2008年07月01日

アボリジニへの旅 1 平成20年7月

ケアンズから、夜八時に帰国した。
すでに、私の目は、紫外線により、日焼けしていた。肌ではない。目が、日焼けしたのだ。

目の疲れは、体全体の疲れになる。
兎に角、目は、心の窓だけではない。体の窓でもある。

横浜まで、バスに乗った。
夜の闇が、目に心地よい。

この旅の最初の、三日間は、ケアンズで、過ごした。
その時は、後悔した。
新興都市ケアンズは、アホ面である。街が、アホ面なのである。
更に、物価の高さである。

サイパンの旅も、そうだが、観光地とされる土地や、国に行く趣味はない。
ケアンズという、街にも、興味がなかった。
しかし、飛行機の、乗り継ぎのために、滞在することになった。
カンタス航空の、特別チケットが、手に入り、そのため、アーネムランドの、ゴーブという街に向かう飛行機の、乗り継ぎのためである。

バリ島から、ダーウィンへ、そして、ゴーブという方法もあるが、値段が高いのである。

バリ島に、滞在している間に、ダーウィンに行き、そこから、ゴーブに入ることを、次からは、考えている。

ゴーブという街は、アーネムランドの東側海岸に当たる。
アーネムランドとは、アボリジニを象徴する土地である。
北海道と、四国を合わせた大きさである。
オーストラリアの東北に当たる。
ちなみに、オーストラリアは、日本の、21倍の広さである。日本の、真南に当たる位置にある。現在の人口は、2000万程度で、人口の大半は、東海岸に集中する。

さて、ケアンズである。
私は、好きも嫌いもなく、そのままを、書くことにする。

兎に角、物価が高く、嫌になるほどである。
朝の六時過ぎに、ケアンズに到着して、安いゲストハウス、あちらでは、モーテルというが、それを、探すのに、一苦労であった。
エアポートバスには、私たちの二人だけである。
街中に、降ろされて、宿探しである。

ホテルは、日本と変わらない料金であるから、最初から、諦めていた。
案内書を見て、モーテルを回る。
街中の、モーテルは、満杯である。

朝のコーヒーと、サンドイッチを食べて、二千円以上に、最初、驚いた。
野中が、近くのモーテルに、出向いたが、十時にならないと、解らないと言われた。
それから、タクシーに乗り、街の近郊のモーテルに向かった。
矢張り、満杯である。
再度、タクシーに乗り、駅付近のモーテルに向かった。
タクシーは、千円以上である。日本なら、ワンメーターであろう、距離である。

結局、野中が、最初に出掛けたモーテルの、長期滞在用の、コンドミニアムのような、一泊、約六千五百円の部屋に決めた。
私たちには、とても、高い部屋である。
タイで、泊まるにしても、二千円前後のホテルか、ゲストハウスなら、千円程度からあり、それに比べると、実に、高いのである。

勿論、それを、予想して、日本円を、持っていったが、信じられないほど、お金がかかった。

私は、毎日、スーパーに買い物に出掛けた。二食は、部屋で、食べるつもりだった。

和食の店で、安い定食を食べても、二千円である。
たぬき蕎麦が、千二百円。

沢山お金を持っての、観光旅行ではない。
追悼慰霊の旅である。そして、子供服支援である。

美味しくて、安い、日本米の、おにぎり屋さんを、見つけて、ホント、良かった。
一個、120円程度である。
丁度、オーストラリアドルが、高くなっている時期であり、想像以上の、出費であった。

ケアンズの街で、感じたことは、仕事をしている人の多くは、日本人、韓国人、中国人である。
勿論、オーストラリアの人もいるだろうが、私の見たところは、大半が、アジア系である。

また、観光客も、日本人、韓国人が多かった。
タクシー運転手は、働く人も、観光客も、日本人が少なくなったと言う。ということは、以前は、もっと、日本人がいたということである。

あの、新興の街に来て、一体何をするのであろかとの、疑問が、湧いた。
旅行案内を見ると、ダイビングや、世界遺産を見るというものがあり、確かに、観光地としての、目玉はある。

実は、私は、ケアンズの、アボリジニの文化を紹介する、ジャプカイ・アボリジナル・カルチュラパークには、出掛けようと、思っていたが、止めた。
理由は、オーストラリアの、アボリジニ政策を、知ったからである。

ケアンズの三日間は、アボリジニの理解に、当てた。
これから、追々と書くが、凄まじい、独善の侵略と、同化政策である。

その、パークで、見られるものは、オーストラリアが、勝手に解釈した、アボリジニの文化だと、気付き、そんなものを、見ても、単なる、お昇り観光客と、同じであると、気付いた。
それより、早く、アーネムランドに行くことだと、思った。

