
そして、イルカラ・アートセンターに行く予定である。
その、イルカラには、ヨォルングの人々が、住む集落になっている。

子供服支援は、それより先の、ダリンブイ・アウトステーションに行くはずであった。
しかし、結局、イルカラで、支援物資を、差し上げたのである。
その訳は、後で書く。

アボリジニに関しては、これから、じっくりと、書くので、ケアンズにて、作る歌を、載せる。

朝明けの 静寂を裂く 着陸の 飛ぶ七時間 無事を感謝す

神降りる 清しケアンズ 朝の陽に 一筋雲の 書の如くして

山と海 拓けし街の 歩みには 人の侵略 赦す如くに

歴史無き 街の悲しさ ケアンズの 原住民の 居場所なくして

今はただ 見世物のごと アボリジニ 寄せ集めたる 肉体美のみ

地の歴史 破壊し尽し 今はまた 価値ありとする 侵略の勝手

ただ今は、冬と人は言う 涼し風 冬は冬とも 涼し冬あり

我が英語 伝わることの 驚きは 皆訛りある 発音なりて

ハローとの 一言発す その後の 延々と続く 豪人の会話

白い人 白とは純と 成り得ずや その傲慢と その独善に

豪州は アボリジニの ものなれば イギリス王の 支配にあらず

海賊の イギリス王の やることは 略奪殺し ゆえもなきかな

これらの歌には、後々の、説明で、理解されると、思う。
兎に角、歴史は、凄まじいばかりの、同化政策である。
その、弊害が、今、オーストラリアを覆い、それが、重大な問題となっているのである。
自ら蒔いた種で、自ら、苦難の只中にある。

和歌とは、多くの説明を省略して、簡潔にして、表現できるのが、いい。
今は、短歌という。それは、和歌とは、短歌を含む、多くの歌の表現形態が、あったからである。
しかし、私は、和歌という。

そういえば、ケアンズで、アボリジニの家族に出会って、会話をした。
朝のことである。
私は、インターネットカフェに出掛けたが、まだ、開店していなくて、街の中心に向かって歩いた。すると、中心の広場に、アボリジニの男がいたので、私は、挨拶した。
彼は、すぐに、自分はアボリジニだと言う。そして、今、母と妹と、妹の子と、一緒だと言うのである。
その母と、妹、その子がすぐに、来た。
旅をしているようである。

私が、タバコを吸うと、母親が、見つめるので、一本差し出すと、嬉しそうに、受け取り、自分のライターで、火を点けた。
少し、英語で、会話する。
どこからか、アボリジニの男二人が、やって来た。
私は、三歳になるという子に、何か差し上げたいと思ったが、何もない。
いつも、迷うのだが、その時は、20ドル札を取り出して、プレゼントだと言って、その子に渡した。
母親が、喜んだ。何度も、ありがとうという。
そして、男の子の、ズボンのポケットに、ドル札を入れた。
お金を、渡すのは、実に慎重になる。

相手に失礼になるのではないかと、考える。日本人の感覚である。
だから、私は、それを差し上げる時、ソリー、今は、これしかないと言って、差し出した。

しかし、お金を差し出したのは、その他に、一回だけある。
遊んでいた、アボリジニの男の子に、一緒に写真をと言うと、快くオッケーしてくれたので、感謝の気持ちで、5ドルを差し出した。すると、彼は、10ドル欲しいと、言うのである。
これは、良くないと、思った。
何も、出さなければ、そいう言葉も、出なかったはずである。
私は、もう無いと、言って、断った。

お金を差し出すのは、非常に難しい。
野中が、アボリジニの男に、観光客が、一ドル差し出し、写真を撮らせてと、言うと、男は、金はいらないと言った。そして、撮っても、いいと言うと。それは、恵んでやるという気持ちが、差し出す者にあるからだと、野中は、分析した。
まあ、一ドルは、失礼かもしれない。
物を差し上げる時も、相手のプライドを、傷つけないように、差し上げることを、私は、肝に銘じている。

相手と、対等な立場であることを、明確して、支援するということは、実に難しいことである。


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 123

宋の時代の宝慶元年五月一日、道元は、初めて如浄を天童山妙高台に焼香礼拝しました。師匠の如浄もまた、はじめて道元を見ました。そのときに言うには、仏から代々伝わってきた仏法、すなわち唯一の正しい仏法が、いま顔を見合わせた瞬間に、ここに実現しました。”現成”とは、潜在的にあるものが、はっきりと姿を現して、そこに現実的になることをいいます。
栗太勇

