2008年06月14日

タイ旅日記 14 平成20年6月

バンコク、スクンウィットは、人種の坩堝と言われる。

私たちは、深夜を過ぎて、その街に到着した。


やはり、タクシーは、公的機関の乗り場でも、ボルのである。

結局、高速料金と、手数料という、名目で、500バーツほど、払った。

だが、声を掛けてくる、タクシーの勧誘では、これが、倍の1000バーツ以上になる。


帰りのタクシーは、メーターで、180バーツほどだった。

それでも、タクシー運転手に、声を掛けて、ハウマッチとか、タオライカップと、尋ねるのである。

野中が、もう、交渉に疲れて、私がした。


ゲストハウスは、一泊600バーツである。明日の、夜12時までだと、二日分になると言われて、とりあえず、一日分を払った。


チェンマイで、買った、パンと、水を飲んで寝た。

もう、どこにも、出掛ける気力は無い。


どうして、ここに来たか。

それは、格安航空券と、時間待ちのためである。

そして、この喧騒を、もう一度だった。


イスラム圏の人々、インドや、アフリカの人々、よく解らない人々を見るためである。


至る国の料理もある。

私が好きなのは、インドカレーの店である。

一人で頼んで、とんでもない量を出されて、驚いたが。


朝、私たちは、路地のタイ人向けの、出店に行き、お粥を食べた。

私は、エビ、野中は、魚である。

丁度よい量であり、朝の食事にぴったりである。


向かいの、出店の、オレンジジュースを買って、お粥の出来上がりを、待った。

オレンジジュースは、搾り立てである。

甘くて、美味しい。


さて、私たちの、お粥が出た。

箸もつけてくれたが、スプーンで食べる。


日本人とは解らないかと思いきや、解るのである。

隣の店のおじさんが、豚足の揚げたものを、見せて、どうだと言う。

朝から、豚足は、無理だし、私は、食べられない。

笑顔で、断る。


一杯、40バーツ、約130円程度である。

そのまま、水を買い、ホテルに戻った。


野中は、自分の取材のために、出掛ける。

私は、夜の12時まで、何をするかを、考える。


まず、199バーツの、フットマッサージをすることにする。

その辺りで、一番安い店である。

しかし、他の店も、覗いて、料金と、内容を確かめる。

前回、イサーンから来た、女の子にしてもらって、上手だったので、矢張り、安い店に行くことにした。


その子は、いなかった。辞めたのか、店を変わったのか、尋ねる言葉が、出ない。

新しい、女の子が、ついた。

何処の出身と、尋ねると、ノーンカーイという。イサーンではないか。矢張り、出稼ぎである。家族は、皆、ノーンカーイにいるという。


フットマッサージである。

巧い。

一時間コースであり、私は、昼ごはんを食べた後、その子に、タイマッサージをしてもらおうと思った。


少し、ぶっきらぼーであるが、巧いので、いい。

英語は、少し、日本語は、全然解らない。それが、いい。私の英語が、通じるのである。


帰りに、また、昼過ぎに、来ると言っうと、オッケーと答えた。

次は、タイマッサージでと言う。


一度、ゲストハウスに戻り、足を洗って、すぐに、インド料理の店に出掛けた。


店の前のケースに入っている、カレーを指差して、チキンカレーと、野菜カレーを選んだ。そして、ご飯である。


ありがとう、を繰り返す、ボーイが、相手をしてくれた。ただし、ありがとうが、喧しい。それに、イントネーションが、変なのだ。


テーブルの上にある、水のボトルから、勝手に水をコップに、注いで飲んだ。

中々、持ってこない。

漸く、カレーが運ばれて、驚いた。

二人分もあるものが、二皿である。そして、大盛りのご飯。

見るだけで、胸が、一杯になる。


まず、チキンカレーから、手を付けた。

旨い。

そして、野菜カレーである。

辛くて、旨い。

ご飯と、交互に食べる。

しかし、量が減らない。


ついに、食べるのを諦めて、持って行くことにした。

テイクアウトだったか・・・と、思いつつ、一人のボーイに声を掛けて、小さな声で、テイクアウトと言った。

ボーイが頷いて、カレーの皿を持った。

ご飯もと、私が言う。


ボーイは、それを、小さなビニール袋に詰め始めた。

その時である。

最初のボーイが、そのボーイと、何か言い合った。

私のカレーのことかと思いつつ、見ていると、別なことらしい。


二人の争う声が、響いた。

一人の、タイ人の、ボーイが、中に割ってはいる。

今にも、殴り合いになりそうなのである。

皆、汗を流して、仕事をしている。

忙しいのだ。


私のカレーを持っていったボーイが、私を見て、精一杯の、笑顔である。

その顛末を見ていたので、私は、笑顔が作れない。


清算する時も、そのボーイを呼んだ。

