2008年07月02日

アボリジニへの旅 2 平成20年7月

イギリス人は、アボリジニを、動物より、少しマシな、生き物と、認識した。
裸族である。
その、裸であること、野蛮であると、認識するが、はたして、野蛮なのか。

私の、泊まる、モーテルの前は、ビーチである。
しかし、浅瀬で、有明海のように、暫くは、干潟である。

その街側に、プールがある。
案内書には、一度は、行くべきだと、書かれている。
そこで、見た風景は、白人の、裸体である。
白人の裸体を、あのように見たのは、初めてである。

裸は、野蛮なら、彼らの方が、余程、野蛮である。

紫外線も、なんのその、体を日に当てて、焼くのである。
美人も、ブスも、色男も、不男もである。

私は、一カップ、400円程度の、アイスクリームを食べつつ、それらを、見て回った。
そして、笑った。

バイキングの子孫を、王室として、認知している、彼らである。
この、オーストラリアも、王室の所有と、相成った、過程がある。
勝手に、イギリス王の物であるという、宣言である。

原住民の、アボリジニを、野蛮であるとは、笑わせる。

どんだけー、の、歴史である。
イスラム帝国、インド、中国の歴史から見ると、彼らは、未開の人種である。
追々書くことにする。

勿論、私は、白人を嫌ってはいない。
不男になる前の、白人男性は、少年というか、素晴らしい、美形である。
不男になっては、お仕舞いであるが。女性も、同じである。

他人の土地に、土足で上がり込んで、好き放題の歴史は、反吐が出る。
日本が、侵略した、侵略したと、お詫びするが、イギリスは、一度か、お詫びを、しただろうか。
皇室が、イギリス王室と、仲良くするのは、どうでもいいが、真似だけは、しない方がよい。
ゴキブリのように、他国、大陸に、進出したのである。
大義名分も、あったものではない。

そして、キリスト教である。
あれは、一掃しなければ、世界に、平和は無い。
独善の、最もたるものである。

カトリック、プロテスタント、然り。
文明人は、キリスト教徒たれと、今でも、アボリジニを、支配するのである。

書いたついでに、言えば、彼らは、悪魔の手下である。
聖書の神は、悪魔、悪霊と、すでに、証明されている。

アーネムランドに、行き、ミッション系が、アボリジニの、ボランティア、お助けをしていると、聞いて、反吐が出た。

彼らが、アボリジニにしたことが、どんなことか、このエッセイにて、書く。

ワンカップ、400円のアイスクリームは、とても旨い。
貧乏人の私は、これがタイなら、50円なのになーーーと、思う。
どういう訳か、少し前から、アイスクリームが好きになった。というより、昔の感覚を思い出したのだ。
酒を飲むようになると、自然、甘いものを、食べなくなる。
この頃、甘いものが、美味しい。つまり、糖尿であろうと、思う。

美食をしていると、糖尿になるのではない。体質である。しかし、私の家系に、糖尿病の人はいない。
ただし、そういう気があるということは、ある。

さて、スーパーでは、ハムなど、量り売りのものを、買った。
どういう注文の仕方がいいのか、解らず、ワンハンドレットグラムと、言ってみた。
最初の、店員は、ボーイである。少し、イケメン。
通じた。
翌日は、おばさんである。通じた。
そして、三日目は、別な、ボーイである。
通じた、通じたついでに、彼は、私に話しかけてきた。
日本人か。そうだ。観光か。そうだ。楽しいか。楽しい。
みたいな、会話である。

質問することは、出来るが、相手の英語が、聞き取れないという、愚かしいことになる。

子供でも、質問すると、ペラペラと、喋る。しかし、その意味が、解らない。
場所を、尋ねる。すると、丁寧に教えてくれる。しかし、解らない。うんうんと、頷く。そして、その、手の先を見て、その通りに、歩いてみる。
その、連続だった。

しかし、英語は、学ぶ必要は無い。私にとっては。

英語教育は、中学生くらいから、すればよい。
本当に必要になると、覚える。
それで、食わなければいけなくなると、幾つになっても、覚える。その必要がないから、覚えない。
日本語の出来ない者が、英語をしっかりと、身につけることなど出来ない。

しょうもない会話程度の英語など、覚えても、どうしようもない。
ただ今、日本語を、覚えると、世界の書物が、読むことが出来る。翻訳が、素晴らしいのである。
世界で、一番である。翻訳されるものが。

英語など、身につけるより、余程良い。

英語を学べばバカになる、という本を書いた、薬師院仁志という方の、言葉を引用をする。

英語圏以外の国では、一部を除いては英語は通じない。

自由というのは、すべての者に選択の機会が平等に保障されてはじめて成り立つものである。たとえば、自動車を買うか買わないか、買うとしたらどの自動車を買うかは、消費者の自由だというのが建前になっている。たが、現実には、そんな自由など存在しない。各人の経済力が選択の自由を無効にしているのである。

