2008年06月03日

タイ旅日記 3 平成20年6月

トーペー寺を出て、来た道を戻り、最後の慰霊の場所、クンユアムに向かった。


まず、クンユアムの戦争博物館の前にある、ムェトウ寺である。

そこは、日本軍の病院跡である。

現在は、寺のみである。

そこに、慰霊碑がある。


病院で亡くなった兵士たち、約300名をその前の、クンユアム博物館のある場所に、埋葬したという。


私は、再度、木の枝を取り、依り代を作った。

慰霊碑の前に、それを、捧げて、神呼びを行い、祝詞を上げる。


暑いせいで、汗だくになる。


慰霊碑の前には、小さな、塔婆があり、南無妙法蓮華経と、書かれてある。

どなたか、日蓮宗の方が来たのであろう。


祓い清めをして、そのまま、クンユアム戦争博物館に歩いて行った。


運転手が気を利かせて、博物館へ案内するが、私は、まず慰霊の儀を執り行いたいのだ。しかし、しかたなく、博物館に入ることにした。


最初に、ビデオを見せられた。タイ語なので、意味は、解らないが、画面を見て、想像が出来た。また、その部屋には、タイだけではなく、サイパンの戦争犠牲者、バンザイクリフから、身を投げる人の写真などもあり、サイパン慰霊の旅を、思い出していた。


展示されている物は、日本兵の遺品である。

即座に、この場も、清め祓いが必要だと感じた。

物に、想念が溜まっている。それが、全体を、重苦しくしている。


だが、この博物館は、なんと、タイ人によって、作られたものである。

地元、クンユアム警察署長に就任した、チェーチャイ署長が発起人となり、開設されたのである。


彼は、署長に就任してから、地元の家々に、日本兵の遺品が数多くあることに、驚き、更に、地元民と、日本兵の友好の様に感動して、これらを集めて、戦争記念館を創設しようと、尽力したのである。


