2008年02月08日

タイ・ラオスへ 8

夜に、もう一度、地元の人の行く、タイレストランに出向いた。

今度は、牛肉のミンチの炒め物と、もち米を頼んだ。
最初に、もち米と、大量の生野菜が出て来た。
生野菜は、水で洗っている。
少し心配だが、食べる。

ミンチの炒め物が出てきた。
何とも、不味い。
しょっぱいだけである。それを、生野菜と食べろ、ということなのだろう。
交互に食べる。
もち米だけは、美味しい。

生野菜は、キャベツ、ハニーレタスのようなもの、そして、いんげんの、生である。いんげんの生は、さすがに食べられなかった。

それでも、50バーツである。約、170円。
実に、安い。矢張り、地元のレストランである。

そのまま、日本で働いていたという方の店に行く。
ビールと、水を買う。
店番は、子供がいた。主人は、いなかった。

部屋に入ると、八時になっていた。

少し歌を詠む。

父母の 姿をみたり メーサイの 貧しき親の 生きる情熱

死にたくも 生きたくもあり この憂い 深き病に 陥る我は

さらにまた 旅行く空の あわれさに 流れる雲を 追い行く我は

通じぬは 言葉なりせば 同じ血の 人の思いは 通じぬわけ無し

微笑みは 国境越えて 共通の 人の心を 開く術なり

腹が、収まってきたので、ビールを飲む。
私は、酒を飲むためには、物を食べない。食べると、飲めなくなる。受け付けないのだ。
酒を飲んでいて、一口でも、食べると、もう、酒は、嫌になる。

一人で、夜を過ごすと、様々なことを、考える。
実にいい。

電話に、煩わされることもない。
好きなだけ、考えることが出来る。

世界の、グローバル化は、世界の縮小である。
世界の一地域で起こることが、即座に、世界に広がる。
世界は、狭くなっている。
一つの国の問題が、その国だけの問題ではなく、世界の問題になりえる。

そこに、大きく立ちはだかるのは、価値観である。その価値観を、宗教が、負う。
問題は、それである。
主義、イデオロギーというものも、宗教と同じである。

何とか、それを超えるべくの、働きかけが必要である。
つまり、それらを、包括して、超える行動である。

それが、人道支援である。また、そうでなければならない。
だが、それにより、逆に、宗教、主義の、偏狭さを、増す場合もある。それには、注意が必要である。
人道支援を受けて、その裏では、軍備を充実させるという国もある。

政府支援は、書いたように、大企業の世界化を、推し進めるものである。それも、よし。
それでは、私のように、個人や、民間の支援は、人と人の、結びつきを主にして、ある感情的、親密感を作るものである。

それが、後々に、日本と、その国との関係を良い方向に、向かわせると、信じる。
それが、大きな目的である。
私が言う、千年の日本のために、である。

国も、最後は、個人的感情に、動かされる。

良いことをするということには、やや、偽善的な感情の、抵抗感がある。
それは、私も、じゅうじゅう、承知している。

例えば、野中が戻り言う。
子供服を皆に、上げる。配布する時に、勇気がいったと言う。
つまり、良いことをしているという、偽善的感情である。
昔の、自分なら、鼻で、笑った行動であると。

しかし、実際に、それを実行して、相手が、非常に喜び、それが必要であることを、実感として感じて、それは、実に有意義なことであると、気づいた。

その子供服は、人から、貰ったものである。それを、ただ、渡すのみである。
こういう、旅の仕方もあると、思ったという。

日本人旅行者にも、多く出会ったが、もし、彼らも、子供服を持参して、村の人々に、配布したら、また別の付き合い、村人との、触れ合いが、出来たはずであると言う。
そして、それは、有意義なことである。

必要な物を、必要としている人に、支援する。
何の恥ずかしいこともない。

実際、野中に対して、村人は、その対応が、全く変わったという。
村を、見学するのに、抵抗がなくなった。
よそ者意識が、無くなったのである。
知り合いの関係になったという、僥倖である。

