2008年07月03日

アボリジニへの旅 3 平成20年7月

ようやく、ケアンズから去る日である。
チェックアウトが、朝十時である。
アーネムランド・ゴーブ行き飛行機は、夕方の六時である。

それまでの時間を、過ごすために、私たちは、バス乗り場の前にある、オーキッドプラザというビルの、二階に出た。
そこには、屋台の食べ物屋があり、私の好きな、おにぎり屋もあった。

食べきれなかった食料を持って、夕方、四時まで、過ごす予定である。

その辺りが、街の中心である。
繁華街である。
向かい側には、夜になると、開店するバーが、並んでいる。
私は、その一軒に、昨日出掛けた。

一番外れの、ゲイバーである。
ふらふらと、入ったバーであり、極々普通の店であった。ただ、内装が、凝っていて、豪華であった。
入ると、まず、一段階の部屋、そして、中の部屋、更に、奥の部屋があった。

私は、タイパンツと、Tシャツである。
店に入っても、何も言われない。
しばらく、店の中を見学して、ようやく、カウンターに行き、ウイスキーを注文した。勿論、メニューを見て、10ドルのウイスキーを示して、ウォーターと、加えた。
水割りという意味で、言うが、素敵なボーイさんは、シングルのウイスキーに、氷を入れて、私の前で、酒を計る小さなカップで、私を見ながら、水を少しづつ入れる。
オッケーオッケーと、言いつつ、私は、全部入れてもらった。それでも、水は、足りないが、もう、面倒で、それを、貰った。

適当に好きな場所に、座って飲む。
最初は、色々な椅子に、腰掛けてみた。
タバコが吸いたくなり、別のボーイに、ノースモーキングと、声を掛けると、ペラペラと、喋る。つまり、ここは、禁煙というのである。
私は、店から出て、外の席に座った。

そこで、タバコに火を点けた。
少しすると、警備のボーイが、何やら言う。
禁煙ブースだった。
そこで、グラスを持って、タバコを吸いつつ、水割りを飲もうとすると、また、警備のボーイが、何やら言う。
飲みながら、吸うなということだと思い、グラスを、テーブルに置いた。
そして、オッケーと、訊いた。
オッケーである。何か、決まりがあるのだろう。

ケアンズも、アルコールに関しては、結構厳しいものがある。
野中が、深夜出掛けて、ヨーロッパから来た、若者たちと、ビールなどを飲んでいると、警察が来て、ここは、飲む所ではないと、散らされたという。
一人の、ドイツ人の若者が、警察に、僕たちは、お金がない。店で、飲むような、金持ちではないから、ここで飲んでいると、勇気を持って言ったと、野中が、話していた。

警察は、騒ぐなよと、言って、その場は、収まったという。
アル中が多いのである。
実は、それには、訳がある。
アル中になるのは、大半がアボリジニたちである。
これについても、後で書く。

ゴーブでは、もっと、厳しかった。
午後二時から、酒の販売を開始し、八時で、終わる。そして、酒を買うためには、許可書を得なければならない。
私は、面倒なので、酒を飲むのを、止めた。
三日間の禁酒だった。

最初、そのバーは、ゲイバーには、見えなかった。
男女のカップルも多かったからである。
しかし、再度店に入り、中の部屋に入り、二人の男の、カップルの様子を見て、理解した。
腕を絡ませて、キスをするのである。

しかし、誰も気にしない。
男女のカップルも、平然としている。
そこで、私は、店の入り口に立つ、警備のボーイに、訊きに出た。

ここは、ゲイバーと、訊いた。
イエス。
あんたは、ゲイ。
ノー。
この辺は、ゲイバーなの。
いや、ここだけ。

そして、私はまた、店内に入った。
今度は、たっぷりとした、ソファーに座り、観察である。

そして、驚いた。
ある、ブースには、垂れ幕がかかり、その中が見えない。しかし、次々と、女が、入って行くのである。
非常に興味があった。
その中を、覗きたいという欲求である。

