2008年06月02日

タイ旅日記 2 平成20年6月

タイ北部、チェンマイから、北西に、メーホンソーンがある。

今回の旅の、最大のテーマである、追悼慰霊の儀を行うために、私は、来たのだ。


インパール作戦の、最大のポイントが、メーホンソーンにある。

インド・インパールを陥落させて、イギリスからの支配権を奪うものである。

このことを書くには、膨大な量になる。

インパール作戦については、前回のタイ遥かなる慰霊の旅に書いている。


私が、慰霊を行った場所から、順に書いていくことにする。


メーホンソーンから、南に、車で二時間ほどのクンユアムという場所に向かう。

その途中で、ファイポンという村に立つ、慰霊碑に立ち寄ることにしていた。


一時間ほど、山道を走り、その曲りくねった山道に、忽然として、慰霊碑が立つ。

永井元陸軍通訳官が建立した慰霊碑である。


この永井通訳官は、日本の敗戦から、英語塾を経営し、ある日、突然のパニックに陥って、自分が、目にした、連合軍オーストラリアの兵士の拷問に、立ち会った時のことを思い出し、その時から、タイを訪問して、慰霊をしようと、決めた方である。

カンチャナブリにて、その、拷問を受けた、オーストラリア人と、再会したというから、驚く。


彼は、何度も、涙を流して、そのオーストラリア人に、謝罪したという。そして、二人は、深い友情を結んだ。

戦争がしたことである。

二人は、個人的恨みなどない。オーストラリア人は、もう、昔のことであり、忘れると言った。


慰霊碑は、2000年の建立であるから、まだ、八年前のことである。


道路の、向こうは、渓流である。

しかし、渓流は道からは、見えないほど深い。


私は、兎に角、チャーターしている車のこともあり、次々と、回らなければならないと、即座に、慰霊の儀を、執り行った。


慰霊碑の後ろに、思わぬ木が、倒れて、そこから、御幣にする、枝を取ることが出来た。日本から持ってきた、白紙を取り付けて、それを、依り代として、慰霊碑の前に、捧げた。


皇祖皇宗天照大神、そして、神々を、神呼びする。

更に、その地で、亡くなったといわれる、およそ200柱の、兵士の霊を、呼ぶ。


神呼びは、言霊の面目である。音霊にかけて、霊位を依り代に、御呼びする。


神霊、霊位は、音に乗るのである。


神呼びをし、大祓えの祝詞を唱える。

慰霊の儀の、私の大祓えの祝詞は、慰めの祝詞である。

更に、次元移動と、囚われからの解放である。行き先を、見失った霊位に、道をつける。

勿論、奇跡的なことは、起こさない。


祝詞を終えて、次に、神送りである。

その際に、普通の言葉で、話しかける。

この地で、亡くなった兵士たちに、私は、靖国に帰りたい方は、靖国に、故郷に帰りたい方は、故郷に、霊界に入りたい方は、霊界に、お送りすると、語り掛ける。

そして、最も大切な、清め祓いである。


神送りの音霊である。


その時、私は気付かなかったが、同行の野中が、私の神送りの時に、渓谷の方から、一斉に、蛙が鳴き始めたという。そして、私の神送りが、終わると、また、一斉に鳴き止んだという。その時、野中は、はじめて、向こうに川があることが、わかったと言う。


