2008年02月02日

タイ・ラオスへ 2

タクシーが、時間通りに来たが、昨夜の人ではないという。用事が出来て、替わりに来たという。メータータクシーなので、安心して乗る。

高速道路を通り、その料金を払った。
そして、メーターは、200バーツと少しである。ところが、300バーツと言う。
私が、メーターを指して言うが、野中が、帰りの客がいないと、困るんだって、という。
帰りの客がいないことは、無いと思うが、面倒なので、300バーツを払う。
まあ、チップだと、思えばいい。

タイの民間機は、実に、適当である。
搭乗手続きをすると、三時間遅れであると言う。
前回も、チェンマイで、遅れて、日本行きの便に乗られないかもという、事態になったが、本当に、当日になってみなければ、解らない。

決して、信じてては、駄目である。
勿論、帰りも、三時間遅れだった。
結果、四時間を、空港で、過ごすことになる。

新しい空港、スヴァルナプ空港は、国際線、国内線と、入り乱れている。
私たちは、いつも、一階のロビーで過ごす。
人が少なくて、心地が良い。ただし、冷房は、きつい。全体に、冷房が行き渡り、下手をすると、風邪を引く。
私は、外に出て、暑い風を楽しみ、タバコを吹かすのが、好きだ。

漸く、時間になり、搭乗口に行く。
ところが、時間になっても、誰もいない。
また、遅れているようなのだ。
結局、30分過ぎで、案内が流れた。

座席は、自由席である。
私たちは、一番後ろの席に座った。結構、席が空いている。私は、途中で、隣の空いている席で、体を横にした。
一時間程度で、ウドーン・ターニに、到着した。

空港から、国境の町、ノーン・カーイまでの、バスがあるというので、それに乗ることにした。
約、一時間である。丁度良い。

ミニバスに乗り込んできた、最後の方々が、日本人の、榊原夫妻だった。
私の後ろの座席に座った。
老後をタイで、暮らし、ビザのために、一度海外に出るということで、ラオスを選んだという。

その榊原さんとの、話で、様々な情報を得ることになる。

四方山話から、ラオスの話になった。
山の上に行くほど、信じられないような生活の様であること。日本の戦後の生活より、悪いという。
私たちが、子供服を持ってきたというと、それは、何よりだという。
裸で生活している、子供たちが大勢いる。それは、貧しさゆえである。

私は、日本の戦後より悪いと、聞いて、少し考えた。
日本の戦後は、最低最悪である。
それより、悪いということは、どういう事態だろうと。
もし、そんな所に、私が行けば、あまりのことに、また、アホなことを、考え始めるだろうと、思えた。
つまり、支援活動の拡大である。
果たして、私個人に、それ程の、能力があるのか。
これは、宿についてからも、考え続けた。

そして、私が、戦争犠牲者の追悼慰霊から、この活動が始まったと言うと、榊原さんは、是非、戦場に掛ける橋という、映画で、有名になった、カンチャナブリーに、慰霊に行って欲しいと言った。
日本兵だけではなく、多くの捕虜を犠牲にした、橋の建設である。
泰緬鉄道である。

榊原さんは、慰霊ではなく、見学に行ったが、花などを持たなかったことを、後悔したと言う。
せめて、花でも、供えてくれば良かったと。

日本軍慰霊塔には、日本語、英語、マレー語、タミル語、ベトナム語で、慰霊の辞が、刻まれているという。

戦争とは、愚かなものだと、言ってられない程の、悲惨な犠牲を出したのだ。

連合軍共同墓地にも、日本人として、追悼慰霊に、行くべきであると、思う。

榊原さんの、お話は、随分と、私に、多くの思索を与えてくれた。

バスは、ノーン・カーイの国境まで来た。
そのまま、国境を通る人もいる。
私たち、榊原さんは、ノーン・カーイに、宿泊する予定である。
皆、バスを降りた。

ソンテウや、トゥクトゥクを探すが、見当たらない。
夜であるから、知らない場所に降ろされると、不安になる。

私が、ミニバスの運転手に行った。
ホテルに行きたいと。
すると、運転手が、オッケー、送るよ、と言う。

すると、降りた人の中で、町に行く人が、また、乗り込んだ。
タイ人もいた。彼らが、先に行き先を言うので、そちらに向かった。そして、欧米人たちである。最後が、私たちであった。