麻薬と、セックスを求める日本人旅行者に、新しい、旅の喜びを、伝えたいと、野中が言った。それだけではない、旅もあると。

使用しなくなった、子供服を持参して、配布するだけで、新しい関係が築けるのである。
そして、荷物は、そこで、無くなる。手ぶらになるのである。

私が、今回、ラオスに入らないということで、野中は、新しい体験と発見をした訳である。
ただし、私は、次には、タイを通らず、直接、ラオス入りして、支援活動をしようと、考えた。

無視、出来なくなったのである。

個人としての、活動を、これ以上に広げることは、無謀だと、思いつつ、矢張り、性格である。何とか成るだろうという、楽観である。

実は、寄付商売とか、NPO商売というものがある。
それで、殺された人もいる。
例えば、ベトナムで、学校建設をしていた、NPOの男が、行くへ不明になった。殺されたのだ。
彼は、ベトナムに、学校を作ると、日本にて、寄付を募り、一応は、学校を建てた。ただ、建てただけである。そして、更に、募金運動をして、金を集めた。
その地域の人には、実に、傲慢不遜に接していたという。
ところが、彼の本性が、ベトナム人に、見抜かれた。単なる、金目当ての、行動であること。学校を建てても、それは、使用されていないのである。
地域の人の、不信と、反発を招き、遂には、殺されるという事態になったのである。

こういう、団体は、多い。
表面は、確かに、ボランティア活動であるが、裏は、商売なのである。
金を、いかに、人から、巻き上げるかということである。
私は、それを、寄付商売と言う。

勿論、私も、その一人である。
ただ、寄付する人が、私と、行動を共にして、私の行動を確認すれば、いいことである。
ただし、同行であるから、私と同じように、安宿に泊まり、私と、同じ物を食べて、貰う。

ある団体は、その団体の施設に、人を招くが、高級扱いをする。
そんなことで、誤魔化されるのである。

そこの人と、同じように寝泊りし、同じものを食べることで、より、支援の様を理解すべきである。

そこで、初めて、支援することの意義と、現状を知ることが、出来るというものである。


posted by 天山 at 12:23| H20.02 タイ・ラオスへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 57

キリスト教は、あるいはイスラム教でも事情はまったく同じことであるが、疑問を抱かない無条件の信仰こそ美徳であると、子供たちに教える。こと信仰の問題に関しては、自分が信じていることを論証する必要はない。もし誰かが、それは自分の信仰の一部であると宣言すれば、その社会の残りの人間は、同じような信仰をもっていようが、別の信仰をもっていようが、あるいは無宗教だろうが、根深い慣習によって、疑問を発することなくそれを「尊重」するよう強いられる。ただしそれは、世界貿易センタービルの破壊、あるいはロンドンやマドリードの爆破事件などにおける大虐殺という形でその信仰が表明される日がこないかぎりのことである。そういう事態が起きたいま、この過激主義が「真の」信仰からの逸脱であると説明するために、聖職者や「共同体の指導者」(ついでながら、誰が彼らを選んだのか?) たちが雁首を揃えて、自分たちにはかかわりないという大合唱がなされている。しかし、もし信仰が客観的な正当化の理由を欠き、何が逸脱かについていかなる明白な基準ももたないのであれば、そもそも信仰の逸脱なるものがなぜ存在するのか?
ドーキンス

この疑問に、明確に答えられる、聖職者、及び、指導者は、いない。

テロリストたちより、よほど、性悪なのは、彼らだからである。

自分たちの、手は、一切、汚さなくていいのである。皆、信者が、それを、行う。

サリンを、撒かせた、教祖は、たらふく食い、居眠りをして、最悪の、事態を引き起こした。その、教祖と、何ら、変わらない。
恐るべき、悪人である。極悪人とも、言う。

3月6日、エルサレムのユダヤ教神学校に、パレスチナ人が、侵入し、銃を乱射して、8名が死亡、約10名が、負傷した。
政治の問題ではない。
宗教の問題である。

二月下旬に、イスラエル軍が、ガザ地区に、攻撃して、120名が、死んだ。それの、報復である。

更に、同じ日に、バグダッドでも、連続テロにより、55名が死亡。
問題は、宗教である。

さて、日本は、それらを、遠い話と、聞いている。
しかし、もし、本格的テロ攻撃が、開始された場合、特に、世界的メッセージをテロリストが、発する場合、日本攻撃が、最も有効であることを、知っている。
何故か。
日本には、同胞が、少ないからである。
大規模テロは、同胞をも、巻き込むのである。
それを、最小限に食い止める大規模テロは、経済大国、日本である。