自然の生き物に、霊位が、乗り移り、その意思を、示すことがある。

驚くことは無い。


神送りの時に、私は、慰霊碑を離れて、渓谷に対処していた。体が、そちらに、引かれるのである。


清め祓いとは、想念の清めであり、祓いである。

苦しきことも、哀しきことも、切なきことも、すべてを、祓う。

風が、流れを清めるように、水が、流れを清めるように、すべてを、流す。

それを、日本人は、音霊によって、成した。自然の様を真似たのである。


音は、音楽ではない。歌でもない。

歌は、和歌の歌の道を言う。

音は、清めのものである。


黙祷が、最も正しい祈りであるとは、以前に書いた。

少しの黙祷が、霊位を慰める。


私は、素人であるから、鎮魂の儀は、行えない。

鎮魂帰神という、儀は、私が神になり、私を通して、霊位を、その場から離す行為である。私は、それを行うことが出来ない。


私は、一人の人間として、対座する。

死ぬまで、神になど、なることはない。


鎮魂帰神の境地も、妄想である場合が、多々あることを、知っている。

人間は人間であって、善しとする。


名残惜しいが、次の場所に行くために、早々に、その場を立ち去る。


兎に角、道が、くねくねと、体の休む間もない。

ここも、日本軍が、作った道である。


クンユアムの町に入り、その先の、トーペー寺に向かう。

戦中戦後、ビルマのケマピューを通り、撤退してきた龍部隊の兵士が、駐屯した寺である。

この寺では、203名の兵士が亡くなっている。


寺の中に、慧燈財団が建立した、慰霊碑が建つ。


まず、私は、寺の中に入り、礼拝した。


一人の、老僧が出迎えてくれた。

私の和服に、日本人かと、問う。頷くと、笑顔で迎えた。

後で、ここの地域の人々と、日本兵が、深い関わりを持ったことを書く。

実に、平和的友好を築いたのである。


慧燈財団の建てた、慰霊碑は、平成七年であるから、12年前である。

石碑ではなく、木である。それは、次第に朽ちていた。


先ほどの、依り代を、そのまま持ち込み、同じように、慰霊の儀を行った。

まず、乱れが無いことである。

この寺の、僧たちによって、ねんごろに、葬られたのであろう。


何より、兵士のために、寺では、慰霊塔を建てていた。

ここで、毎日、経を上げてくれる。

まして、顔見知りの僧たちである。

霊位は、安心したであろう。


私は、清め祓いをして、感謝の祝詞を上げた。

ここでの、大祓えの祝詞は、感謝であった。

神送りをして、私は、寺の横を流れる川に、依り代の御幣を、流した。


日が照ったので、丁度、そこで、天照を拝した。


太陽を、アマテラスと、御呼びしてきた、日本人である。

太陽は、どこにでも、姿がある。

太陽をアマテラスと、御呼びしたのは、大和朝廷以前の、富士王朝の一人の、神皇による。

それは、天山通信の、日本の歴史に書いてある。


宇宙が神殿であり、太陽がご神体ということになる。

それは、壮大な、神観念である。

そして、実に、正しい。

自然の大元である太陽を、神と、御呼びして、奉るという、実に、理に適った感覚である。


私も、それを、そのままに、太陽を神として、崇める。

どの民族信仰も、それに対しては、抵抗しない。

皆、私たちと、同じだと言う。

拍手を打ち、太陽を拝すると、彼らも、同じように真似るのである。


後の作法は、瑣末なものである。


野中が、一本の、草花を慰霊碑に捧げて、写真を撮った。

その、淡い紅色の花は、輝いた。


蛙鳴く 虫も鳴くなり 追悼の いしぶみ超えて 天を突くなり

                          天山



posted by 天山 at 16:16| タイ旅日記  平成20年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 81

私はここまで、キリスト教の中心教義である贖罪が悪質で、サドマゾヒズム的で、不快なものであると述べてきた。それがあらゆるところに身近なものとして存在し、私たちの客観的なものの見方を曇らせてきたということさえなければ、狂人の遠吠えとして片付けてしまえたかもしれない。もし神が私たちの罪を赦したいと望んでいるなら、なぜ、その代償として自分が拷問を受け、処刑されたりせずに、ただ赦さなかったのか。ついでに言えば、神がそんなことをするから、ユダヤ人のはるか未来の世代までも、「キリスト殺し」として虐殺と迫害を受けるべく運命づけられてしまったことになるのだろう。この連綿と受け継がれる罪も、精液を通じて子孫に伝えられるものだと言うのか。
ドーキンス

実際、イエスの、原始キリスト教とは、ユダヤ人のイエスキリストであった。
しかし、それが、ユダヤ人のキリスト教徒は、皆殺しされて、ローマカトリックが、正統とされた。
勿論、権力によってである。
ドーキンスも、後で言うが、イエスの教えは、ユダヤ人に向けてのものである。
隣人愛という、教えも、ユダヤ人に、与えられたものである。
それが、何故、こんな、歪な世界宗教になったのか。
すべては、フランク王国時代からの、いや、それ以前からの、ゲルマン人の野蛮さによる。

彼らは、インド大陸においてさえ、インドの伝統と、宗教を徹底的に、壊して、滅茶苦茶にしたのである。
バラモンなどは、彼らからのものである。
野蛮極まりない教えである。

大航海時代に、野蛮な彼らは、キリスト教の十字架を、未開の地に、掲げて、その土地の民族を皆殺しにして、平然と、侵略行為を行い、我らこそ、神に選ばれた者であるという、実に、傲慢な意識で、好き放題にやったのである。