そして、その時、彼に、チップを渡そうと思った。


170バーツである。

おつりの出ないようにと、財布を確認しつつ、チップの額を考える。

えーと、彼が、私の紙幣を、決めてくれた。

そして、受け取り、去ろうとしたので、私は、20バーツ三枚を出して、チップと、言った。彼は、スッとそれを、受け取った。

スマートである。

これで、少しは、気が収まればいいと思った。


全部で、230バーツ、約800円程度である。


それから、一時間ほど、ベッドで、休んだ。

夜の飛行機だと思うと、眠ることが出来ない。飛行機で、眠らなければと思うのだ。

少し、うとうとした。


時計を見ると、三時である。

再度、マッサージ店に行く。

歩いて、3分程度の路地である。


先ほどの女の子がいた。

笑顔がないのは、イサーンの人の特徴である。

客は、誰もいない。私だけである。

奥のブースに案内された。

普通は、着替えを渡されるが、私は、そのままが、マッサージの姿である。

そのまま、そこに寝ろという感じである。


マットに、寝ていると、女の子が来た。

足から始める。

タイマッサージの特徴は、足である。徹底的に足を揉む。

足が楽になると、体も楽になる。

力も強い。満足である。

これなら、オイルマッサージでも良かったと、思う。


次に来た時、オイルマッサージをすると言うと、彼女は、そけっなくオッケーと答えた。

普通なら、いつ来るのとか、何とかかんとか言うが、無愛想である。

しかし、それが、また、いい。


一時間を終えて、料金を払う。

またね、と言うが、ウンと頷くのみ。

本当に、また、来てやろうと、思った。

外に出ると、酷い音である。


スコールだ。


見る見る街の中が、水で溢れる。

傘も無く、さて、どうするか。

目の前の、インターネットカフェに入ることにした。そこで、雨宿りである。


約、30分ほど、自分のホームページを見ていたが、雨が止まない。

しょうがなく、料金を払い、外に出た。

走るしかない。

私は、軒先を走って、ゲストハウスに戻った。

それでも、びしょびしょに、濡れた。


すぐに、服を脱ぎ、シャワーを浴びて、窓から外を見た。

水かさが増して、街中は、水で溢れている。

水を漕ぐように、人が歩く。


私は、そのまま、ベッドで眠った。

野中が帰る、夜の九時まで、寝ていた。


いよいよ、帰り支度である。


野中は、スコールで、足止めされて、遅くなったという。

二人とも、疲れのせいか、口数少なく、帰る準備をした。



posted by 天山 at 16:16| タイ旅日記  平成20年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 93

宗門の人、特に学識ある僧侶の書くものを見ると、述べてある真理が、深く教学に立ち入るにつれ、余りにも専門化されて門外の者には疎遠な感じを起こさせやすい。それに枝葉な問題に精細になると、とかく本質的なことが置き去りにされる。むしろ学問のための宗論で、活きた信仰とはかけ離れてしまう。宗学はそれ自身、立派な存在理由を持つとしても、それが知識の羅列に陥る危険は極めて多い。しばしば特殊な専門家の特殊な問題に終わりやすく、その煩瑣な宗論が、どんなに若い人々と仏教との間に、深い溝を作っているか分からぬ。
柳宗悦 南無阿弥陀仏 より

さて、仏教について、書くことにする。
最初は、浄土教から、始める。

しかし、その前に、結論から、書くべきだと、思っている。

上記、南無阿弥陀仏は、昭和26年から、27,28年にかけ、大法輪という雑誌に、連載されたものである。
広く、多くの読者を、曳きつけたようである。
現在も、上記のことが言える。

暇な坊主の、暇な、宗論研究は、実に、いい気なモノである。
時代は、切迫している。

仏教の専門書は、何を言うのか、よく解らないもの、多い。
さらに、教学なるもの、支離滅裂であることに、気付かない。
単なる、妄想である。

私は言う。

仏教の、悟りや、救いという、観念が、何故、必要なのであるかと。
何故、人間は、悟りが、必要なのか。
何故、人間は、救われなければならないのか。

そして、本当に、悟りとか、救いというものが、あるのか。

更に、万が一、悟って、救われても、私は言う。
人間は、孤独な存在である。
いや、絶対孤独が、人間の存在理由である。

宗教は、その、真理を、誤魔化し、更には、死後の世界までも、誤魔化しで、満たす。

これ程、罪深いものが、あろうか。

死ぬまでの、暇つぶしとは言え、何程の、価値があるというのか。


ただし、仏教の開祖、仏陀を、はじめ、それぞれの宗派の開祖たちの、活動に関しては、私は、敬意を、表するものである。
また、日本仏教の開祖たちにも、敬意を、表する。
それは、時代性と、時代精神が、求めたものだからだ。

