2008年01月09日

トラック島慰霊の旅 9 平成20年1月23日

見渡すと、バラック小屋が多い。

手作りの小屋である。


野中の後を、歩いた。

昨日来たと言う、村に向かっている。


まず、昨日ご馳走してくれた、村の主の家に行く。

丁度、主人が寝ていた。

声を掛けると、家族皆が、出てきた。

野中が、お礼を言い、プレゼントを持ってきたと言うと、食べ物かと、問う。

私たちは、タバコを五箱買っていた。

現地のタバコである。

それでも、喜んで、受け取ってくれた。

息子と思える男の子から、小さな子まで出て来たので、写真を撮る。


再び、道路に出て、先を歩いた。

ガイド役をしてくれた子の家に向かった。

ところが、野中の記憶が、曖昧で、立ち止まった。


その時、声を掛けられた。

コーヒー、コーヒーと言う男がいる。

野中は、声を上げた。昨日逢った男だった。


私たちは、コーヒーを頼んだ。

一杯、25セントである。集った人にも、ご馳走することになり、四つ、注文した。

男は、そこに、腰掛けてくれと言う。

手作りの、棒で出来た、椅子である。

横には、子供が、裸で寝ていた。


どんどんと、人が集まってくる。子供たちも来た。


私は、パンを食べようと、袋から取り出すと、野中が、まず、こちらが食べてから、皆に渡すといいと言う。

そのようにした。すると、渡した者が、他の者に、分け与えるのである。

子供にも、渡す。すると、その子は、他の子に、半分、分け与える。

それが、自然なのである。

こんな、風景は、見たことがない。


私は、すべてのパンを、皆に与えた。それが、次々と、人から人へと、渡るのである。

こういう、礼儀は、自然に出来上がったものなのだろう。


その内に、ガイド役の子が来た。ジュニオという、名だった。

13歳で、小学校の七年生である。日本だと、中学一年生である。

だが、日本の子供より、小さい。日本の10歳程度の子供のようだ。


野中が、ジュニオに、Tシャツを渡す。

ウァーと、声を上げて喜んだ。

さらに、私のものも、渡す。

ジュニオは、二枚のTシャツを、両肩に掛けた。


その間にも、子供たちが、大勢、集ってきた。


コーヒーを飲み、主人と、話をした。

その中で、私は、子供服などは、どうしているのかと、訊いた。

無いという。

確かに、小さな子は、裸だった。

お金が無いので、皆、出稼ぎに行っている家族や親戚から、送ってくるのである。


着の身着のままである。


私は、次に来る時、子供服を持ってくると言うと、近くにいた、大人が、皆、お礼の言葉を言う。それが、本当に、心ある言葉なのである。

意味がよく解らないが、何を言うのかは、理解した。


主人が、村を案内すると言う。

そこで、私たちは、お願いした。

しかし、それがまた、大変なことになるのだ。


山の中を行く。道無き道を行くといった、感じである。

子供たちも、着いて来た。

彼らには、当たり前だが、私には、山道である。

すぐに、汗だくになった。何度も、着物の、袖で、汗を拭いた。そして、また、汗が出る。


遂に、山の上まで来た。

そこにも、家があるという、驚き。

そして、山の上の風である。その、心地の良さは、格別だった。

その家の、おばあさんが、木の元に、ゴザを敷いて、寝ていた。


私たちが行くと、起き上がり、笑顔で挨拶する。

すぐに、日本人だと、解ったのは、私の着物である。


歓迎に、小さなミカン、日本で言うと、カボスに似たものを、出してくれた。

それは、酢のように、すっぱい。

皆で、それを、食べた。

その家の子も、出て来た。


暫くすると、その家の子が、主人に何か言う。

向こうに、日本軍の大砲があるというのだ。それを、私たちに見せたいと言う。


野中が、着物で、行けるかと、訊くと、大丈夫だと言う。しかし、付いて行くと、そこは、ジャングルである。

引き返すことも出来ず、私は、皆に付いて行った。


だが、主人も、子供たちも、兎に角、親切である。

足場の悪いところを、整えて、私を歩かせる。手を取る子もいる。


漸く、日本軍の要塞を発見し、大砲を見た。


その付近には、大きな穴が多くあった。攻撃された跡だと言う。


肩で、息をしつつ、写真を撮った。

そして、そこからの眺めである。絶景だった。


子供たちには、山が、庭のようなものである。

その有様にも、感動した。


大砲に上がる子供たちである。

誘われたが、私は、上がらなかった。

