2008年06月09日

タイ旅日記 9 平成20年6月

子供たちと、別れて、気分良く、家に戻った。


道端には、黒豚の子豚が、遊ぶ。犬が、寝ている。鶏が、走る。

時々、オートバイが走る。

しかし、皆、共生している。


不思議な光景だった。


夕食まで、家の周辺を見て周り、写真に収めた。


夕方、お父さん、お祖父さんが、帰ってきた。

しかし、お祖父さんは、自分の家、つまり、奥さんの家に帰る。

ここの、長男は、結婚して、妻の家に入った。

女系なのである。


夕食の前に、小西さんが、今夜は、特別な、お祭りがあるという。

昨年の米の収穫を祝い、それで出来た、酒を、男衆で、飲み交わす儀式という。また、それは、今年の、米の豊作を祈るものでもある。


だからと、小西さんが、どんな酒なのかと、私たちに、勧めてくれた。

家々で作る、米の酒、つまり、日本酒と同じである。

口に含むと、焼酎に似た感覚である。


この、麹は、いつの時代からのものか、解らないほど、代々伝えられているものという。

ぬか漬けと同じく、ぬか床が、代々伝わるという感覚である。


口当たり良く、スイスイと、飲んだ。

度数も、それぞれの家によって、違う。


今夜は、皆の家から、酒を持って、それぞれ代表者の家を回り、飲みあげてゆく儀式である。


これは、普段見ることのできないものである。

私は、野中に、フイルムの本数を確認した。

出来る限り、その光景を、写真にしたいと、思った。


夕食の、おかずは、なまずだった。

なまず、というものを、初めて食べる。

焼きなまずで、脂がのって、実に、旨い。

そして、二種類の、香辛料を混ぜたものである。

日本で言えば、漬物に似たものだと、小西さんが言う。


甘い辛さで、ごはんに合う。

ごはんを、腹一杯、食べた。


それから、徐々に、酒の酔いが、回ってきた。


私は、日本にいると、毎日、酒を飲むが、旅に出ると、疲れて、飲めなくなる。

その日は、三日振りに、酒を飲んだ。


夜の闇がおりる。

この闇が、非常に感動のものである。

それは、深夜に、解る。


食事の時、女たちは、座に加わらない。

男だけで、食事をする。

これは、バリ島のウブドゥでも、そうだった。

女たちは、後で、食べるようである。


儀式のある、お祖父さんの家に向かう。

歩いて、10分程度の場所に、お祖父さんの家がある。

高床式の、大きな家である。


二階に上がると、お婆さんがいた。二人暮しである。

お婆さんの顔は、威厳に満ちている。

頭に、伝統のカブリ物、今では、バスタオルのような布を、巻いている。女たちは、皆そうする。意識し始めた子供も、するようになる。


私たちが、最初である。


今は、皆で、それぞれの家を回っているという。

次第に、男が、増えてゆく。

待っている間、茶でもということで、出されるのは、噛み茶である。

最初、私は、何なのか、解らなかった。

それは、茶葉と、塩で噛む、お茶なのである。


真似て、噛んでみた。

そのうちに、目が冴えてくる。

茶葉を、そのまま、噛むのであるから、カフェインが、そのまま出る。


どんどん、男が、集ってきた。

しかし、まだ、待つ。


小西さんが、野中に、イダキの演奏を、皆に聞かせて欲しいと言う。

小西さんは、以前、オーストラリアにいた頃から、イダキが好きだったという。

日本語教師の資格を、取るために、オーストラリアに滞在していたのである。


イダキは、好評だった。

皆、見よう見まねで、吹いた。


今度は、私の番で、歌を披露して欲しいと、言われた。

私は、立ち上がり、童謡の、海を、歌った。


まだ、長老たちが、到着しないので、更に、私は、扇子を出し、黒田節を歌い、舞う。

その時、入ってきた、男が、何と私と一緒に、踊るではないか。

最後まで、私と一緒に、踊った。


非常に楽しい、おじさんである。

勿論、私も、おじさんであるが、おじさん、と言うのが、ぴったりである。


少し、イッている。

皆の、ピエロ役なのであろう。実に、楽しい。言葉は、解らないが、楽しいのである。


漸く、長老たちが、やって来た。

座が、少し緊張する。


皆の座と、向かい合わせに、何人かの、長老が、座った。

酒を、用意する者。

お猪口が、八つほど、並べられた。

皆の人数に比べたら、少ない。


三人の、長老に、酒が注がれた。


その、お猪口を持って、少し、前かがみになり、何やら、呪文のようなものを、唱え始めた。

