2008年06月13日

タイ旅日記 13 平成20年6月

カレン族の村、トゥンルアン村について、少し書く。


農業を中心とした、自給自足の生活が基本である。

さらに、この村は、カレン族の、伝統が生きており、他のカレン族の村から、それを学びに来るといわれる。


自給自足の生活というものを、現代の日本人は、想像も出来ないと、思える。

唯一、文明の利器は、電気のみである。


米を主食にして、野菜、香草を採り、川では、小魚、カニなどを捕る。そして、農作物は、トウモロコシ、キャッサバ、トウガラシ、レタス、キャベツ、ナス、大豆、更に、果物では、柿、梨、梅を栽培している。

また、バナナ、マンゴーなどは、自生しているのである。


農作業は、基本的に、機械を使用しない、人手である。そのため、村人は、一致協力体制である。

労働力は、労働力で、お返しするという、相互扶助の精神に溢れる。

田植え、稲刈りは、村人総出で行う。

私も、一緒に田植えをしてみたが、30分ほどでも、腰が、大変だった。


しかし、現金が必要にものも多い。

基本的には、お金に依存する生活ではないが、タイという国に住んでいる以上は、必要なものもある。

電気代、衣服、バイク、車、そして、教育費、最低限の農薬などである。


村では、レタスなどを、売って現金を得る。

ただし、蓄えるための、お金ではないということ。

これからの問題は、いかに、このままの生活を維持してゆくかである。

近代化の波が、寄せてこないということは、無いのだ。


私が、見た限りでは、何も必要が無いように見えた。

きっと、電気がなくても、大丈夫である。

自然にあるもので、十分に生活が出来る。つまり、最も、強い生活力を持っていると、いえる。

理屈ではない、「あるがまま」の生活を続けてゆくことは、幸せであるという以外に、無い。


さて、仏教が、約300年前に入ってきて、仏教信仰もあるが、最も基本的なものは、伝統行為である。

それを、精霊信仰と、呼ぶが、私は、あえて、伝統行為と言う。

精霊というものを、広げると、山川の神、水火の神、その他、多くの自然精霊ということになる。

これは、学術用語である。


古代から、人は、自然の恵みと、その厳しさの中で生きてきた。

当然、自然に感謝し、自然を畏怖する。そこに、また、祈りの姿勢が、現れる。当然である。

自然との、共生、共感である。

それは、伝統行為である。


すべの存在に、霊が宿る。


家代々の祈りを、伝承して、祭りの時に、それを、唱える。家々で、別の祈りの言葉が、伝えられるという。

統一された、祈りの言葉はないのである。

何と素晴らしいことか。

つまり、それを、宗教形態の団体とするような真似ではなく、自然発露としての行為に、高めるのである。


司祭は、いない。

皆、男は、司祭になる。

年老いると、長老として、務めるのである。


要するに、職業司祭はいない。


邪馬台国といわれた、一部地域の部落が、日本にもあったが、単に発見された地域のことである。

多く、そのような、部落はあった。

邪馬台国といえば、何やら、大袈裟な物言いになるが、大陸の国に、発見されたことを、単に喜んでいるだけである。


そんな、部落が、大勢あったと、考えるべきである。


カレン族の村が、沢山あるようにである。


部落が、部落同士で、影響を与え合い、更に、結婚などを通して、交流を深めたはずである。

今でも、カレン族には、夜這いの風習がある。

それは、セックスをするのではない。

親の元で、気に入った男と、娘が、話をするというものである。

そして、父親が、その男を、気に入らない場合は、何と、男が帰った後で、木の実を潰すための、鉢を棒で叩くのである。

コンコンコン、コンコンコンと、響く。

それを、聞いて男は、アア駄目だと、諦めるのである。

しかし、そんなに耳がよいのだろうか。

遠くに帰る、男の耳だけに、響くのか。

だが、父親が、それをすると、男は、二度と家に来ないという。


それとも、それを聞いた誰かが、その男に教えるということも有り得る。


さて、儀式を見た私は、その緊張感と、弛緩の、微妙な感覚に、驚いた。

単に、緊張するばかりではなく、リラックスして、儀式を行う。

祈りの間に、私語をする者もいると、言った。

あまり、儀礼に拘らないのである。しかし、儀式は、する。


酒の回し飲みというのが、最大のポイントである。

同じ盃を、酌み交わすとは、戦いの前の、武士と同じである。

命の盃とも、いえる。


それで、村の男たちは、一体になる。

そして、女たちである。

儀式の際には、遠巻きで、眺めている。

