2008年06月10日

タイ旅日記 10 平成20年6月

夜の闇。


私は、二度、目が覚めた。

目が覚めて、目を開ける。しかし、本当に目を開けているのだろうかと、思った。

何も、見えない。


闇である。

自分の手すら、見えない。


どこにいるのかすらも、解らない程、深い闇。


私は、枕元の、奥さんが用意してくれた、電灯を探した。

それを、取り、スイッチを入れる。

光の線が、走る。


当てた部分だけが、照らし出される。

私は、蚊帳から出て、部屋を抜けて、階段を下った。

そろそろと、降りた。

電灯の光のみが、便りである。


このような、闇を、私は、知らない。


山の中の闇。一つの光も無い。皆無。

物の姿も、勿論、見えない。

私は、階段を下りた、すぐ側で、小便をした。

トイレに行くまでもない。

近いはずのトレイが、遠くに思えた。


目の前の、ハバナの木も見えない。

電灯を消してしまうと、何も、見えないのである。


私は、足探りで、また、階段を上がった。

蚊帳に入り、また、体を横たえた。

横に寝ている、野中も、光を消すと、見えない。


そして、時計を見ると、3:30である。

次に、目覚めたのは、5:30である。

まだ、闇だった。


再度、私は、電灯を持って、下に降りた。

矢張り、闇である。

同じように、小便をした。

その時、トイレの方から、水音がする。

まさか、誰かが、水浴びをしている、はずない。


だが、確かに、その音を、聞いた。それは、何度も、聞こえた。

朝方、霊が動くという、昔の話を、思い出した。

だが、もしや、この家の、おかあさんが、水浴びをしているのかもしれないと、思いつつ、また、階段を上がった。


次に、目覚めたときは、朝の六時である。

日が登り、闇は、消えた。


私は、すぐに、下に降りた。

奥さんが、朝ごはんの仕度をしていた。

鶏が、凄まじく鳴く。

これ見よがしに、鳴く。

隣近所の鶏も鳴く。兎に角、煩いくらいに鳴く。


一羽の鶏が、籠に入られていた。

私は奥さんに、これは、どうしてですかと、問い掛けた。

奥さんは、おかあさんに、声を掛けて、聞いている。

しかし、私にすぐに、答えない。

私は、もしかしたら、食べるのと、尋ねた。

奥さんが、浅く頷く。


私は、昨日、ここの鶏や、ヒヨコを見ていると、もう、ここの鶏は、食べられないと言った。それを、奥さんが、気にしていると、思った。


一度、その場を離れて、戻ると、鍋に、蓋がしてある。

そろそろと、鍋を開けた。

鶏の、頭があった。口を開けていた。

これが、朝のごはんの、おかずになるのである。

伝統的な、鶏のスープである。


香辛料の役目をする、山菜が、幾種類も、入っている。


野中と、小西さんは、酒の飲み過ぎか、中々、起きてこない。

私は、その辺を、周り、時々、鍋の蓋を開けて、中を見た。

お湯の色が、変わってゆく。

鶏の出汁が出ているのだ。


食事である。

おとうさんと、小西さんと、私たち二人が、鶏のスープを囲んで座る。

私と、小西さん、野中の前に、別の一つの椀があった。

インスタントの、味噌汁だった。


折角なので、私は、鶏のスープを試した。塩で、味付けしただけである。ハーブが利いて、美味しい。そこで、一つ、肉を取り出して、食べた。悪くない。もう一つ、食べた。

朝、殺した、締めた、鶏である。

人は、命を頂いて、命を繋ぐという、当たり前のことを、実感した。


その後は、ご飯を、半分にして、味噌汁で、食べた。


こんな、貴重な体験は無い。

バリ島、ウブドゥの、朝ごはんも、地元の人は、塩をかけるだけで、食べるという。

おかずが、何種類もある、日本の朝の食卓とは、雲泥の差である。

どちらが、云々ということではない。


私は、日本の、メタボなどという言葉など、どうでもいいと思っている。

食べられるのである。

何でも、食べる。

世界の三分の二が、飢えているという。

体脂肪が、云々とは、何事かと、思っている。

これ以上になると、とんでもなく、過激になるので、省略する。


本日の朝、それは、結婚式のある朝である。そして、私たちが、バンコクへ向かう日である。