その間、皆は、手を合わせる。

しかし、私語も、聞こえる。

カレンの儀式は、緊張感と、共に、リラックスしたムードもある。不思議な、儀式だった。


長老たちが、祈り終えると、それを、少し口に含み、皆で、回し飲みする。

全員が、飲み終わると、次に、酒を注いで、一人一人と、一気に飲み干す。


私たちには、その、一気に飲み干すものが、与えられた。

それからである。

何度も、それが、繰り返される。

酒がなくなるまで、続くのだ。


これは、酒に強くないと、大変である。

しかし、皆、淡々とこなす。

普段は、酒を飲まない男たちであるが、儀式の時は、このうよにして、飲む。

ただし、体調の良くない者は、隣の人に助けてもらう。

少しだけ、残して飲んでもらい、残ったものを、飲み干す。


私は、儀式に、緊張していたから、酔いは、あまり感じなかったが、家に戻り、安心すると、酒の酔いが、回ってきた。


約、一時間ほどの、儀式が続き、ようやく、終わった。


皆、適当に、帰り始める。

若者もいる。


実は、待っている、間、私は、二人の男の、簡単な治療をした。

本当は、書かないつもりだったが、書くことにする。


一人は、あの、面白いおじさんである。

右足の膝が、痛いという。

手当てをして、痛みを取る。


もう一人の、おじさんも、足が痛むというので、痛みを、取る。

しかし、それは、一時的なものである。

根本的、治療ではない。

もっと、その原因を、調べる必要がある。


何故、そんなことをしたかといえば、小西さんが、私を、日本の神様を、奉る人だと、紹介したからである。

それは、つまり、彼らには、司祭という意識になり、祈祷によって、病を、治すのが、普通であるから、私に、それを、求めたのである。

村には、祈祷で、病を、治す人もいる。

勿論、治らない人もいる。


昔と、違い、色々な、細菌が出ているので、祈祷だけでは、済まなくなった。


儀式が、終わった後で、おじいさんも、セキが出て、止まらないと言う。

一応、手当てをしたが、翌日、私は、咳止めの薬を、届けた。


旅の時には、必ず、風邪薬と、抗生物質、その他、常備薬を、持って出る。

皆、医者から、処方してもらうものである。

おじさんには、咳止めを、半分にして、飲むように言った。

薬を、飲まない地域の人である。効き過ぎることもある。


家に戻り、小西さんは、奥さんに、寝酒を、出させて、私たちに、ご馳走した。

しかし、もう、すべてに、酔っているのである。


小西さんの、日本革命の壮大な話を肴に、また、少し飲んだ。

楽しい。実に、楽しい酒だった。


深夜を過ぎて、ようやく、床に就くことにした。

私たちの、寝床は、蚊帳が吊られていた。

そして、枕元に、電池の電灯が、置かれていた。

家のすべての、電気が消された。真っ暗闇である。



posted by 天山 at 16:16| タイ旅日記  平成20年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 88

時代精神ということについて、ドーキンスの文を引用して書いている。

アメリカのイラク侵攻は、市民のあいだに犠牲者を出したがゆえに広汎な非難を受けているが、しかしそうした犠牲者の数値は、第二次世界大戦において同様の状況で得られたであろう数字と比べれば、桁違いに少ない。ここには、道徳的に許容できることに関する基準の、着実な移行があるように思われる。ドナルド・ラムズフェルは現代でこそこの上なく酷薄でおぞましいことを言っているように聞こえるが、もし彼が第二次世界大戦中に同じことを言ってたとすれば、なにかといえば事を大袈裟に危惧してみせるリベラル派のように見られるだけのことだろう。この数十年に何かが移り変わってしまったのだ。それは私たちすべての中で移り変わっており、宗教とはなんの関連もない。どちらかと言えば、それは宗教のゆえに起こったのではなく、宗教があるにもかかわらず起こるのである。
ドーキンス

宗教があるにも関わらず起こる、という言葉に、同感する。
それが、時代精神である。

時代精神は、宗教を超えたものである。
いかなる、宗教といえども、それには、敵わない。
逆に、宗教のみの、価値観が、時代精神というものに、対立している、または、逆行している。しかし、宗教は、多くの善なることにおいて、それは、我々のゆえのものだと言うはずである。
宗教というものは、厚顔無恥だからである。