大規模テロとは、核兵器を使用する、テロである。

万が一、それが、実行されると、即座に、中国、北朝鮮、ロシアが、日本攻撃を開始する。

日本人は、大陸の人種の、野蛮さを、知らない。

話を戻す。

本当の意味で有害なのは、子供に信仰そのものが美徳であると教えることである。信仰は、それがいかなる正当化の根拠も必要とせず、いかなる議論も許さないという、まさにその理由によって悪なのである。
ドーキンス

宗教の蒙昧は、救いようが無いのである。
例えば、鎌倉仏教の、日蓮である。
他宗を、すべて、排斥して、これのみ、正しい、これのみ、唯一の、仏法として、法華経を、掲げた。
それは、真っ当な、批判ではない。
単に、あちらではなく、こちらである、という、挿げ替えを行っただけである。

そっちを、拝めば、不幸になる。こっちを、拝めば、幸せになる。という、程度の、認識である。
それが、今では、大聖人と言われる。

法然、親鸞が、島流しにされたのは、単に、既成集団の、嫉妬であるが、日蓮の場合は、混乱を、招くとの、良識ある、僧侶たちの、排斥である。
それを、御受難として、捉える。

勝手な解釈、勝手な妄想は、宗教家の、独断場である。
何ほどの、艱難辛苦も、法華経がためり。
今、日蓮が、法華経を、云々しなければ、日本は滅びる、云々。

手が付けられない。

キリシタン弾圧当時の、キリシタンと同じく、盲信、妄信、狂信の様である。

死ぬまでの、暇つぶしに、心の大半を、それに占領されて、人生の真実を、見ずに、死ぬという、あまりにも、愚昧な行為を、犯す。

他宗教を、鼻でせせら笑うという、傲慢極まりない人格を、養成されて、自己陶酔に、浸るという様、憐れである。

それは、一神教すべてに、言えるのである。

子供に、疑問を抱かない絶対的な美徳であると教えることは、彼らにーーー手に入れることがむずかしくないいくつかの他の要素が与えられればーーー、将来のジハードまたは十字軍のための潜在的な凶器となるべく育つ素地を与えることにほかならない。殉教者の天国を約束されることによって、恐怖に対する免疫力を与えられた正真正銘の狂信者こそ、長弓、軍馬、戦車、クライスター爆弾などとならんで、武器の歴史において高い地位を占めるに値するものだ。もし子供たちが、疑問を抱くことのない信仰という高い美徳を教えられる代わりに、自らの信念を通して疑問を発し、考えるように教えられれば、自爆者はきっといなくなるだろう。
ドーキンス

信仰とはきわめて危険なものになる可能性を秘めたものであり、罪もない子供の抵抗力のない心に、意図的にそれを植えつけるのは重大なまちがいである。
ドーキンス

私は、ドーキンスが、いいたかったことの、すべてを、上記の言葉にみる。
21世紀を、生きる子供たちに、幸せでいて欲しいと願えば、ドーキンスは、渾身の力を込めて、それを、説こうとするだろう。

目覚めて、祈れ、と、イエスキリストが、聖書の中で言う。
それは、セクトの宗教団体の、言葉であるが、目覚めて、祈れとは、疑問を持ち、自分の信念を、よく見て、行為せよという、意味である。
つまり、人間の知性を、覚醒させ、感性を磨き、理性によって、行為、行動する人間たれ、ということである。

その一つ、たった一つに、宗教の教義等もあり、それは、信仰するものではなく、一つの知識として、活用するものであること。

この世に、絶対という言葉は無いとも、キリストは言う。
その通りである。
この世に、絶対という、モノは、無い。あるわけが無い。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。