ケアンズの季節は、冬である。
ところが、朝晩は、少し冷えるが、日本の初夏を思わせる、気候である。
何とも、気持ちがよい。

ただし、日差しは、体に毒であるから、注意だった。
紫外線が、日本の七倍である。
サングラスと、日焼け止めが、必要だ。
私は、浴衣を着て過ごしていたので、サングラスをかけた。といっても、いつものメガネに、乗せるものである。
しかし、それを、時に忘れる。

目が、日焼けするという、感覚になるのである。

スーパーに行き、インターネットカフェに行き、部屋で、アボリジニについての、本を読む。特に、今回は、日本人女性の、学者の本が、有意義だった。

私は、旅の間、本を読む趣味はない。
本など、読んでいられないのが、旅であるが、サイパンの時も、追悼慰霊以外の時は、本を読んだ。それほど、何も興味が、持てなかったのである。

そして、マッサージである。
旅の、唯一の楽しみは、マッサージである。
しかし、料金が高い。
最初に、出掛けたマッサージは、何と日本人経営の店である。
フットマッサージ、30分、30ドル、約三千円である。

それから、安いマッサージを探した。
ナイトマーケットの中にある、韓国人の若者が多く働く、マッサージ店を、見つけた。
10分単位である。千円。
しかし、組み合わせると、安くなる。
フットと、全身45分で、25ドル。

片言の英語で、話すと、経営者は、中国人だと、言う。
ワーキングビザで、働きに来ているという。
そこに、二度行った。
後は、高くて駄目。

和食の店も、一度行ったきりである。回転寿司もあるが、入らなかった。
シーフードを食べたいと思ったが、レストランの料金が、また、高い。
店の前で、客引きをしていた、日本人女性に、この値段高いねーと、言うと、ハーフにして、注文することも、出来ると、言われた。
後で来ると、言ったが、結局行かずに、ナイトマーケットの、屋台の料理を買い、部屋で、食べた。
それは、皿の大きさで、値段が決まるというもの。好きな皿の大きさを選び、それに、料理を、好きなだけ乗せるというもの。詰め放題のような感覚である。
私は、11ドル程度の皿を選んだ。中間の大きさである。

しかし、それなのに、私は、食べ過ぎていた。
スーパーで、買う物、多く買うと、一つについて、安いので、多く買う。
すると、捨てるのがもったいないので、食べる。
そうして、食べ過ぎになったのである。
続きを読む


posted by 天山 at 17:07| アボリジニへの旅 平成20年7月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 120

浄土門について、書いているが、矢張り、大乗仏教の、大元である、八宗の祖である、龍樹の論について、書くことになった。
以後、龍樹については、多々書くことになる。

龍樹が創作した、大乗菩薩道というもの、仏に至る道を、五十二にまで、分けている。
十信、十住、十行、十回向、十地、等覚、妙覚である。
十地の一番最初を、初地という。四十一番目である。

これを、真っ当に聞いていたら、頭が、おかしくなる。
一体、仏陀の教えたものは、何で、あったのか。

十地の、最初の初地の位を得ても、すぐに脱落するほど、難しいという。つまり、難行ではないか。修行という言葉が、ここで出てくる。
修行である。
宗教家が好きな言葉である。

一般に、物事を習う時期を、修行する、という言い方をするのは、理解できるが、この、仏教の修行については、理解しにくいのである。つまり、その、判定を、誰がするのかということだ。

龍樹は、あろうことか、仏に至る道は、すべて、難行であるというのである。
そして、もう一つの道、易行道というものがあると、言う。
これが、念仏である。

信方便の易行、つまり、信心を手立てに、易行である。
これが、曲者である。
万人にとっての、菩薩への道は、これしかないというのである。
それが、阿弥陀仏の、念仏の教えだということになる。
それを、親鸞などが、教行信証などで書く。

南無阿弥陀仏で、仏になっていく道で、それを、無所得空という。
それを、仏陀の中道の道だともいう。

こうして、仏陀の実践が、堕落して行くのである。

これを、親鸞は、更に深めて言うと、ある。
親鸞は、龍樹の無所得空を、すべて阿弥陀の願力をそのまま受け止めた姿であると、解釈する。

無所得空とは、何も無いということではなく、妄念が無いということ。
妄念とは、煩悩具足の人間の、物思いである。
更に、親鸞は、自然法爾という言葉を使う。

妄念、我執の人間が、悟れる道は、阿弥陀の願力に、任せるしかない。だから、阿弥陀仏の仏智を、頂いて、念仏を唱えること、いや、それを聞くことによってと、更に深まる様子である。