街中の、中流ホテルである。
私たちは、そのホテルの、コテージを取り、榊原さんは、ホテルを取った。
荷物を置いて、一緒に食事をすることになった。

一泊、600バーツの部屋である。約、二千円。
ベッドが、二つある。
私は、二泊を、そこにした。その後は、ゲストハウスにする予定だった。

榊原さんとの、食事で、ラオスのことを、多く聞いた。
その時点で、私は、ラオス行きを、断念していた。
瞬時の決断である。

行けば、とんでもないことになるという、直感である。

バリ島、タイ北部、トラック諸島である。そして、ラオスとなれば、私の個人活動は、限界である。
相当な、支援金が、必要である。

榊原さん夫妻は、明日、ラオスに出るという。
私のことを、尋かれて、野中だけが、ラオスに入りますと、答えた。
私は、この町で、ゆっくりしていますと、いうことにした。

真っ暗闇の街中である。
ホテルの明かりだけが、異様に、輝く。
そして、夜が、以外に寒いのである。

夫妻に別れて、部屋に入った。

部屋も、寒くて、野中が、窓をすべて閉めた。
そこで、明日、ゲストハウスを探し、明後日、そちらに移り、野中も、明後日、ラオス入りすることにした。

疲れたのか、すぐに、眠った。

翌朝の、朝食の時に、榊原夫妻に会った。
すでに、町を散歩していた。これから、ラオスに向かうという。
野中に、向こうで、会うかもしれませんねーと、話している。

私は、食事を終えて、野中と、散歩がてら、ゲストハウスを探すことにした。
料金は、おおよそ、400、300バーツの部屋である。

メコン河に向かって歩いた。
イミグレーションの建物の前に出た。この建物も、日本の援助によって、建ったものである。
その、界隈には、多くのゲストハウスがある。
私たちは、その、一軒、一軒を見て回った。
部屋の中に、シャワー、トイレのある、ゲストハウスを選んだ。始めは、400バーツの部屋を紹介されたが、野中が、二階の300バーツの部屋もあると、言うので、そちらを見せてもらい、300バーツの部屋に決めた。約、千円である。
私は、帰る日まで、そこに、滞在することに


posted by 天山 at 12:20| H20.02 タイ・ラオスへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 51

「旧約聖書」におけるもっとも過酷な罰は、神への冒涜に対して科せられるものである。それはいまでもいくつかの国で実施されている。パキスタンの刑法第295条C項では、この「罪」に死刑が与えられると規定されている。2001年の8月18日に、医学博士で大学講師のユニス・シェイク博士は、神を冒涜したかどで死刑を宣告された。彼が犯したとされる罪は、学生に向かって、預言者ムハンマドは40歳のときにイスラム教を創始するまではイスラム教徒ではなかったと語ったことである。

2006年にはアフガニスタンで、アブドゥル・ラーマンがキリスト教に改宗した罪で死刑を宣告された。彼は誰か人を殺したのか、誰かを傷つけたのか、何かを損壊したのだろうか?
いや、彼がしたことは、心変わりだけだった。心のうちで個人的に、心変わりしたのだ。彼は、自国の支配的な党派の好みではない、特定の思想を心に抱いただけである。そしてこれが、タリバンのアフガニスタンではなく、アメリカ主導の連立によってつくられたハミド・カイザルの「解放された」アフガニスタンで起こったことだということを思い出してほしい。ラーマン氏は結局は死刑を免れたが、「裁判に耐えられる精神状態てせはない」との理由で釈放されただけである。しかも国際的な強い圧力がかかってやっと、そういうことになったのであった。彼は現在、イスラム教徒の義務をなんとかして果たそうとする狂信者に殺されるのを避けるために、イタリアに亡命中である。

第8章 「絶対主義の負の側面」より

更に、驚くべきことは、
思い起こしてほしいのだが、背教は、特定の人物や預言者を実際に傷つける罪ではない。それはジョージ・オーゥエルの「1984年」の用語を使えば、純粋な思考犯罪であり、イスラム法のもとでのその公式な罰は死刑なのである。サウジアラビアで1992年9月3日に実際に執行された一例をあげれば、サディク・アブドゥル・カリム・マララハは、背教と冒涜の罪を法的に宣告されたあと、公開斬首された。

驚くべき、絶対主義の様子である。

勿論、イスラムだけではない。キリスト教国にも、冒涜罪はある。
書き始めると、キリが無いので、省略する。

「旧約聖書」という、暴力は、とてつもないほどのものである。
何故、そのようになってしまうのか。
「偏狭な頑迷さ、非情な残忍さ、負の意地悪さ、背筋が寒くなるほどに思い起こさせるものである」と、ドーキンスは言う。

更に、思い起こして欲しい。
イスラム教の派閥争い、イスラム対キリスト教、イスラム対仏教、キリスト教の派閥争い。ヒンドゥー教対イスラム等々、すべての、争いの元は、宗教である。
何故か。

それらは、支配者層の、一部による、偏狭な支配欲によるものである。
神の名を語り、自分の支配欲を、満たす行為としか、判断できないのである。
いつまで、このような、愚昧な、行為を続けるつもりであろうか。