暫く、その、幕を見ていた。
チャンスが来た。
ボーイが、物を運んで入るとき、その、幕を大きく開けた。
仰天した。
中には、女が、一杯なのである。

ホント、女だらけ。ゲイバーである。つまり、レズの皆様である。
それが、男同士などより、断然多い。
その中は、女で溢れているのである。
アラアラ、言葉無く絶句した。

どうりで、色々着飾った女たちが、続々と入って行くのであった。

何かの、パーティーでもない。
レズの多いケアンズという、イメージが、強く強くなった。

私は、水割りを飲み終えて、ほろ酔いで、モーテルに帰った。
ゆっくりと、歩いた。
もう、ウイスキーなどは、合わないと知った。
日本酒が、一番いい。

広場には、警察の車が、止まっている。
監視しているのだ。

多くの店の明かりも、消えて、街灯の明かりの中を、とぼとぼと、歩いた。

ケアンズ、最後の夜であり、もう、二度と来ない街である。

珍しく、野中が、すでに寝ていた。
私は、シャワーを浴びて、歌を書き付けた。

いよいよ、明日は、アーネムランドのゴーブである。
ほとんどの人は、知らない街である。
アボリジニ、イダキ、ディジュルドゥに、興味を持つ人のみが、聖地として、崇める街である。

これから、エッセイとして、オーストラリアの歴史、そして、アボリジニの問題を、書くことにする。
たが、焦らない。
ゆっくりと、順々に書いてゆく。


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 122

法然によって、幕を開けた鎌倉仏教であるが、法然が、選択本願念仏集を、まとめた同じ年、建久九年、1198年、栄西は、與禅護国論を、著している。

国王大臣因って仏法を滅し、毒気深く入って、今にいまだ改めず、これすなわち仏法滅の妖怪、またこれ時代の妖怪なり。
與禅護国論

既成宗団と、院政に対する痛烈な批判である。
栄西も、法然と同じく、伽藍仏教を否定する。
それでは、方法を同じくしたかと言えば、違う。

根本は、時代苦と人生苦が彼らに何を迫ったかということだ。それぞれに人間の実態を凝視したあげくに、信心決定したわけだが、そのときの決断が大事である。「宗」があったのではなく、ます「決断」があったのである。つまり新しい試練の場をみずから設定したということだ。次の単純明快な掟を見失ってはなるまい。
「禅宗は戒をもつて先とす。禅苑清規はいわく、参禅間道は戒律を先となす云々」
亀井勝一郎 日本人の精神史

栄西が没したのは、建保五年、1215年である。その時、道元は、16歳である。
晩年の栄西の、室に入り、臨済禅の風に接していた。
道元は、後に、その時の思い出を、述べている。

栄西は、金で、大師号を望んだと言われるほど、権勢欲の強い人物だった。要するに、当時のブランドを、望んだといえる。
しかし、それは、何も栄西に限らない。空海も、天皇の直結としての、宗の野望を抱いたのである。

日蓮が、後に書く、護国論は、栄西に影響されたと、私は考える。

栄西は、門弟に対しては、実に厳格な教育を行った。道元は、それに、感じたはずである。

これから、私は、道元を書くに当たって、フランス文学者の、栗太勇氏の、道元の読み方、という本を使用する。
名文だからだ。
専門外の人が書くと、より、理解し易いのである。

道元というのは山のごとく、海のごとく、どこから取り付いてもとっつきようもないし、どこから入っても道がないというしろものです。しかし、いろいろ保留はつくが、とにかく座禅を組むこと、「只管打座」というものが最大のすすめです。ですから座禅をしないで「正法眼蔵」を読んでもしようがないという言い方もあります。
栗太勇