料理を作り、男たちの、儀式を、助ける。


これは、差別であろうか。

当に、区別である。

女系であると言った。女たちは、男たちを、尊重し、また、男たちは、女たちを、尊重する。


伝承の、仕来りを教えるために、山に七日間、男の子たちを連れて、籠もるという。

それも、強制ではない。希望する者にのみ、伝える。希望すれば、年齢は、関係ない。


小西さんの、義理のおとうさんが、その役目であると、聞いた。

その、おとうさんの、剣舞を見せて貰った。

結婚式の中で行うが、私たちが、見られなかったらと、おとうさんは、結婚式の前に、家の中で、見せてくれた。

無音の中で、舞う、剣の舞である。

儀式の中では、音を出す場合もあるという。


長年に渡り、伝承されてきた、剣舞である。

大振りの、舞は、しなやかで、威風堂々として、威厳に満ちたものである。


先に、お弟子さんに、見せてもらったが、矢張り、年輪である。

歳を取ることが、重んじられる。


さて、食事をする際に、テーブルなどないゆえ、床に置く。

それを、囲んで食べる。

女は、その中に入らない。


食べ残したものは、すべて、豚、鶏、犬などが、食べる。

私が、バナナの皮を、捨てると、豚に上げてくださいと、言われた。


何一つ、無駄なものはない。


豚肉を、脂で揚げていた、おばさんが、私に一つと、差し出した。熱くて、受け取れない。すると、一人のおばんが、バナナの皮を、持ってきてくれた。

そうか、皿もいらないのか。


もち米も、バナナの葉に包んで、ふかすのである。

それを、開けて食べる時の、嬉しさはない。


そろそろ、書き止める。

色々と、あった。帰国してからも、色々と、思い出した。

あの、暗闇の夜の夜。

言葉にすれば、嘘になると思いつつ、矢張り、あの闇は、貴重である。

抱かれる闇。

恐ろしくない闇。

光を神と、呼ぶが、闇というものも、神であったと、私は、深く反省している。


闇をも、神と思わせる、夜の闇の闇である。


あの、伝承を破戒しようとする者が現れれば、私は、命を賭けて戦う。




posted by 天山 at 16:16| タイ旅日記  平成20年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ213

塩津山といふ道のいとしげきを、賤の男のあやしきさまどもして、「なほからき道なりや」といふを聞きて

知りぬらむ ゆききにならず 塩津山 よにふる道は からきものぞと

塩津は、琵琶湖の北。北陸へ向かう要港である。
その道に、草木が生い茂っている。そこを、身分の低い男たちが、誰も、みすぼらしい格好をして、「ここは、難儀な道だ」というのを、聞いて

男たちは、荷物を運ぶ者たちである。

それらに、歌を通して言う。

あなたがたも、分かったでしょう。いつも行き来していても、塩津山は、世渡りの道として、辛いものだということを。

からきものぞ
辛いものだ。これは、からいと、塩のからい、とを、掛けている。
駄洒落の歌という者もいる。

兎に角、世の中に生きることは、いすれにしても、からい、辛いものだという。

みづうみに、おいつ島という洲崎に向かひて、わらはべの浦といふ入海のをかしきを、口ずさみ

おいつ島 島守る神や いさむらむ 波も騒がぬ わらはべの浦

現在の、近江八幡市の付近にある、奥津島神社の辺りを洲崎という。入海とは、入江のこと。その風景が、美しいのだ。それを、口にして

おいつ島を、守っている神様が、静かにと、言うのだろうか、わらはべの浦は、波も立たずに、静かにして、美しい。

いさむらむ
いさめる、のである。注意する。命令する。

この歌は、帰路の歌である。
少し、ワクワクしているのであろう。

暦に、初雪降ると書きつけたる日、目に近き日野岳といふ山の雪、いと深く見やらるれば

ここにかく 日野の杉むら 埋む雪 小塩の松に 今日やまがへる

暦に、初雪が降るとある。この暦は、当時の男たちが、用いたもので、陰陽道からの、吉凶などが、書かれてあるものだ。
日野岳とは、越前の国府にあった武生市の東南にある山。
その山の、雪が、とても、深く見られた時。

こちらでは、日野岳に、群れ立つ杉を、埋め尽くす雪が降るが、都でも、今日は、小塩山の松に、雪が、降っているのだろうか。

都は、どうなっているのだうか、という、懐かしみの情である。

兎に角、情報を得るには、時間がかかる、時代である。
一年を過ぎて、都の情報を、得るのも、不思議ではない。

人間感覚が、現代とは、全く違う。
それが、また、ひらがな、という文字によって、表現されると、大和言葉、そのものになる。
大和言葉の、優雅さは、時間感覚とも、関連するようである。

