2008年02月01日

タイ・ラオスへ 1

タイ・ラオスへ行く。

出発の前日、関東に大雪が降った。
高速道路が通行止め、電車や、飛行機も運転見合わせということで、翌日のことが、心配になり、横浜駅から、成田エクスプレスで行くことにした。

翌日は、午前中まで、通行止めだったようで、列車にして、安心だった。

この時期は、それほどの混雑なく、スムーズに出国手続きが済む。
私の荷物は、子供服が、二袋で、後は、持ち運びの鞄に、自分ものを入れて、機内に持ち込む。
子供服は、向こうで配ると、無くなる。
暖かい国に行くので、夏物の薄い着物なので、鞄で十分に間に合うのが、いい。

一万円が、バーツにすると、3005バーツになることを確認する。

飛行機は、時間通り、飛びたった。
丁度、夜であるから、寝ていればいい。
バンコクまで、七時間と少しである。
到着は、現地時間の、11:30頃になる。

バンコクでは、以前泊まった、安いホテルを、二泊予約していた。
スクンビット通りにあるが、地図に、名前の載っていないホテルである。
一泊二千五百円で、朝食付きである。二人で、その値段である。
泊まれれば、いいのである。

バンコクは、雨だった。バンコクの雨は、初めてである。

バンコクの 夜は雨なり 涼しくも あり新鮮な 街並み光る

タクシーに乗り、ホテルに到着した。
以前に泊まった時にもいた、無愛想な女が、いた。
イサーン出身である。つまり、私たちが、向かう、イサーン、タイ東北部の出である。

野中が、あれが、イサーンだと言う。つまり、あのような、無愛想な顔が、イサーンの顔だという。

12日間の、旅の始まりである。
バンコクの夜には、興味がないので、ホテルの部屋のビールを飲み、飛行機のせいで、すぐに酔うので、そのまま、寝た。

日本時間より、二時間遅れが、タイの時間である。
深夜十二時は、日本では、二時である。
三時頃に寝たから、日本時間では、五時である。

朝は、八時に目覚めた。
私は、すぐに、一階のレストランに似せたような、オープンカフェに出た。
無愛想な女から、チケットを取りに行く。
ナンバーと、訊くので、私は、キーを見せた。
朝食券二枚をくれた。

若い男がいた。
前回は、おじさんだったが・・・
コーヒーを頼む。
たまごは、どうすると訊く。
スクランブルで、ソーセージにした。

トースト二枚に、それらが付いてくる。
私は、タバコを吹かして、コーヒーを飲んだ。
コーヒーは、何倍お替りしてもいい。

他の客は、すべて、欧米人である。
若い欧米人は、カップルで、年老いた欧米人は、タイの女を連れている。
中には、中年のおじさんも、タイの女を連れていることもある。

二杯目を飲み終わる頃、野中が、降りてきた。
次第に、ホテル周辺が、騒がしくなる。朝の、状態である。

野中は、周辺に出掛けると言う。私は、この辺りにいると、言った。
行きたいところは、無い。

夜は、チェンマイから、野中の友人の、タンニャが、バンコクに来ることになっている。逢えると、いいと、野中が言う。
お客と、ベトナムに行くらしい。

部屋に戻り、野中が、ディジュルドゥを担いで、出て行った。
私は、部屋で、のんびりと、イサーンの空港、ウドーン・ターニと、その後行く、ノーン・カーイについて、調べていた。

国内線の格安チケットを予約していた。
ウドーン・ターニに、一泊するか、そのまま、ノーン・カーイに行くかと、迷った。
ノーン・カーイは、ラオスとの、国境の町である。
その距離感が、解らないから、迷う。

私は、8日にラオスに入り、翌日、ノーン・カーイに戻る予定である。野中は、そのまま、二三日、滞在する予定だ。

昼になったので、ホテルを出る。少し、その周辺を回った。
食堂に、日本語が多い。
驚いた。
これは、日本人が、多いということである。

一軒の、日本語で書かれた、タイ料理の店に入った。
タイ語、英語、日本語で、書かれたメニューがある。
私は、焼きそばを注文した。

待っている間、店にある、雑誌を手に取った。
日本語のものがあり、無料配布されているものを、取った。
開いた。
驚いた。
すべて、ピンク系の広告で、埋まっている。
オイルマッサージ、2000バーツから、2500バーツである。
それは、射精するまでのコースである。
オイルマッサージは、200バーツから、250バーツが、普通であり、その値段は、高級ホテルの、マッサージ並である。

出張もあるという。
ここまで、日本人が、多く来ているのだと、感心した。

焼きそばは、量が多くて、すべてを食べると、満腹を通り越した。
勿論、日本の焼きそばに似せたものである。
タイ料理は、野菜を半生で、平気であるから、戸惑う。
更には、すべて、生ということもある。

その雑誌を持って、ホテルの部屋に戻り、体を横たえた。
そして、寝た。

野中が、戻って、例の雑誌を見て、こんなもの、持っていると、勘違いされるよとの、アドバイスである。

タイの売春は、有名であったが、タイ政府が、牽制して、少し収まった経緯がある。
売春に準じる方法を、考えたのだろうと、思えた。

知り合いの男の子たちは、必ずタイでは、売春を一つの、目的にしていたものである。
私は、その度に、コンドームの使用を、勧めていた。

夕方、タンニャから、電話があった。
ホテル近くに来るらしい。
野中が、逢いに行くと言っている。
時間が、遅くなりそうだというので、私たちは、先に、夕食を済ますことにした。