只管打座、しかんだざ、です。
座禅。

道元にとって、仏に成る道は、座禅以外にないのである。

最も長く道元が師事したのは、栄西の高弟である、明全和尚である。九年を過ごした。そして、宋への憧れ、それが宋へ渡る強い思いとなる。

当時、道元がいた、建仁寺には、宋から多くの僧侶たちが来ていた。そこでは、中国語の講義も、行われていた。
それを、見るにつけ、道元は、宋にての、学びを求めたであろうことは、想像に難くない。
しかし、時代は、すぐに、それを許さなかった。

将軍、実朝の暗殺、承久の乱、更に、後鳥羽上皇、順徳天皇の遠流などが、続く、騒然たる世の中である。

それが、収まり、道元は、師の明全と共に、宋に渡る。
1223年、24歳の春である。

ここで、道元の辿る道を、書いていると、神仏は妄想である、というエッセイの主旨が、損なわれるので、道元の思想と、信仰について、入ってゆく。

私は、道元の文学は、実存哲学の、最たるものであると、認める。世界的にも、見事なものである。それは、他の追従を許さない。

日本にいたころ、栄西を通じて道元が見ていた禅宗というのは、天台宗の一部門であり、坐禅にしても、加持祈祷、護摩を焚く、念仏を称えるといった修行の中の一つにすぎなかった。ところが、中国禅はそれ自体でひじょうに純粋なことに、道元は驚きます。日本では、ただ坐禅を組むというだけのことですが、中国では朝起きて顔を洗い、口をすすぎ、坐禅をする。その後、作業をし、また坐禅をする。さらに若干の自由時間を持ち、また坐禅を組むというように、朝から晩まできちんと時間割りが決められています。
栗太勇

天台宗は、デパートのような、仏教である。
鎌倉仏教は、皆、この天台宗から出たものである。
要するに、最澄である。
鎌倉仏教を見れば、最澄が伝えたものが、解る。だから、最澄に関しては、私は書かない。

鎌倉仏教は、選択、せんじゃく、仏教という。
つまり、多くの中から、一つを、取り出して、選択して、それを、信仰行為とするものである。

本来は、すべて、一つにあったものである。
その人の性格により、選択されてゆくのである。
元は、同じもの。

ただ、経典として、一環して、流れているのは、法華経である。
聖徳太子の時から、法華経に対しては、すべての、僧が、それを、真っ当な経典として、受け入れている。

壮大な物語であるから、何とでも、解釈の仕様がある。
そして、今に至るまで、それは、変わらない。
日蓮のように、法華経のみを、取り上げなくても、皆々、法華経に関しての、思索が多いのである。

大乗経典の、代表作である。

面白いのは、鎌倉仏教は、選択して、一つを、選ぶが、それぞれが、それぞれを、批判するということである。
道元は、念仏を、畑で蛙が鳴くようなものと言う。
日蓮は、念仏無限地獄、禅は、天魔だという。
すべてを、否定する様、実に幼稚であるが、私も、その仲間のようである。
しかし、私と、日蓮の違いは、信仰するものを、私は提示しない。これのみで、救われると言わない。
まして、宗祖などにはならない。
宗教というものを、作る、お馬鹿な真似はしないのである。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ234

九月九日、菊の錦を、「これ、殿の上、「いとよう老のごひ捨てたまへ」とのたまはせつる」とあれば

菊の露 わかばかりに 袖ふれて 花のあるじに 千代はゆづらむ

九月八日から九日にかけて、菊の花を真綿で覆い、露と香りを移して、その真綿で、体を拭くという老いが、除けると考えられた儀式がある。
殿の上とは、殿様の北の方、道長の妻の倫子のことである。
老いを捨てたまえと、言われたことに。