時代精神の移行に関して、ドーキンスは、

この移行には、はっきりと認められる首尾一貫した方向性があり、その方向性を私たちの多くは改善と判断するだろう。悪の外延を前人未到の領域まで推し進めたとみなされているアドルフ・ヒトラーがチンギス汗よりも多くの人間を殺したことは疑いないが、彼は20世紀の技術を思うままに使うことができたのだ。そしてヒトラーといえども、チンギス汗が公然としたように、犠牲者の「涙にくれる愛しい近親者」を見て無上の喜びを得ただろうか? 私たちはヒトラーの悪の程度を現在の基準によって判定するが、道徳に関する時代精神もテクノロジーと同様、カリギュラの時代以来移り変わってきたのだ。ヒトラーは、私たちの時代のより慈悲深い基準で測られればこそ、格別に邪悪に見えるのである。

と、言う。

これ以上に、語ることが、あるだろうか。
ドーキンスは、神は妄想である、との、論旨であり、私は、神仏は妄想であるとの、論旨である。

ドーキンスの主は、聖書を聖典とし、その神を奉ずる、ユダヤ、キリスト、イスラム教を、言うが、私は、それに、仏教、とりわけ、日本仏教の、仏を、加えるのである。

勿論、時代精神に、現れても、なお、残存している、宗教というものの、ある意味での、価値というものも、無視してはいない。
しかし、その価値は、教義にあるものではなく、その外側、つまり、芸術、文化的行為にあるものである。
それなくしては、成り立たなかった、芸術作品等々である。
それを、破壊せよとは、言わない。
タリバンのように、破壊しないのである。
そういう意味である。

明治に、廃仏毀釈が、行われた。
その時に、重要な、文化財としての、仏像なども、破壊された経緯がある。
美術工芸としての、価値までも、破壊するという、傲慢な、行為は、無い。

長野の善光寺は、国宝である。
しかし、タリバンなどによると、偶像となり、破壊される。
歴史は、そうして、他宗教、それは、他民族にもなるが、それらを、破壊しつくして、支配が成り立ったが、さて、現代は、どうだろうか。
最早、そのような、時代精神ではない。

果たして、漢訳された、仏典を、漢語で、読経するという、呆れた状態に、時代精神は、合うのだろうか。

例えば、般若心経を、見る。
玄奘訳である。

かんじざいぼさー
ぎょうじんはんにゃはらーみーたーじ
しょうけんご おんかいくう どいっさい くやく

様々な人々によって、解釈がなされ、ハウツー物で、満足する、大勢の人。
知った振りになって、読経し、写経するという。

更に、その深遠な、解釈に酔う。
深遠と、思うのは、単に理解できないということであるが、それを、深遠であると、認識する程度である。
だから、国語能力の無い者が、多く騙される。

それらに、ついてゆけない者は、新興宗教の、耳障りの良い言葉に、騙される。
修行という言葉の意味さえ、知らずに、修行を求めるという、豚のような教祖に騙される。

何の所作も、なくても、感受性の強い者には、簡単に、理解されることが、特別なものになるという、宗教的行為というもの。

文学としての、芸術評価とされるべきものを、信仰するという、仰天である。

時代精神、時代性というものを、理解するならば、宗教の、無知蒙昧に、気付き、騙されることはない。
要するに、解らないことを、解るように、神や仏の名に、すり替えているということに、気付くぺきだが、解らないのである。
そして、神や仏の名において、解った、つもりになるという、傲慢である。

それは、例えば、仏陀の、教えた、憎冗漫であると、気付かない、傲慢さである。
すでに、教義自体に、行為自体に、傲慢があるということに、気付かないのである。

万事休す。

ただ、人間は、見えない物、感じない物、知らない物に、興味を曳かれる。
それが、結果は、神や仏という妄想と、結びつく。
占いというのが、廃らないのも、それである。
占いの、基本は過去を見るというものである。が、それが、未来を見るというものに、変質しても、気付かないでいる。
過去を見るから、未来が見えるという、基本があった。それが、いつしか、未来を予言する、予知するものとして、占いを、誤解して、今まで来た。