焦りが無い。
ひらがなで、表現すると、漢字で、表現するのとでは、現代でも、語感が、変わる。それは、目でみた、感触も、変わるということ。

天の川を、テンノカワと、読むか、あまのかわ、と読むかで、語感が、違う。

暫く、大和言葉について、語ることがなかったが、和歌は、すべて、大和言葉が、基本である。
どんなに、漢語に強い人も、和歌を詠む時は、大和言葉になった。
それは、ひらがなによる。
万葉集は、漢字の音の、当て字により、記録されたが、音はあったのである。
実は、文字もあった。
しかし、記録されない。
神代文字である。何故、神代文字が、使用されなかったのか。
厩戸皇子、聖徳太子といわれる者の、策略である。そして、蘇我馬子から、蝦夷、入鹿の、三代による。

神代、かみよ文字に関して、書くことは、また、膨大なことになるので、今は、省略する。

聖徳太子は、すべて、漢字と、仏教思想により、国造りを行おうとした。
何故か。
自ら、仏教を講義し、また、書も書いた。
大乗仏教の、日本流布は、聖徳太子から、はじまる。

実は、古事記以前に、日本史を編纂していた。それを、蘇我家が、保存していた。しかし、入鹿が、討たれた時、蝦夷が、屋敷に火を放ち、燃やしてしまう。

聖徳太子と、蘇我氏は、グルであったが、太子の息子一族は、入鹿によって、皆殺しにあう。一族が、自害したのであるが、結果は、入鹿の討伐による。

ある時から、太子と、馬子の間に、国造りに対する、考え方が乖離してゆくのである。
太子は、大王家を、馬子は、蘇我の王国を、である。馬子の、願望を実行するのは、孫の入鹿である。
大王家とは、天皇家である。

聖徳太子の、行動は、不明な点が多すぎるのである。最初は、蘇我家側の人間だった。
しかし、途中から、変質する。何故か、不明である。
大乗の精神を、もって、国造りを開始しようとするという、解釈もある。つまり、仏教国である。それは、馬子も、望んだこと。宗教を、押さえれば、人心を、把握できる。
宗教というもの、そういうものである。
支配しやすくするための、方法が、宗教である。

私見である。
太子は、自分の出生に、苦悩していた。
罪の意識である。存在そのものが、罪であるという意識。救いを、仏の教えに求めた。その精神性と、馬子、蘇我家の野心との乖離である。

同じく仏教を立てて、であるが、それぞれの、意味合いが、乖離してゆく。
太子は、内に、馬子は、外に。
しかし、いずれにせよ、誤りであった。

何故なら、日本は、かんながら、唯神の、国である。
ここで、神という文字を使うと、一神教の神の、概念に、受け取られるが、違う。
仏という、超越者を置かない。皇祖皇宗に続く、祖先の霊位を、カミと、する国である。
太子は、その間を、埋めることが出来ずにいた。
また、それは、宗教ではなく、伝統である。
日本は、宗教を置く国ではない。伝統の国である。
これを、見誤ると、すべてが、狂う。

その迷いの、象徴するものは、推古天皇の、伊勢神宮行幸である。
はじめて、天照大神のおわします、伊勢神宮に詣でる。
大和朝廷は、九州の王朝である。富士王朝から、引き継ぐのである。
本来は、宇佐八幡へ行幸するが、伊勢への、行幸は、何かに動かされたとしか思われない。

今は無き、富士王朝の回帰である。
それはつまり、天皇家の回復である。正統であろうとする、働き。

天武、天智によって、国造りが成されたが、仏教は、捨てず、混合とした。
苦肉の策である。
何故なら、天皇とは、祭祀する者である。
祭祀する者が、仏教を受け入れるという、複雑な心境である。
以後、天皇が、仏教に帰依するということが、当たり前に成る。

色々な、考え方があるが、今は、この辺で、止めておく。

万葉集の、はじまりである、舒明天皇が、すべてを知っていた。しかし、舒明天皇は、何も語らず。
その息子たち、天武天皇、天智天皇によって、日本が造られてゆくことになる。
舒明天皇の意思が、二人の息子によって、具現化された。

さて、
舒明天皇こそ、蘇我家の傀儡天皇となるべくの、天皇だった。
その、苦悩は、余りある。

もし、大王家が、破壊され、蘇我王国になっていたら、今の日本の形は、無い。
すんでのところで、祖先の霊が動いたとしか、思えないような、歴史の展開である。

万葉集、第一の名歌は、舒明天皇の歌である。
この天皇の、祈りがあったればこそ、今の日本がある。

寄り道しました。
もし、私に、許されるのなら、神代文字について、いつか、書きます。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 92

