2008年01月27日

神仏は妄想である 48

正典とされる四つの福音書のどれにも収められているもののほとんどは、共通の資料、すなわち「マルコ福音書」か、さもなくば、現存する派生本のうちで最古のものが「マルコによる福音書」であるような失われた本のいずれかから採られている。この四人の福音伝道者がどんな人物であったかは誰にもわからないが、彼らが直接イエスに会ったことがないのはほとんど確実である。

おそらくイエスは実在したのだろうが、著名な聖書学者たちが一般に「新約聖書」(「旧約聖書」は明らかに無理だろうが)を、歴史上実際に起こったことの信頼すべき記録であるとみなしているわけではなく、したがって私はこれ以上、いかなる種類の神であれ、聖書をその証拠とはみなさないことにする。トマス・ジェファーソンが彼の後継者であるジョン・アダムズに宛てて書いた先見の明ある言葉によれば、「父たる至高の存在によって処女の子宮で生み出されたというイエスの謎に満ちた誕生が、ミネルヴァがユピテルの脳のなかでつくられたというのと同じ寓話として分類される日が、いつかやってくるだろう」。

ドーキンスは、ここで、はっきりと、いかなる種類の神であれ、聖書をその証拠とはみなさないことにする、と断言する。

つまり、人間の頭で、作られた神という、観念であると、断言するのである。

この書は、その名の通り、神は妄想である。で、ある。

ダン・ブラウンの小説「ダビンチ・コード」とそれからつくられた映画は、教会内のさまざまなグループに大きな論争を巻き起こした。キリスト教徒たちはこの映画をボイコットし、上映している映画館にピケを張るよう促された。「ダ・ヴィンチ・コード」は実際には初めから終わりまででっちあげられたもので、作り話、こしらえられたフィクションである。その点ではまさに福音書とそっくりである。「ダ・ビンチ・コード」と福音書のあいだの唯一のちがいは、福音書が大昔のフィクションで、「ダ・ビンチ・コード」が現代のフィクションであることだけだ。

キリスト教神学は、パウロによる。
パウロは、イエスの死後に、回心する。
そして、イエスを、伝道するのである。その手紙が、根拠となり、神学が生まれる。勿論、ギリシャ哲学が、その後押しをするのであるが。

そこから、膨大な、教義が、生まれる。
すべて、人間の頭の中で、出来上がった言葉の世界である。
決して、神が、創るものではない。

さて、何度も言うが、真実が、明らかにされても、キリスト教徒は、それを無視する。
作られたもの、創作であると知っても、信仰を持ち続ける。

何故か。
そのようにしか、生きられないからである。

根拠の無い、お話による、信仰でも、霊性云々という話を聞くのである。
だから、私は、魔界のものだと、言う。
ありもしないことからの、霊性など、あろうばずもない。

更に言う。
イエスが、現れて言った。
聖母マリアが、現れて言った。等々の、お話は、信じるに足りないのである。
つまり、イエスやマリアを、判断する、何の、客観的、方法が無い。
幻視や、幻聴、幻覚を、イエスだ、マリアだという人々、多数。

世界を敵に回すことになっても、言う。
マザーテレサに、現れたイエスが、本当のイエスだとは、誰も、解らない。
本人が、イエスと、判断しただけである。
更に、私は乾く、と言った。貧しい者を、救え、と言った。
それが、イエスの言葉であるとは、誰も、判断出来ないのである。

それが、悪霊の場合もある。
浮遊霊の場合もある。
どうして、イエスの言葉なのか。
それは、マザーテレサが、そう、思い込んだのである。

マザーテレサが、成したことを、否定するのではない。
だが、インドという、土地での行為である。
あの、魔界関与の、凄まじい、差別の地での、行為である。
インドは、世界的聖者を生む土地である。そして、何人もの、聖者が出ても、何にも変わらないという、現実である。
魔界関与のインドの、聖者は、当然、魔界関与である。
それほど、最悪の土地なのである。

マザーテレサの行為は、インドにて、何の影響も与えなかった。
ただ、世界のキリスト教、や、人を助けたいという人に、影響を与えた。
広く言えば、人道主義的行為である。

だが、彼女は、主イエスに対する祈りによって、それを、根拠とした。
つまり、人道的行為でも、彼女は、カトリック信徒としての、行為である。
神様のために、という、命題があった。

もし、彼女が、一人の人間として、教会から、離れての活動ならば、それは、あまりにも、世界に対して、多くの挑戦をしたことになるが、あくまでも、カトリック教徒としての、行動である。

それは、教会の広告塔以外の何物でもないという、結論に達するのである。

孤立無援の行動ではなかったのである。
巨大教団が、後ろ盾にあるという、曇りである。

もっと、具体的に言えば、日本の巨大信仰宗教を見る。
信者からの、莫大な金集めで、トップは、世界中から、顕彰を受けている。さらに、大学の名誉教授等々の称号である。
すべて、信者の金による。
それで信者たちは、得意になるという。

世界の精神的指導者など言われているが、その根拠は、信者の金による。
この、曇りを、よくよく見れば、信者は、騙されているのである。しかし、それに気づかないほど、知的能力に欠けている。

例えば、実在のナザレのイエスは、少なくても、孤立無援の活動をした。
ユダヤ教の中にあって、神の愛を、説いた。それは、殺されるに、等しい行為である。
それを、行ったことに、私は、感動する。

組織を作り、信者を増やして、教団を作るということに、興味を示さず、孤立無援で、行為した。
そこに、後に、人が妄想を逞しくする、教えが、潜んでいた。

人を平気で、殺すほどの、教義を生んだという、悲劇であるが、それほど、強い活動の様であったと、想像する。



posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第1弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。