宗教も、同じである。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ209

筑紫へ行く人のむすめの

西の海を おもひやりつつ 月みれば ただに泣かるる ころにもあるかな

筑紫は、筑前、筑後の国、現在の福岡県である。
また、九州全体を指す場合もあり。

筑紫へ行く人のむすめ
というのは、父が、官職を得て、赴任するのだろう。

これから行くと言う、西の海を、思い、月を眺めれば、ただ、泣けてくるこの頃です。

月は、遠くにある。遠くに行く人を、月の遠さに、掛けて言う。

人生は、ただに泣かるる、ということが、多い。
その、人生を、儚いと、観る。
また、浮世、憂鬱の、憂い世でもある。

この場合は、別れであるから、まだ、壮絶ではない。
だが、壮絶な、ただに泣かるる、ということも、多いのである。

愛する人を失うことなど。
死別は、最後の別れである。

別れにある心情もまた、もののあわれ、というものの、心象風景である。

死、というものにこそ、もののあわれ、というものは、極まる。


返り事に

西へ行く 月のたよりに たまづさの かきたえめやは 雲のかよいぢ

返歌に

月は、雲の道を西に行きます。その西へ行く私に、あなたの文が、途絶えることは、ありません。
たまづさ
手紙であり、文。
かきたえ、め、やは
書く文は、やは、反語である。

雲のかよいぢ
雲の間を通る道であり、これは、想像力である。
雲の通い路である。

君偲ぶ 雲の通い路 掻き分けて いざもろともに 恋の命を 天山
このように、詠むことが、できる。

風情である。
形の無いものにも、心が通うと、観たのは、日本人である。
それも、精霊信仰の一つと、言って、済ますことは、出来ない。
生活の中に、息づいていたのである。
生活、生きること、そのものに、風情という感覚があった。

信仰というより、それが、生活態度だった。

そして、更に、その行為を、奥ゆかしいと、言って、貴んだ。

雲の中に、一筋の道があると、仮定しての、人と人の、心の交わりである。
人をつなぐものを、携帯電話と、見立てることも、雲の通い路と、見立てることも、大差無い。
私は、雲の通い路を、取る。

子供は、色々と大人に問う。
神様っているの。サンタクロースっているの。等々。
いるよ、と答える。
いずれ、子供が成長して、それを、自分が決めることを、知っている。

夢を、与えるということは、想像力を、逞しくするということだ。それは、情感教育である。
いずれ、大人の現実の世界を知る時、その中で、苦難する時、新たな、夢を、描いて、生きられるように。
それは、決して、宗教を信じるというような、低級なものではない。
己を信じて、己の道を、見いだす力である。

それを、知性と言い、感性と言い、理性と言う。


はるかなる所に行きやせむ行かずやと思ひわづらふ人の、山里よりもみぢを折りておこせたる

露深く おく山里の もみぢ葉に かよへる袖の 色をみせばや

都から、遠くへ行こうか、行くまいか、迷う人。山里の、紅葉を、贈ってきた。

露の置く、紅葉は、色濃くあります。涙に染まる、紅葉の葉の色のような、私の袖を、お見せしたいものです。

木の葉が、紅葉するのは、露や時雨に染まると、考えられた。
袖が、紅葉の色、それは、血の色とも、思われた。
哀しみの極地にある心情とされる。

返し

あらし吹く 遠山里の もみぢ葉は つゆもとまらむ ことのかたさよ

嵐吹く、遠い山里の紅葉は、少しの間も、留まっていることは、難しいでしょう。散ってしまいます。そのように、あなたを、連れて行こうとする力に、抗うことは、できません。

つゆもとまらむ ことのかたさよ
露も止まらぬ 事の堅さである。
都に留まることは、困難である、という意味になる。
紅葉が散ることを言う。

紅葉に置いた露は、紅葉と共に、散るのである。

また、その人の
もみぢ葉を さそう嵐は はやけれど 木のしたならで 行く心かな

紅葉を、散らせる、風は速いものですが、木の下でない場所に、行く気には、なれません。

連れて行こうとする力は、強いが、行く気になれないという。
木の下とは、親の元であるのか。

多くの言葉を、使わず、和歌にして、思いを伝える時代である。
言葉に対する、感性が、鋭敏な時代と言える。
これが、日本の文化の大元である。

言葉に託すとしても、多くを、語らない。
また、物に託すこともある。

以心伝心という心情は、日本人の特徴でもある。

ピンと、くるものがなければ、歌詠みなど、出来ない。
感性の磨きの、最高のものである。

感性の、在り処はと、聞かれたら。
もののあわれ、と、答える。

多く語らず、多くを語るもの、それが、歌の道であった。
今は、それが、廃れて、久しい。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。