夕方四時頃に、この村を、出なければならない。

貴重な一日が、始まった。


朝ごはんを食べて、私は、顔を洗うために、トイレに行った。

水瓶が用意されて、そこから、桶で、水を掬い、顔を洗う。

非常に、不便である。

私は、日本の生活に慣れている。


ただ、水で、顔を洗うだけである。髭も、そらない。

そして、初めて、大便をした後、左手で、尻を拭いた。

右手で、水桶を持ち、尻に水を落としつつ、左手で、尻を洗う。

尻の穴を触る。

自分の、糞を触る。それを、水で流す。


感動。


これこそ、エコであろう。


何も言うことが無い。


自分が、糞をしない者のような、顔をして生きている者、多く、その匂いも、即座に消臭するという、文明社会。いいではないか。しかし、私は、糞小便をする者であることを、明確にしたのである。


子供の頃、私の田舎では、喧嘩した後などに、糞して寝ろ、という言葉を吐いた。

何と、やさしい、罵倒であろうか。


糞して、寝ろ、である。


お前は、糞をする者である。

私は、糞をする者である。


これ、最高の哲学であり、思想であり、実存である。

糞が、出なくなったら、死ぬ。



posted by 天山 at 16:16| タイ旅日記  平成20年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 89

私の目的にとっては、それが宗教からはやってこないのは確かだとわかればそれで十分である。もしどうしても一つの理論として展開せよといわれれば、私は次のような線に沿ってアプローチするだろう。私たちは、道徳に関する変わりゆく時代精神が、非常に数多くの人々のあいだでそれほどひろく同調が見られる理由を説明する必要があり、またその比較的首尾一貫した方向性についても説明する必要がある。
ドーキンス

ツガイトガイスト、時代精神という意味である。
道徳が、宗教からではなく、時代精神から、発しているのであると、言う。
同感である。

道徳教育とは、その時代精神を、見つめる行為であるということが出来る。
具体的に言えば、社会で起こる様々な、問題を、考えることによって、自然と、時代精神というものを、身につけてゆく。
批判や、同調から、様々な感情を、抜き出し、それを、次に知性により、判断し、理性により、行為する。
勿論、そこには、柔軟な感性を要する。
更に、感性が、実に、素晴らしい感受性を生み出し、それを、芸術行為にまで、高める者も、出るだろう。

これは、理想であろうか。
理想ではなく、現実である。

宗教による、講話のような形から、何がしか、人の道なるものを、探るという、行為は、時代精神から、すでに、掛け離れたものになっている。
しかし、まだ、出版物などを、見ていると、宗教家が、あたかも、人の道を、説くかの如くのイメージを持つ。

私個人として、言えば、宗教家より、精神科、精神医療に関わる人の、エッセイや、論文、などを、読むことで、人の道というものを、考えた経緯がある。
人間の心に関する、深い洞察力は、精神科医の、特に、人間性溢れる方々によって、多く理解した。


第一に、なぜそれほど多くの人々のあいだで同調が見られるのか? 道徳に関する時代精神というものは、バーやディナーパーティーにおける会話を通して、本や書評を通じて、新聞や放送を通じて、そして現代ではインターネットを通じて、人の心から心へひろまっていく。道徳的風潮の変化は、論説で、ラジオのトークショーで、政治演説で、コメディアンのしゃべりで、メロドラマの台本で、議会に提出された法案の投票で、そしてそれを解釈する判事の判決に示されている。それを表す一つの方法は、ミーム・プール内におけるミーム頻度の変化という観点からのものになるだろうが、私はそれに深入りするつもりはない。
ドーキンス

神というものに、また、聖典とされる、聖書により、道徳観念というものが、生まれるのではないという。
ここで、私は、時代の進化という言葉を、用いる。
時代は、進化しているのである。

例えば、仏陀在世当時は、ブッダの言葉が、時代精神として、生かされた。
生き物を、殺すななどである。殺生禁止である。
それは、また、普遍的な、道徳感情になったが、それを行為するのは、時代精神である。