また、文学としての価値は、思う存分にあると言う。

浄土教を、先に取り上げるのは、実に、日本人に、浄土宗系の信徒が多いということ。
そして、日本仏教の巨峰といえば、空海と、法然であると、思うからだ。

空海は、いずれ書く。
法然は、仏教に縁の無かった人々に、仏教というものを、提供した功績である。
更に、貴賎別なく、教えを説いたという、行為は、注目に値する。
法然によって、仏教が、一般化したと、言ってよい。

法然は、浄土宗を開いた。
そこからである。

南無阿弥陀仏を、唱えるだけで、救われると、説いたのだ。
救われる。
一体、何からの救いなのか。

これを、見つめつつ、進める。

さて、
柳の文を、続ける。

第二の仏教に関する書物の難点は、漢語による熟字や熟語が、余りにも多いことである。使用された経文のほとんどが一切が漢訳であるから、漢語の表現を用いずして仏教を語ることは容易ではない。のみならず、長い歴史の間には数多くの特殊な術語が培養された。それ故教学に詳しくなると、術語を豊富に知るから、それを誇示するような弊さえ見える。無学な者はそれに近づくことが出来ぬ。今の学生たちは漢字の素養が乏しく、近頃は進んで漢字の使用に制限を施すほどであるから、ますます仏書を読みづらいものにさせる。

ところが、ハウツー物の、仏教入門書などにより、読みやすくなったが、内容も、薄くなる。
薄くなるというのは、解った気にさせる、ということである。
般若心経などの、入門書なのか、エッセイなのか、論文なのか、知らないが、膨大な著書があるが、いい気なものである。
般若波密多 パンニャパラミーターという、知恵という言葉を、語っているのだろうが、知恵など知らない者が、知恵を語るという、仰天である。

語れないものは、語らない方が、いいのである。

仏教を平易に説くということは、それを民衆に近づけるためである。もとより平易は卑俗の意味であってはならない。いつだとて易しさは深さに支えられていなければならない。
柳宗悦

心の、より処を、求めて、般若心経などの、経文に、興味を示すのだろうが、あれを、マジに、読むということは、マジに、おかしくなるということである。

三蔵法師玄奘訳の、般若経の、心臓部であるが、あの、空観というものは、虚無の世界に引きずり込む。
つまり、深さを感じさせて、迷うのである。
その、迷いを、安心立命と、勘違いするのである。

仏教の、教学というものは、実は、それに、尽きる。
迷わせて、それを、安心と、思い込ませるのである。

仏法とは、別名、迷いである。

膨大な仏典というものがあるのは、迷いに迷うからである。
いくら、書き綴っても、終わらないことを、真理を語るのに、終わりが無いというのは、誤魔化しである。

真理とは、単純明快なものである。

太陽は、東から上り、西に、沈むのである。

日蓮は、たとい、日が西から出ても、法華経の揺らぐことは無いなどと、アホなことを言うが、太陽が西から出たら、どうなるのか。

強い信念は、強迫を生み、更に、誇大妄想に突進する。
宗教とは、実に、それである。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ214

降り積みて、いとむつかしき雪を掻き捨てて、山のやうにしなたるに、人々登りて「なほ、これ出でて見えたまへ」といへば

ふるさとに かへるの山の それならば 心やゆくと ゆきも見てまし

降り積もった、うっとおしいほどの雪を、掻き分けて、山のように積もった雪の上を、登り、「さあ、こちらに来て、御覧なさい」といわれれば

故郷に、帰られるという、あの、かへる山の雪ならば、見ましょうが・・・

雪に閉ざされた世界の中で、都が恋しく、雪山など、見たくないのである。
不機嫌である。

心やゆくと
進んで、行く。

年かへりて、「唐人見に行かむ」といひたりける人の、「春は解くものといかで知らせたてまつらむ」といひたるに

春なれど 白嶺のみゆき いやつもり 解くべきほどの いつとなきかな

越後へ、下った前年に、宋の人が、七十名ほど、若狭に漂流した。それを「見によこう」と誘う人が、「春には、雪が解けるように、私の心に、打ち解けてください」というのである。後に、紫式部の夫になる、人物である。