カンチャナブリにある、戦争博物館に、私は立ち寄ることがなかった。それは、見なくても、日本軍の残虐さを、語るべくのものだと知っているからだ。


戦争に、残虐さは、つきものである。

しかし、それを、表現する時、それぞれの民族の方法で、解釈する。

特に、カンチャナブリは、中国系の人によると、思われる。ということは、中国人の野蛮さと、残虐さによって、解釈される。

本当のところは、解らないのだ。

勿論、残虐行為は、多くあったが、中国人がする、残虐さで、解釈されれば、それを理解するのに、誤るのである。


この、クンユアムの博物館は、タイ人の好意的な、日本軍の解釈である。更に、地元民との、友好的な、付き合いを主にした解釈である。


チェーチャイ氏は、それまでの日本軍の有様とは、別の日本軍の有様を、ここで、見せてくれた。


日本人として、深く深く感謝する。


私は、一通り見て回り、すぐに、慰霊の儀をはじめた。

まず、チェンマイの小西さんに言われた、埋葬された、場所である、博物館の裏手に出た。

そこは、空き地になって、草が生えている。


何も無い、空き地で、私は、神呼びと、祝詞を唱えた。

祖国のために、戦い、そして、祖国に帰ることも出来ず、この地で、斃れた兵士たちの、霊位に、深く感謝と、慰霊の思い充ちての、祝詞である。


そして、そのまま、博物館の前の、慰霊碑に向かった。

そこでも、同じように、神呼びをして、祝詞を上げた。

この日、私は、大祓えの祝詞を、四度唱えたことになる。


最後に、太陽が出たので、依り代を、陽にかざし、皇祖皇宗を御呼びして、全体を祓い清めて、念じた。


靖国に、帰りたい方は、靖国に。故郷に帰りたい方は、故郷に。霊界に赴きたい方は、霊界に、行き給え。


気付くと、汗だくになっていた。

兎に角、暑い。


更に、館内に戻り、あまり大袈裟にならぬように、館内を、祓い清めた。


特に、軍刀の展示場所は、異様な気が充満しているのである。

人を斬って殺したであろう刀。


この展示物を見る人に、その想念が、及ばないようにと、清めた。


殺される前の人間が発する気は、恨み、悲しみ、憎みである。それを、まともに受ければ、どうなるかを、私はよくよく、知っている。


余談だが、戦争当時、日本軍が統治していた場所で、現地の人の、恨みを受けた人の子孫が、祟られている状況を見た。

三代前の、祟りである。

それは、如何ともし難いものであり、通常の祈りや、清め祓いでは、どうにも出来ないのである。


最低最悪の人生を送るべくの、呪いである。

呪いというものを、知らない人は、無いものである。また、そんなものは、信じないとい人は、呪われていないから、言える。

呪われている人は、言葉も無いのである。


最悪なのは、家系が絶えることである。

呪いは、そこまでやる。


男の子が、何人いても、必ず子孫が絶えるのである。


想像を絶する。


それを、解く、宗教家は、一人もいない。

勿論、霊能者もである。


民族の怨念を受けても、続く組織は、それはそれは、悪魔の組織、団体である。

これ以上は、省略する。


追悼慰霊の儀を終えた、私は、清清しい思いをしたか。

清清しい思いではなく、今、現在の日本を憂いだ。

ただ、憂いに、沈む。


戦争など、昔のことである。

そんなことで、死んだ者など、どうでもいい。兎に角、金を得て、楽しい人生を、送られればいいのである。


更に、私のように、追悼慰霊を行う者を、あろうことか、右翼系、右派と、言う者までいるのである。


私は、右でも、左でもないと、何度言っても解らない。

私は、上である。

カミである。

つまり、伝統行為を持って、追悼慰霊の儀を行っている。


何故か。

人は、目に見えないものによって、生かされて生きるのである。

目に見えるものだけを、見ていては、事の本質が見えない。

見えないものを、見て見よと、言う。


最新の心理学では、自由意志があるという、考え方に、疑問を呈している。

つまり、自由に意思を実行しているように、思えるが、実は、それは、あるモノによって、決めている。または、決められていると、考えるというのである。


その、モノとは、何か。


サブリミナル効果というものがある。

目には、見ない速度で、一定のメッセージを流すのである。

すると、何か飲みたくなるとか、何かの行動をとりたくなるのである。


その、サブリミナル効果に、近い感覚で、私たちは、目には清かに見えないモノに、支配されているのである。


それを、仏教では、因縁というが、そんなものではない。

または、業とも言うが、そんなものではない。


決定されているものである。

努力によって、変えられる人生とは、大嘘である。


何にも変えられない、宿命として、厳然としてあるものである。


それは、罪でもない。


遺伝子解明によって、それに、少し近づいている。


人は、生きるべきようにしか、生きられない。考えるべきようにしか、考えられないのである。


だから、私は、今、現在の日本を憂いでいる。




posted by 天山 at 16:16| タイ旅日記  平成20年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ203

和泉式部日記を、読み終えて、そこにある、もののあわれ、というものを、見つめてみた。

平安期の、王朝文学の、担い手は、女性である。
それは、漢字平仮名交じり文にある。
正式文書が、漢字であり、漢詩が、また、正式な表現方法とされて、男が、成すものという、意識があった。

平仮名は、女子供のものという、意識にあり、そこでの、書き物は、男の興味のものではなかった。
それが、変わったのが、源氏物語による。

源氏物語は、フィクションである。
私は、その、物語の、伏線に、和泉式部日記を、見た。
それは、現実である。
現実に生きたものを、書いたという、点で、物語より、説得力がある。勿論、源氏も、別な意味で、説得力がある。

いずれにせよ、その底に流れるものが、もののあわれ、というものである。

文芸の者、それは、家系の伝統であり、世襲制でも、あった時代である。
その中で、女文学は、その一点、もののあわれ、というものを、観た。
また、求めた。

決してそれは、単なる、感傷文学ではない。
この世に、救いなどないが、辛うじて生きられる、心の有り様というものがある。
それを、和泉式部は、観ていた。

敦道親王との、恋は、その邸に、上がり、その前後は、五年間である。
親王は、27歳で死去した。式部は、34歳であった。

日記に、親王の邸に、上がるということを、
つれづれもまぎるれば、参りなまほしきに
と、ある。

燃える恋をいしている式部が、親王の邸に、上がることを、このように、捉えているということに、驚いた。
燃え上がる恋心とは、別の視線がある。
つれづれの、何が、紛れるのか。
つれづれ、とは、所在無い、侘しいのような、意味とみる。