そのとき、道元に指授面授するにいわく、仏々祖々の法門現成せり
道元

ぶつぶつそそ めんじゅのほうもん げんじょうせり

道元も、顔と顔を見合わせた瞬間に自分が受けた感動は、これこそ釈迦が霊鷲山で花を拈じていたとき、迦葉者だけがにっこりと笑ったという、いわゆる拈華微笑という以心伝心の話そのものだと感じた。釈迦が迦葉尊者に微笑で伝えた、本当の悟り、真理を自分も受け継いだという喜びが身のうちから湧いてきました。
栗太勇

こうして、道元は、釈迦の正しい教えを受けたと、信じたのである。
ということは、他は、間違いであるということである。
唯一の、正しい教えである。

これが、後々、勘違いの元となるのである。

道元が、悟ったとされるのは、27歳の年である。

道元の悟りは、師匠の、身塵脱落から、心身脱落へと、行くものだった。
つまり、師匠は、身と、塵の脱落を言う。
身と、心の塵を払うことである。
それを、道元は、心身脱落と、体も心も、すべて、なくなるのだという、全否定の境地を表したというのである。

それは、坐禅の時に、一人の僧が、居眠りをして、師匠の如浄に、只管に打睡して、インモを為すに堪えんや、と言うのを、聞いて、忽然として、悟ったと言うのである。

インモの文字が無いので、仮名にした。
その時、参禅はすべからく心塵脱落なるべし、と、師匠が言ったのを、聞いての、悟りである。

以後、道元の教えは、この心身脱落にある。

すべて無くなるという、全否定というから、凄い。
また、驚く。

道元は、初めて、如浄の元で、悟り、五年間の修行の旅を終わり、翌年、28歳の時に、帰国したのである。

ここで、躓くことは、唯一の教えということである。
多くの仏法の方法があるが、唯一と、信じた道元の、思い込みである。
勿論、思い込みがあって、始めて、信じるという行為に至るのだが、若いのである。

その、情熱に、青春の一瞬は、輝くが、その輝きは、持続するものではない。もし、持続するというなら、それは、単なる、思い込みである。
若い時に、決心して、何事かに向かうことはある。それを、持続して、求め続けるということはある。また、その時に、知りえたことを、更に追求するということはある。しかし、心身脱落という、妄想がかった勘に近い、悟りを、持続するのは、余程の、没入である。
その、没入は、果たして、そのままにして、いいのか。

他を受け入れない、頑固な、悟りの人になってゆくのである。

それは、彼の著作を、読めば解る。
そして、その著作は、文学として、最高レベルのものであるから、誤る。

仏を、私の都合に合わせて、知ったのである。
それを、唯一の正しい釈迦の教えと、信じ込むあたりは、若気の至りである。

帰国した道元は、言う。
本郷にかえりし、すなわち弘法救生をおもいとせり。なお重担をかたにおけるがごとし。

弘法救生、ぐほうぐしよう
つまり、布教である。

法を広めて、生を救うのである。
要するに、衆生を救うというのである。

一体、どうして、皆々、このように、人を救うという言葉を吐くのか。
人を人が救えると、思う心が悲しい。

しかし、それは、私が救うのではない、仏が救うと、信じるから、手がつけられないのである。

それでは、道元は、仏を、どのように見たのか。
仏というもの、道元にとって、何だったのか、である。

念仏が、他力だとすれば、こちらは、自力である。

勿論、両者は、同じ境地に行き着くのである。
同じく、仏を見つめているのである。同じ境地に至って当然である。しかし、仏教家は、同じではないらしい。
宗派によって、違うというのだから、また、手が付けられない。

どちらにしても、妄想の仏という存在である。

日蓮などに、言わせると、末期的表現である。
題目のみが、仏に至る道なのである。
他を、メタメタに、攻撃、否定するのである。

正法というから、笑う。
皆、正法という。
故に、皆、正法ではないことが、解るのである。

昔、内観指導をしていた者に会う。
彼曰く、私は唯一、釈迦の方を継ぐ者であると、言うのである。
内観指導は、浄土宗から出たものであるが、彼は、唯一、私が継ぐという。
よくよく、見ると、単なるアル中であった。
妄想である。

しかし、彼が、よく物を書く者ならば、人は、誤って彼を見たのかもしれない。実際、彼の元に、多くの信者のような者たちが、集っていた。

時代性と、時代精神という、目が、いかに必要なことか。

道元は、時代が求めていた、か。
時代精神が、求めた、か。

道元は、その弘法に、失敗し、福井の山に籠もることになる。
その名も、高き、永平寺である。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ235

