2008年06月01日

タイ旅日記 1 平成20年6月

バンコクには、現地時間、深夜12時少し前に着いた。

日本では、午前二時である。


翌朝の、チェンマイ行きの飛行機を、空港で待つ。

朝、6:45発まで、いつもの空港一階で過ごす。


私は、冷房の効いた、室内から屋外へ、度々出る。タバコを吸うためである。

その時間帯は、ほとんど、警備の人の姿が目立つ。

乗り継ぎを待つ人々は、大半が、一階から、三階のロビーで、寝ている。


この旅の最初は、また、驚くべきことがあった。


一人の若い、警備員が、親しげに、私に話し掛けてくる。

英語が少し、日本語が少し、そして、タイ語である。

私が、外に出るたびに、声を掛けてくるのである。


三度目の時である。

彼は、私に、タバコを一本くださいと言った。私が、一本渡す。そして、ライターを彼に差し出した。

すると、彼は、いいと、手で示す。

その時である。

たかあまはら、と言った。


驚いた。

手を合わせて、高天原と言うのである。


私が驚くと、タバコは、清めてから吸うのだと言う。そして、手をかざす真似をする。

次に出た、言葉が、明主様、めいしゅさま、である。

即座に、救世教だと、解った。

世界救世教である。


熱海に本部があり、その団体からは、多くの新興宗教が出た。

救世教自体、大本教から出ている。


この、教派神道については、神仏は妄想である、に取り上げるので、内容は、省略するが、手かざしで、清めるというのが、特徴である。


彼は、空港の近くに住み、家族が信者であり、彼は、世話役であるという。日本語は、すべて、その教団の言葉だった。


明主様、明主様と、彼の口から出るたびに、私は頷いた。

チェンマイで、小西さんに言うと、チェンマイの郊外に、教団の支部があったが、バンコクにあったとは、知らなかったと言う。

タイには、その他に、創価学会、真如苑などが、教線を張っている。


私も、小西さんも、同じ考えであるが、仏教国、更に、小乗を持っての、国王からも仏教徒のタイに、布教するという、根性である。また、タイの、胸の広さである。それらの、活動を赦している。また、キリスト教、特に、プロテスタントの布教も、激しい。