日本人が、英語が下手なのは、
最大の原因は、我々日本人が英語を必要としていないことにある。
という。

外国語が出来なくても生活が成り立つのは強者の印である。国全体がそうならその国は強国である。

外国語に依存せずとも生きてゆけるという日本の状況は喜ぶべきことなのだ。さらに言えば、英語に支配された国々がアメリカ化への防御壁を失っている一方、母語が安定している国は、自分たちの社会を自分たちで考える可能性を持っているとさえ言える。われわれは、莫大なカネと時間と努力とを要する英語公用語化を考えるよりも、日本語で成り立つ社会を維持し発展させることを考えた方が得策なのである。

勿論、英語通訳という仕事もあり、英語で、生活出来る人もいる。
それは、特技である。

兎に角、日本人は、まず、日本語なのである。
しっかりした、日本語が出来ない者の、英語は、聞いていられない。
実に、下らないのである。

ただし、私のように、日本語英語で、図書館ある、どこに。などということになる。
しかし、通じる。

あんた知ってる、スーパー、どこに。平然として、尋ねる私に、彼らは、優しい。
酒、どこにある、店。
すると、丁寧に、答えてくれる。
不自由しない。

一番は、発音が、通じないことである。
イントネーションが、違うのである。
サンキユウ、ではない、キューなのである。聞こえない音がある。

でも、どうでもいい。
旅行者であるから、彼らが、理解しようとする。
まして、相手が商売をしているならば、必死に、こちらの言い分を聞いてくれるのである。
ということで、私の英語は、楽勝である。

ただし、深い話になると、同行の野中を呼ぶ。
通訳されるというのも、快感である。
その間に、考えることが出来る。

オーストラリアの人は、実に、話し好きである。
どうでもいいことを、延々と、話している。

延々と、行列が出来ていても、世間話を続けるバカもいるのである。

一つ質問して、延々と話をはじめた人もいる。勿論、こちらは、意味が解らない。
オッケーと、言われて、オッケーと、答えて、別れる。
それを、見ていた野中が、意味解ると、訊く。解らないと、平然としている、私である。

タバコを買うのに、軽いものという意味で、ライトと、言った。すると、ボーイは、ライターを出した。
違う。
もう、それで、いいと、目の前のタバコを指差す。
そんなことは、いつものことである。

もう、それで、いいという、タバコは、一番安いものである。
タバコが、高いのにも、驚いた。
700円以上である。
空港で買った、マルボロは、千円以上である。
それでも、吸うのと、野中に訊かれて、はじめて、高いと、気付いた。

いつもそうであるが、私は、頭の体操で、日本円に換算することにしている。今回は、楽だった。一ドル、約百円である。

一番、大変なのは、バリ島である。
インドネシアルピアは、ゼロの数が多い。
一万ルピア、十万ルピア、時々、こんがらかる。

千ルピアをチップで、上げて、変な顔された後で、気付く。
あーー、十円以下だ、と。

一万円が、90万ルピア程度である。
えーと、えーと、と、何度も、円に換算することになる。
いっそのこと、一万円が、100万ルピアになると、話が早い。
10万ルピアが、千円である。
それなら、10万ルピアは、900円である。一万ルピアは、90円。千ルピアは、9円。
このように、楽しむことが出来る。

ところが、水が、3500ルピアと、言われると、また、考える。
えーと、3000が、27円で、500ルピアが、千の半分だから、9円の半分は、4,5円で、31,5円だという風に。疲れる。

ああ、ここは、オーストラリアである。



posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ233

日記歌

これは、古本にあるのみ。
紫式部日記の歌にないものを、抜き出したものである。

三十講の五巻、五月五日なり。今日しもあたりつらむ提婆品を思ふに、阿私仙よりも、この殿の御ためにや、木の実もひろひおかせけむと、思ひやられて

妙なりや 今日は五月の 五日とて いつつの巻に あへる御法も
たえなりや きょうはさつきの いつかとて いつつのまきに あへるみのりも

法華経は、八巻で二十八品である。これに、開経と結経二巻を加えた、三十の経巻を、一日、一巻、または、二巻、講ずることである。

その中でも、提婆品は、最も、尊ばれ、それの、講じられる日は、盛況であったという。

それは、仏陀に、法華経を説いたといわれる、仙人である。
仏陀は、それを得るために、木の実を採り、水を汲み、蒔きを拾うなどして、阿私仙に仕えたと、その経にいう。
その日は、それに因んだ、行事が、執り行われる。