念仏を唱えるのではない。念仏を聞くのである。
何やら、深まるように、聞こえるが、詭弁としか、言いようが無い。

賜りたる信仰という、境地に行った親鸞であるが、賜りたると言う程のものか。
阿弥陀仏というものは、架空の存在である。
しかし、更に、それをも、方便というであろう。

つまり、それが、迷いの実体である。

つまり、阿弥陀でなくても、何でもいいのである。
兎に角、心を悩ませ、どこか、深みに嵌まり込んでみたいのである。
悩みに悩むことを、好む。更に、自虐を好むのである。

そして、道徳である。
そのように、念仏することも、賜ったのであるから、それに、報恩感謝の心を持って生きることだとの、結論に至る。
仏に、感謝する、生き方である。

あのー
自然と、共生し、共感していた、日本人である。
今更、架空の存在に、帰依して、更に、それから、賜って、信仰させてもらって、念仏を唱えのではなく、聞くのであると、複雑にしなくても、いいであろうと思うが、彼は、そのようにしか、生きられなかった。

仏教という、いや、大乗教という、言葉の世界に、ことごとく、やられてしまった。
更に、浄土門の中でも、信に重きを置く者、行に重きを置く者と、区分けされる。
それが、派閥になり、流派になっている。
勿論、同じようなものであるが、本人たちは、真剣である。
目糞が、鼻糞を、何とかである。

親鸞の、教行信証は、教、行、信を、証するために、書かれた。
つまり、信を重く見たのである。

だが信ずるとは何を信ずるのであるのか。何かを信ずるとする限り、信じられるものと、信ずる己とが向かい合う。畢竟信ずる誰かがある限りは、人がまだ残るではないか。
柳宗悦

と、ここまで、深く考えることになる。

要するに、我と汝という、相対があるというのである。
結論は、相対の無い世界へ、至る道なのである。

不信の者をこそ最も深く相手としているのではないのであろうか。信じる力の如き、上根の者たることを語りはしまいか。もし信を得られずば往生出来ないというなら、幾ばくの人がその幸を受くるであろう。人間の信に頼るのは、まだ自力を認めてのことではないのか。信も一つの力だといえよう。その力に頼らずば往生がかなわぬなら、不信の者は、決して浄土に往けぬであろう。
柳宗悦

そして、行き着く結果は、元の木阿弥である。

我々が往生出来るのでもなく、また我々が他人を往生せしめるのでもない。衆生の往生は既に十劫の昔、阿弥陀仏が正覚を取られたその刹那に決定されているのである。信と不信と、浄と不浄とそんな差別に、往生が左右されるものではない。人間が往生するのであったら、信も必要となろう。浄もなくてはなるまい。だが、往生は南無阿弥陀仏の当体にあるのであって、人間の力に頼るのではない。その故に人間の善悪の如き、浄濁の如き、智鈍の如き、信疑の如き、何の差別が、弥陀の本願を妨げるであろう。
柳宗悦

往生するのは、南無阿弥陀仏の名号それ自らである。

それゆえに、法然は、口に念仏、親鸞は、ただ信に、一遍は、人の如何に左右されないと、言う。

菅原道真
心だに 誠の道に かないなば 祈らずとても 神や護らん

どうであろか。和歌一首で、彼らの、苦悩を、乗り越えている。

浄土門の行き着いた先は、南無阿弥陀仏が、南無阿弥陀仏を、南無阿弥陀仏するということである。

いい加減して、くれや。

何も口に唱えるものを、持たないという、境地に行き着かなかったのか。

人間、そのまま、生きていればいい。
糞して、寝ていればいい。
どうして、そこまで、行き着かないのか。

阿弥陀仏の存在を知らない者でも、すでに、救われていると、どうして、そこまでに、至らなかったのか。

私は言う。
この世に、生を受けて、更に、生きることが、できるということ、それだけで、十分である。それ以上のこと、僭越行為である。

お天道様は、必ず、東から昇り、西に沈む。
それで、いいではないか。

太陽を拝していれば、すべて、事足りる。

追伸
浄土門については、死ぬまでの暇つぶしの無い人には、学ぶに足る。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第3弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ232