プロテスタントの、布教の様が赦せないのは、タイの仏教を、悪魔のものであるとする、教えである。

自分たちが、悪魔から出てるということを、知らずに、タイの国教である、仏教を悪魔からのものとして、断定する、その、根性である。

下手な芝居のような、霊能、それを、聖霊と言うが、聖霊が、降臨するなどと、まことしやかに、タイの若者を、騙すのである。


白人の一神教というのは、手がつけられない。

自分たちが、理解出来ないものは、すべて、悪魔からのものだと、考えるという、単細胞である。


その、考え方が、多くの民族を殺し続けたという、事実は、歴史をみれば、一目瞭然である。


さて、救世教である。

旅日記に、相応しくないので、簡単に書くと、手かざしにより、浄霊するという、考え方をする。その、浄霊は、教団のペンダントを必要とする。

今は、どのようになっているのか、知らないが、兎に角、教団から、浄霊の赦しを受ける。それは、自動的に、会員、信者になるということである。


祝詞を、教祖、岡田茂吉が作った。

最初は、たかまがはら、と、言った。

たかあまはら、とは、正統的な読み方である。

が、という濁音が入ると、祝詞が、乱れる。教団の分裂が始まった時に、それに気付いたと、みえて、読みを、たかあまはら、としたはずである。


教団の背後霊団は、稲荷系である。つまり、きつねである。

稲荷は、農耕の神として、伊勢神宮外宮の、豊受大神の眷属である。

だが、単独に、働く場合は、単なる、狐の霊団となる。


狐の霊団は、分派してゆくのが、激しい。

ある、大型教団も、もう少しすると、分派を始める。


その警備の若者は、私に、得意になって、明主様と、連呼した。

私は、その後、タバコを吸うために、二階の外に出ることにした。

一度、エスカレーターで、二階に上がり、外に出るという、繰り返しである。


明主様の、お話を聞かされては、たまったものではない。

まして、その内に、私を清めるなどと、言い始めたら、迷惑である。

子狐に、清められては、具合が悪くなる。


こうして、今回の旅の、はじまりである。


漸く、朝の便の搭乗手続きが、はじまり、私たちは、四階に上がり、国内線乗り場に、出た。

チェンマイまでの、約一時間、私は、眠った。


チェンマイでは、更に、メーホンソーンに向かうために、二時間を過ごした。

そして、10:10発の、メーホンソーン行きに乗る。


約、30分で、メーホンソーンに到着。

待ち時間を入れて、約20時間である。


疲れた。


トゥクトゥクを見つけて、市内のゲストハウスに向かう。

予約は、していない。

しかし、池のような湖の前の、ゲストハウスは、空いていた。

ゲストハウスとしては、高級である。

一泊、600バーツ。約、2000円である。エアコン、ホットシャワー付きである。

二泊することにしていた。


丁度、昼の時間帯である。

部屋に、荷物を置き、町の中に出て、食事をした。

タイ風、イタリア料理の店に入り、パスタと、ピザを頼んだ。


それから、ベッドで、うとうとして、休んだ。

乗り物の、疲れは、格別である。体が、ゆらゆらする。


夕方、フットマッサージをするのが、精一杯であった。


雨季であり、気温が高い。

部屋の前の、ベンチに座っていても、汗が出る。

ただ、山間部であるから、夕方は、少し涼しくなる。


その夕方から、ゲストハウスの前に、バザールが開かれる。

食べ物から、民芸品などが、並ぶ。

御祭りのような雰囲気である。


みかんを山盛り買ったが、15バーツである。約、50円。

焼き鳥、焼肉類は、食中りすると、怖いので、止めた。


明日、一日しか、追悼慰霊の日程を組んでいない。食中りで、一日寝ていられないのだ。


夜の食事は、地元の人が行く、食堂で、ビールを一本飲み、カレーと、お粥にした。

ビールは、コップ一杯で、酔った。

飛行機に乗った後は、すぐに酔う。


そのまま、ゲストハウスに戻り、すぐにベッドに着いた。

同行の野中も、疲れて、出掛けなかった。


夜は、虫の音だけになり、それが心地よい。

バリ島、ウブドゥの夜に似ていた。




posted by 天山 at 16:15| タイ旅日記  平成20年6月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 80

しかし、その十字架を支える神学と懲罰理論は、それよりさらに悪いものだ。アダムとエバの罪は男系の系譜に沿って伝えられてきたと考えられている。―――アウグステイヌスによれば、精液によって伝達されることになっている。すべての子供に、生まれてくる前にさえ、はるかに遠い祖先の罪を受け継ぐように強調するというのは、いったいどういう種類の倫理哲学なのか? ついでながら、アウグスティヌスは当然のように、自らを罪に関する個人的な権威をもつ人間だとみなしていて、「原罪」という表現を造語した張本人である。彼以前には、それは「先祖の罪」と呼ばれていたのである。
ドーキンス

この、アウグスチヌスというのは、カトリックでは、教父とされ、聖人である。
ちなみに、彼は、さんざん女遊びをして、飽きた。そこで、改心して、神の信仰に、のめり込んだ。
女の次に、神にである。
聖人の中には、そいう者、多数。
いい気なものである。

