2008年02月09日

タイ・ラオスへ 9

タイ・ラオスへ 9

12日である。野中がラオスから、戻る。
帰国の日が、近づく。

朝は、ゲストハウスの庭で、コーヒーを飲んで過ごした。
思いつく、歌を書き付ける。

一人の男が、私に話し掛けた。
アムステルダムから来た、中年の男である。

私に、何を書いているのかと、問う。
私は、日本の古い歌を、書いているというと、それは、何かと訊く。

英語で説明するのが、難しい。
要するに、日本の古い歌の形があり、それを書いているのだと言うと、シンガーかと、訊く。
歌手ではなく、ポエムだと言うと、少し納得したが、古い歌という、言い方を、アイドントノウと、言うのである。古い形式の歌の形と、説明すれば、よかったと、後で気づく。

彼は、奥さんと、タイを旅していると言う。
奥さんを連れて旅する人は、珍しい。
若いカップルや、子供づれは、いることは、いるが、中年は、現地の女、タイ人の女を連れていることが、多い。

私も、もう少し英語が出来ると、話し合いが、スムーズにゆくと思うが、あまり、覚える気は無い。
それに、不自由しない。

彼は、何か、色々と話したが、私の方は、ただ、相槌を打つ程度である。
何となく解るような、感じである。

タイ語も、あまり、覚えない。
覚えられない。
発音が難しすぎる。
語学というのも、才能である。私には、語学の才能は無い。

才能があれば、一度で、覚えるものである。

好きな料理の名前も、店の人が、私に教えるが、覚えない。
私の好きな、サラダは、パパイヤサラダで、甘酢のソースで作る。
ソムタムというが、覚えられない。
これも、野中に聞いて書いている。

注文するのに、身振り手振りでする。
店の人は、それで、何とか想像してくれる。
鍋を手で表し、火をポッポと、手で表現すると、それに似たものが出るというもの。それも、楽しい。

地球の歩き方の本を持って、料理の図を見せることもあるが、無いと言われることもある。
その土地の料理ではないということだ。
だから、間違いもある。地球の歩き方である。
でも、そんなことは、どうでも、いい。

少しの英語で、何か質問して、楽しむ程度が、私には、いい。

後は、向こうの人に、日本語を覚えて貰う。それが、いい。

一度、部屋に戻り、再び、食事をするために、出た。
近くの、食堂である。
現地の人の食堂だ。

店先で、色々な肉を焼いている。
私は、ソーセージと、例のサラダと、もち米を注文した。
相変わらず、指差してである。

それで、十分、満腹になる。
45バーツ。約、150円程度である。
実に、安い食事である。

もち米は、半分程、余したので、持ち帰る。
おばさんは、必ず、それを、袋に入れてくれる。

部屋に戻り、ベッドに体を、横たえる。

そうして、寝てしまった。

目覚めて、西行を読む。
感じた歌には、線を引く。
西行を読むと、歌が出来る。

歌詠みは 心素直に 誠なり 作為の技も 捨てて立つなり

そうしている内に、日本のことを、思う。

民族の 伝統卑下し どこへ行く 行き先無くし 喜ぶ愚衆

そうそう、ここで書くことが、あった。
丁度、ノーン・カーイでは、市議会議員選挙であった。
選挙運動が、行われていたのである。しかし、その様、日本と、全然違う。
日本では、何々党の誰々ですと、繰り返すが、こちらでは、音楽を流す、車に、写真を貼って回るのである。
その音楽が、演歌なのである。
それが、面白い。

音量規制がないゆえに、大音響で演歌を、流す。
日本の演歌が、タイに流れたと言える。

今は無き 日本の演歌 ここにあり 流れ流れて ここに至れり

タイにては 演歌主流で 芸術と あいなりたりて 威風堂々

兎に角、演歌なのである。
最初に泊まったホテルで、流れていたのが、クラシック音楽であったのが、不思議な程であった。

夕方、野中が、戻るので、私は、ゲストハウスの庭で、コーヒーを飲みつつ、待った。

四時頃、野中が、戻った。

旅の相棒が、戻るのは、嬉しい。
早速、ラオスの話を聞く。

野中が、行った村は、バンビエンという村である。
その村の、山の中腹にある、ゲストハウスに泊まった。
バンビエンは、麻薬とセックスの町で、欧米人で、たいそう賑わっているという。