相撲御覧ずる日、内裏わたりにて

たづきなき 旅の空なる すまひをば 雨もよにとふ 人もあらじな

毎年、七月末、諸国から集めた力士の相撲を、宮中で、天皇が御覧になる。
相撲は、すまひ、と読む。

故郷から、遠く離れて、寄る辺の無い力士たちと、同じように、寂しい宮中へ、今夜の雨の中、私を訪ねてくれる人は、いないでしょう。

雨で、相撲が中止になっての、歌である。
相撲なく、また、寂しい紫の心境である。

返し

いどむ人 あまた聞こゆる ももしきの すまひうしとは 思ひ知るやは
雨降りて、その日御覧はとまりにけり。あいなのおほやけごとどもや。

相撲を競う人が多いとのこと。同様に、張り合う人が多いという、宮中の生活が、住みづらいと、解ってくれますか。

雨で中止になった、相撲は、公事である。
あいなのおほやけことどもや
あれこれと、つまらない行事であった。


初雪の降りたる夕暮れに、人の

恋しくて ありふるほどの 初雪は 消えぬるかとぞ うたがはれける

初雪の降る夕暮れ、人の、とは、同僚の女房である。

あなたを恋しく思い、過ごしています。そんな折から降る初雪は、知らぬ間に、消えてしまったのではと、疑いました。

恋しさに、日々の生活で、何が起きているのか、解らないという、気持ちである。
ありふる
月日を過ごす。

紫が、実家に戻っている間のことだろう。

返し

ふればかく うさのみまさる 世を知らで 荒れたる庭に 積る初雪

お返し

荒れた我が家の庭に、美しく降った初雪です。
その前に、憂さのみ勝る、世を知らで、とある。
生きていれば、住み辛い世の中であることが、もっと深く感じられるという。
しかし、それを知らずにいるという。
それは、家に籠もっているからである。

降れば、は、経れば、の、懸り言葉である。

いづくとも 身をやるかたの 知られねば うしと見つつも ながらふるかな

どこへ、この身をやったらよいのか。住み辛いと思っても、この世に生き永らえているのです。

この世に生きることを、憂きことと思い、何かに耐えている様子が、至るところの、歌に見える。
何故、このように、憂きの、気分を持つのだろうか。
一つには、仏教の、厭離穢土という、考えた方、そして、無常観である。
万葉の、命輝く、気分は無い。

この世を、うとうという感覚は、健康なものではない。
勿論、人生に一度や二度、厭世観を抱き、無常観に、浸ることもある。絶望することもある。しかし、平安期のそれは、不健康である。

丁度、浄土思想というものが、席巻していた時期である。
これから、風情という感覚、情緒が生まれたと考える人もいるが、心の影の観念を、植え付けられたといえる。

世間は、虚仮と観た、厩戸皇子、後に、聖徳太子といわれる者も、仏教に傾倒した、ひとりであり、それを、今日まで、理想化して考える人の多いことである。

何ゆえ、無用な無常観というものを、全面肯定したのか。
あたかも、それが、心の深みの如くに考えたということが、病理である。
自分の問題を、すべての、世の中の問題として、捉えた、自己顕示欲である。

彼の掲げた、理想の一つとして、成ってはいない。
和をもって貴し、と掲げたが、それ以後は、自分の子孫も、皆殺しに遭うという悲劇が、続く。

大王家に、取って代わる大国を目指した、蘇我馬子、その子、蘇我蝦夷、そして、孫の、入鹿は、中大兄皇子によって、殺害され、大化の改新が起こった。

厩戸皇子は、蘇我の血を引く者である。
同族争いの中心人物であった。
大王家と、蘇我家の間で揺れた心境をもって、世間は虚仮とは、顕示欲に、他ならない。

後に、人々から、祀り上げられて、拝まれるようになるが、本当のところは、作り話が多い。

推古天皇の際の、皇太子である。
あの頃から、日本が変質し始めたと、私は、考える。

今までの、日本の伝統を、すべて清算して、大陸の文化を持って、更に、仏教を持って国造りを始めたのである。と言っても、その手前で、斃れた。

その後、仏教は、天武天皇、天智天皇に引き継がれたが、何故か。
国教とされるまでに至るのは、何故か。

日本にもたらされた仏教は、大乗である。
大乗とは、仏陀の新しい解釈である。
さて、この話は、長くなるので、止めるが、平安期は、その、大乗の一つ、浄土思想が、貴族に、広がり、厭離穢土という、考え方が、席巻した。
実に、不愉快なことである。

それから、鎌倉に出来た、新しい、日本流仏教が、日本人の精神を、作ってゆく。
万葉を忘れた、日本人は、その頃から、いたのである。

仏教の言葉の世界に、翻弄され、それを、精神の深さであると、勘違いしたのである。
それから、今に至るまで、迷い続けている。

加えて、厭離穢土とは、欣求浄土を希求するものである。
生きている、この場を、厭い、生きていない、あの世を、希求するというのは、健康であろうか。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。