イエスが、ユダヤ人ではなく、白人に、変容させたのも、彼らである。

イエスは、ユダヤ人である。


パウロは、・・・・
血を流さずして贖罪はないという古いユダヤ教的な神学原理にどっぷり漬かっていた。実際、彼は「ヘブライ人への手紙」において、それに等しいことを言っている。だが、今日の進歩的な倫理学者は、いかなる種類の応報刑論も擁護しがたいものであると考えており、とすれば、罪人の犯した罪の代償として無実のものを処刑する、いわゆる身代わり説などは論外ということになる。いずれにせよ、神はいったい誰のためにアピールしようとしていたのか。(という疑いを禁じえない)? おそらく彼自身であろうーーーなにしろ彼は、処刑される犠牲者であると同時に、判事でも陪審員でもあったのだ。挙句の果てに、原罪に手を染めた張本人と想定されているアダムは、そもそもけっして存在しなかった。この、なんとも無様な事実―――パウロが知らなかったとは仕方が無いが、全能の神(そしてもしイエスが神だと信じるならばイエスも)おそらく知っていたーーーは、このもってまわった、胸くその悪くなる理論全体の前提を根本的に突き崩すものである。
ドーキンス

これで、キリスト教の根本教義は、成り立たなくなる。
全人類の罪の贖いによる、十字架というもの、である。

キリスト教徒は、本当に、聖書というものを、読んでいるのか。
読んではいない。
旧約聖書から、真っ当な感覚で、読み進めば、その、知性と理性によって、おかしいと、気付くはずである。
要するに、惰性と、習慣、慣習によって、成り立ったもの、それが、キリスト教である。
だが、それは、手加減して言うことである。

すべては、教会という、お化けが、人を支配するために、掲げた、教えである。

ローマが、突然のように、キリスト教を、国教と、公認したのは、皇帝の支配に善しとしたゆえである。更に、ローマに、教会を建てた、カトリックは、皇帝と結んで、人の心の支配を、確実にした。

そして、そうだ、もちろんアダムとエバの物語は、象徴的なものでしかなかったはずだーーーあくまで象徴的な。ということは、自分自身にアピールするために自らを拷問し、処刑したイエスは、実在しない個人が犯した象徴的な罪のために、身代わりとして罰を受けたことになるのだろうか? 何度も言うようだが、これは狂人のたわごとであるだけではなく、不愉快この上ない言い草である。
ドーキンス

真っ当な、神経の者から、見れば、こういうことになる。

カトリック教会のみならず、すべての、キリスト教徒に言えることだが、信仰は、極めて個人的行為であるから、信じるというならば、言うことは無い。
ただし、それを、喧伝する、更に布教する、そして、宣教ということになれば、多くの混乱を、引き起こすこと甚大である。
聖書を、読むというのは、他人には、趣味のようなことである。

自分の趣味を、人に押し付けるような、無礼な者は、いないであろうが、いるとするならば、それは、僭越行為以外の何物でもない。

全く、悪魔のような、神の思想と観念であること、真っ当な者ならば、知る。
いや、悪霊としか、いいようがない。

イエスが、悪霊に支配されていた、ということも、有り得るのである。
自作自演の、大芝居ならば、拍手を送るが、それを、正しい教えであり、人類を救うというのならば、認められない。

人間は、救われる、必要も無ければ、更に、仏教が言う、仏に成ることも無い。
人間は、人間であれば、いいのである。

救われるという、妄想、神の存在の妄想、果ては、仏に成るという、妄想は、如何に、人生が、暇つぶしであろうと、あまりに、愚かである。
何故、天国に入る必要があるのか、何故、仏に成る必要があるのか。

知恵を、得ることは、大切なことである。
それが、霊的能力を、目覚めさせるというなら、解る。
それが、生きるということを、肯定するというなら、解る。

旧約聖書、箴言の書に、神を恐れることは、知恵のはじめ、とある。
神という、妄想を、想定しなければ、考えることができないというほど、妄想の観念に、やられてしまうということ、である。

「旧約聖書」「新約聖書」の両方で一見推奨されているように見える、他者に対する道徳的配慮の多くが、もともとは非常に限定されたもので、そこに属する個人が帰属意識をもちやすい、いわゆる内集団に対してのみ適用されたものであったことを、キリスト教徒はほとんど認識していない。「汝の隣人を愛せよ」は、私たちが現在考えているようなことを意味するものではなかった。それは、「ほかのユダヤ人を愛せよ」という意味でしかなかったのである。この点は、アメリカ人の医師で進化人類学のジョン・ハートゥングによって、衝撃的な形で論証されている。彼は、内集団の道徳の進化と聖書における変遷について、その裏の側面―――外集団への敵意―――にも重点をおきながら、一つの注目すべき論文を書いたのだった。
ドーキンス

次に、この、ジョン・ハートゥングの論文を、見る。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。