このエッセイを、ラオスの政府が読んで、麻薬撲滅に着手したら、面白いが、まず、読まないだろう。

勿論、日本人もいる。
以下、省略する。

部屋に戻っても、野中の話が、続いた。
これから、ラオスに支援活動をするか、否かと、私は考えたが、前に書いたように、することになるだろう。

日本の企業で、ラオスに、学校建設をしている、企業がある。
これからは、企業イメージを高めるためにも、企業の支援活動が、注目されるだろうと、思える。
だが、人と人の関係である。
建物だけを建てて、善しとするものではない。
如何に、人と人を結びつけるか、である。

野中が、今日は、一日何も食べていないと言うので、早いが、夕食を食べるために、出た。
一度、野中と、行った、店に向かった。

中国人が食べていた、鍋物が、食べたくて、指差し、注文した。
中国人は、正月のお祝いに、食事に来ていると、店の女の子が、教えてくれた。
二つのテーブルを使っての、大家族である。お土産小路で、店をしているという。

そして、私は、その家族が、食べていた、ソーメンのような、緬を注文した。彼らは、それを、そのまま食べているのである。
出てきたものは、ソーメンそのままである。

食べてみると、ソーメンである。
野中が、鍋の汁を入れて食べる。旨いというので、私も、真似をした。
日本のソーメンと、変わらない。

鍋は、野菜が多く、味が薄い。
それに、好みで、辛いソースをつけて食べるのである。

ほうれん草のような、野菜が多く、キノコ、マッシュルームのようなもの、である。
エビが多く入っていた。出汁にしているのだろう。しかし、どうも、海のものである。海は遠いから、輸送してきているのだろう。

店の人は、英語が全く通じない。野中が、タイ語で、話し掛ける。
女の子は、店主の娘だった。手伝っているという。高校生であり、お金があれば、大学に行き、コンピューターの勉強をしたいと言う。
大学は、地元の大学であり、この町から、出たくないと言う。この町が、好きなのだ。

タイ語で、話をすると、愛想が、良くなった。

その内に、欧米人のカップルが、入ってきた。
英語であるが、全く通じない。
彼らは、諦めたように、注文して、出て来たものを見て、ノーと、言っていた。想像していたものと、違うのであろう。
しかし、仏頂面をして、食べ始めた。

私たちは、それを見て、おかしくて、笑いたくなったが、我慢した。
男の方が、私たちを見て、肩をすくめ両手を上げる、仕草をする。

しかし、次に行った時、何と、英語のメニューを用意していたのである。
実に、素早い、反応だった。
ただ、野中が見て、変な英語だと言う。
ヌードルといっても、数多くある。どのヌードルなのかが、解らないという。
スープといっても、数多くある。どのスープなのか、これでは、解らないらしい。

そういえば、別の店で、フライヌードルという英語を見た。フライヌードルとは、どんなものか、興味がある。炒めた緬ということで、焼きそばのことか。よく解らない。


posted by 天山 at 12:24| H20.02 タイ・ラオスへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 58

バートランド・ラッセル「私が信じるもの」より

私は、自分が死んだら腐り、私の自我の何一つとして残らないだろうと信じている。私は若くはないし、人生を愛している。しかし私は、自分がこの世から消えてなくなることを考えて恐怖に震えるなどという人を嘲らずにはいられない。幸福にはかならず終わりがあるといっても、それが本物の幸福であることに変わりないし、永遠につづかないからといって、思考や愛がその価値を失うわけでもけっしてないのである。多くの人間が刑場で誇り高く振舞ってきた。きっと、同じ誇りが私たちに、人類が世界の中で占める地位についてどう考えるべきかを教えてくれるに違いない。昔ながらの人を導く神話のぬくぬくした世界に、科学によって開けられた窓から冷たい風が吹き込んで、たとえ私たちを震えあがらせたとしても、最終的には、新鮮な空気が活力をもたらし、広大な空間はそれ自体のすばらしい輝きをもつようになる。

マーク・トウェインの言葉

死んでいるのは生まれていないのと何のちがいもないだろう。

上記、ドーキンスが、引用する。

死ぬことは、消滅すること。
何も無くなること。
死後の世界は無い。
等々、人間の死に関して、科学は実に冷静である。

死後の世界が無いということになれば、おおよそ、すべての宗教の意味は、消滅する。

死ねば、消滅する、無くなる、死後の世界は無い。
その通りである。

この次元では、その通りである。
次元を別にするのであるから、この次元にいたことは、消滅する。死後の世界というものも無い。
次元の違う世界は、死後の世界ではない。

次元を、別にした世界である。
その次元は、断絶している。
ただし、三次元に、二次元、一次元が、含まれているように、四次元には、三次元が含まれている。

霊学の、私の立場から言う。
次元の差は、隣にいても、永遠に遠い。

おおよそ、宗教、それに準じるものは、死後の世界や、霊について、云々する。

迷う先祖の霊が、子孫に助けを求めて、云々。
それにより、病も起こる。
先祖を供養することで、病が、癒えて、運も好転する。
実際、そういう体験をする者、宗教に多い。