夜になると、日本語の店が、続々と開店する。
私は、肉が食べたくなり、近くの、韓国料理店に野中と入った。
野中は、ビビンバを注文したが、私の焼肉セットの野菜を食べているうちに、腹が一杯になったようで、ビビンバをキャンセルした。というか、野中の注文を店の者が、忘れていたようだった。

二人で、ビール一本を飲んで、一杯になり、食べてすぐに、ホテルに戻った。

タンニャからの電話があり、野中が出て行った。
私は、ベッドに横になり、うとうと始めた。
野中が、鍵を持って出ないので、鍵は、開けたままである。

眠れず、これからの予定を考えていた。
野中は、十二時前に戻り、明日のタクシーの予約が出来たと言う。
ホテルに、十一時に来てくれる。
野中が戻り、安心して、私は眠った。


posted by 天山 at 12:18| H20.02 タイ・ラオスへ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 50

科学者として、私が原理主義的な宗教を敵視するのは、それが科学的な営為を積極的に堕落させるからである。それは私たちに、おまえは心変わりしてはいけない、知ることが可能な興味深い事柄を知ろうと思ってはいけないと教える。そして科学を破壊し、知力を減退させるのだ。
ドーキンス

更に、悲劇的な、天才科学者の、話が載っている。
結果的に、聖書の、毒に、負けて、原理主義的行為により、夢と希望と、科学、証拠、そして、理性を投げ捨てたのである。

ドーキンスは、言う。
彼の、なすべきは聖書を投げ捨てることだけだった。と。

原理主義的な宗教は、おびただしい数の、無辜の、善意で情熱のある若者の心を荒廃させることに専心している。非原理主義的で「分別のある」宗教は、そんなことをしていないのかもしれない。しかし、そうした宗教にしても、子供たちがきわめて幼いときから、「疑うことのない無条件の信仰が美徳である」と教えることによって、原理主義者に好都合な世界をつくっているのである。

原理主義とは、知性を捨て、感性を鈍らせ、そして、理性をなき物にするのである。

単なる、作り話に、すべてを、懸けるという、愚劣さである。

それは、あまりにも、稚拙で、愚かな行為であるが、本人たちは、全く意に介さず、黙々と、進む。
偏狭というより、魔の世界へ、進む。
霊学から、言えば、魔界に、進むのである。

この世に、絶対ということは、無いと、言う、イエス・キリストの言葉さえも、神のみは、絶対であるという、解釈に立って、原理的教義となる。

この世に絶対的なものは、無いとは、神というものも、絶対という観念は無いということである。
しかし、このように、書くこと自体が、観念である。
だから、神という言葉自体に、どうしようもない観念まみれの、観念がつくということである。
日本人の、生活観の中には、宗教以前に、自然というものが、厳然としてあった。
それは、観念ではない。
しかし、言わせると、アニミズムと言われる。精霊信仰というらしいが、それも、別物である。
在って、在る物、自然との、共生であり、共感である。

それを、アニミズムという、言葉、つまり、観念を作るという、欧米の思想である。

日本人は、それ、アニミズムを突き切っていた。
自然の物に、精霊ではない。
自然の物、そのものが、本質である。

その物が、本質であるという、物の見方は、世界広しといえども、日本だけである。

精霊ではなく、物に、心が、着くと、観たのである。
つまり、物は、心に相当した。

目の前に在る物は、心である。と、観た。
その心に、対座したのが、古神道と言われる所作である。
所作とは、作法である。

目の前の木は、私の心である。
そうして、その心である、木に対して、注意を払い、特別な場を作り、結界という場である、それを、張り、褒め称える言葉を、述べた。祝詞である。
我に、我を、褒め称えた。

古神道の、所作は、皆、ここから、生まれでたものである。

自然は、我であるから、我の如くに、大切にするのである。

日本人が、持つ自然に対する考え方が、他民族と、違うのは、それである。
勿論、今は、それが、廃って、久しい。
回復を、願うが、果たして、それを、教え伝えるべき人は、いるのか、私には、解らない。

最後に、自然に帰結する、日本人には、原理主義というものが無い。あるとすれば、自然のみであり、それは、尽きることの無い、自然であるから、すべてが、自然に隠れてしまうのである。
死を、隠れると、看破した、日本人である。
それを、宗教観と、言うなかれ、それは、自然観なのである。
日本人には、自然観のみしかない。

万葉集には、恋の歌が、八割である。
それは、恋が、性という、人間の自然と、直通していたからである。
性が、人間の自然であったことを、教えるものである。

神道という言葉さえなかった時、仏教、仏の道と、対して、果たして、我が国の、ものを、何と言うのかと、考えた。
孝徳天皇が、初めて、神の道、神道という言葉を使用したのが、始まりである。
仏も、異国の神として、取り扱った。
そして、我が国の神である。
実際、そんな意識もなかった。

この国に、以前からある、所作を、呼ぶために、唯神、かんながら、神の道を、名乗ったのである。

神の国という言葉も、鎌倉時代を、待たなければならなかったのである。
それ以前は、そんな意識も無い。

自然に対する所作を、改めて、云々する必要がなかったのである。
仏の観念が、そのように、神観念を生ませることとなる。

日本語も、兎も角、日本人の精神というものも、純粋培養されたものである。
島国であったから、それが、可能だった。
それを、最大限に生かすことが、日本の再生と、回復を、促す。

それは、日本の原理主義に陥ることではない。
世界に向けて、日本の精神の有り様を、提示することである。
そこで、共感を得られることが、世界に貢献することになる。

日本人の自然観が、偏狭な、宗教観、宗教感覚を、緩和するからだ。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第2弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。