2008年06月11日

タイ旅日記 11 平成20年6月

昼近くになり、私たちは、結婚する妻の家に、向かった。

その家は、おじいさんの家のすぐ側である。


すでに、人が集い、婿のお兄さんが、舞台で、酒を酌み交わしていた。

舞台といっても、地面に、蓆を敷いたものである。


その、四隅に、柱をつけて、その柱に、豚の首を下げている。

丁度、私たちが、言った時に、豚の解体が、行われていた。


私は、普段見ることが、出来ないものだから、じっと、それを、見ていた。


頭を取られた豚は、胴体である。それを、どんどん、細かく、切り刻んで、一つの袋に入れる。

それを、女たちが、また、小さくして、揚げ物や、生肉を刻んで、野菜と混ぜて、料理を作る。

その、混ぜ合わせたものを、食べようとした時、小西さんに、止められた。

生肉の、豚は、危ないのである。


小西さんは、それを食べて、中毒を起こしたと言う。

それで、私と、野中は、食べるのを、止めた。


新婦はいるが、新郎は、まだ、いない。

新郎を待つ。


その間に、私は、例のおじさんに、連れられて、耳の聞こえなくなった、おじさいんの家に、連れて行かれた。

そして、私に、耳を見てくれというのである。


耳が遠くなった、おじいさんである。

もう、しょうがいないと、思いつつ、私は、手当てをした。

耳と、頭の後ろに、手を当てた。

おじいさんは、それを、温かいと言う。

言葉が、解らないが、そう言っているのである。


私は、日本語で、少しつづ、良くなりますよと、言った。

気休めである。

しかし、おじいさんは、真剣に、聞いた。


少しして、また、おじさんが、今度は、また私の手を取り、自分の家に、連れてゆくのである。


少し歩いて、そのおじさんの家に行った。

その、おじさんの家であることは、すぐに解った。

二人の子供に、私に、ご馳走するために、マンゴーと、梨を木に登らせて、取っていた。

それを、私は、窓から、見ていた。


おじさんは、私のために、マンゴーの皮を剥き、小さく斬って、皿にのせて、私の前に置いた。


熟した、マンゴーは、美味しかった。


そして、昨夜、手当てをした、右足を出して、やはり、痛むという。

私は、再度、右足に手を置いた。

リンパが瘤のように、張っている。


これは、リンパ癌の、疑いがあると、思った。

しかし、言わない。


その時、小西さん夫婦が、やって来た。


私は、それを、小西さんに話した。

この痛みは、単なる疲労の痛みではない。リンパが腫れていると。


私は、痛み止めと、抗生物質を持っているので、それを、差し上げようと、思った。

眠られないほど、痛いと言うのである。


昨夜は、確かに、痛みが、治まったが、それは、一時的なことだった。


私は、この村にも、医療が必要だと、思った。


昔なら、癌でも、そのまま、亡くなる。

そして、原因不明である。

それで、良かった。しかし、今、現在の状態では、治る見込みがある。


後で、小西さんの家に、薬を取りに来るようにと、告げて、貰った。


何とも、不思議な、縁である。

おじさんは、私を、全く信じているのである。


小西夫婦と、私は、また、結婚式の場に戻った。

しかし、中々、新郎が来ない。


そんな中で、一人のイギリス人の女性と、会った。彼女も、この村に滞在していた。

彼女は、少数部族を研究し、それを、保護する仕事をしている。

野中の英語を通して、話した。


以下、その内容である。


彼女は、ケルト民族の子孫である。

お祖父さんの、そのお祖父さんの代に、ケルトの文化が、キリスト教、カトリックによって、禁止された。言葉も、禁止されたという。

私は、日本の古代の文化と、ケルト文化は、共通していると、言った。

彼女は、どんなところですかと、尋ねる。


言葉です。

文字が、無かったと、言われていますが、話し言葉があったということは、文字もあったのです。

そして、文字は、神であるから、多く使わなかったと言うと、彼女は、涙を流さぬばかりに、感動していた。


結果、彼女は、私に、あなたに師事して、日本の文化を、学びたいと言った。

お互いに、連絡先を、交換した。


メールにての、やり取りで、付き合うことになった。


これも、出会いである。


シンバルと、太鼓が鳴った。いよいよ、新郎の登場かと、思ったが、これから、新郎を皆で、迎えに行くという。


私たちは、皆の後に続いて、新郎を迎えに行くことにした。