菊の露で、体を拭けば、千年も寿命が延びると言われますが、私は、若返るほどに、少し袖を触れるだけで、千年の寿命は、花の持ち主である、あなたに、お譲りします。


水鳥どもの思ふことなげに遊びあへるを

水鳥を 水の上とや よそに見む われも浮きたる 世を過ぐしつつ

水鳥が、何も物思わず、遊ぶのを見て

水鳥の、楽しき様を、私に関係ないと、見ていられようか。
傍目には、私も、華やかな宮廷で、過ごしているように、見えるのです。

われも浮きたる
浮ついている。宮仕えに、浮ついて、日を過ごしているように、見えるという。


小少将の君の文おこせたまへる返り事書くに、時雨のさとかきくらせば、使も急ぐ。「空の気色も心地さわぎてなむ」とて、腰折れたることや書きまぜたりけむ。立ち返りいたうかすめたる濃染紙に

雲間なく ながむる空も かきくらし いかにしのぶる 時雨なるらむ

土御門殿への、一条天皇の行幸が、近づいた頃、里に出ていた、小少将の君からの、手紙への返事である。
時雨が、降り、空を暗くした。使いの者、返事を急ぐのである。
空模様が、怪しくなるのつけて、気持ちが落ち着かない。
返事の中に、腰折れ歌を書いてしまった。
腰折れ歌とは、第三句と、第四句の、続きの悪い歌である。
また、自分の歌を、卑下する場合もある。
折り返して、小少将の君から、紙の上と下の部分に、雲のたなびく形を、濃い紫に、染めてぼかしたものに。

物思いに沈んで、眺めている、空も、雲の切れ間なく、降り続く時雨は、あなたが恋しくて、耐えられない、涙のようです。

いかにしのぶる
如何に偲ぶる、である。また、しのぶる、とは、こらえるという意味でもある。

空模様と、心模様を、合わせている。

返し

ことわりの 時雨の空は 雲間あれど ながむる袖ぞ かわくよもなき

当たり前に降る、時雨の空には、雲の絶える間がありません。
あなたを思い、物思いする、私の袖は、乾く暇もありません。

少し、大袈裟なくらいが、丁度よいのである。

親しみの関係である。
恋歌ではないが、恋歌のような、気分にさせる。

大納言の君の、夜々御前にいと近う臥したまひつつ、物語りしたまひしけはひの恋しきも、なほ世にしたがひぬる心か

うきねせし 水の上のみ 恋しくて 鴨の上毛に さえぞおとらぬ

中宮の上臈女房、道長の妻、倫子の姪。
夜、中宮の御前で、宮仕えの、辛さを語るが、今の境遇に、順応してしまったことである。

中宮様の、御前で、あなたと一緒に過ごした時が、しきりに恋しく、一人いる、里の霜夜の冷たさに、鴨の上毛の、それにも、劣りません。

里に下がった時の歌である。

返し

うち払ふ 友なきころの ねざめには つがひし鴛鴦ぞ よはに恋しき
うちはらふ ともなきころの ねざめには つがひしをしぞ よはにこいしき

上毛の霜を、互いに払う、語り合う友もなく、独り寂しい夜中に、目覚めると、鴛鴦のように、過ごしたあなたが、恋しいことです。

鴛鴦、おしどり、である。
番の鳥のこと。

贈歌の鴨を、つがいの、おしどりにして、恋しさを歌うのである。

よはに恋しき
夜半である。夜の中、つまり、夜中である。

恋歌として、生かしてもよい歌である。

万葉の歌も、相聞歌が多い。相聞とは、恋歌である。
恋歌が、歌の基本にある。

日本の伝統には、恋というものが、厳然としてある。恋心を知らなければ、歌は詠めない。歌を詠むということは、恋を歌うということである。
恋とは、人生全般に渡る、心得であった。
恋とは、人生、そのものであった。

恋も、友情も、人の情けにある。
つまり、情けの歌なのである。
勿論、それは、もののあわれ、というものに、支えられてある。
情けの心象風景は、もののあわれ、なのである。

情を交わす、情をかける、情に流れる等々、皆、もののあわれ、というものによる。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。