「旧約聖書」の神権政治のもとでの生活がどのようなものであったかについて、それが現代に再現されたらどんなに恐ろしいことになるかがわかるというものだ。と、ドーキンスは言う。

宗教、神、仏とは、皆々、これらに似る。
平和な宗教などというものは、無いのである。

それは、作られた物語の、思い込みによって成る。それを、信じ切って、膨大な、暴力的な妄想に、浸るということである。
そこには、これこそが、唯一の、絶対のとの、冠がつく。
一つを、断定するという、大きな誤りに、身を沈めるのである。

故に、言う。
これのみに、よるという、宗教は、皆、同じ根にあると。

イエス・キリストは、ユダヤ人であるが、多くのキリスト像は、白人として、描かれるという、不思議である。
その、白人優位の考え方が、キリスト教を持ち上げ、ついには、白人のキリスト教となり、それを、正義として、色付き人間に、十字架を拝ませるという、暴挙に出る。
アメリカ大陸を見れば、解る。

アメリカという国でさえ、清教徒たちが、インデアンを、皆殺しにして、作り上げた国である。さらに、それ以前の、スペイン植民地化政策では、一億もの、人間を殺して、キリスト教を、拝ませるのに、成功した。
あまりにも、驚くべきことで、それらは、忘れ去られたようになっている。

どれとぼの、民族浄化、それは、宗教浄化なのであるが、多くの人を、殺しつくしたのである。
何度も言うが、共産主義と、宗教が、殺した人の数は、星の数ほどである。

真っ当な神経を、持っていれば、冷静に、判断できるというものであるが、妄想に、囚われたら最後、知性も感性も、そして、理性も、失うのである。

神、仏、というもの、確実に、妄想である。

ドーキンスは、科学者として言う。私は、霊学の立場から言う。

我は神、とか、仏とかと、言う場合は、それは、霊である。
霊が、それを、名乗るのである。
そして、それを、名乗る霊というものは、ほとんどが、魔界のもの。つまり、霊界とは、別空間の、魔物である。
別次元でもある。

霊に関しても、私の、妄想であると、判断されても、善し。

傲慢な、有神論者より、謙虚な無神論者の方が、真っ当である。

物事を、捉えるのに、様々な、方法がある。
360度の、ものの捉え方がある。
更に言えば、360掛ける360度まで、広がる。そうして、ゆけば、無限大に、広がる。
その、広がりを、認められる人によって、平和が、保たれる。

科学は、宇宙の、ほんの少しを、知っただけであるが、それでも、妄想より、すば抜けて、優れている。それは、証拠による、客観性があるからだ。
そして、新しい発見により、以前の考えが訂正されると、以前の考えを、見事に捨てるのである。

しかし、宗教は、絶対に、そのような、柔軟な姿勢は無い。

他宗教を、攻撃する者に、平和主義はいない。
さらに、選民意識を持つ、宗教は、世界の、平和の障害であり、世界の、害毒である。

支配欲が、頂点に達すると、すべて、唯一絶対の神を、祭り上げる。
それを、人々に拝ませて、更に、絶対支配を目指すのである。

敗戦後の、日本に来た、GHQは、真っ先に、神社の調査を開始した。
まず、精神的支柱となる、神社の教えを、破壊しようとした。
しかし、神社に行くと、神主が、ただ、棒を振るだけで、人は、手を打ち、礼をするのみである。説教も無い。
調べ進めて、何も無いと、判断した。

日本人の、精神的支柱を、探し当てることが、出来なかった。

聖書に、匹敵する、書物は無い。
教祖や、教義も無い。

彼らの、理解する、範疇には、入らないのである。

破壊しようにも、何を、どのように、破壊するのかが、解らない。
結果は、セックスと、スポーツと、マスコミである。
アメリカ型の、思想教育である。

敗戦によって、穴のあいた、日本人の心に、アメリカ型が、スッポリと、入った。ああ、簡単なことだったと、思ったことだろう。

そして、乗り込んできたのが、プロテスタントのキリスト教布教である。
ボランティア活動と、共に、アメリカから、一斉にやって来た。
勿論、戦争前から、それらの、布教の心意気は、旺盛だった。それが、敗戦によって、ここぞと、ばかりに、乗り込んだ。

勿論、聖書絶対主義である。
聖書の神を、唯一の神として、教える。
日本人に、新しい罪意識を、教えて、そこからの、救いを説くという、傲慢である。

その罪意識は、すべて、人間の生きる欲望を言うから、笑う。
日本の伝統は、欲望を、恵みと、捉えるのである。

もう、その手には、乗らない。

posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。