しかし、時間は、迫っていた。

もうすぐ、三時になるのである。

あと、一時間しかない。


誕生と、結婚と、葬儀が、大切な行事であると、小西さんが言った。

一生に、二度とないのである。


結婚式は、三日続くと言う。

豚、四頭を使うのである。そして、牛、一頭である。

男たちは、皆、飲み続ける。


私たちは、皆の後ろについて、新郎を迎えに出た。

道の真ん中で、新郎を迎える。

シンバルと、太鼓が、派手に大きな音を立てた。

新郎が、車で来た。そして、降りて、皆の前に姿を、現した。


実に、大袈裟である。

だが、大袈裟であって、いい。彼は、これで、一生、妻の家に入るのである。

シンバルと、太鼓が、大きな音を立てた。


私たちは、道端に、敷かれた舞台を、見ていた。

そこで、祈りが、行われた。

長老たちが、ぶつぶつと、伝来の祈りを、唱える。


そして、酒の回し飲みである。

私たちは、それを、見ているだけである。その中には、入れない。


ただ、私の前にも、盃が、差し出された。

彼らの好意である。

それを、一気に飲む。


御目出度い席に、参加して、私は、ただただ、感激である。



posted by 天山 at 16:16| タイ旅日記  平成20年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ211

姉なりし人亡くなり、また人のおとと失ひたるが、かたみにあひて、亡きが代りに思ひ思はむといひけり。文の上に姉君と書き、中の君と書きかよひけるが、おのがしし導き所へ行き別るるに、よそながら別れ惜しみて

北へ行く 雁のつばさに ことづてよ 雲のうはがき かきたえずして

姉を亡くした人、また、妹を亡くした人、互いに、代わりにと、思い、手紙には、姉君と書き、相手は、中の君と、書く関係になったが、それそれが、別々の土地に行くことになり、別れることになった。それを、惜しんで、作る歌。
紫式部は、姉を失い、相手の方は、妹を、失ったのである。

北へ行く、雁の翼に、言伝てて下さい。今まで通りに、手紙の、上書きを絶やさないで下さい、と。

春に、北へ飛ぶ、雁に乗せて、手紙を下さいという。
雲の、うはがき かき、たえずして
雲の上を行く、雁のように、やめないで下さいというのだ。

返しは西の海の人なり

行きめぐり たれも都に かへる山 いつはたと聞く ほどのはるけき

返す人は、西の海に行く人

お互いに、離れ離れになり、それぞれの国々を、回りますが、いずれは、都に戻ります。
でも、あなたの、行かれる所は、山々が多く、遠く離れるということが、身に沁みます。
いつ、お逢いできるのかと、心細く思います。

いつ、はたと聞く ほどの はるけき
いつまた、あなたに、会えるのか、あまりにも、遠い所で・・・
いつ、はたと聞くほどの、はるけき
である。

姉を失い、親しくなった、友人とも、別れるという。
侘しく、寂しい気持ちに、溢れたであろう。

逢うは、別れの、はじめなり。さよならだけが、人生さ。
そのように、思われる、人生というものを、早くから、知ることになる。

生別死別と、人生は、何と、別れの多いものか。
さらに、日々、出会いと、別れが、繰り返される。

昨日まで、親しかった友人と、少しの誤解や、勘違いで、別れることもある。
少しの、拘りで、どれほど、多くの人に、別れることか。

それで、知ることは、人は、私は、本来、孤独な者であるということだ。
決して、一緒になることの出来ない存在が、人である。
それぞれが、そうして、絶対孤独というものを、持って生きている。

私も、孤独、相手も、孤独な存在であると、気付けば、また、新たなる、関係が、築かれるはずであるが、そう、やすやすとは、いかない。

こちらを、理解して、欲しいと、思えば、あちらも、そう思っているはずである。
しかし、理解したと、思ったことが、実は、更に誤解であるということも、ある。
こうして、人間関係というものは、実に、不安で、不安定なものである。

そこに、現れてくるのが、共通に、拝むもの、宗教である。
信仰により、多くの、ズレを、誤魔化すことが、出来る。
神や仏を、想定して、ゆるやかな、生ぬるい人間関係を、作ることが、出来る。
しかし、それが、堕落だとは、思わない。
孤独感の、堕落である。

もののあわれ、というものには、拝む対象は、無い。
ただ、もののあわれ、というものが、あるというだけである。
つまり、絶対孤独の中に、身を置くことのみが、もののあわれ、というものを、更に、深めるのである。