女と、365日セックス三昧で、三年も続ければ、飽きるに決まっている。
その次に、改心をして、神の信仰に生きたという。
これが、聖人という者の、定番である。

更に、悪いのは、そのセックスを罪、罪、罪、罪、更に、罪と、よく言うものである。

人の人生に君臨しようという人物にしては、なんという意地悪くけちくさい偏見であることか。サム・ハリスは、「キリスト教国への手紙」において、爽快なまでに手厳しい。
「あなたがたの主たる関心は、宇宙の創造主が、人間が裸でするような行為に腹を立てるだろうか、ということにしかないようだ。あなたがたのこの潔癖さが、日々、過激なほどの人間の悲惨さに貢献しているのだ」。
ドーキンス

宗教は、夫婦の寝室を、監視することで、成り立つという、不自然さである。
セックスに介入することで、人間を支配しようとする。

本能を、罪とするのだから、終わっている。

ちなみに、日本の古神道、及び、民族伝統宗教は、多く、本能を、恵みとして、捉える。
欲望を、恵みという、健康的なものとして、捉えるのである。
更に、欲望を、命の讃歌とする。
実に、真っ当である。

罪の意識を、抱いて、シコシコセックスするという、真似はしない。

さて、このキリスト教神学を作ったのは、イエスではない。
その弟子たちでもない。
イエスの死後に、一人の強迫神経症の男が、イエスに、突然改心したのである。
その名を、パウロという。

話をサドマゾヒズムに戻そう。神は、アダムから受け継いだ罪の贖いとして拷問され処刑されるために、人間イエスとして自らを顕現させた。パウロがこの不快な教義を説いて以来ずっと、イエスは私たちすべての罪の救い主として崇拝されてきた。アダムの過去の罪だけではない。未来の罪までも救うのだ。本来の人々がまだその罪を犯そうとしてもいないのに。
ドーキンス

ここで、主イエスの十字架により、我々の罪が許されているのだ、さあーー、遊び尽くせという、教義が、現れないのが不思議だ。
親鸞ならば、主イエスが、すでに、未来の罪も許している、私は罪人だから、どんどん、女と寝る。この、どうしょうもない、罪深い人間である、私は、主イエスに救われている。
南無イエスと、念仏、いや、念主を、作り上げるだろう。

手のつけられない、屁理屈を、作り上げるのが、宗教家の、得意技である。

それを、後世の人が、あんたら、こんたらで、こんたら、あんたら、である。と、解説するという、愚劣である。
深い迷いこそ、信仰の深さである、等々、しょうもない、屁理屈を、あたかも、考えているかのように、考えるという、頭の悪さである。

空海ならば、その悪魔の神を、縦横無尽に使い、護摩を焚いて、招霊し、おどろおどろしく、ヤーウェ曼荼羅を作り上げて、奇跡を行い、密教の上前を跳ねるだろう。

知能レベルが、低いほど、あの、曼荼羅というものに、曳かれるらしい。
さらに、宇宙を表すものだというから、呆れる。

芸術というなら、解るが、拝むものでも、奉るものでもない。

ユダの失われた福音書と称される写本が最近になって翻訳され、その結果、広く世間に知られることになった。その発見の状況には論争があるが、1970年代あるいは60年代のいずれかの時にエジプトで発見されたように思われる。それはパピルスに書かれた62ページのコプト語写本で、炭素年代決定法によって西暦300年前後のものとされるが、おそらくは初期のギリシャ語原本から写されたものである。著者が誰であれ、この福音書はイスカレオテのユダの視点から書かれたものであり、ユダがイエスを裏切ったのは、イエスが彼にその役割を演ずるように頼んだからこそであったことを証拠立てている。イエスが磔になったのはすべて、人類を救うための計画の一部だったのだ。この教義は胸くその悪いものであるが、ユダがそれ以来ずっとけなされてきたという事実は、不愉快さをさらにいっそう募らせるように思われる。
ドーキンス

私も、すぐに、ユダの福音書を読んだ。
その手の、危険な書物は、最初、日本語に訳される。
日本では、ユダヤ教もキリスト教も、騒がないからである。

ちなみに、「キリストの棺」という、本が出て、センセーショナルを巻き起こしている。勿論、キリスト教国である。
イエスの妻の、マリアと、息子との、墓が、見つかったというものである。
新約聖書に、出ている、マグダラのマリアが、妻だという。息子もいた。
その墓が、見出されたというものである。