前回まで、ドーキンス氏の「神は妄想である」という、著書から、多く引用して、書いた。

次に、仏教、そして、また、新約聖書について、書くつもりだが、再度、私の立場を、書く。

私は、主イエスと、書かれる聖書と、キリスト教、すべてのである、それと、何の関係も無いものだと、考えている。

ナザレのイエスは、キリスト教の主イエスキリストであるというのは、後世の人の勝手な、思い込みであるし、勝手な解釈である。
仏陀も、そうすると、そういうことになる。

ナザレのイエスが、私の神と、呼んだ方は、自分の守護神であり、いつも、傍について、指導をしていたのである。

単純に言えば、イエスは、ユダヤ人であり、ユダヤ教の中での、革命を、起こしたのである。世界宗教など、何ほどの意識もなかった。

新約聖書に書かれている、イエスの言葉は、それぞれのセクトの、考え方から成った、イエスの言葉である。

私の中では、私のイエスがいる。

イエスの墓が、見つかったという、「キリストの棺」という本が、少しばかり、キリスト教国で、話題になったが、それ以上にはならない。何故か。
最早、真実など、どうでもいいのである。

妄想を、信じ込んでいれば、それでいいのである。

学問と、宗教の違いである。

事実より、妄想を、信じるのであるという、この世の、真実が、よく解るというものである。

いずれ、新約聖書の、セクトの人々が書いた、言葉を、検証するが、そのように、作られたものほど、有り難がるのである。
誰も、イエスが、糞して、小便をしていたと、思いたくないというのと、一緒である。
イエスも、人間であった。
人間である、イエスを、神の子として、認定したのは、後世の人々である。

更に、宗教として、レベルが低いのは、思い違い、心得違いを、起こしているということである。
何より、聖書を、神との契約と、考えるのであるから、終わっている。

取引というのが、一神教の特徴である。
こうしたから、神は、こうしてくれるというのである。

私は、カトリック信徒でもあるから、特に、その、教会の嘘は、解る。
クリスチャンは、自己本位の人が多い。
それは、教会の教えが、そうだからである。
しかし、自己本位などというと、とんでもないと、言うだろう。その逆だと、信じ込んでいる。

神本位であると、全く信じ込めるというのも、終わっているが、レベルが低い証拠である。

私の、霊学の立場は、イエスと、主イエスとの、差が甚だしいということである。

ただし、信者になるというのは、個人の極めて個人的情緒であるから、私は、決して、それを、犯すことはしない。
尊重する。

それは、私と、同じように、自分のイエスというものを、抱いている人も多いと、思うからだ。

仏に至る道も、八千の法門というが、それぞれ、人間には、無限の道がある。

仏に成るという言葉は、方便である。

私の霊学からは、人間は、人間であるということで、善しとする。
何も、仏というものに、限定する必要は無い。
きっと、理想的人間、それを、仏というのであろう。

肉体を、持っている人間が、仏になる必要は、さらさら無い。
何故、肉体があるのかということに、気付くべきである。

更に、多く、人は死ぬまでの、暇を潰さなければならない。ゆえに、まあ、仏の道でも、目指しましょうかということであり、それを、人に強制したり、ましてや、教えを説く必要は無い。
説くというのは、布教である。

宗教団体は、信者を、兵士に仕立てて、新会員獲得を、目指す。人を引き入れれば、徳が得られると、教える、宗教は多い。
商売である。
人が多くなれば、金が集まるからである。

最初から、組織を作ろうとして、努力したという、仰天する、告白をする、宗教指導者もいるほどである。

教えを、広めるという、堕落に陥る様を、感得できないほど、宗教的感覚というのは、何かに、麻痺させるのである。

自分一人で、行っていれは、事足りる。

仏陀も、そのまま、死ぬことを、考えたが、梵天という、魔界のモノが、現れて、その、悟ったものを、人々に、教え広めよと言う。
そして、語り始めたのであるが、それで、収まらず、仏教という宗教に、発展した。

今、仏教の混乱は、甚だしい。
また、仏教誕生の地は、仏教が、廃れて、久しい。

アホな、偽の仏教である、日本の仏教が、逆布教するという、驚きである。

イエスと、同じように、私の仏陀は、生き方指導の方である。
霊的に、高いレベルにあろが、なかろうが、生き方指導者として、素晴らしいと、考える。

ちなみに、仏陀は、仏教で言うところの、仏にはなっていない。仏典に、仏陀自身が、明確にしている。
それを、知らない仏教者たちの、親の顔が、見たいものである。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。