そして、その、心象風景は、千差万別であり、百人百様である。
何と、限定することのものは、無い。

それが、日本の伝統であり、精神の、在り処である。

津の国といふ所よりおこせたりける

難波潟 むれたる鳥の もろともに 立ち居るものと 思はましかば

津の国というところから、文を寄こしたのだ。
津の国とは、現在の、大阪府である。

難波の干潟に、群れている水鳥のように、あなたと、寝起きが出来たらいいのに。

あなたと、一緒にいたいという。
もろともに、立ち居るものと
すべてを、あなたと共に、過ごしたい。

筑紫に肥前といふ所より文おこせんたるを、いと遥かなる所にて見けり。その返り事に

あひみむと 思ふ心は 松浦なる 鏡の神や 空に見るらむ

筑紫の肥前という所へ、文を送る。随分遠い所です。その、返りに

あなたに、逢いたいと、思うこの心は、そちらの、松浦に、まします、鏡の神様が、空から、見ているでしょう。

鏡神社は、現在の佐賀県唐津市鏡である。
鏡神社に鎮座する神をいう。


返し、またの年もてきたり

行きめぐり あふを松浦の 鏡には 誰をかけつつ 祈るとかしる

返しが、翌年にきた。

遠い国を巡り、都で、再び会える日を、待ち望み、鏡の神に、誰のことを、心にかけて、お祈りしているのか、おわかりですか。

あふを松
逢うを待つに、かけているのである。

祈る、という言葉が、すでに使われている。
拝むという、姿勢と、違う。

拝むは、対象とする、神様にであり、祈るは、誰かを、想定して、願うのである。

祈りは、いのり、であり、い、のる、と、分ける。
い、宣る、のである。
意、宣る、となる。

宣ることは、のりごと、となり、宣の言となり、祝詞となる。

最後に、祝いの言となるというのが、面白い。
いわい、意を、意、なのである。

これは、言霊の真髄である。

ただ、意を尽くす言で、意が、行われるという、言霊思想である。
つまり、言は、事を成すのであり、言葉にすることは、成ることなのであるという。

言挙げすることは、とても、大変なことだった。
言葉にすることは、実現になるからだ。

それを、言霊信仰というが、違う。
伝統である。

信仰と、伝統を、明確にしないと、多くの誤解を、生ずる。

祝詞を上げるというと、宗教のことになる。
祝詞は、伝統である。
宗教は、信仰が元の、崇拝であり、依託である。それは、崇拝するものが、主体で、崇拝する者が、従である。

祝詞は、こちらが、主体である。
だから、神も祈られて、神に成るという、考え方がある。
日本人の神は、唯一絶対の存在ではない。
私の延長にある、先祖の延長にあるものである。
断絶していない。

天照大神というのは、先祖の総称であり、また、尊称であるという、思想は、日本のみである。

それは、伝統であり、宗教ではない。

神道は、ただ今宗教と、認識されていいるが、宗教の概念には、入らない。しかし、時代性であるから、宗教法人という、国の認定する、形になる。
しかし、古神道になると、伝統であり、宗教とは、全く関係無い。

伝統と、言うほかは無い。

それぞれの、民族には、それぞれの伝統がある。
それを、西洋の宗教の概念に、貶めて、土着の宗教、土着の信仰と、断定する。
それは、民族の伝統であり、宗教として、断定すると、誤る。

伝統を、宗教と、判断し、我こそ正しい宗教であると、その民族の伝統を、破壊して、争いを起こしてきた。
微妙繊細なることを、理解出来ない、欧米や、アラブの民族は、実に、野蛮であることが、解る。

甚だしいのは、精霊信仰、アニミュズムと型に嵌めて、理解しようとする。
心的所作であり、信仰ではない。
限りなく、信仰に近いが、それは、心的所作なのである。

この、微妙繊細さを理解することである。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 90

アメリカでは、人種的平等という理由は、有能なマーティン・ルーサー・キングのような政治的指導者、およびポール・ロブソン、ジドニー・ポワチエ、ジェシー・オーウェンズ、ジャッキー・ロビンソンのように、芸能人やスポーツ選手、その他の有名人や役割モデルとなるような人物によって育まれたのである。奴隷と女性の解放はカリスマ的な指導者に多くを負っている。そうした指導者のうちには信仰をもった人間もいたし、そうではない人間もいた。ある者は、自らが信仰をもつがゆえに正しい行いをした。別の場合には、彼らが宗教を信じていたのは付随的なことだった。マーティン・ルーサー・キングはキリスト教徒であったが、彼の非暴力的な市民的不服従の哲学はガンジーから直接受け継いだものであり、ガンジーは宗教を奉ずる人間ではなかった。
ドーキンス