尊いことだ。今日は、五月の五日である。丁度、五巻が講じられることになった、法華経も、今日の行事も。

法華経は、誰が書いたのか、不明である。
仏陀の滅後に、多くの人が、それなりの、考えで、経典を書いた。特に、大乗といわれる、経典は、数多い。

池の水の、ただこの下に、かがり火にみあかしの光りあひて、昼よりもさやかなるを見、思ふこと少なくは、をかしうもありぬべきをりかなと、かたはしうち思ひめぐらすにも、まづぞ涙ぐまれける

かがり火の 影もさわがぬ 池水に 幾千代すまむ 法の光ぞ
かがりびの かげもさわがぬ いけみずに いくちよすまむ のりのひかりぞ

池の水が迫っている。
御堂の丁度、この下にあって、篝火と御灯明が光っている。
その輝きは、昼をも、思わせるもの。
物思いが、少なければ、風情に酔うだろう。
わずかに、我が身のことを、考えるにつけて。

篝火が、静かに写る池の水。
仏の法は、幾千年と、澄んで、宿ることでしょう。

仏の法の光を宿した、土御門殿の、栄光を祝うものである。

おほやけごとに言ひまぎらはすを、大納言の君

澄める池の 底まで照らす かがり火に まばゆきまでも うきわが身かな

おほやけごと 
表向きのこと、である。
私事は、隠して。
大納言とは、女房である。道長の妻倫子と、義理の兄弟である、源扶養の女。

澄み切った池の底まで、照らす篝火が明るく、眩しく恥ずかしいまでに、我が身の、不幸せを思います。

まばゆく
こちらが、恥ずかしくなるほど、輝く光である。
現代の、まぶしい、とは、別物である。

五月五日、もろともに眺めあかして、あかうなれば入りぬ。いと長き根を包みてさし出でたまへり。小少将の君

小少将と、眺め明かして、それぞれが、菖蒲の長い根を、紙に包んで、贈り合うのである。
菖蒲は、健康、凶を祓うといわれる。

すべて、世の辛さに、泣けて、菖蒲の行事の過ぎた今日まで、残った、この根のように、今日も、泣く音が、絶えません。どう思われますか。

返し
なにごとと あやめはわかで 今日もなほ たもとにあまる ねこそ絶えせね

お返し

頂戴した、菖蒲の根が長く、懐に、包みきれません。
今日もまた、何のために、泣くのでしょう。
涙で、袖を、抑えきれず、泣く音が、絶えません。

当時は、涙を流すということ、当然の有様だったと、思える。
涙もろいのである。
心を、外の風に、そのまま、当てているような、ものである。
故に、多く、泣く。

あやめはわかで
あやめ、とは、条理とか、節目の意味で、根と、音は、係り言葉である。
わかで、とは、節目の立つ判断が出来ないという。

何が何か解らぬが、悲しいこと、泣けることどもある、という。

当時の常識的、心情と思えば、理解できる。
人の世は、儚いのであり、無常であり、哀れなのである。
それが、底辺に流れている。

歌は、それを、表現する。また、歌によって、昇華するのである。

たもとにあまる ねこそ絶えせね
自分の袂には、溢れるほどの、涙である。それが、絶えないのである。
仏の法は、それからの、救いと、見る。

そのように、仏教によって、新しい観念が、生まれたのである。
当時は、そのようだった。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 121

神仏は妄想である、を、書いているが、私は、信仰を否定するものではない。
信仰とは、神仏が無くても、あるものである。
更に、信仰とは、極めて個人的情緒にあるもので、他が、侵すことが、出来ないものである。
言えば、それは、一人の人間の尊厳であり、それを、侵すことは、大罪である。

この世に罪というものが、あれば、それは、個人の心を、侵すことである。

一応、浄土門を終わるが、まだまだ、仏教については、書く。その所々に、繰り返すことがあるかもしれない。

罪とは、個人の心を侵すことであり、それは、心を有する、肉体を侵すことである。
肉体を侵すとは、殺すことである。
仏陀の、殺生を戒めたのは、それである。
すなわち、心は、肉体である。肉体を、離れて心は、無い。
心身という言葉は、真実である。

これは、このエッセイに余計なことであるが、法然について、最後に、私が彼を尊敬する、行為を言う。

まず、鎌倉時代の精神の幕開けを、万人平等を掲げ、更に、既成仏教が、言わない、女人往生と言い、女性も、男性と、同じ位置に置いたことである。
これは、画期的なことである。
今で言えば、男女平等を説いたのである。
人間として、同じく尊いものであると。

そして、法然は、一切、政治に関与しなかったということである。

流罪を受けた時、法然は、それを、朝恩であると言う。
勿論、皮肉もあるだろうが、決して、激して、批判することなく、恩として、受けるという。念仏禁止令が、発せられて、四国に、流される。その、四国に、念仏を伝えることが出来るのである。これは、恩である。
勿論、それは、禁止令を犯すことであるが、それは、馬耳東風である。