命を賭けた恋でも、つれづれの、となるのである。
これは、知性である。

つれづれと 今日数ふれば 年月の 昨日ぞものは 思はざりける

昨日は、何と物思いの、無い、満たされた日。
今までは、物思いばかりの日だったというのである。

一体、和泉式部は、何を、物思っていたのか。
生涯、物思いに明け暮れていたと、見る。

面白い話が、残っている。
栄華物語、大鏡にも、書かれるほど、奇異なことだった。

寛弘二年四月、加茂の祭りが行われ、その祭りに、親王と式部が、車に乗り、見物した。
宮は、牛車の御簾を高く巻き上げた。
式部は、御簾を垂らして、その隙間から、紅の裳だけを出して、その裾に、赤い幅広い紙をつけて、何と「忌中」と書いて、地に曳いていたという。

人の噂になっていることを、十分に承知での行為である。

この大胆不敵な行為は、つまり、私は、忌中、死んだということである。
恋に死んだ。
そういうことである。
そして、式部は、いつも、恋に死んだ。

若き日、性空上人のもとにて道しける
暗きより 暗き道にぞ 入りぬべき はるかに照らせ 山の端の月

という、名歌を詠んいる。

仏の教えを受けたところから、山の端の月とは、仏の光、救いの慈悲ともみるが、しかし、そうではなかった。
そんなものは、救いにも、何にもならなかった。

式部は、ただ、もののあわれ、というものを、見つめて生きるしかなかった。
それは、知性である。
歌は、感性による。

命懸けの恋にも、つれづれなぐさむ、という、実に醒めた目をもって、臨んでいたのである。

紫式部は、身持ちの固い女であった。
和泉式部は、自由奔放な女であった。
一人は、散文で、物語を、一人は、歌で日記を書いた。
そして、二人が、共に観たものは、もののあわれ、であった。

和泉式部は、多くの人の、死に出会っている。
我が娘の亡き後に、詠んだ歌がある。

置くと見し 露もありけり はかなくて 消えにし人を なににたとへむ

置くとすくに、消える露さえ、このように、消えずに残っているというのに、それより儚く消えた娘を、何にたとえましよう。

さらに、親を亡くした孫に歌う。

この身こそ このかわりには 恋しけれ 親恋しくば 親をみてまし

この私こそ、あなたの親の代わりです。母が恋しい時は、その母の親を見るとよいのです。

和泉式部の、別な一面である。

人生というものを、様々な観念、言葉で、捉えるが、言い表すことが、出来ない、日本人の心情にある、もののあわれ、というものを、見定めて、生きた一人が、和泉式部であったという。

一応、和泉式部日記は、終ります。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 82

ハートゥングの聖書解釈が示すところによれば、聖書はキリスト教徒のあいだにおけるそのような独善的な自己満足に、何の根拠も提供しない。イエスは自分によって救われる内集団を厳密にユダヤ人に限定しており、その点で彼は「旧約聖書」の伝説を継承しているのであって、それが彼の知っていることのすべてだった。
ドーキンス

それは、私も、そう考えた。
二千年前の、あの地方の世界の情報が、如何なるものであるかを、知ることである。世界という、意識が、どのようなものであったのかをである。

当時のユダヤは、ローマの属国である。
ローマの、情報を得て、細々と、ユダヤ人は、ユダヤ教を信奉して暮らしていた。実に、偏狭な教えに、縛られていたのである。
どのような、情報が、もたらされるのか。
その中での、イエスの宣教である。