師走の二十九日に参り、はじめて参りしも今宵ぞかしと思ひ出づれば、こよなう立ち馴れけるもうとましの身のほどやと思ふ。夜いたうふけにけり。前なる人々、「内裏わたりは、なほいとけはひことなり。里にては、今は寝なまし。さもいざとき沓のしげさかな」と、色めかしく言ふを聞く

年暮れて わがよふけゆく 風の音 心のうちの すさまじきかな

この部分は、紫式部日記にあり、宮仕えしたことの、唯一の証拠となっている。

作者が、はじめて宮仕えした日。
宮仕えを、辛いことだと思っていたが、今では、すっかり、馴れきっていることを、嫌な身であると思うのである。
宮中というところは、他とは、全く違っている。
里とは、実家を言う。ここでは、土御門殿にいた時のことである。

さもいざとき沓のしげさかな
寝付けないほど、沓の音がする。

色めかしく言ふを聞く
誰もが、沓の音を、煩いと聞いたのであろう。

今年も暮れて、私も老いてゆく。折から吹く、夜更けの風の音を聞いていると、心が、寒々として、寂しいことである。

心のうちの すさまじきかな
寒々とした心境を、すさまじきかな、という。
この、すさまじき、心の姿も、また、もののあわれ、である。

私も老いてゆくという、現実に、目を背けられない。
誰しも、抱く、老いへの、恐怖である。
それが、静まる時、心には、もののあわれ、というものの、心象風景が、広がる。そして、そこに、身を任せる時、もののあわれ、というものに、抱かれる。


源氏の物語、御前にあるを、殿御覧じて、例のすずろ言ども出できたるついでに、梅の下に敷かれたる紙に書かせたまへる

すきものと 名にし立てれば 見る人の をらで過ぐるは あらじとぞ思ふ

源氏物語が、中宮の前にあるのを、道長が見て、とりとめない冗談を話ていた。
梅の下に敷いてあった、紙に書かせて。

浮気者という、評判が立っている。そなたを見て、口説かずに、済ます人はいないだろう。

すきもの
様々な恋を描いた、源氏の作者であるから、好色な者と、冗談を言うのである。

をらで過ぐるは
梅を手折らずにということで、口説き靡かせないことはない。

とて、たまはせたれば

人にまだ をられぬものを 誰かこの すきものぞとは 口ならしけむ

書いて、歌を下さったので

人には、まだ、口説かれたことは、ありませんのに、誰が、そのような、評判を立てたのでしょう。


渡殿に寝たる夜、戸をたたく人ありと聞けど、恐しさに音もせで明かしたるつとめて

夜もすがら 水鶏よりけに なくなくも 槇の戸口を たたきわびつる
よもすがら いくなよりけに なくなくも まきのとぐちを たたきわびつる

渡殿に、寝た夜、戸を叩く人あり。しかし、恐ろしくて、誰かが、わからないため、夜を明かした朝

昨夜は、水鶏にもまして、泣く泣く、槇の戸口を、夜通し叩きあぐねた

これは、日記にもあり、道長の歌としている。

返し

ただならじ とばかりたたく 水鶏ゆえ あけてはいかに くやしからまし

お返し

ただごとでは、あるまいと思われるほどに、戸を叩く水鶏なのに、戸を開けては、どんなに、悔しい思いをしたことでしょう。

とばかりたたく
と思うばかりに、叩く。

何故、戸を開けては、悔しい思いをするのか。

相手が、道長だと、知れば、開けない訳にはかないのだ。


題知らず

世の中を なに嘆かまし 山桜 花見るほどの 心なりせば

後拾遺集に載る、題しらずである。

山桜の花を見ている心のように、物思いのない心ならば、この世の中を、どうして、嘆こう。

花を愛でる心で、いたいものだ。
いつも、花を見ている心境でいたい。
そうすれば、この世の中の、憂きことを、忘れる、忘れられる。

これで、最後の歌になる。
私は、これを、書きつつ、いつも、紫式部が、世の中を、憂きものと、思う心が、不思議だった。
源氏物語という、雅を描いた作者が、何故、こうも、憂鬱なのかと。
しかし、憂きことは、世の習いなのである。

生きることを、憂きこと、と観たものである。
それも、一つの人生の、見方である。

もののあわれ、というものを、憂きとする、心境もあっていい。
もののあわれ、というもの、おおよそ、すべての、心境を、抱擁する。

世の中を なに嘆くかな 春桜 歌詠うほどの 心なりせば 天山

次に、源氏物語に、分け入って行く。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。