下から、見上げるだけである。

戦争当時の様を、想像した。

ここで、毎日、敵を発見しては、攻撃していたのであろう。

山の上に、要塞を築き、大砲を設置しての、苦労を思った。


そして、戦争とは、何と無益なことかと、溜息をついた。


また、誰も日本人が、こんな所まで来て、見ることは、ないだろうと思えた。

貴重な資料である。


暫くして、戻ることにした。

子供たちの身に軽さは、脅威であった。

しかし、私を先に先にと、歩かせる。

必ず先導する子がいる。


最初の山の上に戻った。


私は、子供たちの人数を訊いた。

七名である。

一人、二ドルを渡すことにした。

一人の子に、それを渡すと、その子は、満面の笑みを浮かべた。

感謝の気持ちである。

そして、主人には、案内のお礼として、20ドルを渡した。


少し休み、下山することにする。

主人が、折角なので、私の家族に会ってくれと言う。

私は、オッケーと、答えた。


主人の家は、山の中腹にある。

奥さんが、赤ん坊を抱き、二人の娘がいた。

一間の小屋で生活している。

どんな風に寝ているのか、想像がつかないのである。


実に、貴重な体験をして、私たちは、皆と、別れた。


ジュニオだけは、ホテルまで、着いて来ると言うので、三人でホテルへの道を歩いた。



posted by 天山 at 16:42| トラック島慰霊の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神仏は妄想である 28

神仏は妄想である、という、エッセイを書いている。

それは、神仏であり、宗教家、及び、信徒の批判ではない。
純粋、神仏というものの、思想的批判である。

多くの宗教家、それらは、特に、潜めて、素晴らしい行為行動を行っていることを、知っている。

宗教に、救いはあるか、未来は、あるかといえば、彼らの行為行動により、あると、言える。

それは、人間主義、人間愛に、元ずく、行為行動であり、言論ではない。

行為により、宗教には、救いがある。

宗教家が、実践家として、活動をした事実は、歴史を見れば、よく解る。

私も、多くの宗教家の、人間愛に満ちた、人道的行為行動を見てきた。今も、見ている。

ただし、問題は、その行為行動にあるものである。
人間愛に元ずく、行動には、それ以上のものがない。
例えば、布教、宣教、折伏等々である。

キリスト教徒は、福音宣教といい、善行を行うとしたなら、誤りである。行為自体が、すでに、それであるから、それ以上の言葉は、必要ではない。

それを、行うこと、それで、よい。
人を助けて、それでは、この教えを、信じなさいと、言えば、その行為は、嘘になる。結局、宗教入信のための、手段としての、行為である。
行為は、目的であるはずだ。

この時代であるから、特に、それは、必要なことである。

宗教の役割が、これほど、大きな時代はない。

ある僧侶が、自殺防止のために、手紙相談を始めたという。
実に、真っ当な、宗教家としての、活動である。

私が、追悼慰霊に行く、タイ・チェンマイから北部タイにかけての、戦争犠牲者遺骨収集と、その、追悼慰霊碑を建立したのは、佐賀県の、浄土真宗の僧侶たちである。
そこで、私は、古神道による、追悼慰霊を行った。
浄土真宗の方法でとは、言わない。

宗教に救いがあるというのは、その行為行動にある。

そして、宗教家、宗教団体だから、出来る行為行動である。

真実、教えが、正しいものならば、行為行動以外に無い。

そして、宗教の、行為行動する、範囲は、他のものが、手出し出来ないところのものである。

日本の社会でも、それらの活動が期待される、場面は、多くある。

会員数の多さから、商売をしている団体も多い。
他の分野が行うことを、平気でするのである。
一々例は、上げない。

善行を持って、会員獲得のために、行為するのであれば、すでに、邪である。魔である。
その勢力、拡大のために、する善行というものは、単なる、偽善になる。

宗教に、フィティフィティは、無い。

与えることによって、与えられているからである。
もし、本当に彼らが、神や仏を、信じているならば、すでに、与えられているのである。
それ以上に、何が必要か。

孤立無援で、行為行動出来る力を持つのが、宗教である。

日本で最初に、唐に渡り、玄奘三蔵法師の、弟子になった、道昭は、矢張り、福祉事業を行っている。
師匠の玄奘は、膨大な、仏典の翻訳に、後の生涯をかけた。
何かに、奉仕することによって、その信仰の、証とする。