春になりましたが、こちらの山の雪は、いつ解けるものか、わかりません。
暗に、自分の心の、打ち解けない様子を言う。


近江の守の女懸想すと聞く人の、「ふた心なし」と、つねにいひわたりければ、うるさがりて

みづうみに 友よぶ千鳥 ことならば 八十の湊に 声絶えなせそ

近江守の娘に、言い寄るという噂のある男、「ふた心はない」と、常に言うのを、うるさく思う。

近江の海に、友を求める千鳥よ。いっそのこと、あちこちの、湊に声を掛けなさい。あちこちの人に、声を掛けなさい。

なかなか、面白い。
年頃の、娘の心境である。

この男との、関係が、もっと、面白くなってゆく。

歌絵に、海女の塩焼くかたをかきて、樵り積みたる投木のものに書きて、返しやる

よもの海に 塩焼く海女の 心から やくとはかかる なげきをやつる

書きのせようとする、歌の趣を表した絵に、海女の塩焼く姿がある。
切って積み上げた、薪で、藻塩を焼く、その薪に書いて、返事する。

あちこちの、海辺で、藻塩を焼く海女が、薪を積むように、色々な人に、言い寄る、あなたは、自分から、好きこのみ、歎きを重ねるのでしょう。

恋の歎きを訴えた歌に、返歌したものである。
しかし、このような、歌が詠める、言い方が出来るということは、ある程度、近い関係になっているようである。

女が、つれない歌を詠むのには、訳がある。
それが、次の歌である。

文の上に、朱といふ物をつぶつふとそそきて、「涙の色を」と書きたる人の返り事

くれないの 涙ぞいとど うとまるる うつる心の 色に見ゆれば
  もとより人の女を得たる人なりけり

文の上に、赤い物を、ぽとぽと落とし、「涙の色を見てください」と書く人への、返事。

あなたの、紅の涙だと聞くと、一層うとましく、思えます。
移ろいやすい、あなたの心が、この色で、はっきりと、解ってしまいます。

そして、相手は、しっかりとした、親の元から、妻を得ている男なのである。

これは、結婚前の歌である。

紫式部は、三十近くになって、三人の妻のある、藤原宣孝と、結婚している。宣孝は、四十五歳くらいである。

仲睦まじい頃もあり、一女賢子を産む。
他に、妻のある、宣孝であるから、紫式部は、夜離れ、よがれ、の寂しさを味わうことも、多々あった。

夜離れ、とは、夫婦生活である。
よがれ、という語感が、なんとも、不思議である。

今では、ヨガルという言葉は、セックスの際の、快感を得る時の、喘ぐことを言う。
または、方言としてあるのか。

当時、セックスすること、契りて、と、言うのみ。
セックスから、遠ざかることを、夜離れ、と言う。

現代小説などが、描く、セックス描写がない。つまり、セックスの技巧というものが、未成熟な時代である。
契ることで、それは、解消した。
しかし、その、契る、ということのために、その前後の、心の様が、実に、綾のように、動くのである。

セックスというものも、進化したのであろう。
生殖という意味に、おかなかった、日本人のセックスは、芸術文化として、表現された。
単純に、生殖であるとする、アラブ、西洋の、一神教的、性の文化でない。
ギリシア神話も、セックスに関しては、日本の古代の、セックスに、まつわる、華やかしさは無い。

現代の、セックスの、生殖器を、テーマとするものではなく、セックスにまつわる、心模様に、風情という綾が、掛けられた。
色好みとは、それを、言う。
生殖器好みではない。

ポルノ小説と、純文学の、性小説とは、なんら変わらない。
江戸時代まで、恋と、通常の生活の、夫婦関係というものを、区分けして、考えていたのが、日本人である。
遊郭文化というものが、花開くのも、江戸元禄ではなく、長い年月をかけた、下地があったれば、こそだ。

平安期、妻を、多く持つ男は、沢山いた。
一夫多妻である。
それは、昭和初期まで、妾の、性文化として、残っていた。
それを、容認していた、時代が長い。
そして、女性の、地位向上である。

今は、女性の地位が、向上し、よい時代になったが、今度は、男が、セックスに興味が持てないという、逆転現象が起きている。
また、性に弱くなった、男たちである。

女性器の前で、佇む男たちである。
晒され過ぎたのである。

あれは、明るいところで、見るものではない。薄暗い、光の中で、微かに見えるのが、いい。
だからこそ、セックスが充実した。
不思議は、不思議として、残しておけば、良かったのである。
しかし、手遅れ。

この、病から、抜けるには、百年は、かかる。その間、女性の、受難、セックスに、まつわる受難は続く。
更に、セクシャルマイノリティーという、同性愛が、年毎に、生成発展している。

欧米の、アラブの思想は、これに、対処出来ないのである。ただし、制度は、日本より、進んでいる。しかし、思想としては、対処できない。だが、日本は、思想的には、十二分に、対処できる。
もののあわれ、というものがあるからだ。

愛に、何も捕らわれることは、無い。
制度たけが、遅れているのみ。
それも、時間の問題である。


posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。