科学で、実証されたものである。
しかし、すべての、キリスト教は、無関心を装う。
当然である。
すべてが、覆る。

イエスの死体は、無い。
昇天したからである。
今更、墓が、見つかり、死体があったなどと、認めるはずが無い。

事実は、どうでもいい。
宗教とは、妄想で、いいのである。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もののあわれ201

宮入らせたまふとて、しばしこなたの格子はあげず。おそろしとにはあらねどむつかしければ、宮「今から北の方にわたしたてまつらむ。ここには近ければゆかしげなし」とのたまはすれば、おろしこめてみそかに聞けば、宮「昼は人々、院の殿上人など参りあつまりて、いかにぞかくてはありぬべしや。近劣りいかにせむと思ふこそ苦しけれ」とのたまはすれば、女「それをなむ思ひたまふる」と聞こえさすれば、笑はせたまひて、宮「まめやかには、夜などあなたにあらむ折は用意したまへ。けしからぬものなどはのぞきもする。今しばしあらば、かの宣旨のある方にもおはしておはせ。おぼろげにてあなたは人もより来ず。そこにも」などのたまはせて、二日ばかりありて北の対にわたらせたまふべければ、人々もおどろきて上に聞こゆれば、北の方「かかることなくてだにあやしかりつるを、なにのかたき人にもあらず。かく」とのたまはせて、「わざとおぼせばこそ忍びていておはしたらめ」とおぼするに、心づきなくて、例よりもものむつかしげにおぼすれば、いとほしくて、しばしは内に入らせたまはで、人の言ふことも聞きにしく、人の気色もいとほしうて、こなたにおはします。


宮様が、この部屋にお出でになりますので、しばらく、部屋の格子は、上げずにいました。
恐ろしいわけでは、ありませんが、気が引けます。
宮様が、「すぐに、北の部屋に、移して上げましょう。ここでは、外に近くて、奥ゆかしさがありません」と、仰せになりました。
格子を、下ろして、密かに聞きました。
「昼は、女房たちや、院の殿上人などが集いますので、どうして、ここには、いられましょうか。また、昼間は、近くで、私を見ますので、がっかりすると思うと、切ないものです」と、仰せになります。
女は「そのことは、私も、心配していました」と申し上げますと、笑って、「私が、夜など、あちらの部屋に行っている時は、用心してください。怪しからぬ者たちは、覗いたりします。いま少ししましたら、あの宣旨の所へでも、行ってごらんなさい。並々のことでは、あららへは、人も近づきません。宣旨の部屋にも」などと、仰せになりました。
二日ほどして、北の対に、女と、お渡りになろうとされますので、女房たちは、驚いて、北の方に、申し上げますと、北の方は「このようなことがなくても、怪しいお振る舞いでしたのに、あの女は、特別に、得がたい女でも、ありません。それなのに、こんな酷いことを」と、考えて、不愉快で、いつもより、不機嫌になりました。
宮様は、気の毒に思えて、しばらくは、北の方の部屋には、入らず、人の噂も、聞くことなく、女の様子が、気がかりですから、女の部屋に、お出でになりました。


北の方「しかじかのことあなるは、などかのたまはせぬ。制しきこゆべきにあらず、いとかう、身の人げなく人笑はれにはづかしかるべきこと」と泣く泣く聞こえたまへば、宮「人使はむからに、御おぼえのなかるべきことかは、御気色あしきにしたがひて、中将などがにくげに思ひたるむつかしさに、かしらなどもけづらせんとてよびたるなり。こなたなどにもめしつかはせたまへかし」など聞こえたまへば、いと心づきなくおはせど、ものものたまはず。