その、玄奘の、思いは、億万の衆生を救うという、命題だった。
晩年は、天竺行きの、高山病から、肺を病む。
しかし、最後の最後まで、翻訳をし、成し遂げた。

衆生の、救いは、彼の仏典翻訳という、大業に、結実した。

今、日本で、学ばれている、仏典の多くは、彼が翻訳したものである。

道昭は、玄奘の、法相宗を持って、日本の仏教に寄与した。

当時の時代が、要求していたものを、提供した。

そして、現代である。
宗教というものの、本質が、問われている。

教派を、超えて、行為行動をという、動きも、10年以上前から、はじまっている。
教派を、超えることは、実に簡単である。
共に、神や仏という幻想の、ものを、掲げているのであるから、教派を、超えられる。

宗派の、共同幻想である。
なんとなれば、この世のもの、移り行くものである。
宗派の、教えも、移り行くものである。

天動説から、地動説に、変更を余儀なくされたのである、カトリックは。
真実が、明らかにされれば、当然、それを、受け入れる。
宗教の寛容さである。

無知を、そのままに、神に託すことではない。

宝くじに、二度当たった、僧侶は、すべてを、寄付した。当然である。必要ないからだ。
彼には、仏の教えという、黄金の教えを持っている。金は、手段である。
勿論、金を目的とする、宗教団体は、数多い。

キリストは、汝の隣人を愛せよと、宣教した。
しかし、狭義の、隣人愛であった。
それを、広義の隣人愛にまで、広げて活動することで、キリストの教えを、更に、推し進める。

私の、友人、そして、その、指導司祭は、日本にて、アジア人の留学生の、支援をしている。様々な宗教を持つ人々を、分け隔てなく、支援する。
キリストの、隣人愛を、拡大した、行為行動である。

宗教の強さは、そこにある。

神仏は、妄想であるという、エッセイを通して、私は、宗教的行為にある、もの、そして、宗派を超えるもの、そして、教えを、変容させるものを、観るものである。

万教一致を唱える、生長の家という、宗教がある。
実に、正しい。
だが、その、団体が、何を行っているのかで、その、裏づけがある。

すべての、宗教を認めるという。
そして、どんな宗教に入信していても、生長の家の、聖典を唱えることが、出来るというものだ。
だが、教祖が信仰していた元の宗教のことは言わない。イスラムについても、言わない。

しかし、それさえも、言わず、他を受け入れる、古神道、民族宗教は、数多い。
伊勢神宮は、誰もを、受け入れる。
日本の神社は、誰もを、受け入れる。
バリ島、バリヒンドゥーも、然り。
他の、民族宗教も、然り。

タイ・チェンライの寺院に行った時、僧侶に、こちらの、お祈りの言葉を教えてくださいと、言うと、無いという。
私は、日本では、波阿弥陀仏や、南無法蓮華教という、マントラがあるというと、それで、いいという。

要するに、仏は、無限大の存在である。
祝詞を唱えた。
それで、善し。

無節操であることは、無限定であること。
寛容な宗教、伝統宗教は、皆、そうして、他宗教の者を、受け入れる。

御祭りする、神や仏は、人の心を頂くのである。
規則、作法は、それぞれに、任せるのである。

伝統宗教の場に行き、不快な思いをすることは、なかった。

私は、宗教に期待する。
そして、救いを観る。
更に、平和を、もたらせば、神や仏も、その、妄想は、共同幻想として、実に、有意義なものである。

そう、そのうちに、死ぬのである。
人間には、死という、救いが、確実にある。


posted by 天山 at 00:00| 神仏は妄想である。第1弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。