宗教を持ち出すような人は、いなかったのである。
実に、素晴らしい。
人間としての、行為である。そこには、宗教の教義等々、なんらの欠片も無い。
人間性というものの、尊さである。

それを、神や仏というものを、持ち出すと、汚れる。

何が、素晴らしいかと言って、人間性というものほど、素晴らしいものはない。

霊性というものを、持つから、人間が素晴らしいのではなく、人間性というものを、持つから素晴らしいものなのである。
霊性とは、付随的なものである。

霊主体従といって、のうのうとしている、宗教ではなく、霊も体も、同じく主なのである。
何故、肉体を持つのか。
肉体が素晴らしいからである。
そして、肉体の持つ欲望により、生きられるのである。

さて、創価学会は、ガンジー・キング・池田展というものを、世界的に開催している。
この、恥ずかしき行為は、目に余る。
ガンジー・キング・池田と、並べる傲慢は、甚だしい。
会員にとっては、鼻高々であろうが、他の日本人には、穴があったら、入りたくなるほど、恥ずかしいことである。

世界的指導者として、池田という人物を、掲げるが、単に、信者会員の、金を、思う存分に使えるというだけの、話である。

生きているうちに、どうしても、名誉というものが、欲しいのである。宗教家というより、野心家であり、更に、アホである。

あまりの、軽薄短小さに、愕然とする。

裏千家という、千利休を流れを汲む、茶道の家元が、青年の船というもの、毎年開催し、中国青年との、交流等々を、行っている。
勿論、会員からの、金集めである。
世に喧伝して、裏千家という、華麗なるペテンの、家元制を、喧伝するために、行う。
それと、何の変わりもない。

内容が、空洞である。

その、中国の反日感情を、彼らは、何がしか、緩和させたか。
そのような事実は、一切無い。
すべて、金で、中国側の、称賛の声を集めて、紹介する。
金で、称賛を買うのである。

話にならない。

さて、ドーキンスを、続ける。

それから、教育の改善というものも推進力の一環であり、とくに、私たちのそれぞれが他の人種や異性の人間性を分かちもっているーーーどちらも生物化学、とくに進化論に由来するもので、まったく聖書とは縁が無いーーーという知識の増大がある。黒人や女性が、そしてナチスドイツの時代にはユダヤ人やジプシー「差別用語なので、現在はロマと呼ばれている」が酷い扱いを受けたのは、一つには彼らが完全な人間とは認められてなかったからだ。倫理学者のピーター・シンガーは、「動物の解放」という著書において、私たちはいま、「ポスト種差別主義」の段階へと移行すべき時期を迎えているのだという見解を、きわめて雄弁に主張している。ポスト種差別主義というのは、人間が人間らしく扱われるような、しかるべき扱いを、自分がそう扱われたことを評価できる知性をもつすべての種にまで適用すべきだ、という考え方である。ひよっとしたら、これは道徳上の時代精神が、本来の世紀において向かうべき方向を示唆しているのかもしれない。それは、奴隷制の廃止や女性の解放といったかつての改革からの自然な延長ということになる。

聖書の中からは、決して、起こりえない、考え方であると、私は思う。
ポスト種差別主義とは、画期的である。

神は死んだ。そして、人間が生まれたのである。

時代性、時代精神が、それを、示すのである。

神の知性よりも、人間の知性が、勝るということを、知るものである。
勿論、神と呼ばれるモノは、人間の変形したものである。が。


道徳に関する時代精神が、大まかに一致した方向を目指して動いていく理由についてこれ以上深く追求するのは、私のアマチュア哲学や社会学の範囲を超えている。私の目的にとっては、観察された事実として実際にそういう動きがあり、またそれが宗教によってーーー聖書によってではないことはまちがいがないーーー推進されていないということがわかるだけで十分である。それはおそらく重力のような単一の力ではなく、コンピューターの能力が指数関数に増大することを表現したムーブの法則のように、さまざまな力の複雑な相互作用なのであろう。その原因が何であれ、時代精神の前進という明らかな現象の存在がわかっただけで、私たちが善人であるために、あるいは何が善であるかを判断するために神が必要だという主張を突き崩すのには十分である。
ドーキンス

私は付け加えて、仏典でによってでもないことは、間違いなと、言う。
さらに、コーランによってでも、ないことは、間違いないと、言う。

神や仏の名において、道徳を、説くという、傲慢不遜な態度は、更に、改めた方がよい。
それは、人間の知性によって、説かれ、感性によって、感得させられ、そして、理性によって、行為されるものである。

あと、一回で、ドーキンス氏と、お別れすることにする。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。