如何に、殺生禁止であろうが、人間は、戦い続けてきた。
日本に、仏教が伝来した時でさえ、それを、取り入れるか否かで、争いが起こり、さらに、仏教の教えが、伝統化されてきた時代でも、争いは、絶えなかった。
仏に祈りつつ、人を殺した。
今、現在も、そうである。

そういう、普遍的な、道徳の指針に対しては、あれかし、という、希望であるが、生活の中にある、様々な問題解決は、時代精神が、受け持つ。

輸血拒否するという、エホバの証人、ものみの塔という、キリスト教新興宗教があるが、最も、愚かしいことに、気付くこともない。
聖書に、輸血を禁止しているからだとの、説明と、解釈は、時代精神に、逆行している。
結果、医療の現場では、成人以外の、子供の場合は、人道的に、輸血をする。
当然である。

頑なさを、戒める聖書の教えもあるが、彼らは、それに、気付くこともない。
輸血しないという、喧伝により、逆に、彼らの宗教を、宣伝するかの如くである。
カトリックや、プロテスタントに、大きな批判の声を上げるが、根は、同じものであることに、気付かないのは、蒙昧だからである。

要するに、話にならないのである。

私たちのなかには、道徳に関する変わりゆく時代精神の進歩の波に遅れている人もいれば、わずかに先を行く人もいる。しかし、二十一世紀に生きている私たちの大部分はは一団をなしており、中世、あるいはアブラハムの時代、あるいは1920年代という最近の人間と比べてさえもずっと先を行っている。波そのものは絶えず先へと動いており、前世紀の先駆者でさえ(T,Hハクスリーはその顕著に例)、一世紀後の遅れた人々よりも自分が後方にいることに気付くだろう。もちろんこの進歩はなめらかな上昇をたどるわけではなく、鋸の歯のように蛇行しながら進むのである。
ドーキンス

試行錯誤をしつつ、人類は、道徳というものを、考え続け、訂正し、修正し、時代精神に合わせ、築いてきた。
そして、それは、終わることなく、続けられる。

昔の人とは、ここでは、老人のことを言う。
自分たちの時代と、違い、道徳観が、失われた、礼儀が失われた云々と言う。それは、いつの時代も、そうであった。
若者は先を行き、老人は、自分たちの、若者の頃を、言う。
しかし、大きな断絶にはならない。
その、相違から、若者と、老人は、語り合うことも出来た。

最も、愚かなことは、宗教の教えにあることからの、道徳教育である。いや、道徳的教育、つまり、洗脳である。
今でも、キリスト教会は、性行為は、正上位で、行えと、教えるのであろうか。
今でも、マスターベーションは、罪であると、教えるのか。
異性を、同性も、含めて、性欲を覚えるのは、罪であると、教えるのか。

新約聖書の中の、イエスも、思いだけでも、姦淫を犯すという。
余程、好き者が、そのセクトにいて、自分の性欲に、恐れおののき、イエスに言わせたのであろう。自らの、戒めとして。

ドイツから、始まった、ダッチワイフの、性能は、実に、素晴らしいものである。
今では、マスターベーショングッズの、性能の素晴らしさに、私は、感嘆している。

相談者の中に、相手の男性が、自分をイカせた後に、グッズで、イクのですが、という相談を受けたことがある。
グッズは、それほど、性能が良くなっている。

一人暮らしの人の、生前の部屋を整理処理する、業者に聞くと、驚くほどの、大人のオモチャがあるという。
実に、大人のオモチャの、世界は、飛躍的に、発展した。

激しい、欲望を、オモチャで解消できるというなら、言うことは無い。

何故、宗教は、性欲を怖れたのか。
いずれ、書くことにする。

私の言いたいことは、個人の、非常に個人的な、情緒に、入り込む宗教というものの、傲慢を言うのである。
尻を拭くことから、指導したいとする、宗教とは、何か。
ほどほどに、いたせ、と言う。