奇跡もどきの、ことが、起こる。

眼が暗くて見え難いというようなのは、近親者の霊魂が霊界へ往ってまだ迷っておって、暗黒の冥府―――光の無いくらい世界―――に居る。そんな霊魂が暗い世界に向かって「救われたい」と念ずると、その「念力」すなわち精神波動が、丁度テレビ局の放送の電波みたいになってやってくるわけです。それで暗い精神波動を常に放送するわけですから、それを受信感応した人は光が見えないで暗く見えることになるわけです。
人生を支配する先祖供養 谷口雅春 成長の家創立者 より

もっともらしく、素直に受け入れると、本当だと、思う。
霊魂が、迷う。それが、救いを求める。そして、念ずる。それが、この世の人に、感応する。そして、病になる。

心理学、脳科学は、それに、答えを出すことが出来る。

それらは、すべて、主観である。客観性がない。
そのような、カラクリ、意味があるという、信念が、病を、癒すのである。

彼らは、病は、無いという。すべては、影だと言う。
人間、本来神の子であり、完全である。実相世界のみ、本当の世界である。この世は、仮りの世界である。

実相世界とは、霊界のことである。
あちらを、主、こちらを、従に、見立てる。
様々な、霊的現象を、元に、そのような、考え方を、作り出したのであろう。

否定はしない。
それも、一つの考え方である。

医学で、解決出来ないことは、霊魂による。
確かに、突然、病が、癒えるということもある。
先祖供養しなくても、癒えることがある。

神霊治療として、名を馳せる宗教団体もある。
すべて、霊障害であると、断定する。

否定はしない。

極めて、解り易く言う。
マイナス波動と、プラス波動である。
マイナス波動を、脳内に持つ人は、そのように、なる。それを、受ける、という。要するに、受信するという、言い方をする。

極めて、ありそうに思える表現、この世は、仮の世界で、霊界が、実相世界であると。

霊主体従と言い、霊が主で、体が、従だと、公言して憚らない、宗教である。

在り得ない。
体は、そのまま、霊である。
どちらが、主とか、従とかは、無い。

霊を、感じる、見る、とは、すべて、主観である。
その人の内で、起こることである。

磁気の乱れというものがある。霊的なものとは、磁気の乱れである。

霊学から言えば、霊的なものの、影響を、考えるが、この次元では、この次元の物事である。霊界を、関与させては、誤る。

次元違いは、隣にいても、永遠に遠いと、言った。

ちなみに、教祖で、最も、教祖たる、仏陀は、霊的なことを、一つも言わないのである。
霊界についても、触れない。
何故か。
必要ないからである。

この世で起こることは、この世で、解決するのである。
生老病死とは、この世の姿である。

暗い霊界で、救いを求めている霊とは、妄想である。
もし、そうであるならば、それは、宇宙の法則、自業自得であり、それを、解決するのは、その、霊のみである。

自ら、赴く所に行くのである。

病が癒えるのは、別問題である。
脳波による。
聖教読経して、癒えるとは、脳波の、心得の、変化である。
だから、否定しないと、言う。

寒い地方にいて、寒さからの、病にある人が、南の島で、暮らして、病が癒えるという。
環境を変えた、脳波の、変化である。

酷い肩凝りの人を、霊視して、肩に、きつねの霊がついていると、それを、取り除いて、肩凝りが治ればいいが、心臓病の前兆、それも、大きな心臓病の前兆である場合がある。
医学が、進歩しなかった時代なら、それは、通用するが、矢張り、心電図をとり、対処すべきである。

人間の、想像力とは、無限に広がる。
人道的問題はあるが、ヒトゲノム解読により、一生の病が、見て取れる。

霊学から、言う。
次元の違う、世界のこと、この世の云々に、堕落せしめては、誤るのである。
病の辛さにあるものを、見つめ続ける行為に、人間の尊厳がある。
決して、供養では治らない病を、彼らは、何と言うのか。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。