北の方は、「これこれの事が、あったということですが、なぜ、お話になられないのですか。お止め申すこともありません。しかし、このような、人並みのことではなく、物笑いの種になって、恥ずかしゅうございます」と、泣く泣く、申し上げました。
宮様は、「人を、召し使うからには、あなたにも、お心当たりが、あるでしょう。ご機嫌が悪いので、中将など、私を憎らしく思うのも、煩わしく、髪など梳らせようと、あの女を、呼んだのです。こちらでも、お使いください」と、申されますが、北の方は、いたく不愉快に思われましたが、何も言いませんでした。


かくて日ごろふれば、さぶらひつきて、昼なども上にさぶらいて、御ぐしなども参り、よろづにつかはせたまふ。さらに御前もさけさせたまはず、上の御方にわたらせたまふことも、たまさかになりもてゆく。おぼし嘆くことかぎりなし。


このようにして、幾日か、経ちました。
邸の生活にも、慣れ、昼間も、宮様の、お側に仕え、お髪なども梳きまして、宮様も、何くれと無く、お使いになりました。
その上、宮様の前から、女を離れさせることなく、過ぎました。
北の方の、お部屋に渡ることも、稀になりました。
北の方の、お嘆きは、限りもありませんでした。


日記は、終わりに近づく。
最後は、北の方が、出て行くところで、終わる。
しかし、和泉式部の人生は、終わらない。

その後も、和泉式部は、愛する人を失い、その、喪失感と、空虚感に、生きなければならなかった。
そこには、歌のみが、残った。

年かへりて正月一日、院の拝礼に、殿ばら数をつくして参りたまへり。宮もおはしますを見まいらすれば、いと若ううつくしげにて、多くの人にすぐれたまへり。これにつけてもわが身はづかしうおぼゆ。


年の改まった、正月一日、冷泉院の拝礼の儀式に、朝臣たちが、多く集って参上しました。
その中に、宮様も、お出でになるのを、拝見しました。
大変、美しく、多くの人の中でも、すぐれて、おいでになると見ました。
それにつけて、女は、わが身が、気恥ずかしく思われるのでした。


上の御方の女房出でいてもの見るに、まづそれをば見で、女房「この人を見む」と穴をあけさわぐぞ。いとあさましきや。暮れぬれば、ことはてて宮入らせたまひぬ。御おくりに上達部数をつくしていたまひて、御遊びあり。いとをかしきにも、つれづれなりしふる里まづ思ひ出でらる。

北の方づきの、女房が出て見物しますのに、すぐには朝臣たちを見ずに、「この女を、見よう」と言い、障子に穴を開けて、騒ぎます。それは、大変浅ましく、思われました。
日が暮れ、式が終わり、宮様は、邸に、戻られました。
お見送りに、上達部が、大勢揃って来ました。
管弦の遊びがありました。
大変、面白いものです。
かつての、女の家の暮らしが、つれづれなるものであっと、思い出されるのでした。


かくてさぶらふほどに、下衆などのなかにもむつかしきこと言ふを聞こしめして、「かく人のおぼしのたまふべきにもあらず。うたてもあるかな」と心づきなければ、内にも入らせたまふこといと間遠なり。かかるもいとかたはらいたくおぼゆれば、いかがせむ、ただともかくもしなせたまはむままにしたがひて、さぶらふ。


このように、お仕えしているうちに、召使の間で、不愉快な噂をしているのを、宮様が、お聞きになり「このように、北の方が、女のことを、悪く思われていることを、言うべきではない。疎ましいことだ」と、思われていました。
そのため、北の方の部屋に、入られるのは、稀なことになりました。
女は、このようなことも、心苦しく、北の方が、気の毒に思われました。
どうしたらよいのか、解りません。
しかし、どうすることも出来ずに、ただ今は、兎に角、宮様のされるままに、お仕えすることだと、思いました。

posted by 天山 at 00:00| もののあわれに第5弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。