最初、イエスに従った者たちは、イエスが、ローマからの独立を目指す、指導者になると、信じていた。
その程度である。

そして、ハートゥングは「汝殺すべからず」というのはもともと、現在の使われ方とはまったく異なった意味で用いられていたということを、明快な形で示す。つまり、それは非常に特異的に、汝ユダヤ人を殺すべからずということを意味していたのだ。そして「汝、隣人を」と言及されたあらゆる戒律は、同じように排他的なものだった。「隣人」というものは仲間のユダヤ人を意味するのである。12世紀の高い尊敬を受けていたラビで医師であったマイモニデス(モーシェ・ベン・マイモーン)は、「汝、殺すなかれ」が厳密にはどういう意味であるか次のように解説している。「もし、誰かが一人のイスラエル人を殺せば、彼は禁止命令に違反したことになる。なぜなら、聖書は汝、人殺しをするなと言っているからである。もし誰かが目撃者のいるところで故意に殺人をなせば、彼は刃にかけて殺されることになる。言うまでもないことだが、その人間がもし異教徒を殺したのであれば、殺されることはない」。言うまでもない、ときた!
ドーキンス
ハートゥングとは、進化人類学者である。

驚くべき、頑迷であり、明確な、蒙昧である。
イスラムと、同じようなことを、言う。
異教徒は、殺せ、である。

更に、キリスト教徒は、未開の部族、キリスト教徒ではない、民族を、人間とは、思わないという、仰天である。

イギリスは、植民地時代、アフリカの黒人を、奴隷として、アメリカ大陸に送った。
アメージング・グレイスという歌は、その、奴隷船の船長が、罪悪感を痛切に感じて、聖職者になり、作った歌である。
今では、民謡のように、黒人霊歌のように、歌われている。

罪悪感を感じて、聖職者になるという、ズレた行為であるが、事実である。

この章は、「よい」聖書と移り変わる「道徳に関する時代精神」というテーマである。

結果的に、ドーキンスは
宗教を信じようと信じまいと、私たちの道徳心は聖書とは別の源泉からやってくるのであり、そしてその源泉というのは、それが何であれ、宗教のちがいや宗教をもたないことにかかわりなく、私たちの誰もが手にすることのできるものである。
と、言う。

宗教による、と、思われている、道徳感覚は、実に、偏狭なものであり、それ自体が、歩き出すと、宗教の違いで、大きな、摩擦、あるいは、紛争、闘争を伴うものである。
人類は、宗教ではなく、別のもの、を、道徳の源泉として、知るものである。
ドーキンスは、それを、言う。

それは、進化の過程における、生き延びるための、方法だった。
何のことは無い、実に、単純明快なものである。

道徳の、一つの側面として、礼儀作法というものがある。
それを、一つとっても、その地域、その国の、伝統や、習慣、慣習による。そして、それによって、摩擦はあっても、互いに知るということで、摩擦を、避けることができるのである。しかし、宗教によれば、それは、戦いに成る。

一歩も、譲ることのない、宗教というものの、愚昧で、偏狭な教義では、最早、平和裏に事を行えない。

宗教間の、対話という、茶番が、時々行われて、理解を深め、互いに、尊重しあうということが、まことしやかに、行われるが、単なる、世間へのアピールに過ぎない。
そんなことが、本気で、行われることはない。

それが、行われれば、こんな事態にはなっていないのである。

宗教から、抜け出すというのは、麻薬中毒の人が、麻薬から抜け出すのと、同じ程度に、大変なことである。

一見して、平和的に見える、宗教団体の活動も、すべて、偽善である。
それは、道徳的でも、平和的でも、無い。
単なる、宗教の宣伝である。
それも、実に、心の狭い、教義に絞られたものである。

ドーキンスも、言うように、生きるための、ある情熱の誤作動による、信仰という行為を、軌道修正して、人間の知性と、感性を育て、理性により、行為するという、人間教育が必要である。
それは、まず、疑うこと、考えることから、はじまる。

価値観の、先入観を取り除くという、実に、大胆な手術が必要である。

先入観とは、神仏が、存在するという妄想である。

キリスト教徒は、虚心胆管に、聖書を読むということが、大事である。
そして、聖書を、検証すべきである。

教会の教えではなく、自分で、読んで考えるべきである。

ちなみに、信じるということから、発する行為は、愚昧である。

聖書というのは、旧約や、新約と言われるように、契約のことである。
神との、契約なのである。一見、何事もないように、思えるが、契約とは、取引である。何と何を、取引するのであろうか。
相手は、悪霊である。

神というものは、神と、名乗ることはない。神は、いないからである。

posted by 天山 at 00:00| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。