人を一律にして、家畜のように、扱う宗教団体というもの、世の害毒である。

時代精神については、もう少し、続ける。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ210

物思ひわづらう人のうれへたる返り事に、霜月ばかり

霜こほり とぢたるころの 水くきは えもかきやらぬ ここちのみして

物思う人とは、悩みにある人である。その人に、何か手紙、文を書こうと、思う十二月のこと。

凍てついた霜が、流れを閉ざしているように、私の文では、慰める文を、書けない思いがします。

えも、かきやらで
凍てついた流れを、掃けないと、文を書けないと、掛けている。

水くきは
川や池から流れる、細流。


返し

ゆかずとも なほかきつめよ 霜こほり 水のそこにて 思ひながさむ

たとえ、筆が進まなくても、書いて欲しい。あなたの文で、凍てついた心が、慰められるでしょう。

えもかきやらで、と言えば
なほ、かきつめよ、と言う関係である。

心温かいものが、流れるのである。つまり、それは、凍てついた心も、解かすのである。

人と人の関係ほど、尊いものは、無い。
人は人によって、人に成る。

もののあわれ、とは、人の人による、人のための、心象風景である。
そこには、観念としての、何物も無い。

それが、仏教の無常感覚を超えるのである。
そして、それは、美感であり、美観であった、というのが、私の言いたいことである。
いずれ、また、それには、触れる。


加茂にまうでたるに、「ほととぎす鳴かなむ」といふあけぼのに、片岡の木すえをかしう見えけり

ほととぎす 声まつほどに 片岡の 森のしづくに 立ちやぬれまし

加茂神社に詣でた時に、「ほととぎすが鳴けばいい」と思ったのです。片岡とは、傾斜した丘のことである。
片岡の梢が、おかしう見えた。おかしう、とは、面白く見えたのである。美しく見えたのであろう。

ホトトギスが鳴くのを、待つ間、片岡の森の中に立ち、露に濡れていましょう。

森のしづくに 立ちや、ぬれまし
佇んで、濡れていましょう。

当時の楽しみは、自然の中にあった。
花を愛で、鳥の声、虫の音を、聞く。それは、いつしか、聴く行為になっていった。
それらが、皆、心を、写すものになっていた。

精霊信仰ではない。
感性と、知性による、自然理解であり、自然解釈である。
それが、言葉になる時、精神というものが、生まれる。

女房文学と言われるもの、実は、漢字かな混じり文の、はじまりであり、それが、日本の精神を、形作ることになる。
その最初が、女房たちの、日記であった。
最初の、土佐日記は、男の手によるが、あとは、すべて、女たちによる。
それでも、土佐日記の、最初は、「女もすなる日記というものを」との、書き出しである。
平仮名を使うのは、女だったのだ。
だが、紫式部の、源氏物語によって、平仮名に、日本人の精神の、本来のものがあると、知ることになる。


やよいのついたち、河原に出でたるに、かたはらなる車に、法師の紙を冠にて博士だちたるを憎みて

はらへどの 神のかざりの みてぐらに うたてもまがふ 耳はさみかな

ついたち、とは、一日を言う場合も、月の上旬を言う場合もある。
三月のついたち、河原で祓えをする。上巳の祓えという。じょうしのはらえ、つまり、巳の日である。
加茂川の河原に、法師が、坊主頭に、紙冠をつけて、あたかも、陰陽師のように、振舞っている。
本当は、祓えは、陰陽師が、するものであったが、法師も、内職で、することもある。
法師陰陽師という。
神官ではない。

祓戸の神の、神前に、飾った御幣に似た、紙冠をつけた法師ですね。

少しの、皮肉がある。
神前の御幣と、髪飾りとの、相関を歌うのである。

神の飾りと、髪飾りを、掛ける。

当時の、陰陽師の、立場が解る。
神官の役目を、担っていたようである。博士というから、公に、認められていたのであろう。

古来の神道と、中国思想の、特に、道教の影響を受けている。
陰陽道とは、呪術を主にする。
その、是非は、ここでは、問わないでおく。

平安期は、空海の、真言宗の、加持祈祷、更に、山伏の加持祈祷、そして、陰陽師の、呪術という、おどろおどしいものが、主流だったといえる。

素直に、それを、受け入れていた時代であるが、やや、冷ややかに、見つめていた人々も、いるのである。
時代性である。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。