念仏を広めることは、朝廷への、反逆であるが、法然は、いずれの時、それが、解除されることを知っている。
そして、時代は、その通りになった。

天皇という存在を否定することもなかった。何となれば、天皇も、阿弥陀の救いの一人であり、大切な、救われる一人である。

政治は、関わらぬという、姿勢は、この、法然からの、宗教家の有り様であると、見る。
法然は、宮廷政治の中枢にいた者からの帰依を受けている。政治的に、敵対する者をも、法然は、当然の如くに、受け入れ、念仏を伝えている。

更に、天皇家も、例外ではない。
後白河天皇、高倉天皇、後白河の姉である、上西門院、式内親王を、含めて、多くの皇女や女御たちを、教化してきたのである。

更に、平家一門からも、信任を得て、更には、それを、滅ぼした、源頼朝にも、慕われたのである。
これは、宗教家、心を、扱う者の、面目である。

いつでも、政治に口を差し入れることが、出来た。しかし、そのようなことは、一つも無い。一切、政治とは、関わらぬ姿勢を、貫く。

彼は、人の心を相手にする者であるとの、明確な、自覚があった。

そして、私が、最も評価するのは、寺の一つも、建てなかったことである。

宗教家は、人の心を扱うのであり、その他一切は、持たない。
持つはずが無い。

その一点でさえ、法然の真実が、解る。
私が、法然を、評価するのは、それである。

人は、無いものでも、在ると、信じて生きなければならない時がある。
どんなに、苦しい時でも、生きること。そのために、方便があってよい。もし、それが、念仏であるとしたなら、それを、否定する何物も無い。

生きるために、体を売る人、遊女にも、救われると説く、法然の心情を、私も理解する。
生きるために。
それこそ、宗教家が、負うべき問題であり、それこそ、多くの人に寄り添う、行為であろう。
生きること。

往生を信じて、生きられるのならば、私は、それを、否定しない。それどころか、それで、生きられるならば、大いに、念仏するべきである。

生まれたからには、生きねばならない。
どんな、方便を使っても、生きることである。
それが、生まれた者の、真実である。

この世に、真理というものがあるならば、生まれた者は、生きることなのである。

予が遺跡は諸州に遍満すべし。故は如何となれば、念仏の興行は愚老の勧化なり。されば念仏を修せんところは、貴賎を論ぜず、海人魚人が苫屋までも、みなこれ予が遺跡なるべし。
弟子の、法蓮房が、老いた法然を見舞いに、訪れた時に、古来の先徳、つまり、坊さんは、皆、その遺跡、多くは、寺などがあるが、何も無いのである。どこを、遺跡にしたらよいのですかとの、尋ねに、こうして、答えるのである。

念仏というものを、通して、法然は、生きるということを、生きたという点で、私は、評価する。
そして、その、自らの、テリトリーの、明確さである。

心を扱う者、それ以上の僭越行為を成さない。

一人の人間の心を扱うのである。
それ以外の、何に、関与するというのか。

その当時も、天台座主の、慈円は、念仏宗の多くの数に、それを、自分の配下につけるべくの、行動を取る。
法然の、考え方を、徹底批判したのであるが、あまりにも、多くの人が集うのである。それを、天台の支配下に置くべくの行動を取る。

権力志向である。

日蓮になると、国の政治に、口を挟むという、誇大妄想である。

私は、法然を、宗教家の、見本としてもいいと、考えるのである。
それを、引き受けた、親鸞も、寺を持たない。
一遍に至っては、結果、残すものは、南無阿弥陀仏である。
見事な、生き様である。

一切、この世の物という、物を持たない。
故に、後世に残るべき、生き方である。

万人平等、政治に関与せず、建物を、残さない。

これは、宗教の、基本的姿勢である。
彼らの、残すべきものは、その、心である。
法然は、自らの、書き物も、残さない。
法然に関する書き物は、その周辺の者の、手による。

悟るということより、塵一つ残さない行為行動こそ、真っ当な感覚である。

私は、神仏は妄想である、を、書いているので、これ以上の、彼らの生き方には、触れない。

何が、評価できるのか、そして、何を批判するのか。
私の問題は、それである。

信仰とは、極めて、個人的な情緒であると言った。
それは、侵してならない、領域である。

子供が、宇宙を見て、円盤を信じているならば、それを、どうして、否定することか。
それを、信じて、彼が、その謎を解くべく、学びを始めるのであれば、誰が、それを、止められよう。
止めることは、罪である。

罪というものが、あるならば、そういう行為である。
それ以外に、罪と、呼ぶものは無い。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。